ジャックオーランタン コスプレ。 ジャック・オ・ランタン (じゃっくおーらんたん)とは【ピクシブ百科事典】

Amazon

ジャックオーランタン コスプレ

ハロウィンってどんなもの? まずは、ジャック・オー・ランタンが出てくるハロウィンについてご紹介します。 つまりハロウィンは、万聖節の前夜祭の事。 万聖節 ばんせいせつ キリスト教の祭日。 11月1日 東方教会では聖霊降臨祭後の最初の日曜日。 全聖人と殉教者を記念する。 「諸聖人の日」「全聖人の日」ともいう。 ハロウィーンはこの前夜祭。 どんなことするの? もともとは、毎年10月31日に行われる、ヨーロッパを発祥とする祭り、収穫感謝祭。 秋の収穫を祝って、農作物に悪さをする悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったそうです。 発祥の地は、アイルランドだと言われています。 アイルランドでは、10月最後の月曜日から11月2日まで学校が休みになるハロウィン休日があるのだそうです。 学校がお休みになるくらいの国民的なイベントなんですね。 その由来とは? ハロウィンの由来は、古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたサウィン祭が起源といわれているそうです。 古代のケルトでは、11月1日から10月31日までが1年間とされていました。 その新年の11月1日の前日、つまり大晦日にあたる10月31日には、先祖の霊や亡くなった人の魂が家族の元へ帰ってくると信じられていました。 しかし、その反面悪霊や魔女なども一緒に人間界にやってきて、作物に悪い影響を与えたり、子供をさらってたりして、生きている世界の人間に悪影響を及ぼすといわれていました。 そこで人間たちは、悪霊などが悪さをしたり自分たちの家に入らないよう、仮面をかぶったり、仮装して驚かせたり、 魔除けのかがり火(魔除けの提灯)をたいたりしたと言われています。 ハロウィンとジャック・オー・ランタンの関係 さて、ではハロウィンとかぼちゃのお化けとの関係ってどういうものなのでしょう。 ハロウィンに悪さをする悪霊や魔女の 魔除けとして使っていたかがり火が、今ではカボチャの提灯となったといわれています。 子どもや農作物、家畜などを守るために、カボチャをくり抜いて怖い顔をつくり、それに火をともす事で悪霊や魔女の魔除けなると考えたようです。 そして時代を経て、この魔除けとして飾るようになったカボチャの提灯が、やがてハロウィンのシンボルとなっていったとされています。 そのカボチャの提灯は、 ジャック・オー・ランタンと名付けられました。 そのまま直訳すると「ジャックのランタン(提灯)」ですが、日本語では「ちょうちん持ちのジャック」「ちょうちん持ちの男」「ちょうちんジャック」と言われています。 その由来とは? これにはある物語が関係していると言われています。 アイルランドの伝承物語昔々、あるところに ジャックという、怠け者で嘘つきで酒好きのずる賢い男がいました。 ジャックは悪い事をしては、いつも嘘ばかりついて人々を騙していました。 あるハロウィンの夜のこと。 ジャックは、地獄からこの世に来ていた悪魔と遭遇しました。 そして悪魔に命を取られそうになった時のこと、ジャックは言葉巧みに悪魔を騙し「今後10年間は魂を取りに来ない」と約束させてしまいました。 その後10年が経ち、約束通り悪魔はジャックの魂を取りに来たのですが、またもやジャックは悪魔を言葉巧みに騙し、今度は「ジャックの魂は取らない」と約束させてしまいました。 あきらめた悪魔は言われた通り約束を守り、二度とジャックの前には現れませんでした。 やがて、月日は経ち、とうとうジャックが一生を終える日がやってきました。 魂となったジャックは、すぐさま天国へと向かいました。 しかし、生前悪い事ばかりをしていたジャックが天国に入れてもらえる事などありえません。 天国の門は固く閉ざされてしまいました。 あきらめたジャックは、仕方なく今度は地獄へ向かう事にしました。 地獄へと到着したジャックは、驚きました。 なんと、そこで待っていたのは、あの時ジャックが騙した悪魔だったのです。 悪魔は、ジャックにこういいました「約束した通り魂は取れないので、地獄に入れる事も出来ない」と。 困り果てたジャックは「それじゃあオレは、どこへ行けば良いんだ。。 」真っ暗な闇の中に立ちつくすジャック。 それを見かねた悪魔は、 ジャックに地獄で燃えている小さな炎の塊を与えました。 それは消えそうな位の小さな炎だったため、 ジャックは道端に転がっていた カブをくり抜いて炎を入れて、ランタン 提灯 にしたのでした。 行く当てもなく、永遠にひとり彷徨い続けるジャック。 その手には カブで作ったランタンがしっかりと握られていたそうです。 え?カブ?カボチャじゃないの? 本当はカボチャじゃなかった! アイルランドの伝承からもわかる通り、そもそも現代に伝わっているシンボルのカボチャのランタンは、 カブで作られたものだったのです。 さらに調べると、古代のケルト人たちは カブの一種「ルタバガ」という根菜をくり抜いて、提灯にして魔除けとしていたそうです。 こちらがカブで作ったランタンだそうです。 めちゃくちゃ不気味ですよね。 やがて、いつのまにか ジャックの持つ提灯のカブが、死んだひとの魂のシンボルとなり、死者や悪霊が戻ってくるハロウィンと結びついていったのです。 そして、その伝承がアメリカへ伝わると、あまり馴染みのないカブではなく、手に入りやすいカボチャへと変わったというわけです。 『鍛冶屋のウィル』むかしむかし、あるところに鍛冶屋のウィルという男がいました。 彼は口は上手いが暴力的でいつもトラブルばかり起こしていました。 そんなある日の事、ウィルは喧嘩が災いして、とうとう殺されてしまいました。 死んで魂となったウィルは「死者の門」に辿り着き、天国に行くのか地獄へ行くのかを判定をする聖ペテロという裁定人の前に引き出されました。 ウィルはここで持ち前の口の上手さを利用して、まんまと聖ペテロを言いくるめ、また人間界へ戻る事に成功しました。 しかし、そんなウィルの気質は変わる事はなく、二度目の死を迎える事となります。 そんなウィルの姿を見ていた聖ペトロはこう言い放つのでした。 「お前をせっかく人間界に戻したのに、ちっとも心を入れ替えてはいないではないか!お前のような人間は地獄にすら入れるのがもったいない。 天国でも地獄でもない煉獄(れんごく)を彷徨い続けるがいい!!」死者の門は目の前で閉ざされてしまったのです。 天国でも地獄でもない「煉獄(れんごく)」を永遠に彷徨う運命となったウィル。 そんなウィルの姿を見ていた悪魔は、同情し、地獄の劫火の中で燃えさかる石炭をひとつ取り出し、ウィルに明かりとして与えたのでした。 ウィルはその小さな種火を持ち、今も現世と煉獄の間を彷徨い続けているそうです。 時折、ウィルの持っている種火の光だけが、ぼんやりと浮かんでは懐かしそうにうろうろと彷徨った後、再び煉獄へと戻っていくそうです。 本当にジャック・オー・ランタンの伝承物語によく似ていますね。 この二つの逸話は、諸説あるのですが、同一のものであるとも言われています。 ハロウィンと関係の深い映画 ハロウィンやジャック・オー・ランタンはいろいろな映画に登場します。 その中でもおススメの映画をご紹介します。 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス この映画は「ハロウィン・タウン」という仮想の街が舞台となっている物語です。 (1993年アメリカ 原案・原作ティムバートン) その主人公の名前がジャック・スケリントンというんですよね。 これはジャック・オー・ランタンからきているみたいですね。 あらすじをご紹介しますね。 「ハロウィン・タウン」の住人達は怖い事や人を驚かせる事が大好き。 その日は丁度「ハロウィン」当日、住人達は大盛り上がり。 だが、「ハロウィン・タウン」の王様であるパンプキン・キング、 ジャック・スケリントンは、毎年毎年同じことの繰り返しでしかない単調な「ハロウィン」に虚しさを感じていた。 そんな時、ジャックは森の奥で不思議な扉の付いた木を見つける。 その一つを開いてみると、恐怖と悪夢に満ちた「ハロウィン・タウン」とは全く違う、陽気で明るい『クリスマス・タウン』の別世界が広がっていた。 初めて見る美しい雪景色の中、色鮮やかな電飾で飾られた街全体が祝う「クリスマス」に心を奪われたジャックは、自分達の力で「クリスマス」を作り出そうと計画を立てる。 そんな中、ジャックに密かに想いを寄せるサリーは、何か悪いことが起きるのではないかという予感にとらわれていた。 サリーの心配を他所に、「クリスマス」の準備は着々と進んでいく。 だが、ジャックも住人達も本当の「クリスマス」が何なのか理解出来ずに暴走していき、事態はどんどんおかしな方向へと転がって行く。 不気味なんだけど、ちょっと可笑しなキャラクターがとてもかわいくて、なんとも言えない魅力のある物語です。 大人から子供まで一緒に楽しめる映画ですよ。 ぜひ家族皆さんでご覧になってみてください。 ハロウィンって、ちょっと思っていたものとはちがいましたね。 ジャック・オー・ランタンがなぜあんなに不気味なのか、ちょっとわかった気がしますね。 まとめ いかがでしたでしょうか?ハロウィンやジャック・オー・ランタンについて知らない事たくさんありましたよね。 今年のハロウィンはちょっと違った見方になりそうですね。 では、まとめです!• ハロウィンの言葉の意味は、万聖節 All-hallow の前の晩に行われる、という意味の「All-hallow-even」を短縮したもの。 もともとはヨーロッパ発祥の秋の収穫祭で、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いがあった。 現代のハロウィンは民間行事のお祭りとして定着しており、トリックオアトリート!仮装を楽しむイベントとなっている。 ジャック・オー・ランタンの由来はアイルランドに伝わる伝承物語である。 ジャック・オー・ランタンはもともとはカブで作られていたが、その伝承がアメリカへ伝わると手に入りやすいカボチャへと変わった。 ウィル・オーザ・ウィスプの「鍛冶屋のウィル」というお話は、はジャック・オー・ランタンの伝承物語とそっくり。 ハロウィンのおススメの映画はナイトメアー・ビフォア・クリスマス。

次の

ハロウィンかぼちゃの由来とジャック・オー・ランタンの意味!

ジャックオーランタン コスプレ

ハッピー・ハロウィーン! 日本でもすっかり定着しつつある、ハロウィンの季節がまたやって来ました!(コレ書いてるのは9月だけど) ハロウィンといって思い浮かべるものは、コスプレ、ゾンビ、おばけ…そしてあのカボチャ! コレね あのカボチャって、イメージ写真や、作り物のオブジェではよく見かけますけど、本物のカボチャで作ったことがある人は、意外と少ないんじゃないでしょうか? …というわけで今回は、あのハロウィン・カボチャ「ジャック・オー・ランタン」作りに挑戦してみましょう。 ハロウィン用のカボチャは、普通のカボチャとは違う! ジャック・オー・ランタンを作るためには、当然、あのオレンジでバカでっかいカボチャが必要になりますが…。 今回、一番苦労したのはこのカボチャを手に入れることでした(書いてるのがハロウィン時期前なので)。 ハロウィン近くなったら、「ペポカボチャ」「おもちゃカボチャ」という名前で、食品売り場ではなく、観賞用植物のお店などで取り扱われているようなので、探してみてください! なぜ食品売り場じゃないかというと、コレ、食用じゃないらしいです。 あのカボチャさえ手に入れちゃえば、あとはナイフとスプーンなどで、スタンダードなジャック・オー・ランタンは比較的カンタンに作れるのですが、今回は専用の道具を使用して、もうちょっと難しいものを作ってみたいと思います。 カービングセットを使って透かし彫りのジャック・オー・ランタン作りに挑戦! ときどき見かけますよね、透かし彫りのジャック・オー・ランタン 透かし彫りのジャック・オー・ランタンを作るのに必要になってくるのがこちらの道具! カービングセット 本気で使いこなせば、こんなスゴイ作品が作れるらしいんですが… いや、どう考えてもこれは道具うんぬんじゃなくて、彫刻のセンス&スキルの問題だよなぁー。 まあ、とりあえず作っていきましょう カボチャに直接、マジックなどで絵柄の下描き そして、ロウソクを入れる空間を作るため、中身をくり抜きます。 何本も入っているけど…彫る部分の細かさとかでテキトーに使い分ける感じでオッケーだと思います ザクッ! スジがあって、若干彫りにくい部分もありますが、木の彫刻などよりもはるかに柔らかいので、サクサク彫れて楽しい&気持ちイイ! 大量にカスが出るから、ゴミ袋などを敷いて、覚悟して作業しましょう! 絵柄のフチをキレイに彫るのが少々難しかったので、デザインナイフなどで線に沿って切れ目を入れてから彫ったほうがキレイできると思います 完成! 中にロウソクを入れると… ほい、完成! うん…なんとなーくみすぼらしく見えますが。 中にロウソクを入れると… おっ、それっぽくなった! ジャック・オー・ランタンは、やってみると意外とカンタンに作れて楽しかったです。 透かし彫りじゃないスタンダードなやつならナイフとスプーンでできちゃうので、今年のハロウィンはコスプレして浮かれるばかりじゃなく、ジャック・オー・ランタン作りに挑戦するのもいいんじゃないかな! ちなみに、ジャック・オー・ランタンになったカボチャは数日で腐っちゃうので、もったいないけど捨てましょう。

次の

ジャック・オー・ランタンの由来と起源は2通りあった

ジャックオーランタン コスプレ

ハロウィンって、何なの? ハロウィンはもともと、紀元前3千年~2千年頃に古代ヨーロッパの中、西部で栄えたケルト人が行なっていた祭が起源だと考えられています。 もともと秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でしたが、現代では民間行事として定着し、宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。 なぜ、ハロウィンって言うようになったの? また、halloweenは、直訳すると、神聖な夜となります。 ハロウィンの日はいつ? 諸聖人の祝日は11月1日なので、その前夜のイブの10月31日がハロウィンの日になります。 ハロウィンになぜ、かぼちゃを使うようになったの? もともと、使用していたのは、かぼちゃではなく、ヨーロッパではカブを使用していました。 アメリカに伝わってから、かぼちゃを使用する様になったのです。 アメリカでは、カブはあまり生産されていませんでしが、かぼちゃは、一般的で、大量生産されていましたので、かぼちゃでランタンを作るようになったのです。 このかぼちゃで作るランタンが、ヨーロッパに逆輸入され、今では世界的にかぼちゃのランタンが一般的になっています。 ハロウィンかぼちゃを、なぜ、ジャック・オー・ランタンって言うの? ジャック・オー・ランタンを日本語に直すと、提灯持ちのジャックという意味になります。 昔、ジャックという男がいて、悪いことばかりしていました。 この男が、亡くなったのですが、生前、悪いことばかりしていた為、天国に行けませんでした。 仕方なく、地獄に行きましたが、そこでも、入るのを断られてしまいました。 行き場を失ったジャックは、あの世とこの世を提灯を持って永遠に行ったり来たりすることになりました。 この物語から、ハロウィンかぼちゃのランタンを、って言うようになったんです。 ハロウィンの日になぜ、トリック・オア・トリートって言うの? トリック・オア・トリートは、日本語に直すと、ごちそうをくれないと、いたずらしちゃうぞという意味になります。 10月31日の夜に、子供たちが、と言いながら、各家庭を廻ります。 この時、お化けや、魔女の仮装をしてお菓子をもらいます。 日本では、この風習は、あまり定着していませんが、外国では、一般的な行事になっています。 日本で言う地蔵盆と同じようなものです。。 日本も、もっと、子供たちの行事として一般的になるといいですね。 日本でのハロウィンの状況 日本では、ハロウィンのコスプレをするのが一般的になっていますね。 もともと、コスプレの下地がありましたので、瞬く間に、全国に広がっていきました。 アニメのコスプレが主流になっており、コスプレするコスプレイヤーが一同に集まるイベントも多く開催されています。 ですので、ハロウィンが入ってきてもすぐに受け入れられ、ディズニーや、usjはもちろん、全国でもイベントやパーティーが開催され、今では、9月から10月になりますと、ハロウィン一色になります。 世界でのハロウィンの状況 アメリカでは、日本と同じようにハロウィン仮装が主流になっています。 大人も子供も一大行事として楽しんでいます。 ニューヨークでは、ニューヨーク・ビィレッジ・ハロウィン・パレードが世界規模のパレードとして有名です。 一方、イギリスでは、ハロウィンより、のほうが有名です。 こちらは、10月31日ではなく、11月5日に行われます。 ハロウィンの詳しい内容については、をごらんください。 ハロウィン仮装は、どうすればいいの? ハロウィン仮装は、多くの種類があります。 仮装に興味のある方は、一度にお立ち寄りくださいね。

次の