出前サイト 比較。 出前・宅配・フードデリバリーアプリ10種を比較!おすすめアプリは?|デリバリー配達ナビ

3大 出前サービスの比較(Uber Eatsと楽天デリバリーと出前館)

出前サイト 比較

「出前館」「Uber Eats」で同メニュー 出前といえばおなじみのポータルサイトが「出前館」。 店舗数が多く、全国でサービスを展開しているのが特徴です。 自前で出前サービスを行っているお店は、ほとんどここで検索可能。 また決済方法も豊富で、多くの店舗でクレカ・携帯キャリア決済・LINEPay・ Pay・代金引換に対応しています。 一方の「Uber Eats」は専用の配達員が商品の配送を行うため、自前の出前システムがない店舗の商品をデリバリーできるのが最大の特徴。 現状、配送地域は都市部が中心ですが、エリアは順次拡大中です。 2018年11月から一律380円だった配送料が、距離によって110円・230円・420円と3段階制になりました。 今回は、同一店舗で同じメニューを選択。 メニューと価格に違いはありませんでした。 ただし、出前館は最低注文価格が1,500円以上なのに対してUberEatsは設定はありません。 「UberEats」は注文後13分で商品到着 注文した店が比較的近かったこともあり、配達時間は出前館が37分。 配達時間わずか13分の「UberEats」に軍配が上がりました。 出前館はトラッキングもなくやや不便な印象です。 なお、出前館にのみ「ライス大盛り無料」クーポンが発行されました。 「UberEats」は注文後13分で商品が到着するという、圧倒的な速さが印象的。 上から配達員の位置も確認できるのもうれしいところ。 広い範囲の店を利用できる出前館に対して、Uber Eatsは配送料が安く配達時間もかからない近場の店を利用することで、その強みを発揮するようです。 ただし、配送地域は都市部のみで、エリアによっては選べる店の数が少ないのがやや残念なところです。 あわせて読みたい•

次の

後払いで利用できる出前ってあるの?サービスを徹底比較!

出前サイト 比較

引用元: 住所からだけでなく、食べ物のジャンルや配達時間・決済方法など様々な条件で絞り込み検索できます。 店舗情報のページには待ち時間も表示されています。 定期的なキャンペーンやクーポンの配信により、お得に利用できます。 出前館 注文方法 : 公式サイトまたはアプリからの注文となります。 「Uber Eats ウーバーイーツ 」 他社では見かけない店舗が多数!アプリで状況を確認!2回目以降の注文が楽! 引用元: 配達状況をアプリから確認することが出来ます。 アプリでは「プロモーションコード」と呼ばれるクーポンが随時配布されます。 注文日から1週間の期間なら、30分単位で配達時間を指定できます。 注文の品数が多いと、一度に配達できない場合があるので注意が必要です。 Uber Eats ウーバーイーツ 注文方法 : 公式サイトまたはアプリからの注文となります。 「LINEデリマ」 キャンペーンがお得!LINEアプリから簡単に!LINEポイントが貯まる・使える! 引用元: 指定の配達地域からジャンル、配達時間などで絞り込み検索が出来ます。 また、LINEのトークルームで食べたいジャンルやメニューを入力すると、設定させている地域のおすすめ店やメニューが表示されるサービスもあります。 当日中なら時間指定の配送が可能です。 掲載されているお店はチェーン店が中心となります。 LINEデリマ 注文方法 : LINEデリマサイトからの注文となります LINEアプリからアクセス可能です。 「楽天デリバリー」 楽天ポイントが貯まる・使える!楽天会員ならとってもお得!キャンペーンが魅力! 引用元: 会員登録 無料 しておくことで、2回目以降の注文がスムーズに行えるほか、時間指定はもちろん、前日までの注文で予約配達も可能になります。 そのほか、シロアリ駆除や水漏れ等の生活トラブルにまで幅広く対応していることも特徴のひとつです。 楽天デリバリー 注文方法 : 公式サイトまたはアプリからの注文となります。 「fineDine ファインダイン 」 有名レストランの出来立て料理が楽しめる!配達状況確認可能!予約注文も可能! 引用元: デリバリーでは珍しいジャンルやメニューを選ぶことができ、もちろん味は絶品と評判です。 初回利用時に会員登録が必要ですが、それ以降は簡単に利用することができます。 お得に利用できるクーポンもあります。 店舗によっては予約注文も可能です。 また、公式サイトまたはアプリから注文した場合には配達状況を確認することができます。 fineDine ファインダイン 注文方法 : 公式サイト、アプリまたは宅配エリアのfineDine店舗へ電話での注文となります。 最低注文金額 : 店舗により異なります 支払方法 : [公式ウェブサイト・アプリからのご注文] ・代金引換(現金払い) ・クレジットカード ・請求書払い 事前登録が必要 [お電話からのご注文] ・代金引換(現金払い) ・請求書払い 事前登録が必要 掲載店舗数 : 不明 対応エリア : 東京都及び神奈川県の一部地域 公式サイト : まとめ:【保存版】デリバリー 出前 大手5社の比較まとめ! 2020 以上、お家時間を充実させてくれるデリバリー 出前・宅配 サービスをご紹介しました。 自炊が面倒になってきた時にはもちろん、お家でもおいしいお料理を食べたい時、デリバリー 出前・宅配 を利用する際には是非参考にしてみてください。 ご利用の際は事前に最新情報や詳細を公式サイト等の情報をご確認ください。 【デリバリー 出前・宅配 大手5社の比較】• こちらの記事も人気です!•

次の

話題の出前・デリバリーサービスを徹底比較!

出前サイト 比較

「出前館」「Uber Eats」で同メニュー 出前といえばおなじみのポータルサイトが「出前館」。 店舗数が多く、全国でサービスを展開しているのが特徴です。 自前で出前サービスを行っているお店は、ほとんどここで検索可能。 また決済方法も豊富で、多くの店舗でクレカ・携帯キャリア決済・LINEPay・ Pay・代金引換に対応しています。 一方の「Uber Eats」は専用の配達員が商品の配送を行うため、自前の出前システムがない店舗の商品をデリバリーできるのが最大の特徴。 現状、配送地域は都市部が中心ですが、エリアは順次拡大中です。 2018年11月から一律380円だった配送料が、距離によって110円・230円・420円と3段階制になりました。 今回は、同一店舗で同じメニューを選択。 メニューと価格に違いはありませんでした。 ただし、出前館は最低注文価格が1,500円以上なのに対してUberEatsは設定はありません。 「UberEats」は注文後13分で商品到着 注文した店が比較的近かったこともあり、配達時間は出前館が37分。 配達時間わずか13分の「UberEats」に軍配が上がりました。 出前館はトラッキングもなくやや不便な印象です。 なお、出前館にのみ「ライス大盛り無料」クーポンが発行されました。 「UberEats」は注文後13分で商品が到着するという、圧倒的な速さが印象的。 上から配達員の位置も確認できるのもうれしいところ。 広い範囲の店を利用できる出前館に対して、Uber Eatsは配送料が安く配達時間もかからない近場の店を利用することで、その強みを発揮するようです。 ただし、配送地域は都市部のみで、エリアによっては選べる店の数が少ないのがやや残念なところです。 あわせて読みたい•

次の