ポケモン ソードシールド 最強パーティー。 【ポケモン剣盾】初心者向けスタンダードパーティ【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ポケモン ソードシールド 最強パーティー

ポケモン対戦考察まとめWiki 本サイトはポケモンの第八世代のバトルを考察するWikiです。 当Wikiはある程度自由奔放なWikiを目指しており、自由な編集を推奨しています。 原則的に新規ページ立ち上げ、編集など自由にしてもらって構いません。 また、シングルにかぎらずダブルバトルの考察も可能とします。 なお、本サイトは話し合いの結果、最新世代のみの考察に限定しており、ネタ型は作成禁止です。 対戦考察にふさわしくないような ネタ考察や マイナー考察および 対戦の考察をするほどでもない考察についてはに投稿をお願いします。 レッツゴーピカチュウ・レッツゴーイーブイの情報はこのWikiにまとめず、にお願いします。 ご利用は計画的に。 鵜呑みにすんなよ!自分で考えて勝ってこそのポケモン対戦だぞ! このWikiのコンテンツは永遠に未完成です。 皆さんの参加をお待ちしています。 重要なおしらせ ここには重要なおしらせを書くので、読んでおきましょう。 この対戦Wikiの目標は「対戦で勝つ」ことと「全てのポケモンの考察を載せる」ことです。 各ポケモンのページを参照する人は「実際に対戦で使っている人」と「実際に対戦で使おうとしている人」がメインです。 当Wikiで作成された型を削除する際、ネタポケWikiへ降格しないでください。 これはネタポケWiki管理人に降格NGを出されたことによります。 今後、実用性は低く削除相当ではあるが一考の余地はある型(つまり今までネタポケWikiに降格して削除してたような型)については、以下の様な取り扱いでお願いします。 () なんらかの要因や議論の末、やはり有用だということになったら正式ページに戻してください。 その型が使えるか使えないかはwikiを見る各個人が判断することです。 勝手に削除はしないようにお願いします。 型の実用性に疑問を感じたときはまず該当ページで議論を提起してください。 「問題が提起されている」という事実だけでも閲覧者にとっては有益な情報となります。 議論の中で新しいアイデアや修正案が生まれるかもしれません。 議論が長くなりそうな場合は運営版に誘導してください。 議論を提起してから十分な意見が集まらないままに統合・削除を実行しないでください。 十分な議論を経て統合・削除することが決まった場合、統合・削除された旨とその理由を必ずページに残すようにお願いします。 ダブル用の型について。 ダブルの型を作成する際は型名の頭に【(ルール名)】とつけてください 例:【ダブル】サポート型など• わかりにくい略称の多用は控えて下さい。 また読み手を不快にさせない言葉遣いは最低限のマナーです。 解禁されていない隠れ特性(夢特性)についての記載は禁止。 議論内でのダメージ計算式には常に理想個体値を用いて計算すること。 厳選難易度については議論中に一切言及しないようにして下さい。 パーティ鑑定、技採用、調整を尋ねるといった、個人的な質問は禁止。 Wikiは質問の場ではありません。 型の作成 煩雑な内容の型の分割は除く や削除、統合をする時は予めの提案や事前承諾が必須です。 誤字・脱字や記述されている内容の間違いを見つけた場合、指摘をするのではなく適宜修正してください。 現在の問題点を明確にするために、議論は定期的にまとめましょう。 他の編集人の編集方法やwiki全体の編集方針に対して意見があるときは、運営スレッドに移動して議論してください。 おねがい• わかりやすい文章で考察をしましょう• 解禁されていないポケモンは考察しないようにしましょう• 公式ルールに沿って考察しましょう• 未確認情報は記載しないようにしましょう.

次の

ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ポケモン ソードシールド 最強パーティー

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• バトル初心者の方にもおすすめのパーティー構築方法を紹介しているので対戦の準備をする際に参考にしてください。 対戦パーティ構築のやり方 初心者向け構築のやり方 目次• 対戦パーティ構築のやり方[事前知識] 押さえておきたい事前知識 対人戦のルールを覚えよう 6匹見せ合い3体選出 対人戦ではお互いの用意した6体のポケモンを見せ合い、その中から 3体を選出してバトルが開始されます。 自分はどのポケモンを出せば有利か?相手は何を出してくるか?という事を考えて選出します。 ポケモンバトルの勝ち負けを大きく分けるポイントです。 ポケモンの入れ替え サイクル 対人戦では相手の使用する技で不利になる場合、 控えの相性有利なポケモンに交換することが有効です。 そのために、相手の使用しているポケモンの知識や構成の予測などが重要になってきます。 新要素「ダイマックス」 今作より追加された新要素のダイマックスの仕組みを理解してバトルへ挑みましょう。 HPが増加するだけでなく技の威力や効果がタイプごとに決められています。 ダイマックスをうまく使用することが、勝ちへの大きな一歩になります。 勝利条件 ポケモンバトルでは、自分の選出した3体が倒される前に相手の選出した3体のポケモンを倒すことで勝利となります。 つまり、勝つためには ・相手よりも先にポケモンを倒すための攻撃型のポケモン アタッカー ・相手に倒されない耐久型のポケモン 受け 上記2つの役割を持つポケモンを用意するのが基本となります。 ポケモンの役割を把握しよう ポケモンごとに得手不得手があるため、自然と担える役割も絞られてきます。 ポケモンごとに担える役割をあらかじめ把握しておくことで、パーティ構築がよりやりすくなるとともに、相手の繰り出すポケモンの型予測もすることができます。 今回は基本的なものを紹介していますが、下記役割の中でも複雑に分岐するものや、下記に当てはまらないポケモンの役割も存在します。 アタッカー 単純に 攻撃して相手ポケモンの体力を削りきる役割です。 ポケモンというゲームにおいても最もスタンダードな役割だといえます。 パーティ全体でアタッカー同士の相性を補うことで、勝率を高めましょう。 特定のパーティ以外ではアタッカーは必ず入れるのが基本的です。 区分 説明 物理アタッカー 物理攻撃を主として戦うアタッカーです。 攻撃の実数値が高いポケモンを物理アタッカーにするのがいいでしょう。 物理アタッカーの場合は攻撃力が半減してしまう「やけど」や混乱の自傷ダメージ、「イカサマ」のダメージに気をつけましょう。 特殊アタッカー 特殊攻撃を主として戦うアタッカーです。 特攻の実数値が高いポケモンを特殊アタッカーにするのがいいでしょう。 物理アタッカーでは突破し辛いポケモンもいるため、その場合は特殊アタッカーのほうが優位に立ち回れます。 受け 相手に対して 後出しからでも攻撃を受け切って役割を遂行できる役割です。 耐久を高める補助技や回復技、相手を状態異常にする技などで自分有利に展開していく耐久型のポケモンが多いです。 ポケモンによっては完全に詰みの状態を作ることができます。 区分 説明 物理受け 相手の 物理技を受けるポケモンです。 物理耐久を高める手段として相手の攻撃を下げる・自分の防御を上げると2つの方法があります。 「やけど」も効果的で相手の攻撃が半減します。 特殊受け 相手の 特殊技を受けるポケモンです。 こちらも物理受けと同様に相手の特攻を下げる・自分の特防を上げることで耐久力を高めることができます。 タイプ受け ポケモンの タイプによって受けを成立させます。 具体的にポケモンの使用する技に対して有効なタイプのポケモンを考えるとわかりやすいです。 例えばドリュウズに対してのアーマーガア等。 対となる用語はステータスで受けを成立させる「数値受け」。 サポート サポート型のポケモンは 後続の強力なポケモンが活躍できるように場を整える役割を担います。 壁を貼って耐久力を高めたり、相手の能力を下げてスキをつくったり、天候を変化させたりとその方法は様々です。 区分 説明 補助技型 ダメージを軽減する壁 リフレクターなど や、相手のステータスランクを下げる技 おきみやげなど 、相手に状態異常を与える技 おにびなど 、素早さの関係を変える技 トリックルーム、おいかぜ を使用することで 後続のエースアタッカーに繋いで殲滅を狙います。 天候操作型 天候を変えることができる特性を持つポケモンがこれに該当します。 このポケモンで天候を操作し、後続のエースアタッカーで相手のポケモンの殲滅を狙います。 今作は一部のダイマックス技でも天候を変化できるので、これらの天候操作ポケモンを必要としない天候エースも存在します。 パーティの型を覚えよう 代表的な型の種類 最終的な目標としてパーティにはさまざまな型があります。 どんな構築でも必ず型にはまっているので、それらを覚えることで相手の選出を読みやすくなります。 相手の選出を読むことで有利な対面に持ち込むことができるので勝利にまた一歩近づきます。 とくせいや技効果を使ってコンボを狙う特殊な戦術ですが、上記の代表的な構築と組み合わせて活用するケースが多いです。 ギミックはたくさんの種類が存在しており、下で紹介しているのは代表的な一例です。 ギミックを遂行するのにターン数を要するものが多く、特徴としては積み構築に近い部分もあります。 使ってみたいポケモンの苦手タイプ、苦手なポケモンを対策できるポケモンを採用すると良いでしょう。 また、サポートできるポケモンを入れることで、好きなポケモンをより一層活躍させましょう。 使ってみたいパーティ構築がある方 自分の使ってみたいパーティに必要なポケモンを揃えていきましょう。 雨パなら雨で活躍するとくせいで絞り込んでリストアップしたり、雨パの弱点となるポケモンへの対策を考えるのが第一歩でしょう。 強いポケモンをとりあえず使いたい方 方向性が決まっておらずとりあえず強いポケモンを使ってみたい方は 対戦環境でよく見るポケモンを育成してみましょう。 実際に育成をしてみることでそのポケモンを理解するとともに弱点が見えてきます。 これを繰り返してより良いパーティにしていきましょう。 初めに軸を決める事で、考えをまとめやすくなります。 この軸として決めたポケモンから残りの5枠を選定していきます。 相性を補完できるポケモンを組ませよう 軸として決めたポケモンが苦手なポケモンを対策しましょう。 基本的には苦手なタイプを対策していくように残りの枠を埋めていきましょう。 また、軸となるポケモンがサポートor耐久型の場合はそれを活かせるアタッカーを考えて組ませてあげましょう。 実際に戦ってみよう! 採用したポケモンの役割をみて不要な場所を入れ替えることでどんどん完成度は高くなります。 役割が被っているポケモンを、手薄になっている役割を補えるポケモンに変えていく作業は実際にバトルを初めてみてから気づくことも多いので、 ある程度パーティが完成したら実際にバトルをしてみましょう。 実際に構築してみた 実際に上記のやり方で対戦用のパーティを構築してみます。 今回は作成難易度が低く運用のしやすい「対面構築型」のパーティを作成してみます。 ギャラドスは多彩な技を覚え、広範囲に刺さる器用さが大きな魅力の一つ。 残りの5枠でギャラドスが最大限暴れることができる状況を整えていきましょう。 そこで、まず相棒としてどちらのタイプに強い「 ドリュウズ」をパーティに採用することにしました。 ドリュウズは、「 ドラパルト」や「 バンギラス」がかなり苦手。 ギャラドスで完全に対策できているとは言いづらいため、今回は明確な対策要因として「 ミミッキュ」をパーティに起用します。 現時点でのパーティ ポケモン 役割 ポケモン 役割 物理アタッカー 軸 物理アタッカー ドラパルト対策 バンギラス対策 物理アタッカー でんき技対策 — — — 負け筋をさらに減らしていく 相性補完として採用したミミッキュとドリュウズに対して出しやすい「パルシェン」「ゴリランダー」の対策として耐久型の「 ナットレイ」と「 ドヒドイデ」を採用します。 この時点で物理アタッカー3の受け2とバランスがいいので、残り1枠に特殊アタッカー兼受け役として「 ヒートロトム」を採用します。 対策したいポケモンについては「最強ランキング」も参考にしてください。 ランキング上位のポケモンは使用率が高く強力なポケモンばかりですので対策の指標にはうってつけです。 自分の6体を見て相手が選出してくることが多いポケモンや、対面になった時に対策が難しく感じたポケモンを覚えておきましょう。 パーティの見直し 実際の今回の編成を使って見て、使用率の低いポケモンや機能しなかったポケモンを入れ替えたり、育成の見直しをしていきましょう。 これを繰り返し行うことで着実に成長していきます。 使ってみると、上記のパーティー見直しポイントがいろいろ見えてくるかと思います。 自分のポケモンでパーティーを組む前に試験運用してご活用ください。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前• その他の能力が同じ数値であれば一部のポケモンを除いて素早さを上げ、上から行動ができたほうが強力なことは間違いありません。 しかし、素早さを上げた場合火力や耐久を下げることになるのでそれが不利になるパターンもあります。 また、こだわりスカーフなどの道具や、おいかぜ・ダイジェットなどで素早さ関係を操作することもできるのでポケモンに合わせた育成をするのが良いでしょう。 ポケモンの育成に関しましては育成論一覧ページ から対象のポケモンを検索していただき、そのポケモンにあった育成をしてみてください。 解説は丁寧ですが、構築の型の種類の項目に少し修正がいると思います。 ポケモン対戦での構築の種類といえば、「対面構築」「サイクル構築」「積み構築」「ギミック構築」の四つに分かれます。 本記事では対面構築・天候パ・トリルパが紹介されていますが、天候・トリルなどの構築は、「天候 トリル を利用した対面 サイクル 構築」という感じで、基本の三構築にギミックを追加したパーティという扱いです。 何よりも、対面は積みに強く 積みはサイクルに強く サイクルは対面に強いというパーティの相性もあるので、ぜひともサイクル構築と対面構築の紹介も書いてほしいです。 記事自体はわかりやすく詳細に書かれていてとても参考になりました。

次の

ポケットモンスター ソード・シールド

ポケモン ソードシールド 最強パーティー

概要 2019年に『』で発表された。 本作の「ポケットモンスター」のロゴマークは、海外版のロゴマークと同様のフォントが使用されている。 全世界で同時発売され、対応は、、、、、、、(、)の9言語である。 ソード版とシールド版に加えて2つを同梱した ダブルパックも発売されており、特別なマックスレイドバトルへ序盤からアクセスできるゲーム内アイテムを入手できる。 早期購入特典としてゲーム内でキョダイマックスできる特別なが配信された他、パッケージ版は購入する店舗によって様々なファングッズが、デジタル版はゲーム内で使えるアイテムがそれぞれ配布された。 また、2018年に発売されたを所持しているユーザーにはキョダイマックスできる特別なもしくはが配信されている。 追加コンテンツ エキスパンション・パス として、「鎧の孤島」「冠の雪原」のふたつの追加シナリオが配信予定である。 ゲームシステム 基本的なゲームシステムについては「」を、本作で初めて登場するポケモンについては「」を参照 本作は本編シリーズで初めてオートセーブが取り入れられている。 その他「わざ」の思い出しや姓名判断の機能がポケモンセンターに統合されているなどシステム面でのテコ入れが行なわれている。 一方で、前作(第七世代)までのポケモンについて、本作に送り込めるのは、当初の段階でガラル図鑑に登録されているポケモンのみに限定された。 エキスパンションパスの購入で、一部ポケモンが本作に送り込める予定。 また、前作までに登場した技の一部(「めざめるパワー」や「おんがえし」、「おいうち」など)が廃止されている。 前作から送り込んだポケモンが廃止された技を覚えていた場合は、その技は使えなくなる。 本作からの新コンテンツ この節のが望まれています。 ダイマックスとキョダイマックス ガラル地方で見られるポケモンの巨大化現象「ダイマックス」をポケモンバトルに応用したシステム。 巨大化すれば能力も向上する上、タイプによって異なるダイマックスわざを使用することができる。 ダイマックスは特定の場所であれば全てのポケモンが可能である。 更に特別なポケモンのみ キョダイマックスとなり、こちらは姿形も変化し、そのポケモン専用のダイマックスわざを使用できる。 前作(第七世代)までの「メガシンカ」や「Zワザ」に代わって導入された要素。 ワイルドエリア ガラル郊外に広がる自然溢れるオープンワールドのような広大なフィールドを自由に探索することができる。 場所や天候によって出会えるポケモンが異なるため、訪れる度に変化がある。 マックスレイドバトル ワイルドエリアに出現する強力なダイマックスポケモンに4人で挑むことのできるコンテンツ。 このレイドでのみ捕獲できるポケモンがいる他、ごく稀にキョダイマックスできる特別なポケモンと出会えるチャンスが訪れる。 オンラインで協力者を募ることができ、ネットに接続していなくてもNPCが駆けつけてくれる。 ポケモンキャンプ 旅の道中でキャンプを設営し、手持ちのポケモンたちと遊んだり作りを楽しむことができる。 このカレーは使う食材によって味や効果が変わり、カレー図鑑も用意されている。 特にワイルドエリア内では他プレイヤーのキャンプへ参加することができ、最大4人での交流を楽しめる。 ディレクターの大森によれば、このカレーを作るというアイデア発想はガラル地方のモチーフが英国であることが一助となっており、また「現実に存在する食べ物が出てくれば,ゲームの世界にもっと親しみを持ってもらえる」とも語っている。 追加コンテンツ 本作はポケットモンスターの本編シリーズとしては初の有料(DLC)が導入されている。 エキスパンション・パス 新しいフィールドやポケモンなどの新規コンテンツを2回に分けて導入する、形式の有料DLC。 9」にて発表され、配信終了直後の10日から販売開始される。 また、それぞれのコンテンツでは発売時に未実装であったポケモン(ジバコイル、ガブリアスなど)が登場する。 鎧の孤島 2020年6月17日に配信開始。 新しい舞台である「ヨロイじま」を舞台に、主人公はポケモン道場で新キャラクター・マスタードのもと修行に励む。 冠の雪原 2020年秋に配信予定。 新しい舞台である「カンムリせつげん」を舞台に、主人公は探検隊の隊長として冒険をする。 登場人物 主要人物 主人公 本作の主人公。 ゲーム開始時に性別と肌の色を設定できる。 旅の途中にあるヘアサロンでは髪・目の色・リップカラーなどを変更でき、ブティックで服を購入すれば着せ替えを楽しむこともできる。 ガラルチャンピオンを目指しており、ダンデから推薦されてジムチャレンジに挑む。 マグノリア ガラル地方で高名なポケモン博士。 ガラル地方独特の現象であるダイマックスを研究している。 ソニア マグノリア博士の助手として主人公をサポートする女性。 ハート型のヘアアクセを散りばめた橙色のサイドテールが特徴。 ダンデ 現ガラルチャンピオンの青年で、ホップの兄。 快活で責任感が強く、ポケモンバトルの実力と誰にでも分け隔てなく接する人柄を持つ好青年。 決め台詞は「レッツチャンピオンタイム!」で、パートナーは。 方向音痴であり、パートナーであるリザードンが道案内をしている。 ディレクターの大森は本作の物語におけるテーマを「憧れ」とした上で、ダンデはその象徴であると語っている。 ホップ 浅黒い肌に紫がかった髪を乗せた少年。 ダンデの弟。 主人公とは隣人であり友人であり、ガラルチャンピオンの座を競うよきライバルでもある。 兄から推薦を受けている。 マリィ 容姿とクールなポケモンバトルから多くのファンを持つ、主人公と同じくチャンピオンを目指すライバルである。 あくタイプのポケモンをメインに起用し、本作初登場のポケモンであるをパートナーにしている。 ビート ローズに推薦されたチャンピオンを目指すポケモントレーナーの少年。 エスパータイプの使い手であったが、後にフェアリータイプの使い手となる。 ポケモン 本作初登場のポケモンについては「」を、本作に登場するポケモンについては「」を参照 本作に初登場するも含めて、これまでに登場したポケモンも全てではないが数多く登場する。 リージョンフォームのポケモン アローラ地方同様、ガラル地方には特定の姿を持つポケモンがいる。 主なものは以下の通り。 (ガラルのすがた) どくガスポケモン タイプ・どく・フェアリー 体色は灰色で、頭部に長いのような、口にガスのヒゲをつけたような姿。 汚い空気やガスを栄養にしており、体内に溜めたガスを頭から出す。 この空気は綺麗。 専用特性「かがくへんかガス」を持つ。 (ガラルのすがた) まめだぬきポケモン タイプ・あく・ノーマル 体色が黒と白のツートンカラーで目が赤い。 好戦的なポケモンで人やポケモンに突進して挑発する。 ガラル図鑑には「この姿が一番古いジグザグマの姿」と書かれている。 (ガラルのすがた) とっしんポケモン タイプ・あく・ノーマル ジグザグマの進化系。 本来の姿と同様に真っ直ぐ走るのを好んでおり、自動車ですら跳ね飛ばすほどの突進を持つ。 世界観 舞台であるガラル地方は、田園風景や雄大な草原、険しい雪山など、さまざまな表情を持つ地方である。 近代的な都市もあり、人々はポケモンと協力してを発展させている。 イギリスのグレートブリテン島がモデルで、全体像は同島を上下逆にしたような感じになっている。 都市 ハロンタウン 主人公とホップ・ダンデの出身地の田舎町。 ゲームのスタート地点。 ブラッシータウン ポケモン研究所の所在地。 エンジンシティ ジムチャレンジのため最初に訪れることになる工業都市。 エンジンスタジアムでジムチャレンジの開会式が開かれる。 ジムリーダーはほのおタイプ使いのカブ。 ターフタウン ガラル地方西部にある街で、すり鉢状の形をしており、街の至る所に石碑がある。 また、街の西部には地上絵がある。 ジムチャレンジ最初のジムの所在地。 ジムリーダーはくさタイプ使いのヤロー。 バウタウン ガラル地方東部にある港町で、海に面している。 ジムチャレンジ2つ目のジム。 ジムリーダーはみずタイプ使いのルリナ。 ナックルシティ ワイルドエリアの最北から進める、中世の城壁を活かした歴史ある街。 最後のジムチャレンジの場所で、ジムリーダーはドラゴンタイプ使いのキバナ。 ラテラルタウン 巨大な壁画の遺跡がある街。 ジムリーダーは「ソード」ではかくとうタイプ使いのサイトウ、「シールド」ではゴーストタイプ使いのオニオン。 アラベスクタウン ルミナスメイズの森の奥地にある街で、昼でも薄暗く、幻想的な雰囲気が漂う。 ジムリーダーはフェアリータイプ使いのポプラ。 キルクスタウン ガラル地方中部に位置する、古い建物が並ぶ温泉の街。 気候は寒帯で温泉やホテルなどの観光業が盛ん。 ジムリーダーは「ソード」ではいわタイプ使いのマクワ、「シールド」ではこおりタイプ使いのメロン。 スパイクタウン 北東部の薄暗い田舎町。 ジムリーダーはあくタイプ使いのネズ。 シュートシティ ガラル地方最大のローズ委員長によって造られた計画都市。 チャンピオンカップが開催されるシュートスタジアムや、マクロコスモスの本拠地であるローズタワーの所在地。 組織 マクロコスモス ローズが運営している。 鉱山会社や保険会社、航空会社など数多くのグループ企業が存在する。 オーナーのローズはガラル地方のポケモンリーグを委員長として取りまとめる。 開発 本作の開発は2016年のの発売直後から開始された。 コンセプトの構築に1年間を費やした後に本格的なへ移行し、最終的な開発期間はデバッグ作業なども含め約3年としている。 開発においては約200人のゲームフリーク社員が中核を担い、パートナー企業であるから約100人が3Dモデリング開発、更に100人がデバッグ作業やテストに携わっているとしている。 によるインタビューにて、大森は本作のテーマが「最強のポケットモンスター」であり、今までにない最強の「グラフィックス表現や企画内容,登場するポケモン」を目標に、その力強さを剣と盾というタイトルに込めたという。 加えて、「倒す力(剣)と護る力(盾)のどちらを選ぶのか」を楽しんでほしいためとも語っている。 大森はこのテーマを達成するための具体的な導入としてポケモンの、ダイマックスおよびキョダイマックス、ワイルドエリアを挙げており、後者2つはハードがNintendo Switchに移行したことで初めて実現可能になったとしている。 また、このインタビュー内でガラル地方のモチーフが英国であると明言しており、ダイマックスのアイデアも英国の巨人伝説が後押ししたとしている。 本作のシステムのうちのオートセーブ機能は、電源を切る代わりに画面だけを消すスリープモードにするプレイヤーが多いことや、Swtichのセーブ速度の速さを踏まえて取り入れられた。 登場ポケモンの制限 本作の開発において、ポケモンのモデルをNintendo Switchにあわせるために最初から作り直す必要が出てきた。 だが、シリーズにおけるポケモンの総数が、既存分のフォルムチェンジなどを含めて1,000を超えており、すべてのポケモンのモデルを現行化したり、バトルシステム面での調整が困難になったことから、協議の末に開発チームは『Pokemon Home』から連れてこられるポケモンの数を制限するという決断を下した。 プロデューサーの増田はファミ通とのインタビューやユーザーに向けたコメントの中で、これが苦渋の決断だとしつつも 、登場を見送ったポケモンをぞんざいにしているわけではないとしている。 また、ディレクターの大森は、連れてこれるポケモンを制限した代わりに、ワイルドエリアなどの別の要素を強化したと同じインタビューの中で話している。 ビジュアル 開発チームはグラフィックにもこだわっており、特にプレイヤーとポケモンの出会いの場である草むらの描写には半年が費やされた。 また、小さなものでも繊細な描写を可能とするSwitchの性能を生かすため、開発チームはポケモンが巨大化するダイマックスという要素を取り入れることにした。 小さな子どもがテレビ画面で遊ぶことを想定し、いきなりポケモンが巨大化して不安にならないようにするため、ダイマックスの演出には注意が払われた。 音楽 本作の音楽はガラル地方のモデルに合わせて ()に影響されたものとなっており、 、『』の開発で知られているも1曲提供している。 フォックスはシリーズの作曲家の一人であるが自分をフォローしていたことがきっかけで交流を重ね、あるパーティーでシリーズの参加を希望したところ快諾にいたったと公式ウェブサイトに寄せたメッセージの中で述べている。 米は全国図鑑と連れ歩き機能の不在、カットシーンにおけるキャラクターの感情表現の不足を惜しみつつも、それでも本作がシリーズの最高傑作であり、また従来の魅力を損なうことなく(もはや伝統と化していた)退屈な要素を合理化できていると統括した。 もポケモンの収集やバトル、探索などにおける肥大化や退屈な作業を削ぎ、ポケモンゲーム本来の魅力に注力できていると評している。 更にその一例として、移動のハードルが低く早い段階から自由に探索できるようになったことを挙げている。 一方、はコンテンツの不足と旧シリーズへの非対応を批判しており、またワイルドエリアに関してポケモンシリーズにとっては斬新だとしつつも、広さと明快さが欠けており真のオープンワールドではないとしている。 売上 日本国内での販売初週の販売数は200万本、国内外を含めると600万本以上を記録し当時のNintendo Switch専用ソフトでの初週最速・最多販売記録を更新した。 Nintendo of Americaによると、米国ではデジタル版も含め発売後2日間で200万本の販売を達成し、これはポケモンゲームの中で最も成功した発売だとしている。 発売当日は直営店であるに多くのファンが集まり、開店と販売開始までのカウントダウンを楽しむなど賑わいを見せた。 GamesIndustryは英国小売市場での、かつパッケージ版に限るとした上で、2019年度のソード版の売上を273,991本と報告している。 これは同年に「単一機種のみで」販売されたゲームにおいてトップを記録しており、この括りを外しても7番目に位置するとしている。 またGamesIndustryは同様に、本作の初週販売数がポケモンゲームの中で2番目に多く、より43%増、より64. 6%増したものの、と比較すると34. 5%落ち込んだと報告している。 その他 対応のメディアストリーミング端末を搭載する機器において、同ソフトによって、故障する恐れがあるため、同社はアップデータを提供している。 薄明の翼 『 薄明の翼』のタイトルで、本作のが公開されている。 全7話予定で、よりポケモン公式チャンネルにて配信。 キャスト(Webアニメ) ジョン 声 - 入院生活が続いているダンデの大ファンの少年。 トミー 声 - 同じく入院しているジョンの友達。 第6話では退院していたことが判明した。 その他• ダンデ -• ホップ -• ソニア -• ローズ -• オリーヴ -• ヤロー -• ルリナ -• サイトウ -• オニオン -• タクシー運転手 - スタッフ(Webアニメ)• 監督 - 山下清悟• 助監督 - 渡辺葉• 脚本 - 木下爽• 脚本監修 -• コンセプトアート・カラースクリプター - 東みずたまり• キャラクターデザイン - 小笠原真• 美術デザイン - 東みずたまり、おかちょけ• 美術監督 - 竹田悠介、益城貴昌• 色彩設計 - 広瀬いづみ• CGディレクター - 高橋将人• 撮影監督 - 小川克人• 音響監督 -• 音楽 -• アニメーション制作 - 、FILMONY(第2話) 各話リスト(Webアニメ) 話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 配信日 第1話 手紙 山下清悟• 2019年11月2日. 2019年11月28日閲覧。 ポケモン. 2019年7月25日閲覧。 ポケモン. 2019年7月25日閲覧。 ポケモン. 2019年7月25日閲覧。 任天堂 2020年5月7日. 2020年5月8日閲覧。 任天堂. 2020年5月7日閲覧。 ファミ通. com 2019年2月27日. 2019年2月28日閲覧。 ORICON NEWS 2019年2月27日. 2019年2月28日閲覧。 公式ウェブサイト商品ページより• 2020年1月9日• GNN Web News 2019年10月2日. 2019年11月28日閲覧。 [ ]• インタビュー. KADOKAWA. GNN Web News 2019年10月25日. 2019年11月28日閲覧。 [ ]• インタビュー. 2020年6月5日閲覧。 GAMY 2020年2月12日. 2020年6月5日閲覧。 Yokoyama, Keiichi 2020年2月12日. AUTOMATON. 2020年6月5日閲覧。 Umise, Minoru 2019年12月18日. AUTOMATON. 2020年6月5日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年6月5日閲覧。 4gamer. net 2019年11月15日. 2019年11月27日閲覧。 ファミ通. com 2020年1月9日• 電撃オンライン 2020年6月3日. 2020年6月18日閲覧。 GAME WATCH 2019年2月28日. 2019年2月28日閲覧。 The Pokemon Company 2019年6月13日. 2019年11月27日閲覧。 Polygon 2019年10月24日. 2019年11月27日閲覧。 向原康太 2019年7月1日. Real Sound. 2020年6月5日閲覧。 向原康太 2019年7月1日. Real Sound. 2020年6月5日閲覧。 2020年6月5日閲覧。 Metacritic. 2019年12月4日. 2020年1月10日閲覧。 Metacritic. 2019年11月13日. 2020年1月10日閲覧。 Andriessen, CJ 2019年11月20日. Destructoid. 2019年11月27日閲覧。 Carsillo, Ray 2019年11月13日. EGM. 2019年11月27日閲覧。 Shea, Brian 2019年11月13日. Game Informer. 2019年11月27日閲覧。 Plagge, Kallie 2019年11月13日. GameSpot. 2019年11月27日閲覧。 Loveridge, Sam 2019年11月13日. 2019年11月27日閲覧。 DeFreitas, Casey 2019年11月13日. IGN. 2019年11月27日閲覧。 Olney, Alex 2019年11月13日. NintendoLife. 2019年11月27日閲覧。 Donaldson, Alex 2019年11月13日. VG247. 2019年12月4日閲覧。 Casey, DeFreitas 2019年11月20日. 2019年12月4日閲覧。 Plagge, Kallie 2019年11月18日. 2019年12月4日閲覧。 Tapsell, Chris 2019年11月13日. 2019年12月4日閲覧。 Business Wire 2019年11月21日. 2019年11月27日閲覧。 Dring, Christopher 2020年1月3日. gamesindustry. 2020年1月10日閲覧。 doope! 2019年11月18日. 2019年11月27日閲覧。 Dring, Christopher 2019年11月17日. gamesindustry. 2019年11月27日閲覧。 ファミ通 2019年12月20日. 2019年12月13日閲覧。 株式会社ポケモン. 2020年2月18日閲覧。 外部リンク• - プレイリスト この項目は、に関連した です。

次の