世界 樹 の 迷宮 新作。 世界樹の迷宮Xの次回作(2020年・SQ7・新作)の発売日はいつになる?次の対応ハードはスイッチやスマホのソシャゲ?

世界樹の迷宮X(クロス)

世界 樹 の 迷宮 新作

この記事は 世界樹の迷宮シリーズ全般について記載している。 の各作品については該当する記事を参照したまえ。 君はにや、を残してもいいし、しなくてもいい。 君がなら、記事を編集するのもだ。 世界樹の迷宮シリーズとは、から発売されている、用のである。 概要 な雰囲気・と、パなどの現代の技術がした。 は自分で作成した冒険者を引き連れ、の麓に広がるを探索し、の秘密を解き明かしていく。 通称は「 」「 セュー」「 (Sju no mQの)」。 は"n "。 の高さと、による魅的な、によるには。 外せない特徴として、パを使用した「」がある。 第一作発売時点でのいはど存在しなかったと思われるが、本作はをあえて排し、の下画面のパに直接のを描く方式を採用。 かつて方眼にした時代の楽しみ(あの不便な作業は楽しかったのではないかという発想による)をしている。 また本は「」のようにが自分でを作成し、にを組む方式を採用している。 の性格や生い立ちに関するはほとんど存在していないが、ごとにによる魅的なが用意されており、はのをに想像しながらしてもいいし、「せんし1」とか「」みたいなめた冒険者を登録してもいい。 しかしどうせ後で名前変更できるし…と油断していると名を変更できないに引っかかるので注意。 名や船とかの名前が決まらなくて何時間も悩むが後を絶たない。 面ではは基本的に言で、『 ~してもいいし、しなくてもいい。 』『 ~したまえ!』といった古い調のが入るのが特徴となっている。 このでのに立ち向かい、意外な裏切りやと出会うことになるだろう。 は全て。 これもらしいということで、あえてでというァーがされており、当然には搭載されていないため、実機から直接した音を使うという方法で強引にしていた。 がに移った『』ではの使用を一旦取りやめ、代わって生の収録となったが、『』でも復活、生と選択できるようになった。 (の録音方法は変わった模様) は通して高く、のような強敵も多く、からは「」として知られる。 詳細は「 」「 」参照。 とはいえ『』以降は低も存在するため、でも安心なになっている。 (ただしいずれも難度ではちょっと簡単すぎるきらいはある。 Vのみ低難度のでもそんなに簡単ではない) シリーズ間のつながり はそれぞれしている。 や名にまつわる言及などから、初代~、そして『』は同一がであることがわかるが、に強い連続性はなく、のや地名が部分的に出てくる程度にとどまる。 時代も大きく離れていないようだ。 を通してられているのは、最大のである「」そのものである。 がいつからどのように存在していたのか、おおむねのは1作で説明されているのだが、その後の作品で異なる説明をしている箇所があり、結構なとなっている。 『』も当然前と同じ観であるが、ここで追加されたもかなりあり、いまだ全貌は明かされていない。 ひとつ明確にあるのが冒険者側に「」的なを使うが存在せず、のように見えるも多くは的な?技術から生したものということである。 これはのと関係がある事情であり、観で理由が感じられるようになっている。 このが不評だったかどうかは知らないが、『』と『』には何かを引き継ぐ機自体がい。 引継ぎを気にして古いから順番にやる理由はあまりない。 なお『』のみが大きく異なり、には一切の接点がなく、を使うも存在し、全に従来としたがとなっている、かに思えるのだが、発売前の段階から「同一観に存在する別のがなのでは?」という予想もかなりあった。 今後も出てこないかもしれない。 そのような予想が成立する観なのは確かである。 『』については、1作ではまでのが同じに存在するような説明が内にあるのだが、の発生までの前史の部分がだいぶ違っており、かなり説明らい感じ。 「ウィザードリィ」との関係 もともとのは「をから作るとどうなるか」だったとされる。 、拠点となるがあり、を作成して大きなの探索に向かうという設計そのものがよく似ており、特に初報の直後は新として注を集めた。 ただし以外のもかなり受けていることが知られており、特に肝となるはあまり似ていない。 の部分についても、は全く要素がないという違いがある。 「」は新規の獲得に成功したこともあり、あえてと較することは少ないのだが、逆にを中心に扱った文章で生的な作品として言及されることはある模様。 また、ごく一部のを製「IN」から受け継いでいるので全く縁でもなくなっている。 ボウケンシャー 本のは「 ボウシャー」とか呼ばれるが、これは単に「冒険者」にたわけではなく、の「羽ばたく亭」で依頼を受けるたびにカトの人から「 イザ ボウシャー!」と何度も送りだされることに由来する。 ちなみにこのがと関係あるかは不明。 は変なが結構あるので関係と断言はできない。 新・世界樹の迷宮シリーズ からは新たに「」が展開されている。 このは作品の・再構成であり、が固定の「」が追加されている。 のにはそれぞれ設定がされており、によるも数多く収録されている。 この「」と、前と近い雰囲気で遊ぶことが出来る「」の二種類から選べるのが『新』である。 もともとを売りにしているであるため、このの是非についてはの対となっている(肯定的意見も否定的意見もあるが、残念ながら感情的なも見られる)。 ただし、少なくともの度でが劣るということはない。 またが固定であるだけでなく、展開そのものに差異があるため、単純にの違いというだけで較できないものになっている。 さらに言えば、どちらが「」という関係でもない。 やり込むは結局両方のをやることになるのだった。 作品一覧 ゲーム(本編)• (:)• (:)• (:)• (:)• (:)• (:)• (:発売) を持って、での展開は終了とされる。 ただしの続きと思われる「」というが存在していることがの時点で発表されている。 派生作品• S の• に配信終了• (:)• (:)• (:)• 世界樹の迷宮II 諸王の聖杯• 新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女•

次の

「世界樹の迷宮」シリーズ最新作のティザーサイトが公開。正式発表は4月10日に配信する生番組にて

世界 樹 の 迷宮 新作

【アトラス・小森成雄氏からのメッセージ】 「『世界樹の迷宮X』は、世界樹シリーズにとって遂に10作目の作品となります。 ここまでシリーズを続けてこられたのは、ファンの皆様が今日までこのタイトルをプレイし支えてくださったおかげです。 本当にありがとうございます。 当初からお伝えしている通り、『世界樹の迷宮X』はこれまでの世界樹シリーズの集大成であり、かつ3DS最後の世界樹となります。 ですが、もちろんそれは「3DSでは」最後という意味です。 3DS最後のタイトルとは、すなわち次の段階のはじまりの宣言に他なりません。 皆様に支えられてここまで来た世界樹は、全く新しい世界に向けて、今、胎動しているのです。 この情熱を、出来るだけ早く、目指すべき形として産み出せるよう励んでいきますので、これからもよろしくお願いいたします」。 なお、週刊ファミ通2018年8月16日号(2018年8月2日発売)では、同日発売となる『世界樹の迷宮X』の発売記念特集をお届け。 序盤から楽しみ尽くすための攻略情報はもちろんのこと、作家陣によるマンガやイラストコラム、本誌限定のDLC(詳しくは)、開発者へのインタビューなども掲載しているので、ゲームとあわせて是非チェックしてほしい。

次の

【私見】世界樹の迷宮シリーズ どこから始めるか問題

世界 樹 の 迷宮 新作

【アトラス・小森成雄氏からのメッセージ】 「『世界樹の迷宮X』は、世界樹シリーズにとって遂に10作目の作品となります。 ここまでシリーズを続けてこられたのは、ファンの皆様が今日までこのタイトルをプレイし支えてくださったおかげです。 本当にありがとうございます。 当初からお伝えしている通り、『世界樹の迷宮X』はこれまでの世界樹シリーズの集大成であり、かつ3DS最後の世界樹となります。 ですが、もちろんそれは「3DSでは」最後という意味です。 3DS最後のタイトルとは、すなわち次の段階のはじまりの宣言に他なりません。 皆様に支えられてここまで来た世界樹は、全く新しい世界に向けて、今、胎動しているのです。 この情熱を、出来るだけ早く、目指すべき形として産み出せるよう励んでいきますので、これからもよろしくお願いいたします」。 なお、週刊ファミ通2018年8月16日号(2018年8月2日発売)では、同日発売となる『世界樹の迷宮X』の発売記念特集をお届け。 序盤から楽しみ尽くすための攻略情報はもちろんのこと、作家陣によるマンガやイラストコラム、本誌限定のDLC(詳しくは)、開発者へのインタビューなども掲載しているので、ゲームとあわせて是非チェックしてほしい。

次の