グリム 映画。 おすすめグリム童話的ファンタジー映画10選 魔女大活躍

テリー・ギリアム監督『ブラザーズ・グリム』映画感想(ネタバレ)

グリム 映画

この項目では、のについて説明しています。 『グリム童話』全般については「」を、その他の「グリム」の用法については「」をご覧ください。 のキャラクターたちが実在するという設定の、現代世界におけるダーク・ファンタジーである。 概要 [ ] 本作は、ホラーとダーク・ファンタジーの要素を取り入れた犯罪捜査ドラマである。 主人公は、の末裔で 、警察署殺人課の刑事。 また、人名・種族名や用語にドイツ風の(またはそれらしく聞こえる)命名がなされている。 毎回、冒頭では、その回のモチーフとなる童話などからの一節が引用表示される。 『』のみでなく、世界中のさまざまな文学・説話がモチーフとして用いられているが 、童話本来のダークでグロテスクな要素にアクションとユーモアを加えた、大人向けの内容になっている。 クリエイターは ()、 ()および ()。 グリーンウォルトとカウフが共同を務める。 主演は。 系列で、に放送開始となった。 、13話に短縮された最終シーズン6の放送が終了し 、放送は完結した。 放送枠はたびたび移動している。 第1シーズンは全て、金曜夜に放送された。 第2シーズンはから4回にわたって月曜枠で放送されたのち小休止に入り、同に金曜枠で再開され 、から同のシーズン最終話までは火曜枠で放送された。 第3シーズン、第4シーズン、第5シーズンは金曜枠で放送された。 では、2013年からにおいて 、シーズン1、2、3が火曜に、シーズン4と5は金曜に放送されている。 ファイナル・シーズン6は2018年5月9日から水曜に放送された。 あらすじ [ ] シーズン1のあらすじ [ ] 緑豊かなの市警察殺人課に務めるニック・ブルクハルト刑事() は、ある日、人間の中に異形の顔を隠し持つ者たちが紛れ込んでいることに気づく。 ニックはグリム一族、すなわちモンスター・ハンターの末裔であり 、グリム童話は単なる伝説・説話ではなく、グリム対魔物の戦いの記録なのだという。 そして、ニックはマリーから、グリム一族に伝わる書物・武器・薬類などを保管してあるトレーラーを譲り受ける。 分厚い書物類には、数々の魔物が網羅されており、その外見・特殊能力・退治方法が記されている。 その多くはやで書かれているが、中にはなどで書かれた記録もある。 魔物にもさまざまな種族がおり、種族によって凶暴だったり臆病だったりする。 凶悪犯罪の犯人は凶暴な種族であることが多い。 ニックは、捜査の過程で、モンロー()という名の善良なブルットバッド と知り合う。 モンローは魔物社会に精通しており、ニックをたびたび助けてくれるようになる。 ニックは、ポートランド署の捜査パートナーであるハンク・グリフィン刑事とともに 、自分の素性と特殊能力を隠しながら さまざまな怪事件の捜査にあたり 、同時に裏ではモンローとともにグリムとして魔物たちと戦う。 ニックの恋人のジュリエットはヘクセンビーストのアダリンドに毒を盛られて昏睡状態となる。 死んだはずのニックの母親のケリーが姿を現す。 シーズン2のあらすじ [ ] ニックは何らかの秘密を解くはずの"鍵"を探す。 ジュリエットはニックの記憶を失い、人間と魔物(ザウバービースト)の混血である、ニックの上司のレナード警部を恋するようになる。 レナード警部もまた、薬物の影響下でジュリエットを恋するようになって苦しむが、やがて二人は影響下から抜け出す。 ハンクはニックがグリムであることを知る。 ケリーはアダリンドの母のキャサリンを殺し、アダリンドは復讐を求める。 モンローは、スパイス店を経営するフックスバウのロザリーと恋に落ち、ともにニックを助ける。 ジュリエットはニックの記憶を取り戻し、グリムであることを知る。 レナード警部の兄のエリックがポートランドに来る。 ニックはゾンビとされてしまう。 シーズン3のあらすじ [ ] ロザリーの助けでニックは人間に戻る。 レナード警部は兄のエリックを殺す。 アダリンドはレナード警部との間に娘ダイアナをもうける。 危険な力を持つダイアナを守るため、ケリーがダイアナを連れ出して隠す。 若い女性のグリムであるトラブルが現れ、ニックとジュリエットと共に暮らし始める。 モンローとロザリーは結婚を決める。 娘を奪われたアダリンドは復讐を謀り、ジュリエットに姿を変えてニックと寝た後、ニックのグリムの能力を奪う。 レナード警部は撃たれ、瀕死の重傷を負う。 シーズン4のあらすじ [ ] レナード警部は死ぬが、母親のエリザベスが現れ蘇生させる。 だが切り裂きジャックの霊にとりつかれて連続殺人を犯す。 ニックはグリムの力を取り戻すべきか迷うが、モンローとロザリーが襲われたために決断し、再びグリムとなる。 モンローとロザリーは結婚する。 ニックとハンクは、ウーにヴェッセンのことを教えて仲間にする。 アダリンドはヨーロッパで、レナード警部の従兄のヴィクトルに囚われる。 ダイアナを探すためにポートランドに戻り、ニックの子を宿していることを知る。 ジュリエットはヘクセンビーストの力を持ち始め、次第にニックを憎むようになり、ニックの母ケリーの死を招いてダイアナは王家に奪われ、ニックを襲うところをトラブルによって殺される。 シーズン5のあらすじ [ ] アダリンドはニックとの息子を出産。 アダリンドは息子をニックの母親の名前から取ってケリーと名付ける。 隠れ家で同居するうちにニックを愛するようになる。 ヴェッセンによる世界支配を狙う組織"ブラッククロウ"(Black Claw, 黒き鈎爪)がヨーロッパでヴェッセン評議会を壊滅させる。 これに対抗する組織"HW"(Hadrian's Wall, ハドリアヌスの長城)はジュリエットを蘇生させて、強力な魔力を持つが以前の人格を持たないイブに作りかえ、トラブルも仲間に加わる。 ニックは"鍵"を集め、モンローとともにドイツからグリム騎士の宝を持ち帰る。 ウーはライカンスロープに変身するようになる。 ボナパルト率いる"ブラッククロウ"はレナード警部を仲間にとりこんで市長選に擁立し、強力な能力を発揮するようになったダイアナを返す。 ダイアナと"ブラッククロウ"を恐れるアダリンドもケリーを連れてレナードのもとに移る。 ダイアナは、父レナードと愛人関係にあった選挙参謀のレイチェルを殺す。 "ブラッククロウ"はポートランドの"HW"を壊滅させてマイズナーを殺す。 イブはボナパルトに重傷を負わされるが、ダイアナがレナードを操ってボナパルトを殺す。 シーズン6のあらすじ [ ] ロザリーは三つ子を妊娠する。 ニックは次期市長となったレナードに追い詰められるが、グリム騎士の宝である杖の破片によって救われる。 ニックの策略で市長になることをあきらめたレナードは警部の職に留まり、死んだマイズナーの幻を見るようになる。 ダイアナは奇妙なシンボルの絵を描く。 イヴは鏡の向こうの異界から出てきた髑髏の男に襲われ、へクセンビーストの力で異界に乗り込む。 ニックは杖の破片の力でイヴを追い、ヴェッセンが常にヴォーガしている原始的な異界に入る。 仲間達は二人を取り戻すためにレナードに全てを打ち明け、協力を得る。 悪魔がこの世界に到来し、ダイアナを花嫁とする予言があることがわかる。 ニックとイヴは髑髏の男を殺そうとして危機に陥り、ダイアナがポータルを開けて二人を連れ戻すと、同時に髑髏の男もこちらの世界に入ってしまう。 そこにトラブルが戻ってくる。 髑髏の男はニックの愛する人のほとんどを殺した後、トラブルのみを生き返らせて見せ、杖の破片を渡せば全員を生き返らせるとニックに迫る。 ニックは条件を呑み、破片を渡そうとするがケリーとマリーの幽霊が現れ、ニック、トラブルを加えた4人 トラブルには見えていなかったようだが、20年後のシーンではニックの息子のケリーが戦いのシーンを描写するイラストに2人を描いている)のグリムが髑髏の男を倒すと破片は杖に戻り、髑髏の男の死骸からポータルが開き、吸い込まれたニックは全員が生存していた時間まで戻る。 全てはニックが杖に値するかどうかの試練であったことがわかる。 20年後、成長したダイアナとケリーは、モンローとロザリーの三つ子とともにグリムとしての役目を担っていることが明かされて物語は締めくくられる。 登場人物 [ ] も参照。 魔物が感情的になったりする時に垣間見せる真の姿を見ることができる。 グリムとしての能力に目覚める前から、人の本心を見抜くのが得意だった。 従来のグリムは魔物たちに恐れられる存在だが、ニックの場合、相手が魔物だというだけで戦わず、歩み寄る姿勢を見せる。 しかし、グリムだからこそ敵を招いてしまうこともあり、18年前の両親の"死"もそれとは無関係ではなく、おばのマリーからも、恋人ジュリエットの安全のために別れるべきだと忠告される。 第1シーズン第16話でジュリエットに求婚するが、隠し事をしているのを悟られているために良い返事がもらえず、真実を話すべきかどうか悩む。 第3シーズンでは、アダリンドの策略で一時的にグリム能力を失い、第4シーズンで取り戻すが、アダリンドがニックの子を身ごもる結果を招く。 第5シーズンではアダリンドと息子ケリーと共に暮らすが、"ブラッククロウ"に二人を奪われる。 本来ブルットバッドは凶暴だが、彼にはその傾向はなく、平和的で飄々とした性格の持ち主。 いわば「改心した悪い狼」ので、にも通う。 グリムに先祖を退治された恨みを持ってはいたが、ニックと意気投合し、協力するようになる。 魔物社会に詳しく、グリムだというだけで警戒されがちなニックとの仲介役を買って出ることもある。 しかし、グリムを助けているというだけで、他の魔物たちに嫌がらせを受けることもある。 第4シーズンでロザリーと結婚する。 が話せる。 数度の離婚歴がある。 第1シーズンではニックの正体を知らされておらず、なぜか頻繁に発生する怪死事件などにニックとともに挑む。 アダリンドの媚薬に惑わされ、瀕死の状態に陥る。 第2シーズンにてニックがグリムであるなどの事情を知り、その後はニックをあらゆる面で支える。 ニックのグリムとしての活動のせいでたびたび危険な目に会うことがある。 ニックの様子が最近になって変わったことに気付き、隠し事をしているに違いないと思い悩む。 ニックを愛してはいるが、何もかも正直に話してくれるまで結婚はできないと、求婚を断る。 第1シーズン最終話でニックの素性を知らされるが、その直後、アダリンドの策謀で昏睡状態に陥る。 目覚めてからも、ニックのことだけが記憶からスッポリ抜け落ちており、なぜかレナード警部を恋焦がれる状況が続く。 シーズン2中盤で副作用を解毒するが、ニックの幻を見るようになる。 第4シーズンではヘクセンビーストとなってニックを憎むようになり、ニックの母の死を招き、ニックを襲うところをトラブルのクロスボウによって殺される。 第5シーズンでは、強力な力を持つイヴとして復活し、"HW"に協力する。 を流暢に話せる。 ニックの素性を早くから知っているが、気付かないふりをしている。 アダリンドと裏で繋がっており、ハンクを誘惑するよう命じる。 しかし、その一方で、密かにニックを守っているフシもある。 実は"王家"の王子で、魔物(ザウバービースト)と人間のハーフだが、第2シーズン途中までニックにも気付かれない。 ジュリエットを昏睡から覚ますため、キャサリン(後述)が調合した薬を飲み、キスをするが、その副作用でジュリエットのことが忘れられなくなってしまう。 アダリンドとの間に娘ダイアナをもうける。 一度死んでしまい母によって蘇生させられるが、の霊に取りつかれて連続殺人を犯す。 第5シーズンでは"ブラッククロウ"によって市長に擁立されて仲間となり、ダイアナを返され、ニックに敵対するようになる。 とも話せる。 ニックやハンクが事件現場に到着する頃にはすでに予備調査を終えており、彼らの判断を仰いでから、さまざまな手配をテキパキと行う。 コンピュータに強く、パスワード解読などによって手がかりを掴むこともある。 アダリンドがハンクに食べさせるために用意した媚薬入りクッキーを食べてしまい、その副作用で死にかける。 第4シーズンでニックの事情を知り、仲間となる。 第5シーズンではウイルスに感染し、激怒すると人狼のような存在であるライカンスロープに転化する。 第2シーズン以降ではレギュラー。 ヘクセンビーストの弁護士。 ニックが最初に目撃した魔物。 入院中のマリーを殺そうとする。 当初は、レナード警部の命令に渋々ながら従い、媚薬を調合してハンクを誘惑してニックを脅迫しようとする。 ニックの血を飲まされてしまったことにより、魔物としての力を失う。 やがて、自分独自の策略を巡らすようになり、ジュリエットを昏睡させ、エリック(後述)に近づくなどする。 レナード警部との間に娘ダイアナをもうけるが引き離される。 のちにジュリエットに化けてニックに近づきグリム能力を奪うが、ニックの子を身ごもる結果を招く。 息子ケリーを出産した後はニックと共に暮らし愛し合うようになる。 だが"ブラックウロウ"と強力な力を持つようになったダイアナを恐れてニックの元を離れ、レナードのもとに身を寄せる。 フランス語とドイツ語が話せる。 第2シーズン以降ではレギュラー。 フクスバウ。 スパイスショップを経営していた兄が殺された後、店を引き継いだ。 魔物社会に詳しく、解毒剤を調合したり問題解決のヒントを見つけ出すなど、ニックとモンローに協力する。 数年前までドラックに溺れていた。 種族の壁を越えてモンローの恋人になり、第4シーズンで結婚し、第5シーズンでは妊娠する。 準レギュラー・キャラクター [ ] ドクター・ハーパー( Dr. Harper ) 演 - シャロン・サックス ポートランド署の。 経験豊富で怪死事件に慣れているためか、たいていのことには動じない。 魔物は死ぬとたいてい普通の人間と見分けが付かなくなるため、魔物の存在には気付いていない。 ニックとジュリエットの冷蔵庫を修理しに来た際にニックと知り合う。 ニックがグリムだと気付いた途端、極度におびえる。 しかし、殺されるわけではないと悟ると、翌日、大量の食べ物や工芸品を贈り届け、事情を知らないジュリエットを驚かせる。 その後もしばらくはニックを畏怖していたが、何度か助け合ううちに、友人として信頼するようになる。 ニックのおばで、育ての親。 ニックがまだ少年の頃に同じグリムであり自分よりも立場が危ういケリーから幼いニックを授かった。 グリムとしての使命とトレーラーをニックに託して死亡する。 ヨーロッパの某国の王子。 第2シーズン第1話より登場。 ショーンとは腹違いで仲が悪い。 フランス語がのようだが、英語も流暢に話せる。 後にショーンに謀殺される。 キャサリン・シェイド( Catherine Schade ) 演 - () ヘクセンビースト。 アダリンドの母。 アダリンド以上に冷徹で狡猾。 第2シーズンでケリーに殺される。 自分がグリムである故に息子のニックに危険が及ぶと判断し、ヴェッセン達に名が知れていないマリーにニックを預け、去って間もなく友人と事故で死亡したとされていた。 ニックが魔物たちと親しくしていると知り、「とんでもない」という態度を見せる。 ショーンとアダリンドの娘ダイアナを守るために連れ去り、隠れ育てる。 だが第4シーズンで殺されてダイアナを王家に奪われる。 ニックとアダリンドの間の息子も祖母にちなんでケリーと名付けられる。 ニックとジュリエットの家に居候し、グリム能力を失ったニックを助ける。 ニックが能力を取り戻した後は一時ポートランドを離れるが、第4シーズンの最後に戻り、ヘクセンビーストと化してニックを襲うジュリエットをクロスボウで射る。 ヴェッセンの世界支配を狙う組織"黒き鈎爪"に対抗する組織"ハドリアヌスの長城"に協力する。 生き別れで名も知らなかったがニックとは従兄弟のような関係であり、血も繋がっている エリザベス・ラッセルズ Elizabeth Lascelles 演 - ヘクセンビースト。 ショーン・レナード警部の母。 一度死んだショーンをよみがえらせる。 ショーンを溺愛しており、その仲間であるニック達には友好的に接し、協力している チャヴェス捜査官 演 - ヴェッセンであるFBI捜査官。 ニックと複数のヴェッセンとの戦闘中に死亡する マーティン・マイズナー 演 - Damien Puckler レジスタンスの一員、後には"ハドリアヌスの長城"の一員。 一度に複数のヴェッセンと互角に渡り合える戦いの熟練者。 コンラッド・ボナパルト 演 - "黒き鈎爪"の幹部。 ザウアービースト。 アダリンドを拷問したためにダイアナに殺される。 レイチェル・ウッド 演 - Anne Leighton "黒き鈎爪"の一員でレナードの市長選挙参謀となり、レナードと関係を持つがダイアナにショーンとアダリンドの仲に不要とされ殺される。 種族 [ ] グリム( Grimm ) の血を受け継ぐ者たち。 ヴェッセン(魔物) とは看做されていない。 魔物が感情的になったり驚いたりした時に垣間見せる素顔を見ることができる。 これにより正体を見破ることが出来るが同時にヴェッセンにもグリムだと気づかれてしまうデメリットもある。 代々、魔物退治に従事しており、その記録を残している。 さまざまな魔物に対応した武器(・・など)・道具も代々受け継いでいる。 ヴェッセン界では子供を躾けるためにグリムが悪者の童話や本を作っている。 そのためか一般的に、魔物たちから怖れられている。 また、グリムは強情で強い心を持っており、初めてヴォーガを見ても他の人ほどパニックに陥らない。 持つ者すべてを翻弄する伝説のコインさえを持っても冷静さを失わないほど。 そのため単独のグリムでもヴェッセンからしたら充分脅威になりうる。 しかしグリムの子孫だからといって、その能力が顕現するとは限らず、どちらかというと女性に顕現しやすい。 さらに生まれた時からグリムの能力があるわけではなく突然覚醒する グリムの存在は非常に稀で、多くのヴェッセン達からは伝説と知られており恐れられている。 通常はヴェッセンがグリムを見ても特に何の変化もないが、自身がヴォーガをするとグリムの目が闇のように黒い瞳になるらしい リーパー( Reaper 、 Grimm Reaper ) グリムを殺すことを使命とする、的な存在。 黒ずくめ(などを着用)で、でグリムの首を斬り落とす。 現代の彼らはヴェッセンなどによるグリムの抹殺依頼などで活動する殺し屋のような存在。 ブルットバッド( Blutbad ) ()に似た素顔を持つ。 匂いに敏感で、強靭な体力・戦闘能力を有する。 赤い色を見たり、満月の夜であったり、他のブルットバッドと戦わねばならない時などは凶暴になりやすい。 コヨーテのように集団的な活動はあまりせず大体は一匹狼だが、同族同士の絆は大きい。 モンローのように、うまく人間界に溶け込んでいる者たちもいる。 童話における「悪い狼」のモデル。 ヘクセンビースト( Hexenbiest ) のような、銀髪で腐敗したような素顔を持つ。 人間としての顔は美しく、誘惑や策略、そしての調合・使用を得意とする。 また、王族に仕えることが多い。 狡猾・冷徹で、戦闘能力も割と高い。 グリムの血を飲むとヘクセンビーストとしての能力を失い、普通の人間と変わらなくなる。 ザウバービースト ( Sauberes Biest 人間ののような姿をしている魔物。 ヘクセンビーストの男性版であり、能力はほとんどヘクセンビーストと一致しているはずだが、細かな描写はないため不明。 ショーン・レナードのような半分しか血が流れていないザウバービーストはハーフザウバービーストとされており、魔力が無いとは限らないが、物理的な攻撃を得意とする。 ヴォーガした素顔は人間と骸骨の半半といった感じの容姿になる。 フクスバウ( Fuchsbau ) に似た素顔を持つ。 狡賢く、盗みが得意な種族で、非合法な取引も行う(ロザリーは例外)。 アイスビーバー( Eisbiber ) に似た素顔を持つ。 内気で温厚な種族で、やや臆病なところもある。 何でも仲間内の投票で決める民主主義者である。 修理・料理・工芸などが得意。 製作 [ ] 企画 [ ] まず、Hazy Mills Productions(とトッド・ミリナーの会社)が「にまつわる現代の物語」というアイデアを ()と ()に持ち込んだ。 そして、グリーンウォルトとカウフが「グリム兄弟は実はだった」「グリム童話は実話だった」という設定を作成した。 製作発表 [ ] 1月、は『Grimm』という名の番組を発注したと発表した。 パイロット版は、デヴィッド・グリーンウォルトとジム・カウフが脚本を共同執筆し、 ()の監督によってで撮影された。 同5月、NBCは本作を新番組として正式採用したと発表した。 製作陣 [ ] はデヴィッド・グリーンウォルト、ジム・カウフ、、トッド・ミリナーが務めている。 製作会社は Universal Media Studios と Hazy Mills Productions である。 キャスティング [ ] 最初にキャスティングが発表されたのは、主人公ニック役のである。 デヴィッド・グリーンウォルトによれば、ジュントーリには華があるだけでなく、苦悩するキャラクターをうまく演じるという。 続いて、が「改心した悪い狼」ことモンローの役として発表された。 ミッチェルはジム・カウフと以前に仕事をしたことがあり、「モンロー役は彼以外に有り得ない」という理由から、その採用は当初から決まっていた。 そして、ハンク役の ()、ジュリエット役のの採用が発表された。 グリーンウォルトはホーンズビーについて、深みのある演技ができるだけでなく、ジュントーリとのコンビに特別なものを感じたと述べている。 の場合、彼のためにわざわざウー巡査部長というキャラクターが作られた。 当初のレギュラー・キャストのうち、最後に採用されたのがレナード警部役の ()である。 4月、第1シーズンで合計4話ゲスト出演していた(ロザリー役)が、第2シーズンではレギュラー出演すると発表された。 パイロット版を含み、アダリンド役で準レギュラー出演していた ()も、第2シーズンからレギュラーに昇格した。 撮影 [ ] 撮影は 、 ()および ()で行われている。 ポートランド地域には森や河川・滝を含む美しい景色が多く、霧が立ち込める森など、童話そのものや劇場映画のような雰囲気を出しやすいという。 放送開始 [ ] 2011年、NBCは当初の予定より1か月遅らせ、本作を間近のから放送開始すると発表した。 同、フルシーズン22話の製作が発表された。 継続決定 [ ] 2012年、NBCは本作が第2シーズンも継続されることを発表した。 グリーンウォルトとカウフは、ポートランド地域は天候に関わらず童話の舞台として最適であり、都会と田園風景のバランスも完璧だという理由により、第2シーズンでも同地で撮影を続けると述べた。 マーケティング [ ] アメリカ合衆国 [ ] 第2シーズンの宣伝映像を、同じ系列による(からまで開催)の中継枠で流し 、通常のよりも早いに放送を開始した。 日本 [ ] グリム童話ランキング [ ] 、本作のでの放送開始に際して、が「が好きな」投票を行った。 その結果は以下の通りである。 第1回 - 2013年5月27日(月)配信開始。 第2回 - 2013年6月3日(月)配信開始。 第3回 - 2013年6月10日(月)配信開始。 エピソード [ ] 詳細は「」を参照 シーズン 話数 初回放送日 ・ 発売日 シーズン開始 シーズン終了 リージョン2 リージョン4 22 2011年10月28日 2011-10-28 2012年5月18日 2012-5-18 2012年8月7日 2012-08-07 2012年10月22日 2012-10-22 2013年5月2日 2013-05-02 22 2012年8月13日 2012-08-13 2013年5月21日 2013-5-21 2013年9月17日 2013-09-17 2013年10月28日 2013-10-28 2014年2月13日 2014-02-13 22 2013年10月25日 2013-10-25 2014年5月16日 2014-5-16 2014年9月16日 2014-09-16 2014年10月20日 2014-10-20 2015年4月30日 2015-04-30 22 2014年10月24日 2014-10-24 2015年5月15日 2015-05-15 2015年9月29日 2015-09-29 2015年10月19日 2015-10-19 2016年5月5日 2016-05-05 22 2015年10月30日 2015-10-30 2016年5月20日 2016-05-20 第1シーズン [ ] 詳細は「」を参照 通 算 No. For none shall live whom they have seen. Sandman" ノルベルト・バーバ アラン・ディ・フィオーレ 2013年3月22日 2013-03-22 215 500 冒頭のテロップ - "" 38 16 "名前の謎" " Nameless" () Akela Cooper 2013年3月29日 2013-03-29 216 486 冒頭のテロップ - "" 39 17 "一人の怒れるフクスバウ" " One Angry Fuchsbau" テレンス・オハラ リチャード・ヘイテム 2013年4月5日 2013-04-05 217 513 冒頭のテロップ - "He sang a sweet song in tones so full and soft that no human ear could resist them nor fathom their origin... " - 作『』をヒントにリチャード・ヘイテムが作ったフレーズで、実際の引用ではない。 通 算 No. 通 算 No. Kaufman () 2014年11月7日 2014-11-07 403 493 冒頭のテロップ -' 70 4 "祈りの力" "Dyin' on a Prayer" () ショーン・コールダー Sean Calder 2014年11月14日 2014-11-14 404 501 冒頭のテロップ - 71 5 "幻覚の果て" "Cry Luison" () () 2014年11月21日 2014-11-21 405 543 冒頭のテロップ - 72 6 "破滅のハイウェイ" "Highway of Tears" () () 2014年11月28日 2014-11-28 406 517 冒頭のテロップ - 73 7 "盗まれたクリスマス" "The Grimm Who Stole Christmas" () () 2014年12月5日 2014-12-05 407 496 冒頭のテロップ - 74 8 "チュパカブラ" "Chupacabra" () ブレナ・カウフ Brenna Kouf 2014年12月12日 2014-12-12 408 507 冒頭のテロップ - "Take care of your flock, never leave their side. Watch your blood, for the chupacabra is hungry. 通 算 No. 04 冒頭のテロップ: 90 2 "今そこにある危機" "Clear and Wesen Danger" ノーベルト・バーバ トマス・イアン・グリフィス 2015年11月6日 2015-11-06 502 3. 78 冒頭のテロップ: 91 3 "ロストボーイズ" "Lost Boys" アーロン・リップシュタット ショーン・カルダー 2015年11月13日 2015-11-13 503 3. 66 冒頭のテロップ: 92 4 "乙女の祈り" "Maiden Quest" ハネル・カルペッパー ブレナ・コウフ 2015年11月20日 2015-11-20 504 3. 62 冒頭のテロップ: 『おどる12人のおひめさま』 93 5 "ラット・キング" "The Rat King" デヴィッド・ソロモン ジェフ・ミラー 2015年12月4日 2015-12-04 505 3. 64 冒頭のテロップ: 95 7 "再会" "Eve of Destruction" ジョン・ベーリング トマス・イアン・グリフィス 2016年1月29日 2016-01-29 507 3. 81 冒頭のテロップ: 96 8 "ダイヤモンド湖の怪物" "A Reptile Dysfunction" デヴィッド・ストレイトン マイケル・ゴラムコ 2016年2月5日 2016-02-05 508 4. 42 冒頭のテロップ: 97 9 "古代の儀式" "Star-Crossed" カルロス・アルヴィア ショーン・カルダー 2016年2月12日 2016-02-12 509 4. 19 冒頭のテロップ: 98 10 "七騎士の地図" "Map of the Seven Knights" アーロン・リップシュタット ジム・コウフ 2016年2月19日 2016-02-19 510 4. 04 冒頭のテロップ: 99 11 "鍵の目印" "Key Move" エリック・レイヌヴィル トマス・イアン・グリフィス 2016年3月4日 2016-03-04 511 4. 91 冒頭のテロップ: 101 13 "男たちの沈黙" "Silence of the Slams" デヴィッド・ストレイトン ブラナ・コウフ 2016年3月18日 2016-03-18 513 4. 20 冒頭のテロップ: 102 14 "ライカンスロープ" "Lycanthropia" リー・ローズ ジェフ・ミラー 2016年3月25日 2016-03-25 514 4. 32 冒頭のテロップ: 103 15 "美の秘訣" "Skin Deep" マイケル・ゴラムコ 2016年4月1日 2016-04-01 515 4. 25 冒頭のテロップ: 105 17 "イヌガミ" "Inugami" シャラット・ライウ カイル・マクヴェヴ 2016年4月15日 2016-04-15 517 3. 75 冒頭のテロップ: 106 18 "善の神髄" "Good to the Bone" ピーター・ワーナー マーティン・ワイス 2016年4月22日 2016-04-22 518 3. 89 冒頭のテロップ: 107 19 "忍び寄る影" "The Taming of the Wu" テレンス・オハラ ブレナ・コウフ 2016年4月29日 2016-04-29 519 3. 76 冒頭のテロップ: 108 20 "運命の夜" "Bad Night" ノーベルト・バーバ ショーン・カルダー 2016年5月13日 2016-05-13 520 3. 03 冒頭のテロップ: 110 22 "終わりの始まり 後編 " "The Beginning of the End, Part II" ノーベルト・バーバ トマス・イアン・グリフィス 2016年5月20日 2016-05-20 522 4. 03 冒頭のテロップ: 第6シーズン [ ] 詳細は「」を参照 第6シーズンはからまで放送された。 通算 話数 シーズン 話数 タイトル 監督 脚本 放送日 製作 番号 U. 24 冒頭のテロップ: 113 3 "おお、警部! 我が警部よ!" "" Thomas Ian Griffith 2017年1月20日 2017-01-20 603 4. 29 冒頭のテロップ: 114 4 "エル・クエグレ" "" Carlos Avila Brenna Kouf 2017年1月27日 2017-01-27 604 4. 28 冒頭のテロップ: 115 5 "七年目のうずき" "" Lee Rose Jeff Miller 2017年2月3日 2017-02-03 605 4. 08 冒頭のテロップ: 116 6 "ベッドで朝食を" "" Julie Herlocker Kyle McVey 2017年2月10日 2017-02-10 606 4. 00 冒頭のテロップ: 117 7 "ブラインド・ラブ" "" Aaron Lipstadt Sean Calder 2017年2月17日 2017-02-17 607 3. 01 冒頭のテロップ: 119 9 "ツリー・ピープル" "" Jim Kouf Brenna Kouf 2017年3月3日 2017-03-03 609 4. 23 冒頭のテロップ: 120 10 "血の魔術" "" Janice Cooke Thomas Ian Griffith 2017年3月10日 2017-03-10 610 3. 95 冒頭のテロップ: 121 11 "異界" "" Terrence O'Hara Brenna Kouf 2017年3月17日 2017-03-17 611 3. Bad Hair Day [ ] No. タイトル 配信開始日 1 "A Sore Subject" 2013年1月16日 2013-01-16 2 "A Helping Hand" 2013年1月23日 2013-01-23 3 "Friendly Neighborhood Eisbiber" 2013年1月30日 2013-01-30 4 "Late Night Crisis" 2013年2月6日 2013-02-06 Meltdown [ ] No. タイトル 配信開始日 1 "Deep Freeze" 2013年10月4日 2013-10-04 2 "On Hands and Knees" 2013年10月11日 2013-10-11 3 "Tight Squeeze" 2013年10月18日 2013-10-18 4 "Dance with the Dammerzustand" 2013年10月25日 2013-10-25 反響と評価 [ ] 評論 [ ] 第1話は評価が分かれ、では100点満点中55点だった。 『』誌の Tim Goodman は「恐怖感とユーモアを併せ持ち、1話完結の事件ドラマに留まらないヒネリある作品に成り得る」と評した。 『』紙の Mike Hale は「面白いジョークや本当に怖い演出も含まれているが、繰り返し見てみると芸術性やディテールへの配慮の方が印象に残る」と述べた。 『』紙の Mary McNamara は、本作のパイロット版はそれなりに面白いが、その後がどうなるかは、各事件の仕組みの巧妙さや、子供時代の恐怖の対象だった悪の力が実在するという説得力を持たせられるかどうかにかかっていると述べた。 一方、同時期に放送が始まった、やはり童話を題材とする『』(系列)は、そういった点をきちんと抑えていると評している。 PopMatters. com()の Daynah Burnett は、本作は童話のキャラクターや舞台の設定を文字通りに捉え過ぎであり、もっと実際の文化や視聴者の生活との関わりを持たせる描写を目指すべきだとして、10点満点中4点を与えた。 第2シーズンでは評価が上昇し、前述の Metacriticでは100点満点中73点(4件のレビューの平均)だった。 『ロサンゼルス・タイムズ』紙の Mary McNamara も第2シーズン第1話は宣伝以上の出来栄えだとし、「この番組を愛せないわけがない」と絶賛した。 必ずしも悪者ばかりではないが、本稿ではの放送公式サイトによる日本語表記に準拠して「魔物」とする。 魔物が激昂したり、あるいは意識的に見せようとすると、普通の人間でも素顔を見ることができ、カメラにも写る。 グリムはヴェッセンから見ると外見的な変化はないが、目が闇に飲み込まれそうなほど黒いらしい。 出典 [ ]• 2013年6月4日閲覧。 スーパー! ドラマTV. 2013年6月4日閲覧。 TheFutonCritic. com. 2013年6月6日閲覧。 スーパー! ドラマTV. 2013年6月4日閲覧。 - IMDb• - IMDb• - IMDb• SciFi Mafia 2011年10月28日. 2013年6月6日閲覧。 2011年7月21日閲覧。 TVグルーヴ 2013年2月15日. 2013年6月4日閲覧。 TVグルーヴ 2013年5月24日. 2013年6月4日閲覧。 - Glosbe 多言語オンライン辞書• japan. internet. com 2013年3月29日. 2013年6月4日閲覧。 平口雅世 2013年4月1日. 海外ドラマNAVI. 2013年6月4日閲覧。 海外ドラマNAVI. 2013年6月4日閲覧。 Airlock Alpha 2011年10月9日. 2011年10月10日閲覧。 2016年5月28日閲覧。 Andreeva, Nellie 2016年8月29日. Deadline Hollywood. 2016年8月29日閲覧。 scifi. about. com 2011年11月26日. 2012年12月21日閲覧。 tvline. com 2012年9月5日. 2012年12月23日閲覧。 deadline. com. 2013年4月19日閲覧。 2013年4月26日. tvline. com. 2013年4月26日閲覧。 Terri Schwartz 2014年5月16日. Zap2it. 2014年6月12日閲覧。 com• Liz Raftery 2014年6月2日. TVGuide. com. 2014年6月12日閲覧。 Bibel, Sara 2015年2月5日. TV by the Numbers. 2015年2月5日閲覧。 2015年6月23日閲覧。 スーパー! ドラマTV. 2013年6月4日閲覧。 2012年2月20日閲覧。 - IMDb• Hibberd, James 2011年1月28日. 2011年7月21日閲覧。 Rice, Lynette; Hibberd, James 2011年5月12日. 2011年7月21日閲覧。 2011年1月28日. 2011年7月21日閲覧。 Dread Central. 2011年2月22日. 2011年7月21日閲覧。 Andreeva, Nellie. 2011年7月21日閲覧。 Andreeva, Nellie 2011年2月25日. Deadline. com. 2011年7月21日閲覧。 scifimania. com. 2011年3月11日. 2011年7月21日閲覧。 Roots, Kimberly 2012年4月17日. TVLine. 2012年9月29日閲覧。 2012年9月25日. TVLine. 2012年9月29日閲覧。 Turnquist, Kristi 2011年5月24日. The Oregonian. 2011年7月14日閲覧。 The Futon Critic 2011年9月30日. 2011年10月26日閲覧。 2013年6月5日閲覧。 2012年3月16日. tvline. com. 2012年3月16日閲覧。 Turnquist, Kristi 2012年3月16日. 2012年3月31日閲覧。 TVグルーヴ 2013年5月31日. 2013年6月4日閲覧。 Seidman, Robert 2011年10月31日. 2011年11月1日閲覧。 Seidman, Robert 2011年11月7日. 2011年11月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年11月14日. 2011年11月15日閲覧。 Gorman, Bill 2011年11月21日. 2011年11月21日閲覧。 Gorman, Bill 2011年12月8日. 2011年12月9日閲覧。 Gorman, Bill 2011年12月12日. 2011年12月13日閲覧。 Gorman, Bill 2011年12月19日. 2011年12月19日閲覧。 Gorman, Bill 2012年1月17日. 2012年1月18日閲覧。 Gorman, Bill 2012年1月23日. 2012年1月24日閲覧。 Seidman, Robert 2012年2月6日. 2012年2月6日閲覧。 Gorman, Bill 2012年2月13日. 2012年2月15日閲覧。 Gorman, Bill 2012年2月27日. 2012年2月27日閲覧。 Seidman, Robert 2012年3月5日. 2012年3月5日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年3月12日. 2012年3月12日閲覧。 Bibel, Sara 2012年4月2日. 2012年4月3日閲覧。 Bibel, Sara 2012年4月9日. 2012年4月9日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年4月16日. 2012年4月16日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年4月23日. 2012年4月24日閲覧。 Bibel, Sara April 30, 2012. Retrieved April 30, 2012. Kondolojy, Amanda 2012年5月7日. 2012年5月7日閲覧。 Bibel, Sara 2012年5月14日. 2012年5月14日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年5月21日. 2012年5月21日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年8月14日. 2012年8月15日閲覧。 Bibel, Sara 2012年8月21日. 2012年8月21日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年8月28日. 2012年8月28日閲覧。 Bibel, Sara 2012年9月5日. 2012年9月5日閲覧。 Bibel, Sara 2012年10月1日. 2012年10月1日閲覧。 Kondolojy, Amanda. 2012年10月8日閲覧。 Bibel, Sara 2012年10月15日. 2012年10月15日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年10月22日. 2012年10月22日閲覧。 Bibel, Sara 2012年10月29日. 2012年10月29日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年11月5日. 2012年11月5日閲覧。 Bibel, Sara 2012年11月12日. TV by the Numbers. 2012年11月13日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年11月19日. TV by the Numbers. 2012年11月19日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年3月11日. TV by the Numbers. 2013年3月11日閲覧。 Bibel, Sara 2013年3月18日. TV by the Numbers. 2013年3月18日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年3月25日. TV by the Numbers. 2013年3月26日閲覧。 Bibel, Sara 2013年4月1日. TV by the Numbers. 2013年4月1日閲覧。 2013年4月4日. 2013年4月20日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年4月8日. TV by the Numbers. 2013年4月8日閲覧。 Bibel, Sara 2013年4月29日. TV by the Numbers. 2013年4月29日閲覧。 Bibel, Sara 2013年5月1日. TV by the Numbers. 2013年5月2日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年5月8日. TV by the Numbers. 2013年5月9日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年5月15日. TV by the Numbers. 2013年5月15日閲覧。 Bibel, Sara 2013年5月22日. TV by the Numbers. 2013年5月22日閲覧。 Kimberly Roots 2013年6月21日. TVLine. 2013年8月10日閲覧。 tvline. com. 2013年4月26日閲覧。 TV by the Numbers. 2014年5月19日閲覧。 TV by the Numbers. 2013年10月28日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年11月4日. TV by the Numbers. 2013年11月5日閲覧。 Bibel, Sara 2013年11月11日. TV by the Numbers. 2013年11月12日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年11月18日. TV by the Numbers. 2013年11月19日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年12月4日. TV by the Numbers. 2013年12月5日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年12月9日. TV by the Numbers. 2013年12月9日閲覧。 TV by the Numbers. 2013年12月16日閲覧。 Bibel, Sara 2014年1月6日. TV by the Numbers. 2014年1月6日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年1月13日. TV by the Numbers. 2014年1月13日閲覧。 Bibel, Sara 2014年1月21日. TV by the Numbers. 2014年1月21日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年1月27日. TV by the Numbers. 2014年1月27日閲覧。 Bibel, Sara 2014年3月3日. TV by the Numbers. 2014年3月3日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年3月10日. TV by the Numbers. 2014年3月10日閲覧。 Bibel, Sara 2014年3月17日. TV by the Numbers. 2014年3月17日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年3月24日. Tv by the Numbers. 2014年3月24日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年4月7日. TV by the Numbers. 2014年4月8日閲覧。 Bibel, Sara 2014年4月14日. TV by the Numbers. 2014年4月14日閲覧。 Bibel, Sara 2014年4月28日. TV by the Numbers. 2014年4月28日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年5月5日. TV by the Numbers. 2014年5月5日閲覧。 Bibel, Sara 2014年5月12日. TV by the Numbers. 2014年5月12日閲覧。 TV by the Numbers. 2013年10月28日閲覧。 Bibel, Sara 2014年11月3日. TV by the Numbers. 2013年11月3日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年11月10日. TV by the Numbers. 2014年11月10日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年11月17日. TV by the Numbers. 2014年11月19日閲覧。 Bibel, Sara 2014年11月24日. TV by the Numbers. 2014年11月24日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年12月2日. TV by the Numbers. 2014年12月2日閲覧。 Bibel, Sara 2014年12月8日. TV by the Numbers. 2014年12月8日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年12月15日. TV by the Numbers. 2014年12月15日閲覧。 Bibel, Sara 2015年1月20日. TV by the Numbers. 2015年1月20日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年1月26日. TV by the Numbers. 2015年1月27日閲覧。 Bibel, Sara 2015年2月2日. TV by the Numbers. 2015年2月2日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年2月9日. TV by the Numbers. 2015年2月11日閲覧。 Bibel, Sara 2015年2月17日. TV by the Numbers. 2015年2月18日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年3月23日. TV by the Numbers. 2015年3月28日閲覧。 Bibel, Sara 2015年3月30日. TV by the Numbers. 2015年3月30日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年4月6日. TV by the Numbers. 2015年4月6日閲覧。 Bibel, Sara 2015年4月13日. TV by the Numbers. 2015年4月13日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年4月20日. TV by the Numbers. 2015年4月20日閲覧。 Bibel, Sara 2015年4月27日. TV by the Numbers. 2015年4月27日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年5月4日. TV by the Numbers. 2015年5月4日閲覧。 Bibel, Sara 2015年5月11日. TV by the Numbers. 2015年5月12日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年5月18日. TV by the Numbers. 2015年5月18日閲覧。 TV by the Numbers. 2015年11月2日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月9日. TV by the Numbers. 2015年11月9日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月16日. TV by the Numbers. 2015年11月16日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月23日. TV by the Numbers. 2015年11月23日閲覧。 Porter, Rick 2015年12月7日. TV by the Numbers. 2015年12月7日閲覧。 Porter, Rick 2015年12月14日. TV by the Numbers. 2015年12月14日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月1日. TV by the Numbers. 2016年2月1日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月8日. TV by the Numbers. 2016年2月8日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月16日. TV by the Numbers. 2016年2月16日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月22日. TV by the Numbers. 2016年2月22日閲覧。 Porter, Rick 2016年3月7日. TV by the Numbers. 2016年3月7日閲覧。 Porter, Rick 2016年3月14日. TV by the Numbers. 2016年3月14日閲覧。 Porter, Rick 2016年3月21日. TV by the Numbers. 2016年3月21日閲覧。 Porter, Rick 2016年3月28日. TV by the Numbers. 2016年3月28日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月4日. TV by the Numbers. 2016年4月4日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月11日. TV by the Numbers. 2016年4月11日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月18日. TV by the Numbers. 2016年4月18日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月25日. TV by the Numbers. 2016年4月25日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月2日. TV by the Numbers. 2016年5月2日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月16日. TV by the Numbers. 2016年5月16日閲覧。 TV by the Numbers. 2016年5月23日閲覧。 TV by the Numbers. 2017年1月9日閲覧。 Porter, Rick 2017年1月17日. TV by the Numbers. 2017年1月17日閲覧。 Porter, Rick 2017年1月23日. TV by the Numbers. 2017年1月23日閲覧。 Porter, Rick 2017年1月30日. TV by the Numbers. 2017年1月30日閲覧。 Porter, Rick 2017年2月6日. TV by the Numbers. 2017年2月6日閲覧。 Porter, Rick 2017年2月13日. TV by the Numbers. 2017年2月13日閲覧。 Porter, Rick 2017年2月21日. TV by the Numbers. 2017年2月21日閲覧。 Porter, Rick 2017年2月27日. TV by the Numbers. 2017年2月27日閲覧。 Porter, Rick 2017年3月6日. TV by the Numbers. 2017年3月6日閲覧。 Porter, Rick 2017年3月13日. TV by the Numbers. 2017年3月13日閲覧。 Porter, Rick 2017年3月20日. TV by the Numbers. 2017年3月20日閲覧。 Porter, Rick 2017年3月27日. TV by the Numbers. 2017年3月27日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月3日. TV by the Numbers. 2017年4月3日閲覧。 Metacritic. 2011年10月26日閲覧。 2011年10月23日. 2011年10月27日閲覧。 Hale, Mike 2011年10月22日. 2011年12月31日閲覧。 2011年10月26日閲覧。 Burnett, Daynah 2011年10月28日. PopMatters. 2013年2月22日閲覧。 Metacritic. 2013年4月3日閲覧。 McNamara, Mary 2012年8月14日. Articles. latimes. com. 2013年4月3日閲覧。 KGW. com 2014年3月20日. 2014年3月20日閲覧。 Seidman, Robert 2011年10月31日. 2011年11月1日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年5月21日. 2012年5月21日閲覧。 2012年5月24日. 2012年6月7日閲覧。 BroadwayWorld. com 2012年8月14日. 2013年4月20日閲覧。 Bibel, Sara 2013年5月22日. TV by the Numbers. 2013年5月22日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年5月18日. TV by the Numbers. 2015年5月18日閲覧。 The Deadline Team 2015年8月1日. Deadline. 2015年5月22日時点のよりアーカイブ。 2015年8月1日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月23日. TV by the Numbers. 2016年5月23日閲覧。 Deadline Hollywood 2015年5月26日. 2015年5月26日閲覧。 Porter, Rick 2017年4月3日. TV by the Numbers. 2017年4月3日閲覧。 Deadline Hollywood 2017年5月26日. 2017年5月26日閲覧。 Matt Goldberg 2012年2月29日. Collider. com. 2013年6月9日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 日本版公式サイト• - スーパー! ドラマTV• - Universal TV ドラマ公式チャンネル• - (英語)• - (英語)• - 海外ドラマ MOVIE-FAN• - 海外ドラマNAVI.

次の

海外ドラマ「GRIMM/グリム」

グリム 映画

シーズン紹介 米NBCで2011年に放送スタート。 深い森に囲まれたオレゴン州ポートランドを舞台に、グリム童話の作者・グリム兄弟の末裔で、魔物たちの正体を見抜くことができる殺人課の刑事ニックが、相棒ハンクと奇怪な事件を捜査していく。 グリム童話を中心に、世界各地の伝承文学や伝説を題材としたダーク・サスペンスのファイナルシーズン。 制作年:2017 チャンネル:NBC エピソード• 第1話 Fugitive• 第2話 Trust Me Knot• 第3話 Oh Captain, My Captain• 第4話 El Cuegle• 第5話 The Seven Year Itch• 第6話 Breakfast in Bed• 第7話 Blind Love• 第8話 The Son Also Rises• 第9話 Tree People• 第10話 Blood Magic• 第11話 Where the Wild Things Were• 第13話 The End スタッフ エグゼクティブプロデューサー ノルベルト・バーバ Norberto Barba•

次の

海外ドラマ『GRIMM/グリム』全シーズンのあらすじ・ネタバレ・キャスト解説

グリム 映画

あらすじ [ ] 1796年、の弟のジェイクは、病気の妹を医者に診せる金を作るために売る牛を、騙されて「魔法の豆」と交換してしまうような夢見がちな子供だった。 兄のウィルはそんな弟をバカだと激怒する。 妹は医者に診せられぬまま、死んでしまう。 15年後、成長したウィルとジェイクの兄弟は、魔物退治の達人として名を知られた存在となっており、各地を巡って魔物を退治しては報酬を得ていた。 ジェイクは各地の民話や伝説を収集するのに熱心で、ウィルは現実的で要領よく生きようとしていた。 そしてフランス占領下ドイツのとある村で退治を首尾よく成し遂げたが、そこでフランスのドゥラトンブ将軍の部下であるカヴァルディに、ペテン師として仲間と共に逮捕されてしまう。 ドゥラトンブ将軍は、兄弟一味を見逃す代わりにある森で起こっている不可解な連続少女失踪事件のトリックをあばき、解決することを要求してきた。 兄弟たちは仕方なしに要求を受け入れ、カヴァルディの監視付きで、森のある村に出向く。 そこで兄弟は、村人から良く思われていないが、森に詳しい猟師の娘アンジェリカに助力を請い、人がおそれて足を踏み入れない森の奥も調べることになった。 そこは昔、忌まわしい魔力を持つ、美貌の鏡の女王が住んでいたと言い伝えられる塔の建つ森であった。 事件の背後には、あくまで人為的なトリックがあると思っていた兄弟だが、森では今も鏡の女王の気配と魔力が息づいているかのような解明できない奇怪な出来事が立て続けに起こり、調査中にも少女の失踪は続いていた。 やがて兄弟も驚いたことに、少女たちの失踪は、鏡の女王の偏執的な宿願によって引き起こされていたことが判明したが、すでに時はさし迫り、集められた少女たちが女王の犠牲になろうとしている夜になってしまっていた。 おぞましい企みを阻止しようとする兄弟にも、次々と女王の魔の手が襲いかかってくる。 兄弟は協力して奮戦するのだった。 キャスト [ ] 役名:俳優(ソフト版日本語吹き替え)• :() 兄役だが、実在のヴィルヘルムは弟• :() 弟役だが、実在のヤーコプは兄• 鏡の女王:()• ドゥラトンブ:()• アンジェリカ:()• カヴァルディ:()• ヒドリック:()• アンジェリカの父:()• バンスト:()• その他の日本語吹き替え://///////// トリビア [ ]• ギリアムとマット・デイモンは、レナ・ヘディが演じた役をが演じることを望んでいたが、プロデューサーの反対で実現しなかった。 当初はとがキャスティングされていたが、スケジュールが合わなかったため実現しなかった。 最初、ギリアムは音楽にゴラン・ブレゴヴィックを選んだが、より伝統的な音楽を使うことを決めたためになった。 当初はがキャスティングされていたが、実現しなかった。 当初はがウィル役にキャスティングされていた。 ギリアムによると、マット・デイモンはこの映画のためにのレッスンを受けたという。 2004年6月、セットで問題が発生したため、ギリアムはこの映画の制作を半年間中断することにした。 ギリアムはその期間に『』を撮影し、2005年1月に再開した。 この映画で最も費用の掛かったシーンはカットされている。 理由は、そのシーンが映画の早い段階に登場するのでそれ以降のシーンがすべて色褪せてしまうため。 ギリアムは、そのシーンをDVDの特典映像に入れると述べた。 「手の森」の場面はギリアムが25年間暖めていたアイディアである。 もともとは『』(1981年)のために考えられたシーンで、『』(1985年)でも入れることが検討された。 マット・デイモンとヒース・レジャーは、もともとは逆にキャスティングされていたが、申し立てをして役を取り替えた。 に関連する問題のせいで、ギリアムとトニー・グリソーニは、アーレン・クルーガーによる脚本に多くの変更を加えたにもかかわらずクレジットに名前を出すことができなかった。 ギリアムとグリソーニは自分たちのクレジットとして「ドレス・パターン・メーカー」というものを考え出し、この映画は「脚本」からではなく「ドレス・パターン(型紙)」から作られたと述べたという。 部屋のシーンで、胴体を吊り下げられたマット・デイモンは、肋骨が縄で圧迫されて呼吸ができなくなるため、その状態では1分半ほどしか耐えることができなかった。 マット・デイモンとヒース・レジャーは、映画では年の近い兄弟を演じているが、実際には9つの年齢差がある。 アメリカでPG-13にされた最初のギリアム監督作品である。 他の作品はPGまたはRにレイティングされている。 ギリアムの長女がアシスタントとして、長男がワンシーンに出演という形で参加している。 おとぎ話との関連 [ ] この映画では(ほとんどは)からの引用が多く見られるが、実際の話とは多少異なっている。 ジェイクは牛と引き替えに豆を手に入れる(『』)。 鏡の女王は、『』(邪悪な女王と魔法の鏡)、『』(積み重ねた敷き布団の上に寝る)、『』(入り口の無い塔に住み、髪の毛が長い)が組み合わされている。 『赤ずきん』の英雄的な狩人は、映画では邪悪な家来とになっている(悪い狼)。 『ジンジャーブレッド・マン』は、映画では泥の化け物である。 『ジャックと豆の木』のジャックは、兄弟の名前に合わせてジェイクに変えられている。 は自分たちを「ハンス」、「グレータ」と呼ぶ。 悪魔に取り憑かれた馬を見た少女は、『』が狼を見たときと同じように「なんて大きな耳なの。 なんて大きな目なの…」と言う。 いけにえの少女たちは、眠りに落ちるときに指に針を刺される(『』)。 いけにえの少女たちの足には、魔法によってガラスの靴が履かせられる(『』)。 狂った老婆は兄弟に赤いリンゴを与えようとする(『白雪姫』)。 カエルにキスをする(『』)。 酔っぱらったジェイクが、の名前を当てなければならなくなったときの話をする(『』)。 キスによって魔法が解け目覚める(『』)。 ほかにも次のような引用が見られる。 鏡の女王の物語は、「流血の伯爵夫人」と呼ばれたの伝説を彷彿とさせる。 指輪が水の中に投げ入れられると水が凍るシーンは、映画『』の1シーンとよく似ている。 少女が靴を打ち合わせるのは『』のドロシーのそれと同じである。 参考文献 [ ].

次の