ご教授ください。 【例文つき】教授へのメールの書き方・返信のマナーとは? 大学生は要チェック!

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

ご教授ください

「ご教授」とは 「ご教授」の意味 「ご教授」とは「教授」という言葉が入っているように「教え授ける」という意味です。 これに「ご」が付くことによって、相手から「教え授けてもらう」という意味に変わります。 ここでいう「教え」とは一時的なものや、聞いてすぐに理解が深まるものではありません。 ある程度の期間に渡って指導を受け続けるという意味です。 「ご教授」の例文 「ご教授」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「ご教授」という言葉に「これからしばらくの間、そのことについて理解をするために教えてください」という意味を持たせています。 「ある程度の時間や期間は覚悟ができている」という意味も含まれていますので、その場限りの教えを願っているのではないということがわかります。 「ご教示」とは 「ご教示」の意味 「ご教示」とは「教え示す」と書きます。 「示す」という言葉には「見せる」という意味があり、「ご教示」は「教える物事を見せる」ということです。 「見せる」という行為は一時的な行動で完了するため「ご教示」は「一時的な教えを請う」という意味になります。 また、「一時的に見せることで完了する」ということから「比較的容易なこと」に対して使われ、その場限りの教えで理解ができることです。 ビジネスの場などで「教えてください」と言いたい時に、「ご教示ください」と言えばビジネス感を出すことができます。 また「教えて欲しい」という気持ちを、謙虚に格式のある言葉で伝えることができるので相手への心配りを示すこともできるでしょう。 「ご教示」の例文 「ご教示」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「先日ご提案くださった件の詳細についてご教示願えますでしょうか」 取引先などに対して、提案された内容の詳細を教えて欲しいと伝えています。 ビジネスの場では「ご教示」が相応しい場面が多く、例文のように「詳しく知りたい」という時にも使うことができます。 「明日の会議の議題についてご教示ください」 社内でも「ご教示」を使う機会はあります。 ビジネスシーンでの「ご教授」と「ご教示」の使い分け 「ご教授」と「ご教示」は言葉が似ているため、どちらが適しているのか、ということを咄嗟に判断することが難しい場合があります。 「ご教授」も「ご教示」も主にメールなどの書き言葉 基本的には「ご教授」も「ご教示」も手紙やメールで使われることが多い言葉です。 口頭で使ってはいけないわけではありませんが、少し堅苦しく感じる人もいるでしょう。 特に「ご教示」については言い換えの言葉がたくさんあります。 「お教え願えますでしょうか」とシンプルに伝えても良いでしょう。 また、自分にそもそも知識が無いことについて教えて欲しいのであれば「後学のためにお伺いしたいのですが」と付け加えることで相手に失礼なく尋ねることができます。 ビジネスの場において「知りません」「存じません」という言葉を出すことに躊躇する場合に使うことができます。 「ご教授」の誤用に注意 他の人が使っている言葉を真似て自分の言葉にする、というのは語彙を増やす上でとても大切なことです。 しかし「ご教授」と言うべきところを「ご教示」と聞き間違えて使ったり、その逆であったりすると意味がありません。 特に「ご教授」という言葉は、使う相手が限定されます。 何かを専門に研究されていたり、何らかの技術を磨いていたりする人へのみの使用です。 相手へ「何かの使い方」「何かのやり方」などを聞く時には「ご教示」を使いましょう。 本来「ご教示」と言うべきところを「ご教授」と言ってしまうと、相手によっては嫌味と受け取る可能性もありますので注意が必要です。 まとめ 何かを知りたい、教えて欲しいといういう時に「ご教示願います」などの言葉がスムーズに出てくると、知性や品性を示すことができます。 何かを習得したい、教えを請いたいという時に「ご教授ください」と言うことができれば、相手への尊敬を示すことができます。 「ご教示」も「ご教授」も「教えて欲しい」という用件だけでなく、こちらの構えや気持ちまで相手へ伝えることができるのです。 正しく使って、自分にとっても相手にとっても気持ちのよいコミュニケーションを築きましょう。

次の

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

ご教授ください

「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」という意味をもつ表現は他にもあります。 全て「教える」というニュアンスがあり、その使い分けも何となくという感覚に頼りがちです。 ここで、それ以外の表現と簡単な例文を紹介します。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 少し意味は違いますが、音が似ている表現も併せてみてみましょう。 ・「享受」:用意され与えられたものを、受け入れて味わい楽しむこと 例)自由を享受する。 他の表現と違い、「享受する」は相手からではなく第三者である誰かが用意したものを自分が受け取る際に使うので、「教授する」とは全く違う意味です。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 このように、同じような意味でありながら、細かく使い分けが必要な表現がたくさんあります。 「ご教示」の意味と使い方を通して、書き言葉・話し言葉の違いや、よく似た表現をご紹介しました。 この違いがわかると、英語での「教える」の使い分けもしやすくなります。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 言語は変化するものだと言われていますが、ビジネスメールで使うような書き言葉は話し言葉と違って、その使い方が崩れるケースはほとんどありません。 正しい日本語を理解しているであろう目上の人に対して使う敬語表現だからこそ、誤った表現が相手に不快な思いをさせたり、失礼になったりする可能性があるのです。 まず、よく使う表現から、その意味と使い方を見直してみましょう。

次の

「ご教授」と「ご教示」のビジネスシーンでの使い方の違いは?

ご教授ください

【このページのまとめ】• ・「教えてください」も間違いではないが、ご指導、ご教示、ご教授など言葉を言い換えるだけでより丁寧な表現になる ・教えてもらった際には、きちんとお礼を伝えることが社会人として当然のマナー ・正しい言葉遣いをするだけでなく、クッション言葉を使う、相手の都合を確認するなどの気遣いでさらに好印象を与えられる ビジネスの場において、正しい敬語が使えることは最低限のマナーとされています。 しかし、間違ったまま使用している人は意外に多いもの。 悪気がなくても、間違った使い方をすることにより相手に失礼になることもあります。 今回は、上司や先輩など目上の人に対して、「教えてください」とアドバイスを求める際の表現方法についてご紹介。 正しい敬語を使い、気持ちよく教えてもらいましょう。 コンテンツ目次• 特に口頭にて言う場合には、「教えていただけませんでしょうか」「お教えください」といった表現を用いても失礼にはあたりません。 しかし、メールでは不適切とされているのと、より相手に丁寧な印象を与えられる言い回しが存在するのも事実です。 今回はさらにステップアップした、ビジネスシーンに相応しい表現方法をご紹介します。 【表現方法】 ・ご指導ください、ご指導いただけませんか 「教える」を「指導」に言い換えて表現することで、「教えてください」よりもぐっと丁寧な印象に。 口頭ではもちろん、「今後ともご指導よろしくお願いします」のように、メールでも活用できます。 ・ご教示ください 教え示すという文字通り、単純に教えてほしいときに使用する言葉です。 専門的な分野でない物事の教えを乞う際に使用。 「教えてください」よりも丁寧でかしこまった表現であると理解しておくと良いでしょう。 ・ご教授ください ご教示同様、ビジネスシーンではよく目にする表現です。 どちらも同じ「教」が入っているため、似たような意味だと認識している方も多いのですが、意味合いは微妙に違います。 専門的ではない分野で教えてほしい場合に使用する「ご教示」に対し、「ご教授」は専門的な分野を教えてほしい場合に使う言葉です。 例えばPCスキル関係の特定された分野においては「ご教授いただけませんか」が相応しく、スケジュールを教えてほしい場合には「ご教示ください」が相応しいといえます。 何を教えてほしいかによって最適な表現を使い分け、相手に気持ちよく「教えてあげたい」と思わせる言葉遣いを実践することが大切です。 下の人に教えるのは上の立場の人として当然のことだと思い違いせず、感謝を言葉でしっかり伝えましょう。 お礼を伝えるときに最適なフレーズをご紹介します。 ・教えていただきありがとうございます ・ご指導いただきありがとうございます ・ご教示いただきありがとうございます 以上の3つがどんなシーンにも通用する汎用性の高い言葉です。 前述したとおり、より専門的な知識に関して教えてもらった場合には、「ご教授」を使用しお礼を述べるのが適切。 教えを乞うときと同様、お礼を言う場合にも教えてもらった内容について最適な表現を使い分けましょう。 【注意点】 ・普段から正しい敬語を話す 教えてほしいときだけ敬語を使うのは逆効果の場合も。 こういうときだけ敬語なのかと、特別印象が良くなることは少ないでしょう。 日頃から丁寧で正しい言葉遣いで話すことが大切です。 ・クッション言葉を使う 「恐れ入ります」「お忙しいところ恐縮です」「お手数おかけしますが…」など、教えを乞う前にクッション言葉を用いると、さらに印象アップに繋がります。 「お忙しいところ恐れ入ります。 自分都合ではなく相手都合を優先させましょう。 ・自分の考えも伝える 相談内容にもよりますが、一方的に相手の意見を求めるのは他力本願な印象を与えます。 自分の意見や考えを伝えた上で相手から指示を仰ぐことで、仕事への熱意も伝わりやすいでしょう。 いかがでしたか?ちょっとした気遣いや言葉遣いで、相手への印象は大きく変わります。 今現在仕事中の方は会社で正しく実践し、就活中の方はメールや電話、面接などで正しく実践できるようにすることが大切です。 敬語マナーに自信がない、面接に不安がある…。 そんな方はハタラクティブにご相談ください。 お仕事に関する不安や就職に関する不安を、プロのアドバイザーの視点で解消へと導いています。 おすすめ記事• 自分に合った仕事探し!まずはコレから始めよう• エントリーシートを郵送するための封筒の選び方とは?• ニートの給料はどのくらい?就職と給与アップの方法とは• 転職するときの不安はこれで解消しよう!その方法とは• 大卒、ニートの就活事情と対策• 既卒の求人選びで注目すべき業界3つ• 35歳からでも遅くない!ニートから就職を目指そう• 就活解禁っていつから?知っておきたい選考スケジュール• 履歴書の書き方基本のキ!• 職務経歴書に書くことがない!どうやって書けばいい?• 職場における「逃げ癖」とは?原因と克服方法のご紹介• 増えている?週休3日を導入するメリットとデメリット.

次の