配当利回りとは。 【米国株】25年以上連続増配銘柄の配当利回りランキング

配当利回り(会社予想):株式ランキング

配当利回りとは

オリックスは、リース事業に始まり、法人金融・メンテナンスリース・不動産・事業投資など様々な分野に進出している会社。 オリックスの2020年3月期の配当は、中間配当(9月)が「35円」、期末配当(3月)が「41円」、合計の年間配当額は「1株あたり76円」で確定した。 これにより、 配当利回り(実績)は5. 79%となった。 オリックスの2019年3月期の配当は「1株あたり76円」だったので、前期比で「横ばい」となり、 連続増配期間は「10 期」でストップした。 ただし、「安定的かつ継続的な配当を実施するため」に、通期の配当性向については例外的に「2021年3月期に限り50%(2020年3月期の配当性向は32%)とする」としており、期末配当もある程度の水準を維持したいという会社側の意向が感じられる。 なお、 オリックスの2021年3月期の業績予想は、新型コロナウイルスの影響について「現時点では業績に与える影響に未確定要因が多い」とし、合理的に算定することが困難なことから「未定」としている。 2020年3月期の「決算短信」などが発表されたことを受けて、 オリックスの株価は しており、明日の株式市場でも注目を集めることになりそうだ。 連続増配が始まる直前の 2009年3月期から2019年3月期までの10年間で、オリックスの年間配当額は「1株あたり7円」から「1株あたり76円」まで、10. 8倍に増加している。 なお、2021年3月期の年間配当予想は「未定」のため、配当利回り(予想)も「未定」となる。 79% オリックスの配当利回り(実績)は5. 79%。 2020年4月の東証1部の平均利回りは2. 28%(配当実施企業のみ)なので、 オリックスの配当利回りは「かなり高め」と言える。 また、 オリックスは保有株式数と継続保有期間に応じて「ふるさと優待」と「株主カード」が貰える株主優待を実施している。 「ふるさと優待」はオリックスグループの取引先が扱う商品が掲載されたカタログギフトで、「株主カード」はオリックスグループの各種サービスを割引価格で利用できるというもの。 「配当+株主優待利回り」は算出できないものの、高い配当利回りに加えて株主優待も実施されていることから、投資を検討する価値はありそうだ。 海外にも700以上の拠点を持ち、事業を展開している。 2021年3月期(通期)の連結業績予想は、新型コロナウイルスの影響について「現時点では業績に与える影響に未確定要因が多い」とし、合理的に算定することが困難なため「未定」としている。

次の

【米国株】25年以上連続増配銘柄の配当利回りランキング

配当利回りとは

丹青社(9743)は商業施設やイベント施設などにおける内装や設備の企画・製作・施工を行うディスプレイ業界の大手。 丹青社が発表した2020年1月期の決算短信によると、2021年1月期の予想配当は中間配当(7月)が「22円」、期末配当(1月)が「22円」、合計の年間配当額は「1株あたり44円」となっている。 2020年1月期の配当は「1株あたり42円」だったので、前期比で「2円」の増配となる。 今回の増配発表によって、 丹青社の配当利回り(予想)は4. そのため、今回の増配予想の背景には2021年1月期の堅調な業績予想があるといえよう。 したがって、その影響の程度によっては2021年1月期の年間配当額も上下する可能性がある。 丹青社の配当利回りは? 丹青社の2020年3月12日時点の株価(終値)は844円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。 21% 丹青社の配当利回りは5. 21%。 2020年2月の東証1部の平均利回りは2. 31%(配当実施企業のみ)なので、 丹青社の配当利回りは「かなり高め」と言えるだろう。 なお、 丹青社は株主優待を実施していない。 丹青社は、商業施設やイベント施設などにおける内装や設備の企画・製作・施工を行うディスプレイ業界の大手。 様々な施設での空間づくりプロセスを一貫して手掛けている。 2021年1月期(通期)の連結業績予想は、売上高7. 4%増、経常利益5. 1%増と堅調(すべて前期比)。 21% 【2020年7月2日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】.

次の

配当利回り|株初心者のための株式投資と相場分析方法

配当利回りとは

丹青社(9743)は商業施設やイベント施設などにおける内装や設備の企画・製作・施工を行うディスプレイ業界の大手。 丹青社が発表した2020年1月期の決算短信によると、2021年1月期の予想配当は中間配当(7月)が「22円」、期末配当(1月)が「22円」、合計の年間配当額は「1株あたり44円」となっている。 2020年1月期の配当は「1株あたり42円」だったので、前期比で「2円」の増配となる。 今回の増配発表によって、 丹青社の配当利回り(予想)は4. そのため、今回の増配予想の背景には2021年1月期の堅調な業績予想があるといえよう。 したがって、その影響の程度によっては2021年1月期の年間配当額も上下する可能性がある。 丹青社の配当利回りは? 丹青社の2020年3月12日時点の株価(終値)は844円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。 21% 丹青社の配当利回りは5. 21%。 2020年2月の東証1部の平均利回りは2. 31%(配当実施企業のみ)なので、 丹青社の配当利回りは「かなり高め」と言えるだろう。 なお、 丹青社は株主優待を実施していない。 丹青社は、商業施設やイベント施設などにおける内装や設備の企画・製作・施工を行うディスプレイ業界の大手。 様々な施設での空間づくりプロセスを一貫して手掛けている。 2021年1月期(通期)の連結業績予想は、売上高7. 4%増、経常利益5. 1%増と堅調(すべて前期比)。 21% 【2020年7月2日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】.

次の