川田 利明 ラーメン 屋。 川田利明が乃木坂46の冠番組に出演! ラーメン屋に転身した理由とは!?

元全日・川田利明「ラーメン屋だけはやるな」

川田 利明 ラーメン 屋

スポンサーリンク 結構流行っているお店だそうで、プロレスファン、川田利明さんファン、口コミなどで広がったようですね。 川田利明さんは自身のラーメン屋経営についてこう語っていました。 「高校時代の寮生活やプロレス時代のちゃんこ番で料理は慣れているからね。 ウチで出している料理はキムチ以外、名物のから揚げはもちろん、ラーメンは麺やスープから全て自分の手作りです」 引用: 芸能人の副業としてラーメン屋を出店する方は多いですが、ほとんどは名義貸しのようなお店です。 その中で川田利明さんはがっつり商売をしている様子。 そういう姿勢も流行るお店に繋がるのでしょう。 川田利明がラーメン屋に転身した理由 プロレスラーとしてもまだまだ需要があった川田利明さんは、何故ラーメン屋に転身したのでしょうか。 そこにはプロレスラーの悲しい性がありました。 川田利明さんは2010年以降体に支障をきたしてしまいます。 「納得できるプロレスができない、何か違うことをしたい」 そう思った川田利明さんは、何と、中華料理店に弟子入りをしました。 そして修行期間半年を経て自身のラーメン屋をオープンさせたのです。 きちんと中華料理店に弟子入りして修行を積むなど、中途半端な思いでラーメン屋をやろうと思わなかったその姿勢は、やはり真面目な川田利明さんらしいです。 プロレスラーは体の故障と常に隣り合わせですから、川田利明さんのこの決断はプロレスで食べていけない時のことをきちんと想定しています。 なぜラーメン屋だったのか? 川田利明さんはなぜラーメン屋を経営しようと思ったのでしょうか? そして、なぜ飲食店の中でラーメン屋を選んだのでしょうか? そこには ライバルと言われてきたプロレスラー三沢光晴さんの死が関係していました。 足利工業大学附属高校のレスリング部で1年先輩だった三沢は、川田にとって越えたくても越えられない高い壁だった。 全日本プロレスに入門してからも、時にはタッグを組み、時には四天王の一員として命を削るような激しいファイトを行ってきた。 その頃の川田にとって、最大の目標は『三沢越え』だった。 ジャイアント馬場の死後に三沢がプロレスリング・ノアを設立、川田は全日本プロレスに残り、袂を分かった。 スポンサーリンク 不仲と言われていた2人だったが、川田は2009年6月13日の三沢の死によって、プロレスに対する情熱が薄れたのだという。 最大の目標であり、最大のライバルだったレスラーの死。 やはり川田にとって、先輩の死は大きなショックだったのだ。 引用: 色んな副業がある中で、川田利明さんはな何故ラーメン屋だったのでしょう。 「普通は、ラーメン屋をやりたいからこの場所を探そうとか、焼肉屋をやりたいからこの場所を探す、という具合に決めるんですけど、僕の場合は 居ぬき場所がたまたまラーメン屋だったから、ラーメン屋をやろうと思ったんです」 引用: それもご縁と言いますか運命だったのだと思います。 結果、ラーメン屋で成功されていますので、必然的なことだったのかもしれません。 川田利明の現在病気という噂について 川田利明さんが最近痩せたことで病気なのでは?といった噂が流れています。 事実、 川田利明さんは病院通いをしているようですが、特に命に関わる重い病気というわけではないようです。 確かに1年で体重が15㎏減ったようですし、リングに上がれる体調ではないと自身も語っています。 現在56歳になられて事実体力的にも以前のような訳にはいかなくなっているようです。 プロレスのダメージの影響で病院通いという噂 また、 川田利明さんはプロレス時代のダメージで、体全体にガタがきているとも語っています。 確かにプロレスは体を酷使するスポーツです。 怪我する頻度も圧倒的に高いです。 ダメージは計り知れないでしょう。 川田利明に復帰の予定はないの? 川田利明さんは2010年からプロレスを休業しています。 ですがこれは引退ではありません。 それだけはしたくないので、 あえて引退はしてません。 ただ、現役時代から 体重も30キロ落ちちゃったので、いまのところ復帰は考えてないです。 それに今のリングはここですから」 引用: 今のリングとはもちろんラーメン屋のことです。 川田利明さん自身、もうプロレスに魅力を感じなくなっているのかもしれません。 それでも引退という形を取らないのは、やはり心のどこかでまだやり切っていないという想いがあるのでしょう。 引き際も大事ですよね。

次の

元全日・川田利明「ラーメン屋だけはやるな」

川田 利明 ラーメン 屋

プロレスラーは文字どおり、裸一貫でやる職業。 タイツとリングシューズさえあれば、あとは何もいらない。 なんなら裸足で闘ってもいいわけで、初期投資とは無縁の世界だ。 もちろん、会社からみれば住むところを与えて、飯も食わせるわけだから、ひとりのプロレスラーがデビューするまでには、それなりの投資はしているものの、やる側の人間は本当に数万円もあれば、試合道具を揃えることができる。 いや、先輩がお下がりのシューズやタイツをくれることだってある。 しかし、ラーメン屋……自営業の場合はそうは問屋が卸さない。 借りた店舗のものはどれも使えないものばかりだったので、すべてを買い揃えたり、リース契約を結ばなくてはいけなくなった。 ただ、それ以上に大きな負担になるものがある。 それこそが、店を借りる時に必要な「保証料」だ。 飲食店の場合、この「保証料」がべらぼうに高い。 本当は正確な金額を書くべきなんだろうけど、正直、忘れてしまった。 忘れた、というか、あまりにも高すぎて、もう思い出したくもない。 当然、敷金・礼金も別にかかるわけで、店の中がガラーンとしている状態でも、すでにけっこうなお金が財布から消えてしまっている。 厨房の中も、まずは食材を保管するための冷蔵庫が必要になる。 業務用の大きなものだから、これも高い。 あまりにも高いものはリース契約をするんだけど、その契約書に判子を押す時に、ある種の決断を迫られる。 普通に生活していて、何かをリース契約する時に「6年契約です」と言われても、別になんとも思わないけれど、店をオープンするために必要なものをリースする時には「そうか、俺は6年間は続けなくてはいけないのか……」とあとから実感する。 それは店舗の賃貸契約を延長する時も同じで、いまだに「これから数年後、この店は本当に続いているんだろうか?」と真剣に考えながら判子を押す。 胃が痛くなるような決断は、店をやっている以上、いつまでもついてまわる。

次の

川田利明が説く「脱サラでラーメン屋」は絶対やるな(1)ベンツ3台分が消えた(2019年12月15日)|BIGLOBEニュース

川田 利明 ラーメン 屋

Contents• 川田利明の現在はラーメン屋 挫折からの成功 引退後は飲食業で経営者の道に進んでいます。 「麺ジャラスK」というラーメン屋のオーナーです。 しかしその道は当然簡単ではなく、開業後すぐに1000万円を失うなど紆余曲折がありました。 ヤフーニュースにある川田利明さんのインタビューによると、開店資金以外にも保証料や、あとはお客用の駐車場代や業者に勧められて次々購入した食器洗い機などであれよあれよという間に1000万円が溶けてしまったようです。 川田利明さん激白「ラーメン屋の開業ですぐに1000万円失ったワケ」(現代ビジネス) 5年前に行ったなぁ。 ラーメン美味しかった🍜 — がいふぉ guyfal そしてこれが後に『ラーメンのみを頼んだら不機嫌になる店主川田利明』を生み出してしまいます。 あまりの支出に川田利明さんは「ラーメン何倍売ればいいんだろう」と考えてしまい、ラーメン屋の看板を掲げながら、ラーメンのみを注文する単価の低いお客を良しとしない状況に陥ってしまうのです。 これには店を訪れた往年の川田利明ファンもショックを受け、一時はネットでちょっとしたネタにもされていました。 (但し川田利明さんにも言い分があり、忙しいときにやってきてTシャツにサインくれだの無礼なファンが後を絶たなかったそうです) 立地が最寄りの成城学園前駅から徒歩10分以上だったことも客離れを加速させた気がします。 4月19日は だよ。 川田のお店『麺ジャラスK』みたいに分かりづらい場所へ行く場合、地図は絶対に必要だよね。 そんなわけなんで最寄り駅 成城学園前駅 から店までの簡単な案内図を貼っておくよ。 川田はたまたま見つけた居抜き物件がラーメン店だったってだけの理由でこの店を始めたんだよ。 居抜き物件ということで目を付けたそうです。 ラーメン屋の成功 元々は凄く真面目な性格だったので、ドリンクを頼まないと不機嫌になったり「うちはラーメン屋じゃない」ということもなくなり、徐々に「麺ジャラスK」は以前のような悪評はなくなります。 プロレスラーだった力皇さんのラーメン屋や松永光弘さんのデンジャーステーキのように何店舗も経営するとまではいきませんが、川田利明さんの「麺ジャラスK」は元プロレスラーが経営する飲食店としてはかなり成功していると言えるでしょう。 3年たたず潰れていくお店がほとんどの飲食業で10年の経営は立派の一言です。 有名人の飲食業での成功条件は「仲間内のたまり場にしない」「友人からもお金を取る」「自分が厨房に立つ」ということでしょうか。 川田利明さんレベルで人気があった選手は固定ファンが必ず一定数来てくれますので、今後も恐らくは順調にお店は存続してくれるはずです。 トークイベントが面白い 頻繁にではありませんがトークイベントも定期的に開催されています。 三沢光晴さんがいないのが残念ですが当時のプロレスファンにとっては非常にありがたいイベントとなっています。 志村けん、上島竜平とは友人 志村けんとは一緒にゴルフに行く仲と、以前志村けんさんがおっしゃっていました。 ちなみに志村けんと上島竜平の仲を取り持ったのも川田利明だそうです。 志村けんと上島竜平を繋げたのは川田利明 — 今夜が田中ぁくん konyagatanaka ダチョウ倶楽部と志村けんの間を取り持ったのは、川田利明なんですね。 — ばばしげ 18札幌ド19福岡ド shigeobaba 大昔、プロレス全盛の頃は一緒のバラエティ番組に登場されたりもしていました。 今もお付き合いが続いているのかまではちょっと分かりません。 志村けんも志村けんで今は上島竜平よりも、千鳥のノブと一緒に過ごすことが多いようです。 名勝負製造機 小川直也とすらいい試合に 川田利明は本当にうまいプロレスラーで、しょっぱいレスラー相手でも名勝負に仕立て上げる能力がありました。 小川直也さんなどはほとんどが塩試合(プロレスに限っては。 総合格闘技では名勝負が多かったです)だったのですが、川田利明さんはそんな小川直也とも見事にスイングした試合で観客を魅了しています。 ファンの間で一番評価が高いのはスタンハンセン戦かもしれません。 体力的にはこの頃が全盛期だったはずです。 三沢光晴との友情 亡くなってしまった三沢光晴さんとは高校時代からの付き合いです。 (三沢光晴が高校の先輩で、同じレスリング部に所属していました)高校を卒業してから全日本プロレスと、長く行動を共にしています。 その後三沢光晴が全日本から独立しプロレスリングノアを設立、川田利明は全日本に残留したため別の道に進みますが、あのままノアについていったら頑丈な川田利明さんは酷使され体を壊してしまっていたような気もしてしまいますので、個人的には正解だったように思います。 しかし三沢光晴さんに対する思いは勿論今も変わっていません。 時代が過ぎてもたくさんの人が集まってくれました! チケットもすぐ売り切れてしまい 参加できなかった人は残念だ・・・ でも三沢さんが参加できないのはもっと残念だ・・・ 時間が解決することもあるはずだ その会話をしたかった・・・ — 麺ジャラスK 店長 orenooudou 麺ジャラスK 店長とは無論川田利明さんのことです。 三沢さんが急逝した際に「今までのナンバーワンのパートナーは三沢さん」と言い、絶縁状態だったノアのリングに上がり、三沢光晴追悼興行に参戦してくれました。 リング外では不器用なタイプなのでなかなか伝わり難いですが、そういう義理を大切にする優しい選手でもありました。 結婚と嫁 お嫁さんや結婚については、ヤフー知恵袋に以下のような回答がありました。 既婚者です。 旧全日本道場に近い、世田谷区喜多見においてラーメン店「麺ジャラスK」を経営しています。 毎日自ら厨房に立ち、奥様と共に切り盛りしています。 川田の自宅がある溝の口駅近く(川崎市高津区)のイトーヨーカ堂店内で、川田が子供を連れて歩く姿はよく見かけますよ。 他にも結婚はしている、一緒にお店に立たれているとの書き込みがネットにあるので、恐らく結婚はされているはずですが、確かではありません。 有名な格闘家はモテるので、選り取り見取りの環境であったことは間違いないでしょう。 引退理由は 正式には引退していないので、現在もリングで川田利明選手とコールされることがあるようです。 この引退理由については雑誌のインタビューでご本人が言及されています。 「この1年で体重が15kg減った」 「居酒屋経営の傍ら病院通いが続いていてリングに上がれる体調ではない」 とやはり試合ができるコンディションにはないようです。 またこれ以外にも三沢光晴さんの死以降、プロレスに魅力を感じなくなったともおっしゃっていました。 仮にラーメン屋が潰れてニッチもサッチもいかなくなったらどさ周りで現役復帰はあるかもしれませんが、ファンとしてはそんな姿見たくありませんし、今の順調なラーメン屋「麺ジャラスK」を見るに、そうなることは無いんじゃないかなあと思います。 ただしラーメン屋が少し落ち着いたら引退興行の一つぐらいはして欲しいですかね。 新日本プロレスの方はアントニオ猪木や前田日明や長州力などが同窓会のように集まってワイワイやっているので、全日本組も試合じゃなくてもいいので集まって同じ空間にいる姿を見せて欲しい思いはあります。 いつの日か実現するでしょうか。 以上川田利明さんの現在についてでした。

次の