ウーバーイーツ 立川。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達バイトの時給や日給は?|デリバリー配達ナビ

Uber Eats(ウーバーイーツ)立川・国分寺・小平にエリア拡大│うばいつ

ウーバーイーツ 立川

UberEats Tokyo 対応エリア 東京エリア 23区 東京エリア23区外 八王子市 、町田市 西東京エリア 武蔵野市・調布市・三鷹市・狛江市・西東京市・東久留米市・小金井市・府中市・国分寺市・国立市 ・立川市・小平市・東村山市・日野市・東久留米市・東大和市・昭島市・羽村市、武蔵村山市・福生市 UberEats東京23区の配達可能エリア Uber Eatsの東京配達エリアは足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、千代田区、中央区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区と23区内のほぼすべてのエリアでサービスの展開が可能となっています。 また、配達可能エリアは市川や浦安、川崎方面にも繋がっていますので、エリア周辺でUber Eatsを利用する方にとって、とても便利になりました。 UberEats西東京の配達可能エリア 2019年8月よりUber Eats西東京の配達エリアか拡大しました。 これにより、八王子市、 武蔵野市・調布市・三鷹市・狛江市・西東京市・東 久留米市・小金井市・府中市も利用することができます。 東京エリア拡大 【2019年10月29日追記】 2019年11月1日より国分寺市・国立市・立川市・小平市・東村山市・日野市・東久留米市の一部地域でも注文可能となります。 【2020年3月26日追記】 2020年4月1日より東大和市、昭島市、羽村市、福生市、武蔵村山市の一部の地域でも注文可能となります。 2020年4月からのUber Eats(ウーバーイーツ)東京での注文可能エリア UberEats Kanagawa 対応エリア 横浜エリア 西区・南区・中区・保土ヶ谷区・神奈川区・港北区・磯子区・鶴見区 川崎エリア 中原区・川崎区・幸区・高津区 続いては2018年8月から横浜市、川崎市とバラバラにスタートしたUber Eats神奈川エリア。 横浜エリアと川崎エリアが繋がり1つのエリアとして拡大しました。 横浜市内は西区・南区・中区・保土ヶ谷区・神奈川区・港北区・磯子区・ 鶴見区の8区が配達可能エリアです。 また、川崎市内は中原区・川崎区・幸区・高津区を含む一部地域にて配達が可能です。 相模原や横須賀、茅ケ崎、鎌倉などはまだ未対応です。 エリア拡大予定はいまのところ公表されていません。 Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉の配達エリア UberEats 埼玉 対応エリア さいたま市(浦和区、大宮区、中央区、南区) 戸田市 蕨市 川口市 草加市 新座市 和光市 朝霞市 志木市 八塩市 三郷市 越谷市 川越市 所沢市 ふじみ野市 富士見市 続いては2018年9月よりサービスの展開が開始されたUber Eatsの埼玉エリア。 埼玉はさいたま市の浦和区、大宮区、中央区、南区および戸田市、蕨市の一部地域でもご利用いただけるようになりました。 Uber Eats川口市配達エリア拡大 2019年7月10日追記:以下のエリアの他、2019年7月下旬から8月上旬にかけて 川口市(東部)も配達可能エリアに加わりました。 Uber Eats草加市・新座市・和光市・朝霞市・志木市配達エリア拡大 2019年10月29日追記:2019年11月1日より草加市・新座市・和光市・朝霞市・志木市を含む一部のエリアでUber Eatsの利用が可能になります。 Uber Eats八塩市・三郷市・越谷市・川越市・所沢市ふじみ野市・富士見市配達エリア拡大 2020年3月26日追記:2020年4月1日より新たに八塩市・三郷市・越谷市・川越市・所沢市・ふじみ野市・富士見市にて注文が可能となります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)栃木(宇都宮)の配達エリア 関東エリアでは久しぶりに新たなエリアとして栃木県が加わります。 栃木県1ヵ所めとなる宇都宮市は2020年6月2日よりUber Eats(ウーバーイーツ)で注文することができます。 UberEats 宮城 対応エリア 仙台市(青葉区、宮城野区、泉区) 仙台市以外は現在未対応エリアです。 Uber Eats仙台はいつから?との声が聞こえてきそうですが、2020年4月2日よりサービスが開始されました。 Uber Eats仙台では、まず青葉区、宮城の区、泉区を含む一部のエリアで注文が可能です。 Uber Eatsが注文できる中部・北陸エリア 中部北陸エリアでは現在では愛知県名古屋市、石川県金沢市、富山県富山市のみとなっています。 また、2020年6月に静岡県静岡市、浜松市が加わります。 現在のところ新潟、福井、山梨、長野、岐阜は未対応です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)名古屋の配達エリア UberEats Nagoya 対応エリア 名古屋市(中区・中村区・西区・北区・中川区・東区・熱田区・千種区・昭和区・瑞穂区・北区・名東・天白・南区・港区・緑区) 名古屋市以外は現在未対応エリアです。 Uber Eatsが利用できる愛知エリアは2018年10月より愛知県名古屋市中区を中心とした範囲でサービスが展開されています。 名古屋市内の中区・中村区・西区・北区・ 中川区・東区・熱田区・千種区・昭和区を含む9区となりました。 また、テスト段階ではありますが、名古屋エリアは現金でも注文が可能なエリアです。 Uber Eats瑞穂区・中川区・北区・中村区エリア拡大 2019年11月1日より瑞穂区・中川区・北区・中村区が新たに配達可能なエリアに加わります。 これにより、現在ではこれまでの青い部分のエリアに加え、ピンクの部分でもUberEatsを利用する事ができます。 Uber Eats名東・天白・南区・港区・緑区エリア拡大 2020年4月1日より名東、天白、南区、港区、緑区が新たに配達可能なエリアに加わります。 これにより、新たにピンクの部分でもUberEatsを利用する事ができます。 Uber Eats名古屋の関連記事 >> >> Uber Eats(ウーバーイーツ)石川(金沢)の配達エリア UberEats 静岡 対応エリア 静岡市(清水区、駿河区) 浜松市(北区、中区、東区、南区、西区) Uber Eatsが注文できる関西(近畿)エリア UberEatsの関西エリアは現在、大阪府、京都府、兵庫県の一部のエリアが配達可能となっています。 滋賀、和歌山はいまのところ未対応です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪の配達エリア 大阪エリアのUberEatsは現在、大阪市内の全区(淀川区・東淀川区・西淀川区・東成区・城東区・生野区・住吉区・鶴見区・旭区・東住吉区・平野区・此花区・港区・住之江区)で利用が可能となりました。 エリア拡大のスピードも早く、配達パートナーも稼働がかなり多いようですね。 また、テスト段階ではありますが、大阪エリアは現金でも注文が可能なエリアです。 Uber Eats東大阪市・八尾市・豊中市・吹田市エリア拡大 2019年11月1日より、これまで大阪市内のみだったUber Eatsですが、新たに東大阪市・八尾市・豊中市・吹田市を含む一部の地域で配達が可能となりました。 下記画像のピンクの部分が新たにサービス開始されるエリアです。 Uber Eats堺市・松原市・藤井寺市・高石市エリア拡大 2020年4月1日より、Uber Eats大阪では新たに堺市、松原市、藤井寺市、高石市エリアにて注文が可能となります。 エリア拡大により2020年4月1日よりUber Eats大阪にて注文可能な配達エリアは以下が最新となります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪の営業時間拡大エリア また、通常Uber Eats大阪エリアの配達可能時間は朝9時から深夜0時までですが、以下のエリアに関しては朝8時から深夜1時まで営業時間が拡大されました。 大阪:北区・中央区・天王寺区・浪速区・西区を含む一部地域 UberEats兵庫 対応エリア 神戸市 芦屋市 西宮市 尼崎市 姫路市 Uber Eats関西エリア最後は神戸エリア。 神戸市内の中央区、兵庫区、灘区からスタートし、新たに長田区、須磨区、東灘区、芦屋市、西宮市、尼崎市も配達エリアに加わっています。 2020年6月下旬には姫路市が新たに加わります。 Uber Eats神戸の関連記事 >> >> Uber Eats(ウーバーイーツ)奈良の配達エリア Uber Eats関西エリアでは久しぶりに新たな県が加わります。 2020年6月下旬に関西エリア4か所目となる奈良県奈良市にて注文が可能になります。 現在、配達エリアのマップが公開されていませんので、入手次第追って更新します。 Uber Eatsが注文できる九州エリア 北九州エリアや長崎エリア、熊本エリアなど検索している方も多いですが、現在Uber Eatsの九州エリアは2018年11月よりスタートした福岡の一部のエリアとなっています。 熊本、長崎、佐賀、大分、鹿児島、沖縄は現在のところ未対応です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)糟屋郡・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市エリア 2020年4月1日より、新たにこれまで東区の箱崎、馬出、筥松、原田の周辺でしたが更に拡大し東区の大半のエリアでも注文できるようになりました。 更にこれまで市内で対応していなかった西区拡大します。 地図が小さくて見にくいですが、これまでは福重JCTよりも手前だったのに対し、姪浜、愛宕、豊浜、小戸や内浜、拾六町、壱岐団地、十郎団地など配達エリアに加わります。 その他、糟屋郡、春日市、大野城市、太宰府市、筑紫野市でも注文が可能になります。 地図が見にくいので、4月1日以降、アプリを起動してご確認ください。 (お得なクーポンコードの入力もお忘れなく。 ) Uber Eats(ウーバーイーツ)久留米エリア 3月31日、新たにUber Eats福岡のエリア拡大速報が入りました。 4月1日より先述したエリアが拡大されますが、更に久留米市でもUber Eatsの注文が可能となります。 配達可能エリアは、久留米駅周辺の市街地から4月7日よりスタート。 営業時間は9時~24時(加盟店レストランによって異なります。 ) 詳細並びに更にエリア拡大次第、追ってご連絡します。 Uber Eats(ウーバーイーツ)北九州(小倉)エリア 更に、4月9日よりUber Eatsの北九州エリアも新たに注文可能となります。 北九州エリア初となるUber Eatsはまず小倉北区と戸畑区。 営業時間は9時~24時(加盟店レストランによって異なります。 ) 詳細並びに更にエリア拡大次第、追ってご連絡します。 Uber Eats福岡の関連記事 >> >> Uber Eatsが注文できる中国エリア 中国では初となるUber Eatsは現在では広島県(広島市、福山市)、岡山県(岡山市)にてサービスの利用が可能です。 山口、鳥取、島根はいまのところ未対応です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)広島(広島市・福山市)の配達エリア.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)立川・国分寺・小平にエリア拡大│うばいつ

ウーバーイーツ 立川

小平市・東村山市・東久留米市付近のUber EatsエリアMAP 小平市・東久留米市・国分寺市・国立市は市内全域がサービスエリア内ですが、立川市・日野市・東村山市はエリア外のところもあるようですね。 武蔵野市・調布市・三鷹市・狛江市・西東京市・小金井市・府中市・八王子市・町田市ではすでにUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスが開始しているので、 まだエリア外の東京の市は多摩市・稲城市・清瀬市・東大和市・武蔵村山市・昭島市・福生市・羽村市・青梅市・あきる野市になります。 詳しい配達エリアは をダウンロードして確認してください。 また、私のプロモーションコード 【eats-xs4rd515ue】と入力すれば、 1,000円分の割引クーポンがGETできますので、ぜひ利用してみてください。 【Uber Eats公式サイト】 クーポンの使い方や注文方法についてはこちらに書いていますのでご覧ください。 小平市・立川市などで利用できるUber Eatsレストランは? Uber Eats(ウーバーイーツ)が立川市・日野市・国分寺市・国立市・小平市・東村山市・東久留米市で利用できるレストランを一部ご紹介いたします。 マクドナルド(ハンバーガー)• スターバックスコーヒー(コーヒー)• リンガーハット(長崎ちゃんぽん)• 伝説のすた丼(どんぶり)• から好し(からあげ)• ローザ・キッチン(トルコ料理)• インド村(インド料理)• キッチンゆいっと(洋食)• パンダルマ(タピオカドリンク) このような大手チェーン店から地元で人気の個人レストランの料理を注文することができます。 その他のレストランは をダウンロードし、配達先住所を入力してご確認ください。 ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は家や会社だけではなく、公園やカラオケなどにも配達することができます。 例えば、小金井公園や武蔵国分寺公園などでお花見やピクニックするときにも直接配達してくれるんですよ! 小平市・立川市などでUber Eats配達パートナーに登録する方法 現在Uber Eats(ウーバーイーツ)では、立川市・日野市・国分寺市・国立市・小平市・東村山市・東久留米市エリアで配達できるUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを募集をしています。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録するには、まずこちらの にアクセスしていただいて登録します。 登録したらサイトの指示に従い、身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード)をアップロードし、報酬を受け取るためのアカウント設定を進めます。 Uber Eatsパートナーセンターに行って登録が完了したら、もうその日から稼働でき、お金を稼ぐことができます。 エリア外でもレンタサイクルで稼げる 自転車を持っていない方や自宅がUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアから遠い人はレンタル自転車(シェアサイクル)を借りて稼ぐという方法もあります。 おすすめは、国分寺市・国立市・小平市を中心にある「」という電動アシスト自転車のレンタサイクルです。 くにたち中央図書館や小平市役所というような市の施設やコンビニなどにサイクルポートがあり、好きなサイクルポートで借りれて好きなサイクルポートで返却(乗り捨て)が可能です。 料金は12時間1,000円で利用できます。 また、立川市には立川駅北口立川タクロス2階に「」という電動アシスト自転車のレンタサイクルがあります。 24時間365日利用可能で、12時間なら800円で利用できます。 このようなレンタサイクルを使えば、自宅がUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアから遠くて稼ぐことができますよ。 小平市・立川市などのUber Eats配達パートナーの報酬について 立川市・日野市・国分寺市・国立市・小平市・東村山市・東久留米市は都内と同じ都市扱いになります。 東京のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬算出方法はこちら( )をご覧ください。 Uber Eats配達パートナーの 1回の配達で貰える報酬(配送料)は平均550円ほどです。 配達時間は1回20分くらい。 時給1,600円以上も全然可能です。 報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。 報酬の支払いは週払いで、月曜~日曜で稼いだ報酬が翌週の木曜日くらいに銀行口座に振り込まれます。 しかも、現金払いもあるので、その場合は前払いという形でそのままその金額が貰えます。 現金払いについてはこちらに書いていますのでご覧ください。 小平市・立川市などでUber Eats ウーバーイーツ は稼げる? 立川市・日野市・国分寺市・国立市・小平市・東村山市・東久留米市でUber Eats(ウーバーイーツ)はいくらくらい稼げるのでしょうか? こちらの記事 ()で書きましたが、東京のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、1日やって、 自転車10,000円、バイク15,000円、配達の達人20,000円という感じです。 正直そこまで稼ぐのは難しいと思います。 立川市・日野市・国分寺市・国立市・小平市・東村山市・東久留米市エリアでは 日給7,000円~13,000円くらいが相場かなと思います。

次の

東京での出前

ウーバーイーツ 立川

こんにちは、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員のピムリコです。 \/ さっそくですが、「東京エリアでウーバーイーツを注文したいけど対象エリアではなくて使えなかった... 」という方に朗報です! この度2020年4月1日(水)より、 対象エリアがさらに拡大することになりました! 今回のエリア拡大では、同時にさらに拡大し、今まででも十分広かった関東のウーバーイーツ対応エリアがさらに拡大し、強化されることになります! エリア拡大は、 注文者にとって嬉しいのはもちろんのこと、稼ぎやすくなるので配達員として働く人にもメリットがありますね。 以下、今回のエリア拡大の詳細です。 お得な割引クーポン情報なども書きますので併せてお読みください。 「23区」、「」、「」 が対象エリアになっていました。 そろそろ東京エリアもほぼほぼ完クリされそうで、利用者の数が増えることが期待されますね! 参考 >> 同時エリアなど有力エリアがさらに追加されたため、さらに関東エリアが強化されました。 さらに、関東は、東京・埼玉以外の横浜・川崎エリアとも地続きになって一大エリアを形成しています。 配達パートナーとしても、エリアが広がってくれると仕事の依頼が増えるのでありがたいですし、注文する側としても、埼玉内の様々な場所にいても注文できるので今までよりだいぶ便利なサービスになると思いますよ。 プロモーションコードの入力方法などは詳しくは、以下のページをご覧下さい。 上にも書いたとおり、関東は、東京・埼玉・神奈川(横浜・川崎)・のエリアが地続きになってつながっているエリアなので、日本で最もウーバーイーツのサービスがカバーされているエリアと言えます。 エリア拡大により、もっと認知度も高まっていけば、東京のUber Eats(ウーバーイーツ)で働く上でも稼ぎやすいというメリットはありますし、さらに盛り上がっていきますね。 働きたいときに、アプリをオンにするだけで働けますし、終わりたくなったらアプリをオフにすればいいですから! なので、副業(複業)を探している人や良いバイトを探してる忙しい学生さん、フリーランスの方など様々な方にオススメできる仕事です。 配達エリアも拡大し、これからますますウーバーイーツの需要も高まると思いますので、やろうかどうか迷っている人は、この機会に始めることをオススメします。 僕の時みたいに、登録説明会時にはバッグがもらえなくて後から配送で... Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、 アメリカではじはじまったデリバリーサービスです。 もともと、Uber は、「ライドシェアサービス」と呼ばれる、車の配車の手配をするサービス(スマホでタクシーのように一般人の車を呼べるというもの)を提供していた会社で、そのウーバーのデリバリー版が「Uber Eats(ウーバーイーツ)」です。 つまり、Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、 「スマホから気軽に色々なお店の料理を注文でき、自転車やバイクで一般人が料理を配達してくれるサービスということ」 です。 この一般人が配達という部分がUber Eats(ウーバーイーツ)の特徴でもあります。 (後述) 近年注目されている、『シェアリングエコノミー』という概念の筆頭例に出されるのが、Uber(ウーバーイーツの車版)でもありますので、新しい働き方としても注目されています! 日本では、2016年9月29日から東京で始まり、今では東京の他に、横浜、川崎、さいたま、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡でサービスを展開しています。 だんだんとサービス対象エリアが広がってきていて、これら地域の他へもこれから広がっていく予定です! Uber Eats(ウーバーイーツ)の特徴 「Uber Eats(ウーバーイーツ)=デリバリーサービス」と書きましたが、デリバリーなら今までもあったやん?って思いますよね。 何が新しいのか?と。 Uber Eatsの特徴は、デリバリーをする人(運ぶ人)が普通の人(一般人)というところ。 Uber Eatsでは、配達パートナーとして登録した人がスマホのUberアプリを使って、街のいろんなお店で料理をピックアップ(取りに行き)して、注文した者のいる場所へとデリバリーしてくれるんです。 このデリバリー(配達)してくれる人は、今までは、ピザ屋さんや蕎麦屋さんのデリバリーの場合、その店に勤務している人が配達してくれていましたが、ウーバーイーツの場合は、普通の人が配達をしてくれるというわけです。 普通の人とはいえど、 UberのアプリがあるのでGoogleマップを利用すれば、ちゃんと注文者の元へ料理を運べますので、安心してください。 (というか、ピザのデリバリーの人も別に普通の人ですしね。 ) さらに、配達パートナーとして働く人は、自分が働きたい時にこのアプリをオンにすれば働けて、終わりにしたい時にアプリをオフラインにすれば良いだけです。 このような自由な働き方ができるのも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の特徴ですね! 現在、ウーバーイーツのサービスが対応している都市は以下の通りです。 エリアは、徐々に増えているので、これからも対応都市が拡大していく予定です。

次の