豊臣 秀吉 性格。 豊臣秀吉とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

豊臣秀吉の性格について!歴史上の発言や言動、記録から人柄を考察

豊臣 秀吉 性格

実は「がまん強い努力家」だった信長 信長がまだ10代のころのこと。 ふつうよりも長い槍をつくり、新しい戦法を発明した。 これは、信長が天才だからできたのだろうといわれてきた。 しかし、実際は信長は寝る時間や食べる時間をおしんで研究し、周囲から大うつけ(ばかもの)といわれてもがまんし、この長い槍の戦法を完成させている。 信長はとてもまじめで、研究熱心だったのだ! すべて計算!? 秀吉の「人たらし」 織田家につかえ、美濃(みの・岐阜県南部)を攻略するときのこと。 秀吉は、敵の武将を味方につけることに成功した。 しかし信長は、その武将を殺してしまえと命じる。 ふつうの人間なら、武将を殺してしまうだろう。 しかし秀吉はそうはしなかった。 武将に「すぐに逃げられよ」といい、刀を捨てて、万が一の時は自分を人質(ひとじち)にするよう申し出たのだ。 これは、たんに秀吉の人の良さをしめすエピソードではない。 秀吉は「武将は感激してわしの評判を美濃で広めるだろう」と考えて、逃がしたのだ。 秀吉の人の良さは、深い「計算」にもとづいていた。 家康は「短気」だった? 家康はがまん強い性格だといわれるが、本当にそうだろうか。 家康は、じっとしているようにと言われているのにもかかわらず、ある戦いで挑発にのってしまい、大敗したことがある。 そして、家康の長男である信康も、そのはげしい性格から信長に切腹を命じられたともいわれている。 戦いぶりからも、血筋からも、実は家康は短気だったと考えられる。

次の

豊臣秀吉の妻・茶々(淀殿)と寧々とは?性格や関係性などその生涯を解説!

豊臣 秀吉 性格

豊臣秀吉はなかなかに女好きであったと言われております。 正室の他、側室もわかっているだけで11人はいたと言われております。 秀吉は自分が農民という低い身分の出身であるという事にコンプレックスを抱いていたせいか、名門の出の女性を積極的に側室にしていました。 有名どころだと、 織田信長の妹・お市の娘の淀殿 茶々姫 織田信長の娘・三の丸殿 織田信長の弟・信包の娘の姫路殿 加賀の大名・前田利家の娘の麻阿姫 鎌倉時代から続く名門・蒲生家の三条殿 近江守護であった名門・京極家の松の丸殿 ・・・などがおります。 【スポンサードリンク】 ・・・戦国時代、衆道 男同士の恋愛 は武士のたしなみとも言われていたぐらい当たり前の事だったのですが、 秀吉はそっちには全く興味がなかったそうです。 そんな秀吉を見て家臣達は、 可愛い子紹介してよ って言っちゃうところに女好きの片鱗を見る事ができますね。 笑 豊臣秀吉の正室・ねねと豊臣家の関係は?? 豊臣秀吉の正室は、『ねね』という名の女性です。 『寧々』、『ねい』、『おね』などの名称もあります。 そして『北政所 きたのまんどころ 』、『高台院 こうだいいん 』との表記も一般的です。 呼び方多いですね。 笑 二人は、秀吉が織田信長に仕えるようになってから約7年後、秀吉が25歳の時に結婚します。 ねねは織田信長の家臣・杉原定利という武将の娘でした。 策略結婚が当たり前の武将達には珍しく、 2人は恋愛結婚だったのであります。 秀吉には正室、側室と妻が沢山いたにもかかわらず、子供が生まれたのは側室の淀殿のみでした。 子供のいなかったねねは幼い頃から秀吉の小姓として側にいた加藤清正や福島正則のことを自分の子供のように可愛がっていたといいます。 秀吉とねね、2人はとっても仲が良かったそうですが、 なんで淀殿しか子供産んでないんだろう。 ともやもやと疑惑を感じていたかもしれませんね。 昔々、大野治長の母親は、淀殿の乳母を務めていたそうです。 つまり、大野と淀殿は同じ乳で育った乳兄弟であります。 その上、二人は同い年で幼い頃からとても仲良しであったとか・・・。 幼馴染みってやつですね。 実は二人の間に恋心なんかがあって、戦国の世故に結ばれず・・・。 禁断の恋の後に秀頼が産まれた、なんていうドロドロした恋愛事情があったりして・・・。 ちなみにこの大野治長、豊臣VS徳川の最終決戦である大阪夏の陣でも淀殿達の味方につき、豊臣家が終わりを迎えた時には淀殿と秀頼と共に自害しています。 本当に秀頼の父親が大野治長だとしたら、家族で心中したという事になりますよね。 切ない・・・。 秀吉に跡継ぎのいない現状を危険とみて子供をこさえた、とどこかで見たことがあるのですが、さしたる根拠もないと噂話と思われます。 そもそも天下人の妻に手を出したのがもしバレてしまったら大変な事であります・・・。 しかしながら、この南殿という方についても謎が多いらしく、さらにその二人の子供も幼い頃に亡くなったという話らしいですが、確かな事は不明らしいです。 謎だらけですが、多くの妻がいるにもかかわらず淀殿にしか子供ができなかったのは事実・・・。 秀頼の父親の真相は闇の中であります・・・。 淀殿のプライド高い性格のせい?なぜ豊臣は滅んだ?? 淀殿は浅井長政とお市 信長の妹 の間に産まれた、良家の娘さんであります。 浅井長政は秀吉が戦で滅ぼした相手です。 淀殿にとって秀吉は父親を死に追いやった憎い相手なんですよね。 そういった事情もあり、秀吉の事を心から愛す事はなかったんじゃないかなぁ〜と個人的に思います。 そして淀殿は、信長の姪っ子というブランドもあり、さらには秀吉の妻達の中で唯一子供を産んでいる立場から、豊臣家ではかなりの地位を持つ女性でありました。 しかし、この豊臣家の天下も長くは続きませんでした。 秀吉の死後、徳川家康が天下をかっさらっていったからです。 多くの大名たちが豊臣家から離れていったし、豊臣家は天下人から摂河泉に65万石を領する一大名へと転落しました。 こうなってからも淀殿は、徳川の天下を決して認めず、依然として豊臣家がトップであり続ける事を望んでいました。 1615年の大阪夏の陣で豊臣家は完全に滅亡するのですが、こうなってしまったのも淀殿が 世の流れを無視して意地を張り続けたからだと言います。 徳川家康は、もともとは豊臣家を完全に滅亡させるつもりはなく、素直に臣従してくれればそれで良かったのです。 淀殿がそれを頑なに拒否し続けた結果、家康との関係も悪くなる一方でついには戦となってしまったのです。 確かに、かつて天下を取った人間が格下だった相手に頭を下げるのはかなり屈辱的なことではあります・・・。

次の

豊臣秀吉の正室に側室、そして女性関係のエピソードをゆるりと解説!

豊臣 秀吉 性格

豊臣秀吉の死因については、いろいろな説がある! の死因については 昔からずっと色々な説があり まったくわからない状況でした。 しかし近年、最新の研究より、 の本当の死因について 様々な候補が考えられています。 大腸がん・胃がん• 脚気 かっけ• 性病(梅毒・腎虚)• 暗殺 以下で解説していきます。 大腸がん・胃がん【豊臣秀吉の死因】 は亡くなる一年程前から 無意識に失禁したり、 急激に衰弱したといわれています。 その後は食欲がなくなり、痩せたり 手足が痛がったりしたそうです。 その症状から豊臣秀吉の死因は 大腸がんもしくは 胃がん だったのではないかと考えられています。 脚気 かっけ 【豊臣秀吉の死因の候補】 脚気 かっけ とは、 日本では古く上層階級の 人たちが侵されている 国民病です。 なぜ上層階級の人たちかというと 日本の主食である 白米を食べることによって が欠乏し、引き起こされるからです。 当時はまともな副菜を取ることもなく、 天下人であった豊臣秀吉は 白米をたくさん食べていたこと考えられます。 性病(梅毒・腎虚)【豊臣秀吉の死因の候補】 実は、最新の研究により、 豊臣秀吉の本当の死因として 最も有力な説がこの 性病です。 それが高じて 梅毒や 腎虚などの性病に かかったのではないかと疑われています。 後に解説しますが、 ロドリゲスの記述からも、 豊臣秀吉の死因について 性病の可能性が有力となっているのです。 暗殺【豊臣秀吉の死因の候補】 亡くなる前の の症状に 下痢や腹痛などがあります。 これについては、 ヒ素を使った 暗殺説も考えられているのです。 イエスズ会の書には キリスト教徒弾圧に 反対していたが 豊臣秀吉を ヒ素によって殺そうとしたという記述があるそうです。

次の