ご返信頂けますと幸いです。 敬語「幸甚に存じます」の使い方と例文・言い換え表現は?

なるべく早くご返信(回答)お願い致します。を敬語でいうと...

ご返信頂けますと幸いです

「催促メール」書き方のポイント まずはじめに「催促メール」の書き方のポイントを紹介します。 「件名」は「確認」や「お伺い」の表現にする 催促メールの件名は「〇〇のご確認」「〇〇のお伺い」などとし、確認したいということを示す件名にします。 あからさまに催促しているような件名は避けます。 本文は「催促」を感じさせない言葉で たとえ自分に非があったとしても、一方的に催促されるメールは不愉快な気持ちになるものです。 相手を責めるような催促の表現ではなく、どうなっていますか?という確認の表現や、確認をお願いします、というお願いの表現にします。 本日までとお願いしておりました〇〇の件、どのようなご状況でしょうか?• 〇〇の件につきまして、ご確認をお願いしたく、メールを差し上げます。 〇〇の件ですが、その後の進み具合はいかがでしょうか?• 先日お送りしたメールはご確認いただけましたでしょうか?• 本日までにご回答をお願いした件、いかがなりましたでしょうか?• 現時点でお返事が確認できないのですが、状況をお知らせいただけますでしょうか。 やんわりと伝える「クッション言葉」を加える 直接的な表現を和らげるため、クッション言葉を添えます。 お忙しいご事情があるかとは存じますが、• 何かの手違いかと拝察いたしますが、• 行き違いでご返答いただいているかもしれないのですが、• 催促しているようで恐縮ではございますが、• お忙しいところ恐れ入りますが 締切の「日付」とその「理由」を明記する このような理由のため、いつまでに返事が欲しい、という理由と締切の日付を簡潔に明記するようにします。 この時の理由は、個人的な事情に焦点をあてずに、第三者や行事の都合など、やむにやまれぬ事情であることを伝えます。 会議が明日に迫っておりますため、本日中のご連絡をお待ちしております。 弊社の生産ラインの都合上、〇月〇日までに納入をいただく必要がございます。 「行き違い」を考慮する 返事を郵送や社内便で受け取る予定だったり、振込の催促などの場合は行き違いが発生する可能性があります。 状況により、行き違いを考慮した文言を状況により添えるとよいでしょう。 なお、本メールと行き違いになり、すでにご対応を頂いておりましたら何卒ご容赦くださいませ。 これとは別に、実は返信メールがきていたのに気が付かなかったなど、メールの確認不足で行き違いが発生することは問題です。 そのようなミスがないよう、催促メールを送る時は事前の確認を怠らないようにしましょう。 「お願い」の結びの言葉で締めくくる 最後は、「お願い」の結びの言葉で締めくくるとよいでしょう。 お忙しいところお手数ですが、以上ご確認いただけますようお願いいたします。 内容や相手との関係性によっては、催促してすみません、という気持ちをあえて書くこともできます。 催促のようなメールを何卒ご容赦いただき、ご確認のほどお願いいたします。 せかすようで申し訳ございませんが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。 「催促メール」の例文 次に催促メールの例文を紹介します。 〇月〇日にご依頼いたしました〇〇のお見積もりの件ですが、本日時点でご回答をまだいただいていないようでございます。 〇月〇日に社内会議で検討を行う予定のため、お忙しいところ大変恐縮ですが、〇日までにご送付いただけますよう、お願いいたします。 なお、本メールと行き違いですでにご対応いただいておりましたら、失礼のほどご容赦くださいませ。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 先日は、〇〇のお見積もりにつきましてお時間をいただき、誠にありがとうございました。 その後ご検討の状況はいかがでしょうか。 何かご要望やご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお申しつけ下さい。 なお、お見積の有効期限は〇月〇日となっており、期限を過ぎますと同内容でのご提供が難しくなる可能性がございます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討状況をお知らせいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 (メール署名) 日程調整の催促(上司へ) 件名:〇〇会議日程ご確認のお願い(再送) 〇〇部長 お疲れ様です。 〇日にメールでお伺いしておりました「〇〇会議」日程調整の件ですが、その後いかがなりましたでしょうか? 会議室の予約を間に合わせたいため、お忙しいところ誠に恐縮ですが、本日中にご回答をいただきたく、お願いいたします。 前回のメールでお伺いした内容は下記の通りでございます。 ————————————————————— 〇〇会議の開催日時につきまして、下記の日時でご都合の良い日時はございますでしょうか。 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時~〇時まで ————————————————————— 上記日時でご都合がつかない場合はお手数ですが候補日時のご連絡をお願いいたします。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認をいただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。 (メール署名) 「催促メール」返信の書き方とポイント 催促メールをもらった時の対応の仕方を説明します。 「催促メール」の返信は素早い対応を 自分が「催促メール」をもらったら、素早い対応を心がけましょう。 すぐに回答できない場合でも、いつまでに回答するということをとり急ぎ返信します。 催促メールの返信は、まず謝罪の言葉から始め、現状の報告を簡潔に述べます。 「催促メール」への返信の例文 見積もりの検討状況ついて催促メールが来た時の返信例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇のお見積もりへのご連絡が遅れまして大変申し訳ございません。 ご確認のメールまで頂戴してしまいまして、恐縮に存じます。 実は〇〇の件につきまして、〇日の営業会議で検討を行う予定でおります。 結果につきましては、会議が終了次第、〇日までにご連絡させていただく予定です。 ご心配をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 とりいそぎ、お詫びとご連絡まで申し上げます。 「催促メール」の「返信の返信」も素早い対応を 催促メールを送付して、それに返信が来た場合は、対応してくれたことへの感謝と、確かに返事を受け取ったことを簡潔に伝えるメールを素早く返信しましょう。 「催促メール」への「返信の返信」の例文 催促メールを送ってその返信を受け取った場合の例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇の件につきまして、お忙しい中さっそくご連絡をいただきましてありがとうございます。 〇日までにご回答いただけるとのことで承知いたしました。 何卒よろしくお願いいたします。 まとめ ビジネスの「催促メール」の目的は、こちらの要望通りの行動を気持ちよく起こしてもらうことです。 相手が上司や取引先であっても同僚であっても、不愉快な気持ちにさせないようにお願いの姿勢で丁寧に書き、その返信に対してはお礼のメールを迅速に送るように心掛けましょう。

次の

「ご返信いただきましたら幸いです」と「ご返信いただけましたら幸いです」と...

ご返信頂けますと幸いです

「幸甚に存じます」という敬語表現、ビジネスシーンでは時折使われており、皆さんも一度は目にした事があるのではないでしょうか。 しかし、いまいち使い所がわからなかったり、正しく使えているか不安という方も多いと思います。 今回は、「幸甚に存じます」という敬語表現の正しい使い方や、言い換えた表現など例文と合わせて紹介していきます。 社会人としてのビジネスマナーを積極的に習得していきましょう。 「幸甚」と「存じます」 そもそも、「幸甚(こうじん)」とは、訓読みすると「甚(はなは)だ幸(しあわ)せ」と読みます。 字面が示しているように、この言葉の意味は「とても幸せである」ということです。 そして、「存(ぞん)じます」と続きますが、「存じます」の意味は「思います、知っています」、「承知しています」の謙譲語です。 つまり、「とても幸せに思います」という意味になります。 もともとは、手紙で希望を表す表現でしたが、メールでのやり取りが主流になっている昨今のビジネスシーンでも、多く使われている敬語です。 敬語「幸甚に存じます」の使い方 2つの使われ方 「幸甚に存じます」という言葉には、2つの使われ方があります。 例えば「〜して頂ければ、幸甚に存じます」といったように、自身の希望や要望を相手に伝えるときに使います。 もう一つ例をあげますと、「〜して頂き、幸甚に存じます」といったように、自身の感謝の意やお礼の言葉として相手に伝えるときにも使用されます。 このように、2つの使われ方があるのです。 「幸甚に存じます」は、こちらもよく使われる「幸いです」という言葉の丁寧語でより丁寧で言い方になるので、相手が目上のひとであったり、より切実な希望、深い感謝の気持ちを相手に伝えたいときに使うのが良いとされています。 「幸甚に存じます」を使う際の注意点 「幸甚に存じます」という言葉を使うときの注意点がいくつかあります。 自分ではビジネスマナーを抑えて使っているつもりでも、実は相手にとっては失礼にあたるということもあるので、しっかりと使い所を見極める必要があります。 ここでは「幸甚に存じます」を使う際の注意点を紹介します。 「幸甚に思います」とは使わない 「幸甚に存じます」は自身の希望や要望を相手に伝えたり、依頼するときに使う表現で、相手にそれを叶えてくらたら嬉しいという意味がこもっています。 しかし、相手が上の立場にあたる取引先の担当者だったり、目上の人である場合には、失礼な言い方だと捉えられてしまうことがあります。 そのため、この場合は「思います」の敬語表現である「存じます」を使った方が良いでしょう。 立場が上の人であったり、目上の人により丁寧な形で自身の希望や依頼を伝えたいときには、「幸甚に存じます」を用いて、失礼にあたることのないよう注意しましょう。 「幸甚に存じます」を乱用しない 「幸甚に存じます」には、感謝の意を相手に示すときにも使われます。 しかし、この上ない幸せや深い感謝の気持ちを相手に伝える言葉になるので、毎回のように使ってしまうと言葉の重みがなくなり、形式上の表現と取られてしまいます。 本当に深い感謝の気持ちを相手に伝えたいときに、心がこもっていないと思われるだけではなく、逆効果になってしまうこともあるので、「幸甚に存じます」を使う際には、場面やタイミングを見極めた上で使う必要があるのです。 「幸甚に存じます」は親しい関係の人には使わない 「幸甚に存じます」は手紙やビジネスメールなどに使われることから、普段の言葉づかいに比べると固い表現に感じられます。 そのため、目上の人であっても関係が親しい相手には、よそよそしく他人行儀に思われることがあります。 この場合は「幸いに存じます」や「有り難く存じます」といったような言葉に置き換えるのが最適です。 しかし、相手がいくら親しい関係でも、礼儀や行儀を重んじる人の場合は「幸甚」という言葉を使った方が良い場合もあるので、相手に応じた使い分けが必要となるでしょう。 「幸甚に存じます」を使った例文 手紙やビジネスシーンでよく使われる「幸甚に存じます」ですが、実際にどういった文章で使われるのか、いくつかの例文をご紹介します。 どんなシーンで使われるのか知っておくことで、いざその場面に遭遇したとしても、すんなりと発言することができるでしょう。 相手に『~をしてくれると嬉しい』と伝える場合の例文として出席可否を問う文章があります。 】というような使い方をします。 『返事がもらえたら嬉しい』という気持ちを伝える際にも使うことが出来ます。 その場合の、相手への依頼や感謝の気持ちを伝える際に使われる、言い換えの表現をいくつかご紹介します。 幸甚です 「幸甚」を使ったシンプルな言い方になります。 しかし、相手が立場が上の取引先の担当者や、目上の人の場合は、失礼にあたることもあります。 また、相手が目上の人ではない場合も、キツい印象を与えてしまうことも考えられるので、使う際は相手の立場や状況をしっかりと見極める必要があります。 使う際は、【ご連絡頂けると、幸甚です。 】【資料をお送り頂けましたら、幸甚です。 】のように、短い文章の際に使うと相性が良く言いやすくなります。 幸いです 「幸いです」は「幸甚」同様、自身の希望や依頼を相手に依頼する際や、感謝の気持ちを伝えるときに使われます。 「幸甚」に比べ、堅苦しい印象や他人行儀な表現ではないので、「幸甚に存じます」の乱用を避ける場合や、親しい関係の目上の人に対して使うのが最適です。 しかし、こちらも注意が必要で、相手が取引先の立場が上の担当者や目上の人に使う際は「幸いです」だけだと、失礼に受け取られることがあります。 その場合は、「幸いに存じます」という使い方をした方が良いです。 例として【お忙しいところ大変恐縮ですが、使用法をご教示頂けますと幸いです。 】【ご参考までに、資料を添付致しましたので、ご高覧頂けましたら幸いと存じます。 】のように使います。 助かります 「助かります」は相手との距離が近い場合に使われます。 後輩や同僚、親しい会社関係者の人など、相手とフランクに話せる関係であれば、「助かります」という言葉で十分な場合もあります。 また、取引先の担当者の人でも、付き合いが長い人やチャットでのやり取りの際には、相手をみて使っても良いでしょう。 お願い申し上げます 相手に希望を伝えたり、依頼する際の「幸甚に存じます」は、あくまで「して頂けるとありがたい」「助かります」という意味になります。 ですので、返事を絶対にほしい、この日までに絶対に納品してほしいなど、相手への要求が強い場合には、「お願い申し上げます」という言い方が最適です。 例えば、期日を絶対に守ってほしい場合でも、「幸いです」を使うと「守ってくれたら嬉しいです」程度にしか相手に伝わらない場合があるので、使い分けが必要になります。 しかし、強い要望であっても、相手への無茶な希望や当初の話と異なる際に使うことは失礼にあたることがあるので、注意が必要です。 気持ちを相手に伝えることが大切.

次の

「ご返信いただけますと幸いです」意味と使い方・メール例文

ご返信頂けますと幸いです

この記事では、恐縮という言葉の意味や、ビジネスメール上で「メールにて恐縮ですが」といった正しい使い方のマナーを紹介していきます。 「恐縮」という言葉を使うのであれば、意味をしっかりと知っておくべきです。 しっかりと「恐縮」の意味を理解した上で、ビジネスメールで「メールにて恐縮ですが」と使うようにしましょう。 相手への感謝と謝罪の意味が込められている 恐縮という言葉の意味は、本来は文字通り恐れから身がすくむ状態を意味します。 しかし、恐縮の意味を紹介すると、実際には相手から厚意を受けた場合などに感謝する気持ちや、相手に迷惑をかけてすまないと思う気持ちを表現する言葉として「恐縮です」と使われます。 また、「恐縮」という言葉の意味は、相手の厚意への感謝から派生する気恥ずかしさや照れくささなどを意味する場合もあります。 改めてのお伝えになりますが、しっかりと恐縮の意味を理解してからビジネスメール上で「メールにて恐縮ですが」「恐縮です」といった正しい使い方をしましょう。 「恐縮です」のビジネスメール上での使い方例文 「恐縮です」「メールにて恐縮ですが」は、社会人になると様々なシーンで使うことがあります。 ここでは、その中でもよく使われる恐縮ですのお決まりフレーズについてまとめました。 この恐縮ですのお決まりフレーズをどのように使えば、ビジネスメール上での正しく使うことができるのかを見ていきましょう。 この「恐縮です」のお決まりフレーズを覚えて、ビジネスメールで正しい恐縮ですの使い方をしましょう。 恐縮は感謝と謝罪の意味!パターンによって正しい使い方をしよう 恐縮の意味と、「恐縮です」「メールにて恐縮ですが」といったビジネスメール上での正しい使い方について見てきましたが、いかがでしたか。 このビジネスシーンでの言葉遣いは、社会人として、身につけるべきマナーです。 このような細かい気配りやマナーなど知っておくと、好印象をも持たれるものにもなりますので、この機会にポイントをおさえておきましょう。 是非、これを参考にして「恐縮です」「メールにて恐縮ですが」といった言葉の、ビジネスメール上での正しい使い方に活用してください。

次の