アマゾンミュージック 端末 台数。 Amazon Echoデバイスを複数台を連携するやり方やできることまとめ。2台のEcho Dotで試してみた!

Amazonプライムミュージックは家族や友達と共有でき複数端末で使用できる?同時複数再生の可否と台数

アマゾンミュージック 端末 台数

Amazonプライムの特典のひとつ 『Prime Music(プライムミュージック)』は、追加料金なしで200万曲が聴き放題のサブスク形式の音楽配信サービス。 もともとプライム会員だった方なら、実質無料で利用可能です。 音楽好きの方には、追加契約でさらに6,500万曲が聴き放題になる 『Amazon Music Unlimited』もAmazonは提供しています。 さらに2020年5月には、完全無料で使える 『Amazon Music Free』も登場。 Amazon関連の音楽サービスがいくつもあってわかりづらいと感じている方もいるのではないでしょうか。 この記事では『Prime Music』『Amazon Music Unlimited』『Amazon Music Free』に関する、よくある疑問やトラブルの解決策を網羅。 Amazonでお買い物することのある方なら使わなきゃ損! 利用方法を覚えて、お得に音楽ライフを楽しみましょう。 特におすすめのAmazonサービス プライム会員なら追加料金なしで200万曲が聴き放題 6,500万曲以上が聴き放題。 利用はこちらから あわせて読みたい Prime Music/Amazon Music Unlimited/Amazon Music Freeとは? 違いは? 『Prime Music』、『Amazon Music Unlimited』、『Amazon Music Free』はいずれもAmazonが提供する定額制音楽配信サービスです。 名前を見ただけではサービス内容がどう違うのかわからない方も多いでしょう。 いずれも『Amazon Music』というアプリで利用できます。 3つの違いを詳しくみていきましょう。 『Prime Music』プライム会員なら追加料金なしで聴き放題! 『Prime Music(プライムミュージック)』は、「」の会員が使える音楽ストリーミングサービス。 プライム会員の月額500円(年額4,900円)で利用でき、 追加料金はありません。 楽曲数は200万曲以上。 『Apple Music』や『Spotify』の数千万曲というランナップに比べると少なく感じますが、 メジャーな楽曲はしっかり聴けるのでライトに楽しむ分には十分使えます。 Amazon関連の特典が多数つくことや、会費の安さ(他社は月額1,000円前後)から見れば決して悪くはないでしょう。 対応端末は幅広く、iOS・Android端末、Fire端末、PC、Webで楽しめます。 『Amazon Music』アプリをダウンロードしてログインしてください。 詳しくはこちら 『Amazon Music Unlimited』業界トップクラス! 6,500万曲が聴き放題 6,500万曲という業界トップクラスの配信楽曲数を誇る音楽配信サービスです。 プライム会員でなくても、『Amazon Music Unlimited』単体での契約ができます。 料金は 月額980円。 プライム会員なら月額780円と少しお安くなるのが嬉しいです。 『Prime Music』と使い方などは同じですが、多彩な楽曲ラインナップが魅力で、洋楽・邦楽問わず様々なジャンルの音楽を思いっきり楽しめます。 詳しくはこちら 『Amazon Music Free』完全無料! ただし広告あり 2020年5月に登場した新しいサービスです。 Amazonアカウントがあれば利用でき、 クレジットカードなどの決済情報の登録は不要。 楽曲の間に広告が挟まれる、スキップは1時間に6回まで、シャッフル再生のみ、プレイリストの作成不可と 機能面で制限がかかりますが、無料で音楽を楽しめます。 ラジオや有線のような感覚で、ヒット曲をさらっと聴きたいときや、作業用BGMなどに使えるでしょう。 プライム会員ではないけどAmazonアカウントを持っている方、音楽配信サービスがどういうものか試してみたい方におすすめです。 一方『Amazon Music Unlimited』は3つのプラン 「個人プラン」「ファミリープラン」「Echoプラン」があるのが特徴です。 「個人プラン」が一番ベーシックで、迷ったらこれにしておけば問題ありません。 「ファミリープラン」は 1度に最大6台の端末でストリーミング再生が可能。 料金は少し高くなりますが、家族2人以上で使うのであればこちらがお得です。 「Echoプラン」はスマホ・タブレット・PCで利用することがなく、主に スマートスピーカーEchoシリーズで音楽を聴く方向けのプラン。 再生端末がEchoのみに限定されますが、 月額料金はぐっと抑えられます。 機能の違い 『Prime Music』と『Amazon Music Unlimited』は楽曲数以外に、機能で大きな違いはありません。 ただし「HD、Ultra HD、3Dの再生」のみ、『Prime Music』では利用できないので注意してください。 高音質で音楽を聴きたい方は『Amazon Music Unlimited』で「」へのアップグレード登録が必要です。 月額1,980円(プライム会員なら1,780円)と料金は上がりますが、6,500万曲が高音質で視聴可能。 さらに数百万曲は10倍以上のビットレートの「ULTRA HD」に対応しています。 登録方法、無料期間について 各サービスを利用するには会員登録が必要です。 その流れを解説します。 『Prime Music』(プライム会員)に登録する 『Prime Music』はプライム会員に登録すれば利用できます。 すでにプライム会員になっている方はそのまま利用可能です。 まだプライム会員になっていない方は、以下のリンクから登録をしてください。 初めて登録する場合は 30日間無料です。 登録はこちらから 「プライムを無料で試す」ボタンから、支払い方法(クレジットカードや携帯決済など)を入力して登録してください。 なお、Amazonアカウントの登録も必要なので、持っていない方はあわせて登録をしてください。 ストリーミングもWi-Fi接続時のみにできる。 2 mp3でPCやMacへ保存することはできない 残念ながら、パソコンでは曲のダウンロードはできず、ストリーミング限定で聴けます。 また、mp3などの形式で保存するようなこともできません。 ただし、音楽ストリーミングサービスの『Prime Music』ではなく、1曲ずつ課金して買い切る『Amazon Music』であれば、mp3などの形式でパソコン等に永久保存しておけます。 3 iTunesからPrime Musicへ曲を取り込む方法 2つの音楽アプリを使い分けるのも煩わしいので、手持ちの曲をPrime Music側で聴けるようにする方法をご紹介します。 注意点として、端末側の曲を消すとアプリからも消えてしまいます。 また、PCなど他デバイスからのアクセスもできません。 読み込んだ曲がクラウドにアップロードされるわけではないので、端末側の曲はそのまま残しておいてください。 2 Prime MusicからiTunesやCD、ウォークマン等への取り込みは不可 Prime Musicから外部へ曲を移すことはできません。 それを可能にすると、月額課金制のサービスとして成立しなくなるので仕方ないところです。 よって、PCや他の音楽プレイヤーに曲を取り込むことも一切できません。 コピーされないようにDRMがかかっているようです。 4 Prime Musicで配信される曲の音質はどれくらい? Prime Musicで配信される曲のフォーマットや特徴についてご紹介します。 1 256kbpsの可変ビットレート。 ハイレゾには非対応 曲のビットレートは最高256kbps、ハイレゾには非対応。 参考まで、『Apple Music』も同じ音質です。 『Google Play Music』『LINE MUSIC』『AWA』『Spotify』の最高320kbpsという音質よりは少し劣りますが、実際にはほとんど違いがわからない程度の差なのでご安心を。 また、Prime Musicの曲は「可変ビットレート」と呼ばれるファイル形式で、高い音質を保ちつつファイルサイズを小さく抑えています。 1曲5MBほど、200曲で1GBほどの容量が埋まると考えると良い目安になるでしょう。 2 イコライザーの調整は不可 アプリ版もPC版も、イコライザー機能は搭載されていません。 原曲そのままの音質で楽しむことになります。 5 Prime Musicのラインナップ、ランキング。 邦楽やアニソンはある? 他の音楽ストリーミングサービスはどれも2~3000万曲を配信する中、本サービスだけが約100万曲とかなり少ないです。 実際に使ってみた感覚としても、邦楽は充実していないのが正直なところ。 とはいえメジャーどころはある程度揃っており、何気なく曲を漁ってみる分には満足できるでしょう。 リリース当初に比べればラインナップは増えていっているはずなので、今後ますます拡充することに期待したいものです。 6 Amazon Music Unlimitedとは 2017年11月7日より、『Amazon Music Unlimited』というサービスが登場しました。 Prime Musicでは100万曲しか配信されていないのが、こちらは4000万曲以上と大幅アップ。 Apple MusicやSpotifyなどの競合サービスと対等な数です。 機能や操作性などは変わりなく、Prime Musicと同じアプリを同じように使用。 単純に曲数だけが増えた状態になります。 詳細はこちら 6. 1 Amazon Music Unlimitedの価格。 家族での利用もお得 価格は次の通りです。 で統一している中、本サービスはプライム会員ならお得に使えるのがメリットです。 一方、飛び抜けて安いEchoプランというのは、「」でのみ音楽を再生するプランのこと。 自宅のEchoでしか音楽を聴かないというのであれば、このプランが最適です。 スマホでは再生できないので、外出時も音楽を楽しみたい方には向きません。 家族が1人でもいるなら、ファミリープランを利用したほうがお得。 2 無料体験の始め方と、自動更新の止め方 プライム会員でもそうでなくても、まずは30日間無料体験することができます。 7 Prime Musicのトラブルシューティング スマホアプリ版を中心に、サービスに不具合が生じた場合の一般的な原因と解決策をご紹介していきます。 使っていない端末があればログアウトする。 2 再生できない、プレイリストを開けないときの原因と解決策。 プライム会員本人のみ利用できる。 検索し直して、曲が配信停止になっていないか確認する。 どれか1台に絞る。 もしそれでも解決しない場合は、してみてください。 電話やチャットでリアルタイムに対応してもらえます。 通信量が気になる人は『BIGLOBEモバイル』 何時間聴いてもデータ制限なし! [PR] 定額音楽配信サービスを利用するときに気になるのが通信量。 すぐ通信制限にかかってしまいそう……と心配な方も多いでしょう。 そこでオススメなのが、格安SIMの『BIGLOBEモバイル』です。

次の

Amazonデバイスの端末名を変更して端末管理を楽にする方法

アマゾンミュージック 端末 台数

ストリーミング再生とは Wi-Fiや4G回線を使用して、音楽を再生する方式。 同時にストリーミング再生できるけど不便 基本的にAmazon Music Unlimitedのファミリープランでない限り、Amazon Musicは1台の端末でしか再生できません。 複数端末のAmazon Musicアプリにあなたのアカウントでログインできるので、あなたのアカウントで各端末にログインをします。 あなたがストリーミング再生しているときに、他の人がストリーミング再生しようとすると、以下のようなポップアップが表示されます。 「続ける」をタップすると1曲だけ再生できますが、連続再生できません。 もう一度、再生したい場合は、「続ける」をタップしないといけないので不便です。 解決方法は後ほど! Amazon Music Unlimited Echoプランは個人プランへ EchoプランでAmazon Music Unlimitedを登録している方は、Alexa端末1台しか音楽を再生することができません。 Alexa端末以外でも音楽を楽しみたい場合、個人プランに変更することをオススメします。 個人プランにすることでAlexa端末以外にも、スマホ、タブレット、パソコン、FireTV、AppleTVで音楽を再生できます。 個人プランに変更するには「アレクサ、アマゾンミュージックアンリミテッドをアップグレードして」と言うと個人プランに変更できます。 Amazon Musicを複数端末で同時再生するには? 家族、恋人、友人と同時再生できるようにするには、どうしたらいいか。 ストリーミング再生はできなくもないが、1曲1曲再生しなければいけませんが、紹介する方法だよ連続再生も可能です。 楽曲をダウンロードしてオフライン再生する iPhone、Android、PCのアプリでは、音楽をダウンロードすることができます。 ダウンロードした楽曲は、アプリ内で再生することができ、通信環境がないところでも再生できます。 オフライン再生を使えば、同時に再生することができます。 Amazon Musicのオフライン再生については、以下の記事で解説しています。 13歳未満に使わせるとクレジットカードを使わるかも! ファミリープランの支払い方法にクレジットカードが設定されている場合、注意が必要です。 招待する子アカウントにクレジットカードの登録がない場合、親アカウントの支払い方法が自動で設定されます。 子アカウントでのお買い物時にクレジットカードが使える状態になってしまいます。 これを防ぐためには、あらかじめ子アカウントに適当なクレジットカードを登録するか支払い方法を携帯キャリア決済にする方法があります。 携帯キャリア決済にすれば、子アカウントに支払い方法が引き継がれません。 なお、携帯キャリア決済はdocomoとauのみです。 現実的なのは個人プランでオフライン再生! Amazon Musicを複数端末で同時再生する方法について、紹介しました。 Prime Musicは200万曲以上、Amazon Music Unlimited会員は6500万曲以上なので、より音楽を楽しむならAmazon Music Unlimitedがオススメ。 どうせ複数端末で音楽を楽しむなら、たくさん音楽を聞けた方が良いですよね。 家にいるときはストリーミング再生することもありますが、外出中はデータ通信がかかるのでオフライン再生がほとんど。 複数端末で利用するなら、ファミリープランではなくオフライン再生で使用するのが現実的かなと思います。 ぜひ、この機会に家族やパートナーと音楽を一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?.

次の

超簡単!AmazonミュージックをCD に焼く方法

アマゾンミュージック 端末 台数

家族でも利用可能な方法 家族会員のアカウントではNGですが、家族の方が一緒にプライムビデオを楽しむ方法が無いわけではありません。 プライム会員本人のアカウントを共有する、ということでも良ければ、複数の端末からプライム特典を利用することは可能。 これは規約違反でもなんでもありません。 プライム会員のプライムビデオ再生には以下のような制限があります。 【プライムビデオの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• 同じ動画のストリーミング再生は2台まで• 異なる動画のストリーミング再生は3台まで• ひとつの作品の同時ダウンロードは2台まで• ダウンロード再生は複数同時再生可能• すべての端末にダウンロードできる作品数は基本25本まで。 この制限内であれば、複数の端末での再生が可能なんです。 以下、それぞれの詳細をご紹介します。 プライム会員になると、そのアカウントに10台まで端末を登録することができます。 ただ、同時に全ての端末で動画を視聴できるわけではありません。 Amazon公式サイトのプライムビデオの使用規約より一部抜粋しましたので見てみましょう。 Prime Videoのストリーミング再生で「お客様は、同じタイトルを一度に2台を超える端末でストリーミング再生することはできません。 」 ダウンロードについては、 お客様は、ダウンロード可能なタイトルを、同時に2台の端末に限りダウンロードできます。 お客様がすでに2台の端末にタイトルをダウンロードしている場合、いずれか一方の端末から削除しない限り、そのタイトルを別の端末にダウンロードすることはできません。 地域により異なりますが、お客様のAmazonアカウントに関連するすべての端末に一度にダウンロードできるAmazonおよび第三者のビデオ・サブスクリプションのタイトルの合計数は15本または25本までとします。 実際にPC、スマホ、タブレット、TVなど、複数端末でストリーミング再生してみると、同じ番組は2台まで視聴できて、3台目になるとエラーで再生はできませんでした。 異なる番組を再生する場合なら、3台まで観ることができましたが、4台目はエラーとなりました。 さらにダウンロードしていた作品はこれらの再生数とは関係なく視聴することができました。 このように、ひとつのアカウントでの利用になりますが、一度に複数の同時視聴も可能なので、家族会員かどうかということは関係なく、アカウントが共有できる関係であれば、視聴も可能ということになります。 ただし、どんな動画を見ようと、プライバシーは筒抜け状態となりますし、もし家族が課金の必要な動画を視聴してしまえば、請求されるのはアカウントを持っているご本人です。 念のため。 Amazonのプライムビデオは、ダウンロードも可能なんです。 これはありがたいサービス。 Wi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば、オフラインの状態でも好きな時に好きな場所で視聴できますから便利です。 私は新幹線での長距離移動の時にダウンロードした映画を観たりします。 オフラインなので、画像が乱れることもなく、快適に視聴できます。 ただし、このダウンロードしたビデオについては、以下のような縛りがあります。 端末の登録・削除 端末をわざわざ登録する必要はありません。 端末でウェブまたはアプリを使ってアカウントにログイン、制限台数内であれば自動で登録されます。 端末の削除などの場合は、プライム会員のアカウントでAmazonにログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Prime Videoの設定」で行います。 ここから、「アカウントと設定」画面が表示されますので、「デバイス」という文字の部分をクリックします。 すると、現在利用している端末が登録されています。 このキャプチャでは出ていませんが、それぞれの端末の右端に「登録の解除」というボタンが表示されていますので、使っていない端末などを解除します。 一旦解除しても、台数制限内であれば再度の登録が可能(またログインすればOK)です。 プライムミュージック 家族で利用可能となる方法 Primeミュージックも家族会員アカウントでは利用できませんが、これもやはりプライム本会員のアカウントを共有すれば利用可能です。 プライムミュージックの再生での制限は以下の通りです。 【プライムミュージックの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• ストリーミング再生は1台のみ• ダウンロードは最大4台まで• 1台のストリーミング再生と最大4台までのダウンロード再生は同時再生可能 それでは、以下その内容を見ていきましょう。 プライムミュージックでは、同時に複数の端末でストリーミング再生をすることができません。 ストリーミング再生は1台まで。 また、プライムミュージックにもダウンロード機能があって、このダウンロード再生であれば、ストリーミング再生には影響しません。 プライムビデオと同じですね。 1台はストリーミング再生、他の端末ではダウンロード再生とすれば、複数の端末で同時利用が可能です。 ただし、ダウンロード可能なのは、最大4台まで。 デバイスの登録としてはプライムビデオと同じで、1アカウントに10台まで端末を登録できます。 ストリーミング再生とダウンロード再生をうまく利用することで、最大5台の端末で同時に楽しむことができるということですね。 もし最大の端末登録数10台を超えてしまったら、不要な端末を削除しないと新たな端末を登録できません。 ダウンロード可能な台数制限内でも、ひとつ削除すれば、ひとつ新たな端末にダウンロードできるようになります。 プライムミュージック 端末の登録と削除 端末を登録するときは自動。 手持ちの対応端末に「プライムビデオ」や「Amazonミュージック」のアプリをダウンロード、アプリにAmazonのアカウントでログインすることで、自動的に認証済みの端末として登録されます。 この内容はアカウントサービス上で確認できます。 端末の削除方法としては、Prime会員のアカウントでログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Amazon musicの設定」から。 画面を下にスクロールすると「端末を管理」と登録済の端末が以下のように表示されます。 端末名の左に四角いアイコンがあるので、そこをクリックすると、端末の詳細情報(シリアルナンバーなど)を確認できて、端末の削除もできます。 通常であれば、端末からAmazonにログインすれば、自動的に登録されるため、この画面を表示して操作することはありませんが、確認や削除をしたいときはこちらで操作します。 アカウント共有で気になるプライバシー問題 Primeの家族会員アカウントではプライムビデオなどの特典が利用できませんが、Prime会員のアカウントを共有できれば、複数の端末を登録できるので、家族で活用することも可能です。 動画配信サービスとしては、かなりお値段も安くて、このように自由度も高いAmazonプライムビデオ。 コスパ的にも最高ですよね。 ただし、プライバシーの面でいうと、問題がないわけではないですよね。 例えば、へそくりでこっそり買った高級品とか、家族に言えない動画を見たとか。 なにしろ、同じアカウントでログインしているので、ここがなかなかの問題だったりもします。 ログイン情報も共有するとなると、もちろんすべての情報を見ることができます。

次の