サラリーマン。 サラリーマンの必要経費「給与所得控除」の計算方法 [税金] All About

サラリーマンの平均年収のすべてがわかるページ【最新年は440.7万円】|年収ガイド

サラリーマン

給与生活者のこと。 明治期に用いられ始めた和製英語。 サラリーsalaryはラテン語の「塩金」にあたることば。 古代ローマで、兵士に塩を買うために金 かね が与えられたことに由来する。 資本主義が発展し、生産過程の協業化、科学技術の応用が進み、産業諸部門間の関連が緊密になると、工場内の製造工程や労務作業に従事する現業労働者(肉体労働者)に加えて、事務職員、技術者、管理的労働者や、商業・金融・サービス部門に従事する労働者が新たに形成されてきた。 また公共サービスに対する需要が増加するとともに、中央政府や地方自治体の公務員が増大した。 このように製造工程や現業部門に従事しないが、労働力を販売して給与を得て生活している人々を通例サラリーマンとよんでいる。 2007年(平成19)の総務省「就業構造基本調査」によれば、日本の雇用者(ただし役員を除く)のなかで専門的・技術的職業従事者や管理的職業従事者、事務従事者は約2100万人で、4割を占めている。 サラリーマンの階級的帰属について、労働者階級の一員とみるか否かをめぐって、1960年代から1970年代にかけてマルクス主義の理論陣営内部において国際的論争が行われた。 日本ではサラリーマンも労働者であるとする見解が多いが、フランスなどでは、労働者階級の範囲を、剰余価値を生産する生産的労働者に限定し、サラリーマンを除外する見解が強い。 日本では、第二次世界大戦後の民主化の過程で工員・職員間の身分的区別が撤廃され、これらすべてを含む企業別組合が組織されたこと、また、高度成長期になると、出身階層を問わず進学率が上昇し、工場労働者の子弟もサラリーマンになる条件があることなど、両者を画然と区別する根拠が薄れた。 さらに生産工程に産業ロボットやNC(数値制御)旋盤が導入されるとともに現業労働者も技術的労働の一部を担うようになり、職務内容の面でもサラリーマンと現業労働者の接近がみられる。 サラリーマン層の社会・労働運動における位置をめぐっても論争が行われた。 たとえば、現代資本主義は科学技術的知識を決定的な生産力とする段階にあるとの認識を前提に、科学技術的知識の担い手である技術・管理労働者こそ社会変革の指導的役割を果たすとする「新しい労働者階級」論や、逆にサラリーマン層の増大を「新中間層」の増大とみて、資本主義のもとでの労使(資)の階級対立やサラリーマン層を含む労働者階級の貧困化を否定する見解も登場した。 第二次世界大戦前の日本ではサラリーマン層の運動として、1919年(大正8)6月に銀行員、官公吏などで東京俸給生活者同盟(SMU)が組織された。 1926年5月には日本俸給生活者組合連盟が結成され、評議会(日本労働組合評議会)の影響のもとに労働争議の指導にあたったが、政府の弾圧により、その運動は停滞、消滅した。 戦後は工員、職員を含む企業別組合が組織されたため、サラリーマン層独自の労働組合運動は成立せず、それとは別にサラリーマン減税を要求する全国サラリーマン同盟が1969年(昭和44)4月に結成された。 この同盟は、1983年の参議院議員選挙の際、サラリーマン新党を結成し、不公平税制の打破を政策目標に掲げて2名を当選させたが1992年(平成4)解党した。 1990年代の長期不況以降、中高年ホワイトカラー(サラリーマン)は企業のリストラ(人員削減)のおもな対象となったため、サラリーマンの地位はこれまでにもまして不安定化している。 なお、「サラリーマン」はもともと男性を前提にした用語であるため、これにかわって性中立的な「サラリーパーソン」が用いられるようになっている。 しかし組合対策だけが日経連の主要活動ではない。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

サラリーマンの8割は“ふわふわ層“。仕事がダルい ⇒ ヨッピーさん「こうすれば変わる」

サラリーマン

給与生活者のこと。 明治期に用いられ始めた和製英語。 サラリーsalaryはラテン語の「塩金」にあたることば。 古代ローマで、兵士に塩を買うために金 かね が与えられたことに由来する。 資本主義が発展し、生産過程の協業化、科学技術の応用が進み、産業諸部門間の関連が緊密になると、工場内の製造工程や労務作業に従事する現業労働者(肉体労働者)に加えて、事務職員、技術者、管理的労働者や、商業・金融・サービス部門に従事する労働者が新たに形成されてきた。 また公共サービスに対する需要が増加するとともに、中央政府や地方自治体の公務員が増大した。 このように製造工程や現業部門に従事しないが、労働力を販売して給与を得て生活している人々を通例サラリーマンとよんでいる。 2007年(平成19)の総務省「就業構造基本調査」によれば、日本の雇用者(ただし役員を除く)のなかで専門的・技術的職業従事者や管理的職業従事者、事務従事者は約2100万人で、4割を占めている。 サラリーマンの階級的帰属について、労働者階級の一員とみるか否かをめぐって、1960年代から1970年代にかけてマルクス主義の理論陣営内部において国際的論争が行われた。 日本ではサラリーマンも労働者であるとする見解が多いが、フランスなどでは、労働者階級の範囲を、剰余価値を生産する生産的労働者に限定し、サラリーマンを除外する見解が強い。 日本では、第二次世界大戦後の民主化の過程で工員・職員間の身分的区別が撤廃され、これらすべてを含む企業別組合が組織されたこと、また、高度成長期になると、出身階層を問わず進学率が上昇し、工場労働者の子弟もサラリーマンになる条件があることなど、両者を画然と区別する根拠が薄れた。 さらに生産工程に産業ロボットやNC(数値制御)旋盤が導入されるとともに現業労働者も技術的労働の一部を担うようになり、職務内容の面でもサラリーマンと現業労働者の接近がみられる。 サラリーマン層の社会・労働運動における位置をめぐっても論争が行われた。 たとえば、現代資本主義は科学技術的知識を決定的な生産力とする段階にあるとの認識を前提に、科学技術的知識の担い手である技術・管理労働者こそ社会変革の指導的役割を果たすとする「新しい労働者階級」論や、逆にサラリーマン層の増大を「新中間層」の増大とみて、資本主義のもとでの労使(資)の階級対立やサラリーマン層を含む労働者階級の貧困化を否定する見解も登場した。 第二次世界大戦前の日本ではサラリーマン層の運動として、1919年(大正8)6月に銀行員、官公吏などで東京俸給生活者同盟(SMU)が組織された。 1926年5月には日本俸給生活者組合連盟が結成され、評議会(日本労働組合評議会)の影響のもとに労働争議の指導にあたったが、政府の弾圧により、その運動は停滞、消滅した。 戦後は工員、職員を含む企業別組合が組織されたため、サラリーマン層独自の労働組合運動は成立せず、それとは別にサラリーマン減税を要求する全国サラリーマン同盟が1969年(昭和44)4月に結成された。 この同盟は、1983年の参議院議員選挙の際、サラリーマン新党を結成し、不公平税制の打破を政策目標に掲げて2名を当選させたが1992年(平成4)解党した。 1990年代の長期不況以降、中高年ホワイトカラー(サラリーマン)は企業のリストラ(人員削減)のおもな対象となったため、サラリーマンの地位はこれまでにもまして不安定化している。 なお、「サラリーマン」はもともと男性を前提にした用語であるため、これにかわって性中立的な「サラリーパーソン」が用いられるようになっている。 しかし組合対策だけが日経連の主要活動ではない。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

サラリーマンの平均年収のすべてがわかるページ【最新年は440.7万円】|年収ガイド

サラリーマン

年 種別 給与 賞与 ボーナス 平均年収 2018年 合計 371万円 69. 7万円 440. 7万円 2017年 合計 364. 2万円 68万円 432. 2万円 2016年 合計 357. 1万円 64. 5万円 421. 6万円 2015年 合計 355. 6万円 64. 8万円 420. 4万円 2014年 合計 352. 5万円 62. 5万円 415万円 2013年 合計 352. 7万円 60. 9万円 413. 6万円 2012年 合計 349万円 59万円 408万円 2011年 合計 349. 7万円 59. 3万円 409万円 2010年 合計 353. 9万円 58. 1万円 412万円 2009年 合計 349. 8万円 56. 1万円 405. 9万円 2008年 合計 365万円 64. 6万円 429. 6万円 2007年 合計 368. 5万円 68. 7万円 437. 2万円 2006年 合計 367. 7万円 67. 2万円 434. 9万円 2005年 合計 369. 4万円 67. 4万円 436. 8万円 2004年 合計 370. 1万円 68. 7万円 438. 8万円 2003年 合計 373. 8万円 70. 1万円 443. 9万円 2002年 合計 375. 3万円 72. 5万円 447. 8万円 2001年 合計 376. 5万円 77. 5万円 454万円 2000年 合計 380. 3万円 80. 7万円 461万円 1999年 合計 379. 7万円 81. 6万円 461. 3万円 年 種別 給与 賞与 ボーナス 平均年収 2018年 男 455. 1万円 89. 9万円 545万円 2017年 男 444. 2万円 87. 3万円 531. 5万円 2016年 男 438万円 83. 1万円 521. 1万円 2015年 男 436. 9万円 83. 6万円 520. 5万円 2014年 男 433. 6万円 80. 8万円 514. 4万円 2013年 男 433. 1万円 78. 2万円 511. 3万円 2012年 男 426. 7万円 75. 3万円 502万円 2011年 男 428. 1万円 75. 7万円 503. 8万円 2010年 男 433. 5万円 73. 9万円 507. 4万円 2009年 男 428. 4万円 71. 3万円 499. 7万円 2008年 男 449万円 83. 5万円 532. 5万円 2007年 男 453. 3万円 88. 9万円 542. 2万円 2006年 男 452万円 86. 7万円 538. 7万円 2005年 男 452. 4万円 86万円 538. 4万円 2004年 男 453. 3万円 87. 6万円 540. 9万円 2003年 男 455. 9万円 88. 3万円 544. 2万円 2002年 男 457. 6万円 90. 7万円 548. 3万円 2001年 男 460. 4万円 97. 7万円 558. 1万円 2000年 男 464. 8万円 101. 7万円 566. 5万円 1999年 男 464. 7万円 102. 7万円 567. 4万円 年 種別 給与 賞与 ボーナス 平均年収 2018年 女 252万円 41. 1万円 293. 1万円 2017年 女 247. 3万円 39. 7万円 287万円 2016年 女 241. 6万円 38. 1万円 279. 7万円 2015年 女 238. 4万円 37. 6万円 276万円 2014年 女 236. 1万円 36. 1万円 272. 2万円 2013年 女 235. 7万円 35. 8万円 271. 5万円 2012年 女 233. 1万円 34. 7万円 267. 8万円 2011年 女 232. 9万円 35万円 267. 9万円 2010年 女 234. 9万円 34. 4万円 269. 3万円 2009年 女 230. 1万円 33万円 263. 1万円 2008年 女 235. 5万円 35. 5万円 271万円 2007年 女 234. 3万円 36. 9万円 271. 2万円 2006年 女 234. 5万円 36. 5万円 271万円 2005年 女 235. 4万円 37. 4万円 272. 8万円 2004年 女 235. 3万円 38. 3万円 273. 6万円 2003年 女 235. 4万円 39. 4万円 274. 8万円 2002年 女 235. 9万円 41. 8万円 277. 7万円 2001年 女 234. 7万円 43. 3万円 278万円 2000年 女 235. 4万円 44. 6万円 280万円 1999年 女 234. 4万円 45. 5万円 279. 9万円 上記のグラフデータを見てもわかるように、サラリーマン・一般の平均年収は1990年以降、下降傾向にありました。 2009年に一度、底を打った形になり、2010年には上昇に転じて、そこからはわずかながらも微増を続けています。 2018年には約440万円という水準にまで回復してきました。 ここ10年ほどで驚異的な経済成長を遂げた中国の国民所得は年々増加していますが、日本に関しては1990年代の水準にすら回復しておらず、人口の減少に転じる今後は国際競争力が低下して、より経済は厳しくなっていく事が予想されています。 年 種別 給与 賞与(ボーナス) ボーナスの割合 平均年収 2018年 合計 371万円 69. 7万円 15. 7万円 2018年 男性 455. 1万円 89. 9万円 16. 1万円 2018年は平均年収440万円と前年より約8万円上昇しました。 多少の上下はありますが、ここ10年は少しづつながらも増加し続けています。 近年の慢性的な人手不足の影響で賃金は上昇し続けているため、おそらく来年もこの傾向は続くと思われます。 景気回復する可能性 政府が政策を打ち出し、景気を回復させる事によって、かつての栄光(高収入)への回帰を目指していますが、実際にはかなり厳しいと予想されています。 数多くの要因が存在していますが、代表的なものに以下の3つがあります。 1.高齢化社会が目前に迫っており、将来的な年金制度の破綻が確実。 2.人口の自然減少による国力の低下。 3.好景気になり、経済が回復しても現在の企業が高度成長期のような賃金体系を採用する事はない。 1番と2番も大きな要因と言えますが影響が出てくるのは少し先の将来で、直近の大きな要因は3番の「賃金体系の変化」。 仮に大きな利益を上げたとしても、バブルの痛手で簡単には削減できない「人件費」の重さを嫌というほど味わった企業が、それをそのまま人件費にあてがうことは考えられません。 人件費を抑えたまま、企業としての売上・収入を増加させる事を目指すはずで、かつてと比較すると企業の利益を人件費にまわす割合を減少させているのが実情です。 そのため、日本全体に余程の大きな利益が得られない限り、現状から多少の回復はあったとしても、大きく上昇する事は厳しいと考えられています。 景気としては良い方向に向かっているのは間違いありませんが、少子高齢化が加速度的に進行していく中で、この流れをどこまで次世代に継承していけるかは不透明と言わざるを得ません。 労働者人口が減少し続ける現状の出生率では、これまでの経済規模を維持することは不可能なため、どのようにして出生率を上げるか、あるいは移民を受け入れるかがこれからの日本経済の課題となりそうです。

次の