ギガゾンビ。 思い出のファミコン [ドラえもん ギガゾンビの逆襲]

古代編 ‐ ドラえもん ギガゾンビの逆襲

ギガゾンビ

および、この原作を元にに公開された映画作品。 大長編シリーズ第9作、映画シリーズ第10作。 映画ドラえもん10周年記念作品。 同時上映は『』。 開局30周年、テレビアニメ10周年記念作品。 第7回優秀銀賞受賞。 に本作のリメイク版である『』が公開された。 概要 [ ] 7万年前の後期およびを舞台に、精霊王ギガゾンビを擁するクラヤミ族と、それに相対するヒカリ族の側に付いたドラえもんとのび太たちの戦いを描いた長編作品。 顧客動員数は、同シリーズでは原作者存命時には破られることはなく、2018年公開の『』に破られた。 公開直前のには、ドラえもん映画公開記念スペシャルとして『ドラミちゃんと日本誕生! 』も放映されているほか、公開後のには、本作の続篇的内容のゲーム『』が発売されている。 この作品は、大長編ドラえもんとドラえもん本編で繋がっている [ ]。 映画のではククルが登場するのみでドラえもんたちが登場せず、ククルが時空乱流に吸い込まれた後に地球の全景が現れ、どこからともなく「ドラえもーん!」の叫びが聞こえてオープニングに入るという構成になっている。 本作よりドルビーステレオが採用された。 あらすじ [ ] 学校でも家でも叱られてばかりのはついに家出を思い立つ。 「無駄だからやめておけ」と、、、の4人から揃ってバカにされるのび太。 ひみつ道具を使って生活を始めようにも、どこもかしこも誰かの土地で思い通りになる場所が全然無い。 一方のジャイアン、しずか、スネ夫は親からの期待や押し付けに嫌気が差し、ドラえもんもパパが部長から預かったが天敵のネズミに見えることに耐えきれず、結局全員家出してしまう。 途方に暮れる5人は、のび太の提案でまだ誰のものでもない「太古の日本」へ行こうと考え、史上最大の家出へと出発した。 タイムマシンで時空を超える途中に「謎の渦」へと巻き込まれそうになるものの、何とか無事に7万年前の日本へ辿り着く。 住居を作り、食物や植物を育てる等、誰からも邪魔されない生活を思う存分満喫する一同。 そんな中ペット係を任されたのび太は「動物遺伝子アンプル」を使って皆を驚かせようと、別々の動物をかけ合わせてみることにした。 こうしてのび太は馬と白鳥からペガ、ワシとライオンからグリ、ワニと鹿とコウモリからドラコという三匹のペットを誕生させる。 またここへ来よう、と元の世界へ戻った5人。 だが翌日、のび太たちは現代にいるはずのない原始人の少年と遭遇する。 ドラえもんが「ほんやくコンニャク」で意思の疎通を図ると、少年は驚くべきことを話し始めた。 自分はヒカリ族の少年・ククルで、ヒカリ族の村はクラヤミ族と名乗る謎の集団から襲撃を受けていたという。 さらにクラヤミ族の背後には「不死身の精霊王」を名乗る呪術師「ギガゾンビ」という人物がいることも……そしてとうとう彼らに両親や仲間が一斉にさらわれたその日、突如発生した「謎の渦」に巻き込まれてここへ来た、と。 ドラえもんはタイムマシンでの移動時に遭遇した渦が「時空乱流」であり、ククルはそれに巻き込まれて現代にタイムワープしたのではと推理する。 5人はククルと共に再び7万年前の日本へ行くと、そこには立派に育ったペガ、グリ、ドラコの姿が。 一行は彼等の背中に乗り、ヒカリ族が住んでいた中国大陸へ向けて出発する。 海を越えなくては、と心配するのび太達に当時の地形図を見せるドラえもん。 7万年前は氷河期のため海面が低く日本列島と大陸は地続きになっていたのだ。 ククルの村に辿り着いた一同はひみつ道具を使ってヒカリ族の行方を探り、その行き先を突き止めた。 三匹のペットを村に留守番させて追跡を開始し、ついにクラヤミ族に連行されているヒカリ族を発見する。 そこでドラえもんは自らを「ドラゾンビ」と名乗ってひみつ道具の力を見せつけクラヤミ族を追い払い、彼らを指揮する土偶型の怪物・ツチダマをも粉砕してみせた。 ヒカリ族は歓喜し、ククルも無事に両親と再会を果たす。 クラヤミ族の襲撃が今後無いとも限らない、と心配した5人は、彼らヒカリ族を安全な日本に連れていくことを思い付く。 どこでもドアを使って新天地へと移動したヒカリ族は、新たな村を自らの手で作り上げていく。 その姿に感心する5人だったが、元の村にペガ、グリ、ドラコを忘れてきたのを思い出す。 だがいくら探しても3匹は見つからず気落ちするのび太。 ククルは飼っていた犬が狩りの途中ではぐれるもまた戻って来た話を始め、必ずまた故郷に帰ってくるとのび太を励ますのだった。 現代に戻り、また元の生活を始める5人。 だがドラえもんは持ち帰ったツチダマの破片が粉々にしても元に戻ることから、これが未来に作られた形状記憶セラミック製であると見抜く。 一方、ギガゾンビは元の姿に戻っていたツチダマから事の顛末を聞かされて激怒し、ドラゾンビを含めた仲間達を地の果てまで追ってでも捕えよと命ずる。 ギガゾンビがただの呪術師ではない、と考えた5人はヒカリ族が心配になりみたび7万年前の日本へ。 予感は的中し、ククルも含めたヒカリ族全員がまたもクラヤミ族に連れ去られていた。 「助けてほしくばトコヤミの国へ来い」というギガゾンビからのメッセージを見た5人は、ヒカリ族を救い出し太古の世界を守るため地の底にあるというトコヤミの国を目指すのだった。 声の出演 [ ]• - 「ドラゾンビ」を名乗り、変装する。 科学の知識が無いククルに、「精霊を操るまじない師」との方便で説明した。 名前は精霊王ギガゾンビに対抗してスネ夫が命名したもの。 手に持っているショックステッキでクラヤミ族を退治し、助けられたヒカリ族からは大変慕われた。 ジャイアンのママ -• - ゲストキャラクター [ ] ヒカリ族 - 、、 7万年前、現在の・付近に住んでいた原始人部族。 ドラえもんたちの手助けにより、未開の地である日本に移住する。 ドラえもんが変装したドラゾンビを神と敬い崇拝する。 クラヤミ族に囚われ強制労働をさせられるが、タイムパトロール隊によって保護される。 その後再び、日本に移住した。 ククル 声 - ヒカリ族の少年。 集落近くの川で川魚を獲っていたため、辛くもただ1人、クラヤミ族の襲撃を免れた。 その後、時空乱流(時空間の乱れ)に巻き込まれて現代の日本に転移してきた。 仲間たちを救うべく、ドラゾンビ(ドラえもん)の力を借りてクラヤミ族に立ち向かう。 一人称は2つ、「僕」「俺」を混用する。 将来はウンバホ(「日の国の勇者」の意)と改名し、ヒカリ族の族長となる(原作のみ)。 なお、『』の春日エリは、彼の子孫である。 タジカラ 声 - ククルの父。 クラヤミ族に立ち向かうなど勇敢である。 祭りの際、野牛の蒸し焼きを石器の刃物で切断する描写が見られる。 タラネ 声 - ククルの母。 日本に移住し、新しい村を建設した。 祭りの際には、しずかに木の実をあげる仕草が見られる。 長老 声 - ヒカリ族の長老。 かなりの高齢で、連行に付いて行けず殺されかけた。 クラヤミ族に再び囚われてからは、トコヤミの宮の建設のために強制労働させられるが、無事救出されて日本に移住した。 ウズメ 声 - 頭に花を乗せた女の子。 常に長老の側にいる。 ヒカリ族が日本に移住した直後の宴では舞いを披露した。 原作には登場しない人物である。 ウタベ 声 - ヒカリ族の一員で、歌が得意な男(漫画では太目の中年、映画では痩身)。 日本に案内された直後の宴で、ドラゾンビを称える歌を作った。 ジャイアン曰く「石器時代の偉大なアーティスト」。 ギガゾンビ 声 - 本編における黒幕。 嵐と雷を操る不死身の精霊王を名乗る。 当初は古代のと思われていたが、その正体は23世紀 から来た時間犯罪者。 時空間の往来を遮断して過去の歴史への干渉を防いだ上で過去の時代を我が物にし、恒久的な歴史支配を達成しようと目論んでいた。 その野望ゆえにからマークされていたため、追跡を避けて地下にトコヤミの宮を建造していた。 トコヤミの宮に侵入してきたドラゾンビたちを根こそぎ捕らえて追い詰めたものの、遅れてやってきたのび太の手引きによって形勢逆転されタイムパトロール隊に基地を突き止められてしまい、さらには部下を見捨て、自分だけ逃亡を図ろうとするも亜空間破壊罪(原作及び映画版第2期では歴史破壊未遂罪)で逮捕された。 仮面をとった素顔は小柄で出っ歯の貧弱な顔の男だった。 一人称は「ワシ」または「私」。 てんとう虫フィルムコミックスで逮捕の際に「山田博士」と呼ばれている。 ツチダマ 声 - ギガゾンビの部下で、言葉を話す。 クラヤミ族を操った張本人。 製 で再生能力を持っており、粉砕されても復活する。 ただし、この再生能力はバラバラになった破片を繋ぎ合わせるに留まり、破片そのものが損失(作中では別時代に持ち去られて)した場合はその部位は再生(新構築)が出来ない。 飛行能力を持ち、岩をも吹き飛ばす衝撃波を発生させることができる。 時折「ギーガー」という奇怪な声をあげる。 猛吹雪の中でも飛行が可能。 「」により身動きが取れなくなり、最後はギガゾンビに捨て駒扱いされ落盤に巻き込まれる。 一人称は「ワシ」。 ジャイアンやドラえもんから「細工」や「粘土のバケモノ」と揶揄されたが、ドラえもんに対し「のバケモノ」と返している。 部下であるクラヤミ族がドラゾンビに倒されたときは「だらしないどもめ」と叱りつけた。 原作や映画版第2期では複数の個体が存在しているが、映画版第1期では1体のみの登場となった。 クラヤミ族 声 - (リーダー)、、 7万年前の中国に住む、に近い種族でゴリラのような顔をしている。 ヒカリ族に比べると身体能力は高く背丈も大柄だが知能が低いようで、ギガゾンビやツチダマの手下となっている。 架空動物 のび太が動物の遺伝子アンプルとクローニングエッグで作り出した3匹の架空動物。 また、電池切れが多く長時間使用できないタケコプターに代わる移動手段としての存在にもなっており、ドラえもん達を乗せて、長距離での移動が可能となった。 だが、移動中に、ドラえもんの意向によって、一旦、ドラえもん一行と離れ離れとなってしまう。 架空動物ゆえに石器時代や20世紀に存在することは許されないため、事件解決後に3匹ともタイムパトロールに引き取られ、「」で育てられることになった。 とのアンプルを同時に使って作られた。 のび太としずかが乗る。 特にのび太はペガにしか乗らず、名前を口にする機会もペガが最も多かった。 とのアンプルで作られた。 ドラえもんとククルが乗る。 ワニを急降下で攻撃した事もある。 が鋭いのか、猛吹雪直後の地帯からのび太の答案を発見する描写がある。 ドラコ 東洋の(ドラゴン)。 とと(映画ではトカゲの代わりに)のアンプルで作られた。 ジャイアンとスネ夫が乗り、原作ではさらにしずかとククルを加えた4人で乗った事もある。 その外見でワニやを威圧させている。 しずかは「ドラちゃん」と呼び、ドラえもんから「紛らわしい名前付けないでよ」と突っ込まれた。 タイムマシン 声 - 言葉を発し、行き先は音声で認識する。 前作映画『』で音声機能が搭載されている。 パラレル西遊記は漫画版が無いので、大長編では本作25ページで初めて喋る。 マンモス 声 - ドラえもん達とはぐれたのび太の前に現れる。 猛吹雪で遭難したのび太に栄養ドリンクを与え、小箱型発信機を託した。 その正体はタイムパトロール隊が乗ったタイムスキッパーが偽装した姿。 ギガゾンビのアジトを突き止めるために後期更新世にワープして張り込みをしていたが、ギガゾンビに警戒されないために隠密行動していた。 地主 声 - のび太たちがいつも遊んでいる空き地の地主。 恰幅の良い体型ではげ頭。 家出したのび太が空き地に住もうとしたところ、をレンチでたたき止めた(原作では揺さぶった)。 不動産会社から土地を3億円で売るように勧められていた(当時はの真っ只中)。 タイムパトロール隊員 声 - のび太が小箱のボタンを押したことで、ギガゾンビの基地を見つけ出した後、基地を消滅させると言い、ドラえもんたちをタイムスキッパーの中に入るよう指示した。 少年 声 - のび太たちの仲間に入ろうとしたが、スネ夫が「ジャイアンのリサイタルの相談」だと言ったので逃げ出した(その後、スネ夫はこの冗談が気に入らなかったジャイアンに殴られた)。 少女 声 - 林玉緒、 学校の外で縄跳びをして遊んでいた。 用語 [ ] 時空乱流(じくうらんりゅう) 時空間の乱れが生み出す、のような落とし穴。 時間の流れが渦を巻いて乱れる。 冒頭でククルを飲み込み、20世紀の東京に時空移動させた。 ドラえもん達が最初にタイムマシンで7万年前に向かう道中で目撃する。 飲み込まれた人間は、永久に亜空間をさまようか、運がよければ出口が開いて他の時代に落とされる。 作中、ドラえもんは、日本のや世界中の行方不明事件などは、時空乱流に人間が巻き込まれて消えたのではないかと、実例を挙げて説明している。 スタッフ [ ]• 制作総指揮・原作・脚本 -• 作画監督 -• 監修 -• 美術設定 -• 美術監督 - 沼井信朗• 録音監督 -• 音楽 -• 効果 - 柏原満• 撮影監督 - 斎藤秋男• 特殊撮影 - 三沢勝治• プロデューサー - 別紙壮一、、小泉美明、波多野正美• 監督 -• 演出助手 - 、• 動画チェック - 内藤真一、原鐵夫• 色設計 - 野中幸子• 仕上監査 - 代田千秋、枝光敦子• 特殊効果 - 土井通明• コンピューターグラフィックス - 亀谷久、渡辺三千成、水端聡• エリ合成 - 酒井幸徳、、末弘孝史、渡辺由利夫• 文芸 - 滝原弥生• 制作事務 - 古井俊和、大神田富人• 制作進行 - 中村守、和田泰• 制作デスク - 市川芳彦• 制作協力 - 、• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『月刊コロコロコミック』での連載最終回から名義に改められた。 7巻収録・『小学館BOOK』1974年3月号掲載。 映画版第1期では、出自が23世紀だとは言及していない。 原作でも1コマだけ素顔を見せているが、こちらでは体格の良いワシ鼻の男で映画ほど貧弱ではない。 原作及び映画版第1期では、現在へ戻ったドラえもんが形状記憶セラミックであることを突き止めたが、映画版第2期ではドラえもんが素材を見つけられず妹のに調べさせている。 原作では、ドラえもんがひらりマントでの攻撃時に「来い、粘土のバケモノ」と呼ばずツチダマも「いい度胸だタヌキのバケモノ」と呼応していない。 ツチダマはドラえもんらが移動した後に「おのれ、タヌキのバケモノめ…」と恨み節を吐いている(原作・映画版第1期共通、映画版第2期では罵倒合戦は行っていない)。 映画版では、ツチダマが最初の衝撃波を放ったあとに反撃する際、ジャイアンが「生意気な泥人形が!」と言いながら襲いかかり、ツチダマに返り討ちにあった。 原作および映画版第2期ではこのセリフは存在しない。 では1992年10月9日放送分から山野版を使用。 テレビシリーズ版での使用は2002年9月20日放送分まで 出典 [ ]• 小学館 2019年10月28日. 2020年3月25日閲覧。 Japan Association of TheaterOwners.. 2020年3月25日閲覧。 スポーツ報知 2018年4月24日. 2018年12月5日閲覧。 てんとう虫コミックス41巻収録・『小学四年生』1989年7月号掲載。 大長編完結後。 『チンプイ』第5話「御先祖は日本王? 劇場公開された当時はによるや、牛川人の正確な調査結果(人骨ではなくの骨の可能性が高い)が発覚する前で、原作漫画には「ヒカリ族以前にも絶滅した人類=原人がいた」との記述があったが、日本に人がいた確実な証拠は作中の通り3万年前までしか遡らないようである。 [ ]• 『チンプイ』第5話「御先祖は日本王? 「ドラえもんクラブ」第2巻に掲載された「ドラえもん映画アカデミー賞」では「史上最弱ライバル賞」を受賞している。 64・65・66ページ。 関連項目 [ ]• - (藤子Fの葬儀・告別式当日)藤子Fの追悼番組として本作が放送された。 - ドラえもん映画36作目で、本作の。 外部リンク [ ]• 通番 公開年 題名 主題歌 同時上映 第1作 1980年 (リバイバル) 第2作 1981年 番外 1981年 (メイン) 第3作 1982年 岩渕まこと 第4作 1983年 海はぼくらと 岩渕まこと 第5作 1984年 第6作 1985年 第7作 1986年 大杉久美子 第8作 1987年 友達だから 大山のぶ代 森の木児童合唱団 第9作 1988年 君がいるから 第10作 1989年 時の旅人 第11作 1990年 天までとどけ 武田鉄矢 第12作 1991年 夢のゆくえ 第13作 1992年 雲がゆくのは… 武田鉄矢 第14作 1993年 何かいい事きっとある 第15作 1994年 武田鉄矢一座 第16作 1995年 さよならにさよなら 第17作 1996年 私のなかの銀河 海援隊 第18作 1997年 Love is you 第19作 1998年 第20作 1999年 第21作 2000年 この星のどこかで 第22作 2001年 第23作 2002年 いっしょに歩こう 〜Walking Into Sunshine〜 第24作 2003年 第25作 2004年 通番 公開年 題名 主題歌 第26作 2006年 第27作 2007年 第28作 2008年 第29作 2009年 第30作 2010年 第31作 2011年 第32作 2012年 第33作 2013年 第34作 2014年 番外 2014年 第35作 2015年 第36作 2016年 第37作 2017年 第38作 2018年 第39作 2019年 第40作 2020年 番外 2020年.

次の

思い出のファミコン [ドラえもん ギガゾンビの逆襲]

ギガゾンビ

簡素な構造です。 上部で ギガゾンビと戦闘へ。 左に見える階段はまだ入れません。 ギガゾンビ 全般的にステータスが高く、主人公の攻撃しかまともなダメージを出せないかもしれませんが、行動は攻撃一辺倒なので、「ファイトこづち」で回復し続ければなんとかなると思います。 「バリヤーポイント」「イメージじったいき」「ヒラリマント」あたりも使えばより安定します。 撃破でテラが離脱し、自動的に最初の町へ帰還します。 さいしょのまち しずかちゃんの家の2階で しずかが仲間になり、再び古代へ行くことになります。 向かう前にスネ夫を訪ねると、ようやく かいぞうプラモぐんだんが完成しています。 これは例外的にボスにも通用する非消耗の攻撃アイテムなので必ずもらっておきましょう。 古代に着いたら再び「ようまじょう」へ。 ようまじょう ギガゾンビのいた場所から左に進むと下り階段に到達できます。 地下はエンカウントはありませんが、ドラミを呼ぶことはできません。 B1ではまず左右の宝箱から最強武具の おうごんのつるぎと ザ・ヒーロースーツの取得を。 階段への1マスの通り道で ジュドと戦闘へ。 ジュド 通常攻撃のほか「たいあたり」という強めの攻撃をしてきます。 ギガゾンビを倒せたなら苦戦することはないでしょう。 次の階では右下の1マスの通り道で ぎんかく&きんかくと戦闘へ。 ぎんかく & きんかく ツチダママスター戦に似ていますが、今回はきんかくのほうが明らかに倒しやすいです。 やはりギガゾンビを倒せたなら問題はないはず。 次の階では ぎゅうまおうが出現しますが、すぐに撤退していきます。 そして最深部にてギガゾンビに近付くと、なんやかんやを経てやっぱり ぎゅうまおうとのラストバトルへ。 ぎゅうまおう 行動は通常攻撃と「たいあたり」の2つ。 後者は非常に威力が高く、特にしずかは一撃も耐えられない可能性があります。 やはり「バリヤーポイント」「イメージじったいき」「ヒラリマント」で生存率を高め、「ファイトこづち」で適宜回復しつつ、主人公の攻撃と「かいぞうプラモぐんだん」で地道なダメージを重ねましょう。 ジャイアンとスネ夫も攻撃してくれることがあります。 エンディングへ。 スポンサーリンク Amazon• 攻略メニュー.

次の

ドラえもん のび太の日本誕生

ギガゾンビ

映画「」公開まであと2週間! ということで今週も日本誕生関連の本を紹介! ゲームやったことないのに「だから」 という理由で攻略本だけ持ってるシリーズ 第2弾! まんが版ギガゾンビの逆襲 攻略ブック 出版社: 初版発行日:1990年10月10日 定価:420円 税込 世界征服を企むあのギガゾンビが帰ってきた!かつての大長編の強敵たちが再び襲いかかる! 君もプレイヤーとなってギガゾンビの野望を打ち砕くのだ!といった内容の作品。 原作の内容を忠実にに反映させた手堅い作りとゲームバランスの良さ、BGMの良アレンジなどでゲーム自体の評価も高く、 こちらの攻略本も他のゲーム攻略本と比べてかなり高めのお値段になっていたりします。 この攻略本の一番の目玉といえば、田中道明先生によるゲーム攻略まんが! なんと攻略本のページの半分以上をこの攻略まんがにページを割いているというタイトルの「まんが版ギガゾンビの逆襲」の名に恥じない仕上がり。 これ以降に発売されるの攻略本でも攻略まんがを主体にしつつゲームの攻略情報も・・・といったものが多いです。 田中道明先生絵の美夜子さんやククル君。 なかなか貴重な絵です。 さらに作中では、ステージごとのボスとしてギガゾンビの再生装置で復活を遂げた大長編のかつての名悪役たちが出てくるのですが、 「海底鬼岩城」のが物理攻撃で普通にダメージを食らっていたり、 「すごいパワーだ~~~!」 「魔界大冒険」の魔王デマオンが普通に銀の矢を食らって死んでたりします。 デマオン「グエエッ!!」 せっかく復活したのに弱体化してるという悲劇! 特にデマオン!おまえの心臓は宇宙に浮かんでるんじゃなかったのか!?なんでダメージ食らってるんだよ!! こんなボスキャラ見たくなかった! でも一番かわいそうなのは最終ステージで出てくる「鉄人兵団」のジュドが ギガゾンビよりも弱いという設定にされていた事です。 ギガゾンビくらい踏みつぶせるだろ! こんな感じでクドクド言いましたが、お話自体は「日本誕生」ではあまり描かれなかったギガゾンビの内面について触れていたりとなかなか面白い内容。 謎のオリジナルキャラ「テラ」 もちろんこの漫画に描かれている設定は公式ではないとはいえ、読む前と読んだ後ではギガゾンビの印象も結構変わると思います。 もしかしたら今度の新作映画でギガゾンビが何故世界征服を目論んだのかとかそういう内面的なところにも光が当たるかもしれませんね。

次の