コンパニオン プランツ 一覧。 ナス コンパニオンプランツ

コンパニオンプランツ早見表

コンパニオン プランツ 一覧

アブラムシってなに? アブラムシとはアブラムシ上科に属する昆虫の総称です。 体調は2mm前後と非常に小さいですが、単体でいることはほぼなく、 大抵植物に大量に寄生している様子がみられます。 メスだけでも卵を産むことができる「単為生殖」なので、 生殖力は半端なく、特に春~秋の繁殖期には毎日のように卵を産み続けるので成虫の量は物凄いです。 アブラムシそのものは力が弱く、毒などももっていないので弱い昆虫ですが、甘い排泄物を渡すことでアリに守ってもらう習性があります(このことから、別名をアリマキとも言います)。 植物につくとどうなるの? 彼らは花や野菜などの多くの植物に寄生することで栄養を吸い取って生きているのですが、1、2匹ならまだしも、 一度に大量に寄生されることで花や野菜の力が衰え、最悪枯れてしまったり病気になってしまったりするのです。 アブラムシにはコンパニオンプランツで対抗! アブラムシそのものの駆除ならば農薬などを使って解決することも多いですが、寄生しようとしている花木や野菜、果物への影響が心配ですよね。 そんなときには自然の力で害虫予防できるコンパニオンプランツを利用してみましょう。 次に紹介する植物でしたら効果が期待できますし見た目にもオシャレですよ。 カモミール 観賞用はもちろん、食用や薬草としても活用されるカモミールは、ハーブティーとしても親しみがありますよね。 虫よけとして効果があるとも言われていますが、 実はアブラムシが好むハーブなのです。 「じゃあなんで紹介するの?」といいますと、これは同じくアブラムシが好む野菜(キャベツやブロッコリーなど)と共に植えることで 野菜につくはずだったアブラムシがより大好きなカモミールに付くからです。 それで野菜や果物が守られます。 「それではカモミールがかわいそうでは?」とも思いますが、カモミールはアブラムシの天敵であるテントウムシやカマキリも同時に呼び寄せます。 ですので、結果的にアブラムシを駆除してくれるという訳です。 可愛いけどとても強いお花ですね。 チェリーセージ コンパニオンプランツの代表といえばマリーゴールドではないでしょうか。 公園や学校の花壇でもよく植えられているマリーゴールドは、ただ見た目が可愛いという訳ではなく、 葉っぱの臭いは防虫に有効で、根の臭いも土中のセンチュウを寄せ付けません。 さらにアブラムシの天敵であるテントウムシが好むお花なので、テントウムシのアブラムシ駆除効果も期待できるのです。 ですがマリーゴールドは品種改良が進み、非常に多くの種類が出回っています。 中には葉や根に臭いがなく、 防虫効果を果たさないものもありますので購入前には確認が必要です。 まとめ 今回はアブラムシ駆除に効果的なコンパニオンプランツを紹介しました。 見た目にも可愛いお花やハーブを植えることで虫よけにもなるなんて嬉しいことですよね。 一つ注意したいのが、ハーブの品種や生息場所によっては十分に力を発揮できないこともあり得ることです。 自然の力は100%必ず有効というわけではないことを頭の隅におき、野菜や花木のこまめな管理も忘れないでくださいね。 <ライター紹介> suzumushi23 絵本とハーブと猫が好きな社会人ライター。 仕事に家事・育児にと時間がないので、家庭菜園に「簡単さ」と「コスパ」を求めて試行錯誤中。

次の

バラと一緒に育てたい宿根草!バラのコンパニオンプランツ

コンパニオン プランツ 一覧

スポンサーリンク 講師の先生は、 や の著者でも知られている河合伸志さん。 わたしも、バラの剪定の教科書として河合伸志さんの著書、 でいつも勉強させていただいています。 今日の放送では、バラと一緒に育てるのにおすすめな宿根草が紹介されていました。 バラが咲いている庭には、必ずと言っていいほど宿根草が植え付けられていますが、 宿根草にはバラの美しさをより一層引き立ててくれる役割があります。 それから、ハーブ類などの中にはバラと一緒に植えると ハーブ独特の香りによって病害虫を防ぐことができる場合もあります。 『NHK趣味の園芸』の番組内で放送された宿根草のほかにも 個人的におすすめなコンパニオンプランツやハーブ類をご紹介します! バラのコンパニオンプランツを選ぶときの4つの条件 まずはじめに、バラのコンパニオンプランツとして バラと一緒に楽しみたい宿根草を選ぶ際の条件を4つまとめてみますね。 宿根草の中には半日陰を好むものや 日当たりが良すぎるのを苦手とするものもあるので、 バラが好む生育環境と同じ条件で育てることのできる宿根草を選びましょう。 あくまでも主役はバラであることを意識して、 景色の一部として取り入れられる雰囲気の宿根草を選ぶと失敗がありません。 色合わせが難しく感じる場合はバラと同系色の宿根草でまとめると間違いないですし、 逆に反対色でまとめてみるというのも補色効果があるので印象深くまとまります。 宿根草は花の色や形に注目するだけではなく、 葉の色や形にも目を向けると効果的に変化がつけられるのでおすすめ。 シルバーリーフや斑入りのカラーリーフなどを上手に活用しましょう。 いくらバラと生育環境や花姿が合っていても、 観賞時期が合っていなければバラとの競演を見ることができないからです。 宿根草は観賞期間が短いものから長いものまでいろいろありますが、 おすすめはやっぱり観賞期間が長いもの。 バラの時期だけ花を咲かせてくれる宿根草もいいですが、 四季咲きのバラの場合は夏や秋にも何度か花を見せてくれるわけなので その期間中長く楽しめる宿根草があったらそれを利用するに越したことはありませんよね。 宿根草の中には株分けをしないとダメになってしまうものや 夏場の管理が難しくて夏越しができないものもあったりします。 なので、 それなりに管理がしやすい宿根草を選ぶのもポイントですね。 バラのコンパニオンプランツとしておすすめの宿根草 さて、ここからはバラと競演させるのにおすすめな宿根草やハーブ類を わたしのおすすめもプラスしてまとめてみたいと思います! ぜひ、バラのコンパニオンプランツ選びの参考にしてみてくださいね^^ バラの株元に・・・ 草丈が15~20cmぐらいのもので、 グランドカバーとしてマルチングの役割をしてくれます。 エリゲロン ゲラニウム アズールラッシュ グレコマ ダブルフラワーカモミール バラの手前に・・・ 木立バラよりも草丈が低くなるような中型タイプのもので、 バラの株元のさびしくなった部分をカバーしてくれます。 オルラヤ ホワイトレース タナセタム ジャックポット カラミンサ ベロニカ クレーターレイクブルー サルビアネモローサ カラドンナ バラの後方に・・・ 木立バラよりも草丈が高くなるような大型タイプのもので、 バラの背景としてバラの美しさを引き立ててくれます。 バーベナ ボナリエンシス ガウラ ロシアンセージ スポンサーリンク ブログランキング参加中です。 いつも応援ありがとうございます^^.

次の

コンパニオンプランツ絞込検索一覧

コンパニオン プランツ 一覧

Contents• コンパニオンプランツとは コンパニオンプランツには「 共生植物」「 共存作物」などの別名があります。 1ヵ所に数種類の野菜を植えることで互いの特性を生かし、 病害虫の予防や生長の促進など様々なメリットが生まれます。 また、 作物に使用する薬剤の量を減らすこともできるなどの利点もあります。 スポンサーリンク コンパニオンプランツのメリット 害虫の予防 野菜にとって大敵ともいえる害虫。 多くの害虫は、好みの匂いを発する場所に集まります。 匂いが強いシソ科、セリ科、キク科などの野菜は 害虫を遠ざけたり混乱させたりする効果があり、その近くに植えた 野菜の害虫被害が減少します。 害虫には 病気の菌を運ぶものもいるので、病気広がりを抑えることもできます。 病気の予防 一例として、ネギ科の野菜にいる微生物は抗生物質を出すことで、ナス科、ウリ科目の 病原菌を減らす働きをします。 組み合わせの仕方によっては、 周りの野菜も病害虫の被害を逃れることができます。 生長や結実の促進 受粉を行うアブや蜂を集める植物に、ナスタチウム、ポリジ、マリーゴールド、カモマイルなどがあります。 これらの植物を植えることで 人工授粉に頼らなくても、受粉がスムーズに行われます。 また、肥料をそれほど必要としない野菜を植えることで、肥料が必要な植物が栄養分を吸い取り バランスの取れた土づくりができます。 土壌の質が向上すると、 実が大きくなる・ 収穫量が増える・ 草丈が伸びる、などの相乗効果が出てきます。 栽培スペースの有効活用 背丈の高い野菜と低い野菜同じ場所に植えることで、 狭い空間でも収穫量や品種の数を増やすことができます。 コンパニオンプランツのデメリット 相性が悪いと逆効果になる コンパニオンプランツは、 相性の良い植物同士を植えることが鉄則です。 相性が悪いものを組み合わせてしまうと、 病害虫の発生や 野菜などの生長不良などを引き起こす可能性があります。 間引きや収穫に手間がかかることも 相性が良いからといって、作業効率を考えずに植えると 間引きや収穫の手間が増えてしまいます。 植えた後の栽培管理がしやすいように、 考慮してから植える場所を決めましょう。 また、一度に多くの種類を植えると、どこに何があるのか分からなくなってしまいますので、 立札を利用するなどして記録することをおすすめします。 コンパニオンプランツの植え方は2種類 コンパニオンプランツの植え方を2種類ご紹介しましょう。 この植え方はアジアで開発されたもので、単作する場合と同じ収穫量になるメリットがあります。 計画の手順• 主軸となる野菜を決める• 主軸となる野菜と相性の良いコンパニオンプランツを決める• 植える場所の配置を決める• 植える時期を考える 主軸となる野菜を決める時は、 連作障害の有無を確認することが重要です。 前年度に何を植えていたか、メインとなる野菜に連作障害があるかどうかを考えてから決めましょう。 相性の良いコンパニオンプランツを決める時は、特に狭い場所での家庭菜園の場合は、 その植物や野菜がどの程度まで大きくなるかを想像して、敷地や空間の大きさを考慮してから決定しましょう。 場所が決まったら、植える時期を決めます。 畑に一斉に主軸とコンパニオンプランツの野菜を植えつけると、主軸となる野菜よりもコンパニオンプランツの方が大きく育つ場合があります。 生長の早いコンパニオンプランツを選ぶ場合は、メインの野菜よりも少し遅い時期に植えつけを行いましょう。 バンカープランツとアレロパシー コンパニオンプランツに関係する用語を2つご紹介します。 バンカープランツ バンカープランツはコンパニオンプランツの一種です。 バンカーには「銀行」という意味があり、 病害虫を防除することが目的とされます。 病害虫にかかりやすい植物の近くに、その虫の天敵を集める植物を植えることで(バンカープランツという名の銀行に天敵を貯蔵するイメージ)、病害虫の予防につながります。 バンカープランツで効果を発揮する組み合わせをしたからといって、必ずしも植物同士の相性の良さにはつながりません。 しかし、 病害虫を避けることで植物が健全に育つ役割を果たすことから、バンカープランツはコンパニオンプランツの仲間として重要視されています。 アレロパシー(他感作用) アレロパシーとは、植物の生み出す化学物質が、他の植物(動物や自分自身を含める)に影響を及ぼす作用のことをいいます。 アレロパシーの作用には、 虫をおびき寄せたり遠ざけたりするもの・ 殺菌作用があるもの・ 生長に影響をあたえるものなどがあります。 他の植物だけでなく自分自身に影響を与えることもあり、アスパラガスの収穫量が年々減っていくのは、自ら出すアレロパシーが原因とされています。 スポンサーリンク おすすめするコンパニオンプランツの組み合わせ 家庭菜園で良く植えられる野菜に最適なコンパニオンプランツを5つご紹介します。 トマト トマトはナス科に属し、乾燥に強い特徴があります。 トマトと相性の良いコンパニオンプランツは、 ネギ類、ニンニク、アスパラガス、バジル、パセリ、マリーゴールドレモンバーム、コリアンダー、ナスタチウムなどです。 多くの組み合わせの中でも特に ネギ類は土壌病害、病害虫を防ぐ効果があります。 バジルはトマトに不必要な水分を吸い取る働きがあり、生長を促します。 また、トマトに発生しやすいセンチュウ類、アスパラガスに発生しやすいハムシをお互いに防ぐ働きがあります。 キュウリ キュウリはウリ科に属するツル性の一年草です。 キュウリと相性の良いコンパニオンプランツは、 ネギ、ニラ、三つ葉、トウモロコシ、マリーゴールド、オレガノ、ディルなど。 特にネギはコンパニオンプランツとして優秀で、独特の香りでウリハリムシを遠ざけます。 また、ネギの根にいる微生物の働きが、 つる割れ病を予防する働きがあるとされています。 キュウリの風味を良くしたい時は、オレガノを近くに植えましょう。 風による転倒を防ぐのならトウモロコシの近くに植えることで、風による被害を防ぐことができます。 ナス ナスはインドが原産のナス科の野菜。 ナスと相性が良いコンパニオンプランツは、 ネギ、パセリ、ラッカセイ、枝豆、つるなしインゲン豆などです。 ナスに寄ってくる害虫はカメムシ、ニジュウヤホシテントウ、アザミウマ、ヨウトムシ、またパセリに寄ってくるアゲハ蝶の幼虫は、 お互いの野菜に寄りつかないので、一緒に植えることで両者にメリットが生まれます。 トウモロコシ トウモロコシはイネ科に属し、大きな葉・太い枝・高い背丈が特徴です。 トウモロコシと相性が良いコンパニオンプランツは、 エダマメ、ダイズ、つるありインゲン豆などです。 特にトウモロコシを好むアワノメイガは枝豆を嫌い、枝豆を好むコガネムシも寄りつかなくなるといわれています。 また、 マメ科全般がもつ根粒菌の作用によってトウモロコシの生長が促される効果があります。 キャベツ キャベツはアブラナ科に属し、アブラムシの被害が多い野菜です。 キャベツと相性の良いコンパニオンプランツには、 ソラマメ、レタス、タマネギ、ゼラニウム、コリアンダー、ペチュニア、マリーゴールド、スープセロリなど。 アブラムシの被害を減らすには、ソラマメを植えましょう。 ソラマメはアブラムシが嫌いなテントウムシを呼び寄せる効果や、アブラムシを引き寄せる効果があります。 科別の特徴とその効果 アブラナ科 インゲン・エダマメ・エンドウ・ソラマメ・アピオスなど マメ科の植物の根にいる根粒菌によって土壌が肥沃になり、土壌病害を防ぎます。 スポンサーリンク 相性の悪いコンパニオンプランツ コンパニオンプランツには相性が良いものもあれば、当然悪いものもあります。 悪い組み合わせのコンパニオンプランツを植えると、 病害虫の増加、生長が悪くなるなどの症状があらわれ、 お互いに悪い影響を及ぼします。 ここでは、特に相性の悪い代表的な5つをご紹介します。 一緒に植えることで、 じゃがいもの生長に影響が出て収穫量が少なくなります。 既述の通り、ナス科は一部のアブラナ科と相性が悪いとされていますが、この組み合わせはまさにその例です。 一方ナスはトウモロコシほど土の栄養を必要としません。 また 両者とも日光を好む野菜なので、トウモロコシの下にナスを植えると日光不足でナスの生育が悪くなります。 可能であれば一緒に植えないようにしましょう。 ニラのアレロパシーがレタスに影響を及ぼしていると考えられています。 ダイコンがネギを避けるために、 形が曲がったりするなどの影響がでます。 野菜以外のコンパニオンプランツ これまで、主に野菜同士の組み合わせを多く紹介してきましたが、コンパニオンプランツに利用される植物には、花やハーブなどがあります。 マリーゴールド マリーゴールドの根から出る分泌液で、 ネコブセンチュウ、アブラムシ、コナジラミなどの害虫を避けることができます。 また、 葉から出る匂いも防虫効果を持っています。 コモンタイム・コモンセージ 両者ともシソ科に属する植物です。 コモンタイムが持っている防腐性物質は、 アオムシを遠ざける働きがあります。 殺菌効果もあることから治療薬や料理で使用されることもあります。 コモンセージは、ハエ、アオムシ、蝶などに対して忌避する力を持っています。 花色も多いので、観賞用としてもおすすめです。 ナスタチウム(キンレンカ) ナスタチウムはノウゼンハレン科に属します。 アリ、コナジラミ、センチュウ、アブラムシを避ける働きがあるので アブラナ科の野菜との相性は抜群です。 花色は赤、オレンジ、ピンク、黄色などの暖色系。 最近は観賞用以外にも食用として活躍の場を広げています。 ペパーミント 600種類以上あるミントの中でもペパーミントは 蝶、ノミ、ハエ、蚊を避け、 殺菌力もあり優秀なコンパニオンプランツです。 ただ一つ注意することは、その 繁殖力。 他の植物を追いやってしまう力を持っているので、注意しましょう。 クローバー クローバーはマメ科に属する植物です。 肥料のなかでも重要な 「窒素」を空気中から土の中に引き寄せる力があります。 また、ミミズを引き寄せるので 土壌の質を向上させる働きがあります。 まとめ 野菜や植物の性質を生かしたコンパニオンプランツ。 この力を活用することで、ガーデニングの幅が広がり、より一層楽しいものとなりそうですね。 家庭菜園などの小さなスペースでも、充分にこれらの方法を活用できるのもコンパニオンプランツのよいところでしょう。 今回ご紹介した良い相性・悪い相性以外にも多くのパターンがあります。 また、コンパニオンプランツになる植物は他にも多く存在します。 実際コンパニオンプランツを活用して植える際には、一覧表などで再度確認してからチャレンジしてくださいね。

次の