マイル旅行券 値段。 僕がワンワールド世界一周旅行券を選んだ理由と、手配の方法

『マイルを使うか、パック旅行か。』マリオットさんの質問・掲示板【フォートラベル】

マイル旅行券 値段

「マイルで特典航空券を使ってタダでヨーロッパ旅行へ行ってきました。 」そんな話を聞くと、特典航空券がとても魅力的ですね。 しかし、本当に特典航空券を利用するとヨーロッパまでの航空券が無料なのでしょうか? 今回は航空チケットの内訳と、特典航空券を国際線利用時の注意点を紹介します。 航空券代 その名の通り航空券の代金です。 電車の運賃と同じで搭乗するとチケットの種別毎に値段が設定されています。 チケット種別 といった場合、正確にはエコノミーやビジネスなどの搭乗クラスの他に、正規航空券やPEX航空券などの分類があります。 ただ、今回の記事に関係するところではないので、「同じの航空券でも、種類によって値段が違う。 」と覚えておいてもらえれば大丈夫です。 また、季節によって大きく値段が変わるのもこの部分です。 飛行機も例にもれず、GW、お盆や年末年始は同じでも高くなりますが、逆に閑散期ですと値段が安くなっていきます。 は、飛行機を飛ばすのに必要な燃料代に合わせて、その一部を利用者が負担する仕組みです。 の燃料となる原油 の取引価格に比例しており、2 ヶ月毎にの値段が見直されています。 ではを載せています。 「利用者が負担」と書くと、どうなの? という思いもしますが、航空券の値段と為替などの周りに影響される部分が明確になっていて、私はこの仕組は良いと思っています。 は 2 ヶ月ごとの見直しのため、為替や株価の様に毎日変化していくものではありません。 また、突然値段が変わるわけでもなく、次の 2 ヶ月が始まる前には、対象となるが発表されます。 そのため、2, 3 ヶ月後のチケットであれば、代は大体の見通しを立てることができます。 なお、2016 年の一年間はほとんどが不要でしたが、2017 年の 2 月以降の予約分ではの支払いが必要になっています。 なお、の値段は チケットを予約した日 の設定値段です。 飛行機に搭乗する日ではないので注意が必要です。 各種税金や使用料 空港税や空港使用料です。 空港税は入、出や出入国管理システムの維持などいろいろな種類のものがあります。 細かく記載するときりがないので、詳細は割愛しますが、一回のフライトでだいたい数百円から千円弱です。 空港使用料は、飛行機が空港を利用するのに必要となる金額です。 空港がロビーや滑走路などの設備を維持するために利用する料金で、空港毎に値段が決まっています。 日本国内空港の場合、成田空港では大人 2,090 円、では大人 2,570 円、は大人 2,730 円、では 945 円となっています。 余談ですが、 などの格安航空会社の多くが羽田ではなく成田空港を利用している理由は、この空港使用料が成田空港の方が安く、合計のチケット代金を安くできるためです。 わかりやすく図にすると次の通りです。 いくつかチケット代について書きましたが、今回の記事を読むために、次の 3 点を覚えておいていただければ大丈夫です。 航空券 青 : チケットの種別、と時期で変動• 緑 : 燃料の取引価格で変動• 各種税金と使用料 赤 : 発着空港により変動 マイルで手に入るのは 特典航空券 のみ 航空券のチケット代の仕組みがわかったところで、問題です。 問題: マイルで手に入るのは、青、緑、赤のうちどれでしょうか? 答え:• 国内線: 青、緑、赤の全て• 国内線: 青のみ そうなんです。 国内線の特典航空券では全て含まれているのですが、国際線の場合は航空券だけなのです。 そのため、マイルを利用して国際線の特典航空券を利用した場合には、代と税金などの料金は払う必要があります。 特典航空券で国際線を利用した場合に、チケット代として支払う内容は次の様に変わってきます。 がかからない国際航空券 レガシー系航空会社 何事にも例外はありまして、特典航空券で国際線のチケットを入手する時に、の支払いが必要ない場合があります。 のマイルを利用して日本発の場合ですと、カナダエアとのチケットの場合には、の支払いは必要ありません。 この 2 航空会社は共にに加盟しているため、 サイトからですと、このこのリンクから予約ができます。 へ向かう際にはが利用できますし、エアカナダだとカナダのやへの直行便が出ているので、カナダだけでなく、カナダ経由でアメリカへ向かう、なんていう旅程を考えるのも良いかもしれません。 のマイルはバニラエアの特典航空券に交換できることを以前紹介しました。 次の記事でも書いている通り、バニラエアの特典航空券に交換した場合にも、が必要ありません。 まとめ 今回は飛行機のチケット代金が、大まかに 3 種類に分類できること、また基本的に特典航空券で入手できるのは航空券代のみということを紹介しました。 実は、特典航空券に必要なマイル数と航空券代の比率がある一定以下の場合には、特典航空券を利用するよりも、 スカイコインなどを利用した方が安くなる事があります。 しかし、この先数年後まで原油価格や為替などどの様に変化していくかはわかりません。 2017 年の 2 月予約分からが復活しました。 そのため、まずは特典航空券を利用する上でどのような費用がかかってくる可能性があるかを覚えておくと、せっかく貯まったマイルを無駄にすることなく、有効活用できるようになります。 どんどん貯めれるマイルも、マイルの使い方も詳しくなれば今よりももっと効率的に利用できるようになります。

次の

ANAマイルで夏の航空券が取り放題!?国内線特典航空券予約方法も解説

マイル旅行券 値段

そもそも航空券のクラスって何? まず航空券のクラスって何?という人向けに航空券のクラスについて説明をします。 航空券のクラスとは航空券にランクのことを意味します。 エコミノークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスだけでなく、エコミノークラスの中でも細かくランク付けされており、SやVなどアルファベットの数字が降られているのですが、これがランクとなります。 上記の航空券だとクラスはUとなります。 この航空券のクラスは航空会社によって異なるので一概にどのランクが高いとはいえないのですが、このクラスによってエコノミークラスの中でも微妙に提供されるサービスが異なってきます。 クラスによってマイルの貯まる率が違う! まずクラスによってマイルの貯まる率がエコミノークラスによっても違ってきます。 なので私もそうなのですが、航空券のクラスは航空券を買う前に把握しておきたいものです。 クラスが高ければアップグレードされたり、前方の座席にしてくれることも また航空券のクラスが高ければ同じエコミノークラスでも、ビジネスクラスやプレミアムエコノミーの座席にアップグレードされやすい傾向があり、早く機内から出れる前方の座席にしてくれる確率も高くなります。 基本的には航空券のランクは高ければ高いほど、航空券の値段も高くなるので、航空会社からすれば高く買ってもらったお客さんを優遇するのは自然の流れです。 大手旅行会社のエクスペディアなら購入前にクラスを教えてくれる いきなりクラスを調べる方法を教えちゃいますと、ずばり旅行会社最大手のだと購入前に航空券のクラスを教えてくれます。 上記の場合だとエティハド航空のUというクラスだということがわかります。 ちなみにこのエティハド航空の公式ページでは公式ページにも関わらず自分が買う航空券のクラスは最後まで教えられない仕様になっています。 なのでそういう意味でエクスペディアの航空券システムはかなり優秀です。 エクスペディアの航空券は公式サイトと変わりない値段で販売していることが多いのでおすすめです。 他の旅行会社で買うときもエクスペディアでクラスを調べられる それでもエクスペディア以外の太っ腹なクーポンを配布しているなどで航空券を予約したい人もいると思います。 サプライスは仕様上、航空券のクラスは購入する前までわからない仕様になっていますが、これはとエクスペディアを利用すればある程度、予測することができます。 まず自分が予約したい航空券をスカイスキャナーで探します。 スカイスキャナーで自分が予約したい航空券&旅行会社をみつけたら、同じカテゴリにあるエクスペディアを選択して、そのリンク先のエクスペディアのページでクラスを事前に確認することができます。 上記の場合、サプライス、DeNAトラベル、HIS、エクスペディアは同じクラスのはずです。 私は過去にこのように検索してサプライス!で何度も航空券を手配していますが、すべてスカイスキャナーで同じカテゴリにあったエクスペディアとは同じクラスでした。 おすすめです。 航空券を購入したあとであればオペレーターに電話をして確認しよう 航空券を購入したあとであれば送られてきたE-TICKETにクラスが書いています。 例えば私が今度利用するデルタ航空のE-TICKETにはクラス表示がちゃんとされています。 ただ残念ながら航空会社によっては記載のないE-TICKETも存在します。 その場合は、コールセンターへ問い合わせてみることをおすすめします。 クラスを確認することができます。 当日、チェックインカウンターで確認もできると思いますが、バタバタしてしまうのでやはり事前にどこのマイルを貯めるかは決めておいたほうがいいでしょう。 私も過去にそれでマイルを無駄にしてしまったことがあります。 是非、みなさんも今回の方法で航空券のクラスを確認して無駄なく旅行を楽しみましょう!.

次の

航空券を値段だけで判断していませんか? マイル単価を計算して究極の格安 [航空券] All About

マイル旅行券 値段

「マイル単価」をマスターすべし 航空運賃を目的地までの往復のマイル数で割ると1マイル当たりの単価が計算できます。 以前、というタイトルで「マイル単価」について書いたことがあります。 航空券を漠然と買うのではなく、自分が乗った距離でどのくらいマイルが貯まるのか、貯めたマイレージで無料航空券を使うときもお金を払って乗る場合と比較して、トクなのかソンなのかを判断する基準を明らかにしました。 そこでの結論は• 欧米路線などの長距離路線ではマイルを貯めるべし。 特典航空券はアジア線などの短距離路線で使うべし。 特典航空券はエコノミークラスよりもビジネスクラスやファーストクラスで使ったほうが有料の航空券との比較においてトク。 ということでした。 そこで今回は実際に航空券を買うときにどのくらいマイルが貯まるのか。 路線ごとに検討してみたいと思います。 まずは路線ごとの最安値をチェック比較の基準はでの格安航空券(1月出発の最安値)。 マイレージプログラムは基本的に100%マイルが加算されるアメリカ系の航空会社を利用することにしました。 航空券の料金をマイルで割り、1マイルあたりにいくらのお金をかけているを計算します。 この数値が低ければ低いほど少ないお金でマイルを貯めることができる=トクということになるわけです。 ソウル 17900円 アシアナ航空、コリアンエアー• 香港 28500円 航空会社未定• シンガポール 33500円 ノースウエスト航空、ユナイテッド航空• バリ島 40800円 エバー航空• デリー 61000円 チャイナエアライン• シドニー 48000円 ニューギニア航空(カンタスに加算)• ロンドン 47800円 航空会社未定• ホノルル 38000円 ノースウエスト航空、ユナイテッド航空• ロサンゼルス 31800円 航空会社未定• ニューヨーク 32200円 ノースウエスト航空、コンチネンタル航空• サンパウロ 102200円 エアカナダ• ヨハネスブルク 123400円 マレーシア航空.

次の