漫画 版 クウガ。 漫画版クウガとか風都探偵って、アニメ化とかの話来てないんだろうか?

漫画版クウガとか風都探偵って、アニメ化とかの話来てないんだろうか?

漫画 版 クウガ

月刊ヒーローズで連載中の漫画版『仮面ライダークウガ』 平成仮面ライダー第一作目であるクウガ、プロデューサーである高寺成紀の牧歌的で人間賛歌的な世界観と当時の世相に合わせたヒーローの再定義を果たしたこのシリーズを『アギト』『555』で知られるプロデューサー白倉伸一郎、特撮界の重鎮である脚本家井上敏樹の両コンビが大胆な再解釈したことで少なからず衝撃を与えている。 (?) 今月発売される第10巻と今月号の連載分からいよいよ後半戦に向けて大きく舵を切る。 五代雄介と一条薫との友情関係はオリジナルからそれほど大きく変わらず、その二人と全く相反する形で新たにアギトである津上翔一、一条のライバル的存在駿河哲也と新たなキャラを配置している。 五代は根っからの明るい性格の冒険家であり、一条や杉山など警察官、グロンギである女性メ・ガリマ・バとも友情関係を築ける青年。 一方、津上翔一は姉である雪奈が無実の罪で投獄されてしまいクウガとは違う存在アギトとして覚醒してしまい不慮の事故による非業の死を遂げる。 雪奈の力を引き継ぐ形で翔一もまたアギトとして覚醒するが、突如として目覚めた異形の力に苦しみ、恋人にも裏切られ失意にくれた彼は最後の希望として五代に依存しようとする。 駿河哲也は一条と同じ部署に所属する刑事ではあるが、元は傭兵であり凶悪犯の放つ銃弾を寄せ付けない異様な幸運の持ち主。 そんな彼は刑事の管轄を超えて翔一の同行を監視して彼のアギトの力に目を付け彼を精神的に自分側に靡くよう策を仕向けて翔一との奇妙な互恵関係を築く。 が五代がクウガとして闘いグロンギを討伐することで彼が必然的に持つ暴力性から知り合いの少女の夏目美伽に恐れ抱かれてしまい、段々と五代と一条を始めとする守るべき人間達との間に壁が出来てしまう。 クウガとして闘う度に擦り切れる五代に対してそんな彼に寄り添えなかった一条が五代に懺悔をして彼を最強のグロンギであるン・ダグバ・ゼバとの闘いに送り出し、五代は辛うじて勝利はするが最後に彼を一条は静かに送り出す所で物語は終わる。 『暴力行為』というのは必然的に他者を排除してしまうというパラドックスを抜け出せないある種のヒーローの不可能性を描いたのがオリジナルのクウガである。 予め完成された博愛主義者の五代、同じく理想的な職業人である一条に対置する形で駿河哲也を描いている。 一条と駿河は明らかにコインの裏表の関係である。 グロンギによるゲゲルの社会的混乱をいち早く収めるため奔走する一条に対して、駿河は初めからそんなものに関心を示さない。 彼が翔一に目を付け、わざわざ恋人役に監視役として潜ませるのも、どういう風に事態が転ぶのか傍観者の一人として眺めたい快楽主義者である。 そこで今月号で駿河と協力関係にあった新谷ケイと科警研の榎田ひかりが袂を分かち独自の行動を取る。 一条達『未確認生命体対策本部』に対する『未確認対策本部監視委員会』を立ち上げ、五代を連行しクウガのデータをフィードバックしたパワードスーツG3を開発しようとする。 早急なスーツの完成は未確認への有効な対応手段だからな。 ー五代ばかりずっと負担をかけるわけにはいかないだろう? お前の気持ちは分かる、だがこんなことは言いたくないが、 お前は…五代と深く関わり過ぎたんじゃないのか?」 一条は明らかに五代と情的なやりとりを通して彼をバックアップしようとする。 たが短期間で深い関係性を持とうとすると、それだけ相手への心的な負担が大きいものとなる。 その点新谷ケイは一条以上に思考がシステマティックかつ計画的だ。 五代クウガ一人にグロンギ討伐を任せるのは非効率であり、クウガのデータからG3を完成させ量産組織化してしまった方が五代への負担は軽くなり何より合理的である。

次の

仮面ライダークウガ (漫画)

漫画 版 クウガ

アニメはサンセイからも見放されちまってさ 比較的見た人からは評判良い刻印ですら、そもそも見るためのハードルが高すぎたせいで数字的には壮絶なコケっぷりだったからな 新規客層の開拓狙ったんだろうが90年代かと思うような古臭過ぎるキャラデザ、舞台がアニメじゃ腐る程溢れてる中世、 序盤は 弱い主役に可愛くないヒロインと下手に硬派気取ったせいでアニメファンが一切食いつかない要素ばっかり出してそれ以降アニメ好きからは殆ど見向きもされない存在になっちまった 反面教師じゃないがとりあえず今風のキャラデザと舞台にしてアニメ好きや若い世代にも取っ付きやすくしたグリッドマンは上手くやってたと思う どっちも見た今ではお話は刻印の方が好きだけどまぁ初見の状態でどっち見るかと言われたら圧倒的に後者だし、実写牙狼見てなきゃ絶対アニメ牙狼は見てなかった• コメントフォーム メールアドレスが公開されることはありません。 気軽にコメントをして頂きたいので匿名投稿となっておりますが、あまりにも対処できないようであれば IP表示の検討及び、コメント欄の閉鎖の可能性もございます。 ご了承くださいませ。 投稿ナビゲーション 最近のコメント• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より カテゴリー• 209• 171• 504• 408• 120• 458• 345• 229• 402• 362• 462• 362• 1,169• 2,010• 1,847• 982• 301• 364• 204• 213• 224• 296• 370• 121• 126• 220• 229• 280• 157• 207• 312• 145.

次の

仮面ライダークウガ(漫画)

漫画 版 クウガ

漫画版『仮面ライダークウガ』も12巻まで出て、いよいよ折り返し地点に突入したようだ。 前回まで「未確認対策監視委員会」を立ち上げ、プロテクトスーツ「G3」の開発のために五代雄介と一条薫を抱き込んだ新谷ケイの手腕は見事だと言わざるを得なかったが、どうやらここに来てボロが出たようだ。 新谷は自身の好奇心からか、椿に対して五代のお腹に埋め込まれてるアークルの摘出を急ぐように念を押してしまう。 当然、椿としては了解するはずもないが、新谷としてクウガである五代は人間ではないので通常の人権は適用されないとあくまで彼をモルモットとして見做しているようだ。 五代の生命の危険を感じて椿は五代と一条を一刻も早く施設から逃がそうとする。 しかしそれと同時に保管していたガリマの検体も逃亡してしまう。 功を焦った新谷は逃亡しようとする五代から無理やりアークルを引き出そうとするが、逃亡したガリマの検体を自ら始末しようとして返り討ちにあった。 ここまでの話を聞いてなんで彼女が敗れたか大体お分かりであろう。 まず解剖医の椿秀一の説得を軽んじてしまった事と、ガリマ(グロンギ)の検体の保護と警備に掛ける労力を欠いていた事が挙げられるだろう。 そもそも心情的には五代&一条の味方である椿に対して、軽々しくアークルの摘出のことを明言するべきではなかった。 彼女の自信家であり、ある種の不遜さが本当の危機を危機として認識することが出来ず、ガリマの検体を逃がし直接闘いを挑んで挙句敗北… (少なくとも、ガリマが逃亡した時点で施設を放棄して逃げ出すのが無難だった… 一方、11巻の新キャラで刑務所を脱走したアギトの一人、片桐章馬。 彼は幼い頃に母親に愛されなかったトラウマから女性を惨殺しては天使の様な化粧を施してオブジェとして各所に吊るしていく猟奇殺人犯。 偶然、カジノで駿河、翔一、ゴ・ガメゴ・レ、片桐の4人が鉢合わせたので、ポーカーの勝負を仕掛け負けたら次の試合で勝つまでゲゲルを中止するよう提案し、ガメゴも片桐も承諾する。 凶悪犯の弾丸を寄せ付けず、イカサマを使わずともポーカーで勝ってしまう凶運の持ち主である駿河は難なく二人を打ち負かしてしまう。 ガメゴは快く条件を飲み、次の試合に勝つまでゲゲルを中止するのだが、片桐は平然とその条件を破り猟奇殺人を続ける。 その様子を見たガメゴは片桐に憤怒する。 「勝負での約束を反故にするのか? 軽いなお前の言葉は 俺はリントから歴史を学んだ。 数々の英傑には敬意すら抱ている。 しかしお前は同じリントとして彼ら偉業を汚す者… リントは病んでいる…グロンギにそのような者はいない… 反吐が出る!」 そして、逆上した片桐をガメゴは一瞬で倒して腹のアギトの霊石を抜き取り片桐を変身不能にしてしまう… ゲゲル…彼らの殺人遊戯は人間の側からしてみればタブーではある。 が、グロンギ達自身はゲゲルのルールについては堅実に守っていく者たちが多い。 むしろ、この世界の人間達は2巻で登場したカップルの彼女があえて自分だけ助かるために彼氏をビルから突き落としたり、片桐の件といいルールを平然と破るし、倫理(モラル)に対する認識が信じられないレベルで酷い人間があまりにも多すぎるような気がするw まぁ、井上敏樹節だわなぁw 生物として欲望に忠実であり、ある意味での健全さ保っているのはグロンギで、人間の方こそ本来的な悪に近い存在であるという価値観の相対化がここでも繰り広げられる。 施設にいた五代が保管されていたグロンギの検体がガリマだと知り、衝撃を受ける。 惨殺した者の首を挿げ替えては暴れて回るガリマにはもうかつての様な美しさはなく、ゾンビの様に施設を徘徊するだけだ… 変わり果てたガリマと対面にしても五代は直も自分の身を捧げようとする。 それに呼応してガリマの意識の残り香の様なモノが五代に感化されたのか自ら浄化して消えていった… 五代は怒りの力で新たな形態、『ライジングマイティ』へとパワーアップして、ガメゴに再戦を挑み撃退するが… その代償はあまりにも大きく五代は一条の元から姿を消してしまう… 小説版555にしろ龍騎でもいいのだけど、一見ビジュアルとして汚物や禍々しいものが登場するのだけど、それを文芸の力で何か美しいものに昇華していくとゆう表現は井上敏樹の一つの真骨頂といえるのではないかと思う。 打って変わって、一条とその妹の加里奈とバルバがメインの先代バルバ『ベルセス・バルバ』に纏わるエピソードが繰り広げられるのだが番外編的な意味合いが強いのでこの記事での説明は省略する。 榎田ひかりから神経断裂弾やナノ合金の刀を支給してもらい、翔一を徐々に自分の精神的な支配下へと引き入れ、次々とグロンギに対抗するカードを揃えていく駿河哲也。 やはりここで注目しておけなければならないのは、駿河と翔一の関係性である。 駿河にせよ翔一にせよ、互いを人格として見做してなくて特異な能力を認めた上であくまで利用し合うある種の互恵関係ともいえる仲で、これは互いに人格として認め合うがゆえにその弱点を突かれた五代&一条の関係性とは全く真逆のものだ。 この二人の関係性はまだまだ着地しそうにない… 翔一は駿河から高野玲子という地下アイドルをやる裏で猟奇殺人を繰り返すアギトの一人を監視せよと頼まれる。 そこで偶然出会った、地下アイドルの土倉さやかという娘。 コンビニ店員の妙なグロンギが偶々、トイレに置き去りにされた赤子を拾う。 どうやら、英雄(ヒーロー)のいない世界でも、この現実は嫌がおうにも動かざるを得ないようだ….

次の