ファイナンシャル プランナー 3 級 過去 問。 3級FP技能検定・2級FP技能検定 試験要綱

ファイナンシャルプランナー(2級・3級)国家試験 試験問題or過去問┃問題集.jp

ファイナンシャル プランナー 3 級 過去 問

実技試験は金財で受けるか日本FP協会で受けるか、選ばなければならない ファイナンシャル・プランニング技能検定は国家資格としての実施団体が2団体あります。 1つは「日本FP協会」、もう1つは「金融財政事情研究会(以下、金財)」です。 どちらが実施するものを受検しても、取得できる資格に違いはありませんが、このどちらかを選択するかで試験内容の一部が異なってきます。 「日本FP協会」の実技試験を受ける場合は、「資産設計提案業務」が出題科目になります。 (1)(日本FP協会)資産設計提案業務 「金財」の実技試験は、選択科目方式で「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」の2つがあります。 (2)(金財)個人資産相談業務 (3)(金財)保険顧客資産相談業務 (3)(金財)保険顧客資産相談業務は名称の通り、保険分野に関する試験内容になっています。 保険分野に詳しい方や、その知識を進んで学んでみたい場合は、躊躇なく(3)(金財)が実施する保険顧客資産相談業務を選択することになるでしょう。 そうなると、どの出題科目を受けるか考えている方は、(2)(金財)個人資産相談業務か(1)(日本FP協会)資産設計提案業務のどちらかを選ぶことになります。 どちらを選ぶか、筆者のおすすめとしては、(2)(金財)個人資産相談業務を選択するのが良いでしょう。 FP3級技能検定試験は、下記の6つの出題科目から構成されています。 少しでも試験勉強の範囲を少なくしたいのであれば、(2)(金財)個人資産相談業務を選ぶのがおすすめです。 ちなみに、以上の話は午後に実施される実技試験についてです。 午前に実施される学科試験は、金財と日本FP協会、どちらを選択しても同じ問題が出されます。 実技試験ではどんな問題がでるの? 日本FP協会の実技試験である資産設計提案業務では、標準的な出題傾向として以下のような問題が出題されます。 ・キャッシュフロー表の作成 ・確定申告での控除額の計算 ・相続税の計算 ・株式の割安性や収益性の計算 など。 マークシート形式3答択一式で答えて20問出題で、試験時間は60分間です。 金財の個人資産相談業務の標準的な出題傾向は以下のような問題が出されます。 ・公的年金や住宅ローン ・金融政策、経済指標、投資指標、債券利回りの計算など ・源泉徴収表の見方、退職所得の計算、住宅借入金等特別控除など ・建築基準法などの関連法規や不動産に関する税金 ・相続税の課税価格や計算方法、相続の基礎知識が中心。 贈与税の基礎知識も要確認 など。 金財の保険顧客資産相談業務の標準的な出題傾向は以下のような問題が出題されます。 ・保障の見直し(生命保険、損害保険) ・民間企業勤務、個人事業主、年金 ・死亡保障、役員退職慰労金、福利厚生、事業承継 ・源泉徴収表の見方、所得控除、所得税の基礎知識 ・相続税の課税価格や計算方法 など。 いずれも金財の出題形式は、事例形式5題で、試験時間は60分間で解答します。 「ファイナンシャルプランナー3級の実技試験とは?どんな問題がでるの?」まとめ ・実技試験は金財で受検するか日本FP協会で受検するか選ぶ必要がある ・試験勉強の範囲を少なくしたいのであれば、金財の個人資産相談業務を選択 ・実技試験の出題パターンは決まっている FP3級の試験に合格するには学科と実技ともに6割以上の得点が必要です。 できるだけ過去問を多く解き、出題パターンを見極めてから試験に臨みましょう。

次の

日本FP協会

ファイナンシャル プランナー 3 級 過去 問

目次 FP3級の独学って簡単? FP3級は独学でも、ちょっと努力すれば合格できます。 猛勉強する必要はありません。 が、簡単な試験だと思って臨むと痛い目にあいます。 例えば、テキストの厚さは約2センチ。 テキトーに勉強してクリアできるレベルではありませんよね。 でも2級や1級とくらべれば3級はたしかに簡単なのです。 ぼくはまだ2級以上は受けていませんが、テキストの厚さだけ比べてもその差は歴然。 1級にいたっては科目ごとに分冊されています。 なので 3級が簡単というのはあくまで「2級以上とくらべたら」の話。 けっして油断せず勉強することをおすすめします。 FP3級の試験内容 FP3級の試験は 「学科」と「実技」の2科目で構成されています。 「学科」は60問の選択式で120分、「実技」 は15問の選択式で60分です。 どちらも問題数のわりに時間は長く与えられています。 とくに「 学科」は1時間かからずに終わってしまう人が多いです。 ぼくが受験した会場では3/4の受験者が途中退室していました。 「実技」も選択式のペーパーテストです。 計算式をつかった論述試験ではありませんのでご心配なく。 実技というより文章題というほうがしっくりくる内容です。 基本は学科と同じ内容がわかっていれば答えられます。 問題の形式になれる必要はありますけどね。 FP3級の合格基準 学科と実技 それぞれ60%以上の正答で合格となります。 つまり学科70%、 実技50%だと学科は合格ですが実技は不合格となります。 2科目合わせて60%ではないので注意しましょう。 この割合を問題の配点に当てはめると、学科は36/60点、 実技は30/50点とらなければなりません。 つまり失点が許されるのは 学科で24点、実技では20点までということになります。 実技は一問のミスが大きく響く構成になっています。 時間をたっぷり使ってミスは避けたいところです。 使用したテキストと問題集 テキストも問題集も「これが正解!」というのはありません。 ネットのレビューは参考になりますが、できれば書店に足を運んで自分で内容をたしかめてから決め るのがよいでしょう。 ぼくは独学した人の体験談をネットで読んだうえで書店に行き、 以下の2冊を購入しました。 自分の目で確認したのは「 見やすさ」です。 内容が充実していてもぎっしり詰め込まれたページ構成ではテキストを開くのがおっくうになってしまいます。 『』はひとことで言うと「 勉強がイヤにならないテキスト」でした。 情報が適当で メリハリのある構成となっていて長い時間テキストを見続けることができました。 もうひとつよかったのは索引がとても使いやすかったことです。 勉強が進み過去問に取り組みはじめると、 わからないことや確かめたいことが頻繁に出てきます。 そんなときに重宝するのが索引です。 索引がしっかりしていることはテキストの機能として重要です。 どのテキストも3級に合格するために作られているので、 内容が出題範囲をカバーしていないということはありません。 情報量についてはどれを選んでも心配ないでしょう。 「見やすいかどうか」「見ていていやにならないか」で選べばいいと思います。 ファイナンシャルプランナー3級の独学のしかた(試験1週間前まで) 試験勉強のしかたについて、ぼくが参考にしたのはこちらのです。 これを見ると「 まずはテキストをひととおり読み、あとは問題集を解きまくる」とありまして、そのとおりに実行しました。 テキストは何回読んでも覚えられません。 覚えようとすれば覚えられなくてイヤになるので、 ただひたすら読むことに徹しました。 テキストが終わったら問題集です。 はじめから問題集をやるとあまりにわからなさすぎてイヤになってしまうので、テキストから入るのが正解です。 問題集は3回やりました。 3回目は最後のページから解いていきました。 はじめのページから解いていくと、 前に解いた問題のおかげで答えがわかってしまうことがあるからです。 これを毎日こつこつと続けましたと言いたいところですが、ぼくは仕事で疲れてできませんでした。 結局まともに勉強できたのは 仕事のない毎週末の夕方2時間程度です。 それでも続けられることが大事なので、腐らずに勉強を続けましょう。 ファイナンシャルプランナー3級の試験直前対策 試験1週間前からはさすがに平日も勉強するようになりましたが、毎日はできませんでした。 仕事をもつ身なら平日に勉強するのはたいへんなので効率よく勉強したいところです。 このころ取り組んでいたのは過去問です。 まずは問題集についていた過去問に挑戦しましたが、実技はわずかに60%に届かず不合格。 学科はギリギリ合格という結果でした。 試験 1週間前としてははなはだ不安な出来です。 これでやっと尻に火がつきまして、 過去2年分の過去問をダウンロードしてひたすらやりました。 FP3級の試験は年に3回あるので6回分の過去問です。 過去問のダウンロードは以下のページからできます。 実技でどの科目を選択するかによって試験を執り行う団体が変わります。 自分が試験を受ける団体の過去問を入手すること。 金融財政事情研究会のほうには残念ながら答えと解説がありません。 日本FP協会のほうには答えがついています。 ぼくは金財で受けたので解答がなくて困りましたがこちらを利用させていただきました。 こちらのサイトは1問ずつ問題と解答・解説が表示される形式なので、きちんと過去問をダウンロードして最後まで解いてから答え合わせ用に利用することをお勧めします。 実際の試験では自信のない回答をしつつ先に進んでいかなければならない場面がかならずあります。 練習もできるだけ本番の試験と同じ条件で行ったほうがよいでしょう。 FP3級の計算式の覚え方【覚えなくていい!】 「計算問題が苦手」という人。 公式を覚えようとしていませんか? ご覧のとおり「債権利回り」の計算問題はややこしくて覚えるのがイヤになってしまいます。 そこでひと工夫。 じつはこの4つの式は 共通する部分を整理すると以下のような一つの式に収まります。 あとは問題文から順番に数字を抜き出して、この式にはめ込めばOK。 解き方の具体的な手順は、こちらの記事をご覧ください。 記事のとおりにやっていただければ、 式を覚えなくても機械的に計算問題が解けるはずです。 ファイナンシャルプランナー3級試験当日の覚え書き ここでは試験を受けてみて気づいたことを書いておきます。 計算機があると便利という程度のものなので、万が一忘れてしまっても慌てなくて大丈夫です。 ちなみに計算機はキーが大きくてソーラー電池のものがおすすめです。 しかし学科の試験は1時間足らずで終わってしまうので、早めに退室すれば午後の試験準備に使える時間が約2時間に増えます。 試験会場周辺の店は受験者で込み合うので少し離れた場所にある店ならベター。 ファイナンシャルプランナー3級試験を終えて。 内容が覚えられるわけではありませんが、のちに問題集をやったときに 「これはテキストのあの辺にあった気がする」と見当がつきます。 見当がつけば調べようがあります。 覚えていなくても「 なんかそういうの聞いたことあるなあ」 と思えるレベルにしておくと問題がスムーズに進められます。 とくに実技は以下のパターンでここ数年固定されており出題形式も似通っています。 第1問 公的医療制度 第2問 資産運用 第3問 所得税、退職金 第4問 不動産 第5問 贈与、相続 ぼくは過去問のまえに問題集を解いていましたが、じつは 過去問と問題集では内容に若干違いがありました。 なので 傾向が合致していない問題集をやるよりは、過去問を繰り返し解いたほうが効率 がよいと思います。 ぼくが受験した2017年5月試験では「第2問 資産運用」でいまま で出題のなかったジュニアNISAについての問題が出題されて冷 や汗をかきました。 この程度のバリエーションはありうるということでしょう。 つまり「 過去問を先にやる」ということです。 知識の有無は横に置いて、とにかく先にゴールを知っておく。 知った上でどうすればクリアできるか考えたほうが、確実に合格に必要な力をつけられます。 ぼくは後から過去問をやってしまいました。 この体験から考えても先にやっておくべきと言えます。 追記:FP3級の知識は役に立ったか?(2019年7月30日) ぼくは現在ウェブ制作とデザインを仕事としています。 ですので直接的にFP3級の資格が役に立つ場面はありませんが、まったく無駄になったわけでもありません。 たとえばぼくは2018年3月に一身上の都合で会社を辞めたのですが、会社を辞めると急にお金の話が出てきます。 退職金• 社会保険• 健康保険• 雇用保険• 個人事業主• 確定申告 ざっとこのくらい。 こういった話は退職に限らず、人生のイベントごとに出てくるものです。 そのときまでFP3級でつけた知識を覚えているとは限りませんが、「そういえばこんな話があったかも」と思い出せれば調べるのも楽ですよね。 ファイナンシャルプランナーになるかどうかに関係なく、 人生のイベントごとに発生するお金の問題を予習しておくという意味でFP3級を受験する価値はあると思います。 まとめ:FP3級は独学で合格可能だけれど油断は禁物。 ゴールから逆算して対策しよう• テキストは「見やすさ」と「索引の充実」で選ぶのが吉だよ• 週末だけの勉強でも続けることが大事だよ• テキストを読んでから過去問を解いたほうがが効率いいよ• テキストは覚えない。 とにかく読むことに徹したほうがいいよ• 過去問に勝る問題集はないよ.

次の

FP3級 過去問道場🥋 (学科)【完全解説付】|FP3級ドットコム

ファイナンシャル プランナー 3 級 過去 問

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定(以下、3級FP技能検定)は、厚生労働大臣より職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受けて、実施する国家検定です。 3級FP技能検定は、学科試験と実技試験にて実施されます。 学科試験と実技試験は同日に実施され、両方を受検することができます。 学科試験と実技試験の(両方)合格者には合格証書が発行され、学科試験あるいは実技試験の一部合格者には一部合格証が発行されます。 学科試験あるいは実技試験の一部合格者には、それぞれの試験が免除される、試験免除制度があります。 ただし、一部合格による試験免除には期限(合格した試験実施日の翌々年度末)がありますので、ご注意ください。 3級FP技能士を取得するためには、学科試験と実技試験の両方の合格が必要であり、3級FP技能検定合格証書の発行をもって、3級FP技能士と認定されます。 試験の内容 FP3級 試験の試験科目は大きく以下の通りになります。 ライフプランニングと資金計画• リスク管理• 金融資産運用• タックスプランニング• 不動産• 相続・事業承継 出題形式• 三肢択一式試験 30問• 計60問 持込み品• 学科用具(HB以上の濃い黒鉛筆、消しゴム)• 計算機(下記の各条件に該当するもの1台に限る)• 電源内蔵のもの• 演算機能のみを有するもの• 数値を表示する部分がおおむね水平で、文字表示領域が1行であるもの• そして、あなたのライフプラン上の目標を達成するため、問題や不安を解決するために、あなたの立場で考え、長期的かつ総合的な視点で様々なアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するファイナンシャル・プランニングの専門家です。 また、必要に応じて、弁護士や司法書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家のネットワークを活かしながら、個人の夢や目標に基づくライフプランを前提に、その実現のために様々な領域に渡る包括的なアプローチによって、必要なファイナンシャル・プランニングを行うのが特徴です 職業人としてのファイナンシャル・プランナーは主に2種類の系統に分かれる。 銀行、信託銀行、郵便局、証券会社、生命保険会社、損害保険会社等の金融機関や、不動産仲介・分譲会社に勤務する「企業系FP」と、自ら事務所を持ち独立自営する「独立系FP」の2つの系統である。 また、最近では企業に属し、その企業の従業員に対するFP業務を主とする「企業内FP」も増えている。 FP業務に特化した「独立系FP」の収入源は、プランニング業務による時間当たりの相談料、会員契約の会費(士業でいう顧問契約の顧問料)、マネー雑誌等への原稿執筆、マネーセミナーの講師となっている場合が多い。 また、公認会計士、税理士、社会保険労務士、行政書士などの士業者や宅地建物取引主任者などの専門業者が各分野に特化させる形で業務を行っている場合も多い。 (例えば、公認会計士・税理士は税金・事業継承、社会保険労務士は年金・社会保険、行政書士は事件性の無い遺産分割協議書などの事実証明書類の作成、宅地建物取引主任者は不動産等々)加えて、DCプランナーやDCアドバイザー資格を併せ持ち投資教育を業務の主軸とするFPや、モーゲージプランナー資格を有し、住宅ローンに特化したコンサルティング活動を行うFPも最近では増加している。

次の