スマート ボーディング。 Smart Boarding(スマートボーディング)【国内初】人材育成に関わる全てを1クリックで

Smart Boarding(スマートボーディング)【国内初】人材育成に関わる全てを1クリックで

スマート ボーディング

「個々人に頼っていた」 創業期は、みんな最初は個々人に頼っていましたね。 縁故採用も多かったので、問題なく何も指示しなくても、みんなバリバリ新しいこと見つけてきて仕事するという環境でした。 「本格採用スタート。 ついてこれないメンバーが出てきた」 人をもっともっと拡大していこうとなったときに、純粋に縁故じゃない採用も始まってきて、若いメンバーとか、社会人経験短いメンバーもどんどん増えてきたときに、ついてこれないメンバーが何人か出てきたんです。 僕たちも「感覚」でやってきたことなので、体系化ができていなくて。 それで「あれ?やばいな」と思い始めて、教育制度をちゃんとつくらなきゃね、と話しはしていました。 でも、僕らもむちゃくちゃ忙しかったので、途中で合流してきた社員の「育成」が大事だとわかっていても、ずっと後回しにしていたんですよね。 でも、後回しにしているうちに、会社の状態も雰囲気がすごく悪くなってしまったんです。 働きがいなんて、言えないような状況でした。 それまでは一人一人の個の力で伸びてこれたけど、途中で合流してきた社員をちゃんと「育成」しないと駄目だったんですよね。 「OJTはやっていた。 「ベンチャーなんだし、先輩の横について自分で学べよ」とよく言ってたんですが、もう無理だな(笑)本当にもうそう感じました。 そこで、育成に対する時間を経営陣を筆頭にとるようにしました。 でも、それはすごくジレンマがあって。 育成の時間をとる分、今までトップランナーで走ってきたみんなが同じパフォーマンスが出せない。 育成しても、すぐにはパフォーマンスに返ってこないじゃないですか。 かといって、そのまま後回しにすると、 新しいメンバーは「なんにも教えてくれないじゃないですか」になっちゃうんですよね。 そういう時期を経て、中途社員に対して、何をどう最初に学んでいけばいいのかフォローをもらいながらSmart Boarding(スマートボーディング)を導入しました。 戦力化は3倍くらいのスピードに」 僕たちの会社で言えば、経営陣が育成に費やす時間は25%くらいに減りました。 でも今の育成ステップで、戦力化は3倍くらいのスピードで進んでいると思います。 時間がたてばたつほど、どんどん効率よくなっていくイメージがありますね。 「教えてほしい」という欲求がある これは、実際にうちの新人が言っていたことなんですけど、 「自分はあまり教えてもらってない」という負い目があったと、何人かに言われました。 最近の合流メンバーには、Smart Boarding(スマートボーディング)を使って効率的に育成をはじめているので、それがうらやましいと。 どんなメンバーでも最初はやはり「教えてほしい」というのがあるのかもしれませんね。 なので、僕自身は、営業するわけじゃないですけど、成長しているベンチャー企業にはすごくいいんじゃないかと思っています。

次の

カケハシboarding(カケハシボーディング)の資料・特徴・料金・評判・運営会社│rplay

スマート ボーディング

こんにちは、コーポレートエンジニアの小石 です。 この記事では、毎月10〜20人が入社してくるSmartHRにおいて、従業員PCにかかる初期セットアップを自動化して、オンボーディングをちょっと楽に、そしてリモートワークにも対応できるシステム構築をした話をしたいと思います。 なにが課題だったのか まず、前段となる話、つまり僕がSmartHRに入社してJamf Proを触り始める以前の話をすると、僕が入社した2019年11月時点、SmartHRでは既にJamf Proが導入済み、ゼロタッチデプロイっぽいことはやっていた、という感じでした。 SelfServiceによる「なんちゃってゼロタッチデプロイ」 Jamf ProにはSelfServiceという、Jamf独自のアプリ配布用アプリが存在します。 そして、SelfServiceでは管理者によって登録されたアプリを従業員が任意でインストールできます。 SmartHRのSelfServiceの画面 当初、SmartHRで導入されていたゼロタッチデプロイとは、構成プロファイルの配布によるセキュリティ設定の配布と、このSelfServiceに入社時に必要なアプリを登録しておいて、入社オリエンテーションの場で従業員にインストールをさせるという仕組みでした。 僕が入社したころまでは、この仕組みで特に問題なく運用ができていました。 入社数の増加、新たなる課題 しかし、僕がオリエンテーションを担当することになった頃、2019年12月を過ぎたあたりから、徐々に1ヶ月あたりの入社数の増加に伴う新たなる課題が出てきました。 それ以前では、1ヶ月あたりの入社数は多くても10人に届くかどうかという数字でしたが、会社の成長に伴い、2020年4月現在ではその2倍の1ヶ月に20人近い入社受け入れをするにまでになっています。 増加するオリエン時間 この状況下で、従業員にオリエンテーションの場でインストールの作業をさせるというのはもはや現実的ではありません。 従業員ごとにMacやアプリに関するリテラシーが異なる中では個別の作業が発生すると、どうしても各工程でつまづきや質問などが発生し、人数分だけ時間がかかってしまいます。 具体的な時間でいうと、1人あたり5分くらいは増加するでしょうか。 10人が20人になれば50分、 オリエンテーションの時間まるまる1回分くらいの時間が余計にかかってしまう計算になります。 ゼロタッチデプロイの見直しへ 限りある時間の中で、1対多でオリエンテーションを実施するためには、なるべく 作業を自動化し、より効率化する必要がありました。 ここで、いよいよ現在にいたる、より完全な形でのキッティングの自動化、僕はこれを社内で シン・ゼロタッチデプロイと呼ぶことにしたのですが、情シスも、従業員も新たに購入したデバイスに物理的に手を加えることなく、 箱開けの段階で入社時に必要な設定、アプリのインストールが終わっているという新しい仕組みを作るということになります。 Jamf Proでゼロタッチデプロイとは Jamf Proとは まずはJamf Proって何?というところを簡単に説明します。 Jamf Proとは、Jamf社の提供するMDM Mobile Device Management 製品で、MacやiPhoneなどのApple製品を統合管理できるエンタープライズモビリティ管理ソリューションです。 Jamf Proでは、デバイスの管理だけではなく、デバイスの導入からアプリの管理も可能で、構成プロファイルと呼ばれる設定ファイルでシステム環境設定を管理したり、ポリシーという機能を使ってアプリのインストールやスクリプトの実行などが実現できます。 ゼロタッチデプロイとは 次にゼロタッチデプロイについてですが、これはゼロタッチキッティングやゼロタッチ導入とも呼ばれたりします。 デバイスの導入にかかるキッティング、つまりデバイス導入にかかる初期セットアップや、セキュリティ設定を含む初期設定やアプリのインストールなどを、文字通りゼロタッチで実現する。 つまり購入後の箱開け状態から従業員の手に渡るまでの工程を、情シスが物理的に手を加えることなく済ませるという仕組みのことです。 物理的な作業というものは場所も時間も必要で、リモートワークと相性が悪いことや、単純作業をひたすら繰り返す精神的なしんどさもあるものですが、これらを解決してくれるのがゼロタッチデプロイということになります。 以下では、SmartHRにおいて、どういった課題があり、実際にJamf Proを使ってどのようにゼロタッチデプロイを実現したのか、そして何がよかったのか、を書いていきます。 シン・ゼロタッチデプロイのためにやったこと まず大前提として以下の仕組みを運用するためには、ABM Apple Business Manager を利用していること、購入時に対象のApple製品がDEP Device Enrollment Program 登録されていることが必要です。 ABMとは、Appleの提供する管理者向けのWebポータルで、MDMへのデバイス登録の管理に加え、アプリの購入、配布ができるVPP Volume Purchase Program の管理などができるサービスです。 DEPとは、購入時に対象の端末を注文番号などからMDMサーバーに登録する仕組みのことで、Appleやリセラーから購入する際に「DEP登録してね」とお願いすると使うことがでできます。 さて、DEP登録されたApple製品、今回はMacのシン・ゼロタッチデプロイを実現するためにやったことは以下の2つです。 Jamf Proのポリシーの見直し まず1つ目は、Jamf Proのポリシー設定の見直しです。 Jamf Proでは、アプリの配布や、設定の配布などには、基本的に ポリシーという機能を使います。 今回見直したのはポリシーの起動トリガーの部分です。 Jamf Proでは通常、設定したポリシーの起動条件として、起動やログイン、Jamfサーバーと端末の通信のタイミング、またはJamfを端末に登録 エンロール したタイミングなどが利用できますが、この他にも カスタムトリガーという特殊なトリガーが利用できます。 SmartHRのJamf Proのポリシー画面 今回はこのカスタムトリガーを積極的に活用することにより、自動化を実現しました。 カスタムトリガーでは、 任意の文字列 hogeをトリガーとして指定すると、以下のコマンドで任意にポリシーを実行可能になります。 jamf policy -event hoge これを使って、必要なアプリのpkgをインストールするポリシーなどを作成し、それぞれにカスタムトリガーを設定しました。 あとは、シェルスクリプトに順番にカスタムトリガーを実行するコマンドを記述して、それをエンロールのトリガーで実行するようにすれば、エンロールのタイミングで必要な設定、アプリのインストールが完了するという仕組みです。 カスタムトリガーを設定したポリシーの一例 余談ですが、当初は各アプリのインストールする各ポリシー全てにエンロールのトリガーを設定するという運用をしていました。 DEP Notify 2つ目にやったことは、 DEP Notifyの利用です。 DEP NotifyとはJamfが提供しているJamf Proのアドオンツールです。 これは単純にDEP Notifyのpkgのインストールをポリシーとして1つ追加するだけで実現可能で、やっていることは導入時のインストール進捗バーを出してくれる程度のシンプルなものなのですが、これが意外に良いツールなのです。 DEP Notifyを使うためのポリシー まず、 自社のロゴがMac起動時に立ち上がって何もしないのに設定が進んでいくというのは、めちゃくちゃカッコよくてEX Employee Experience が良い!というのは半分冗談なのですが、実はゼロタッチで設定が進んでいると5〜10分の間、従業員側は何も動きのない画面を見てひたすら待ち続けることになり退屈です。 また、オリエンテーションをする側からしても、いちいちどのアプリが入ったか入っていないかを聞きながら確認するなどの作業が発生して結構面倒くさかったりするのです。 その点、DEP Notifyを利用すると、従業員も情シスも、今デバイスがどういう状況なのかを視覚的に確認しながら進めることができ、オリエンテーションがスムーズに進むようになるのです。 初回セットアップの中でDEP Notifyが自動的に設定を進めていく フルリモートオンボーディングの実践へ 刺激的なデビュー戦 こうしてようやく実現したシン・ゼロタッチデプロイですが、そのデビュー戦はなかなかに刺激的な状況でした。 デビュー戦のタイミングはこの2020年4月の入社、新型コロナウイルス対策の一環として、 全社でのリモートワークが実施されている中でのオリエンテーション実施となりました。 全社でのリモートワークは、当然4月入社のメンバーも例外ではありませんので、各自宅へ未開封状態のMacを送付し、情シスも新入社員もリモートの フルリモートオンボーディングとなりました。 結論を言うと、多少のトラブルは発生しつつも、無事リモートでもオリエンテーションを完了し、今現在4月入社メンバーは新しいMacを使ってバッチリ業務を行っているので、シン・ゼロタッチデプロイは成功したと言えるでしょう。 まとめ フルリモートオンボーディングをやって実感したのは、視覚的に把握できる状況が少ない分、手詰まりが発生したときの対応に、直接の実施と比べて2倍程度の時間が必要な印象でした。 ゼロタッチデプロイをやっていなければ、少なくともキッティングのために数日は情シスメンバーは出社、シン・ゼロタッチデプロイがなければ、トラブルや手戻りの増大によって、通常の3倍程度の時間を余計に必要とし、満足にオリエンテーションを終えることは難しかっただろうということを思います。 早めに手を打っておいたことが、本当に功を奏したなというのが率直な感想です。 フルリモートオンボーディングの様子はちょっとした話題にもなりました。 全社リモートワーク中の ですが、新入社員13名に、弊社初のフルリモート情シスオンボーディングを実施しました! ご自宅へキッティングなしで未開封Macを配送して、 と で進行しながら を使ったゼロタッチデプロイを体験していただきました! — Ryoma Koishi k0ipai We Are Hiring!! 以上のように、比較的イケてるデバイス導入 自画自賛 をやっているSmartHRですが、まだまだコーポレートエンジニアを募集しています! Jamfの話を聞きたいというだけでもWelcomeですので、まずはカジュアルにお話しませんか? もちろん、 イケてる社内システムを構築したい!エンジニアリングの力でコーポレートを加速させたい!というエンジニアの方はぜひぜひご応募ください! koipai.

次の

Smart Boarding(スマートボーディング)

スマート ボーディング

js DeNA DIVEINTOCODE DMM英会話 docker DODA DTPデザイナー DYM ECC ES ESLint Fintech freee GMO GMOペパボ Google Googleアナリティクス HTML IE対策 illustrator IoT IT企業 IT求人ナビ JACリクルートメント Java JavaScript joevlog jQuery kakaku. js Ruby Ruby on Rails Schoo SE SEO sketch stackoverflow SUGIZO TECH::CAMP TechAcademy TECHTECH teratail TOEFL TOEIC type就活 type転職 U-NEXT Uターン W3Q WebCrew Webアプリ開発 Webスク Webディレクター WEBデザイナー Webデザイン Webマーケティング Women's Career WordPress XJAPAN Youtuber お笑い お笑い芸人 はあちゅう やくみつる アイアールジャパン アピール アフィリエイト アプリケーション アプリケーションエンジニア アプリ開発 アメーバピグ アンタッチャブル イケダハヤト イベント インターネット インターネットメディア インターン インターンシップ インテリジェンス インフラエンジニア、ネイティブエンジニア ウェブクルー ウェブサービス ウェブディレクター ウェブデザイナー ウェブデザイン エイチーム エウレカ エクセリ エンジニア エントリーシート エンファクトリー オプト オヤカク カカクコム カレー ガイアックス キャバクラ キャリア キャリアパス キャリアプラン キャリア志向 キュレーション キュレーションメディア キングコング ギークス ギークスジョブ クラウドソーシング クラウドソーシングサービス クラウドワークス クラウド会計 クリークアンドリバー グッドポイント診断 グラフィックデザイナー グループディスカッション ココナラ コミュニケーション コーディング コードキャンプ コーポレーション コーポレート部門 ゴールドマン・サックス サイバーエージェント サイボウズ サッカー サーバーサイドエンジニア シェアリングエコノミー システムエンジニア システムマネージャー システム開発 シャープ シリコンバレー ジオス スキルアップ スクール スケジュール スケジュール管理 スタートアップ スポーツ推薦 スマートフォン セブンイレブンジャパン セレッソ大阪 タイムズカー タクシー運転手 チケットキャンプ テスト対策 テックアカデミー テレビ朝日 ディレクション ディレクター デザイナー デザイン デジタル デジタルハリウッド ドットインストール ドメイン ドワンゴ ナイアンテック ネイティブアプリ ネイティブアプリ開発 ハリウッド バックオフィス ビジネススキル ビジネス英語 ビズリーチ ビットアイル フォルラン フリーランス フリーランスの勉強 フリーランスの口コミ・評判 フリーランスエンジニア フロントエンド フロントエンドエンジニア フンザ ブラックマヨネーズ ブラック企業 プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロジェクトマネージャー プロデューサー プロ論 ヘテムル ベルサール渋谷 ベンチャー ベンチャー企業 ペアプログラミング ホームページ制作 ボストンキャリアフォーラム ポケモン ポケモンGO マイナビエージェント マイナビ転職 マイナンバー制度 マスコミ マナー マネジメント マネージメント マネージャー マリッサメイヤー マークアップエンジニア ミスマッチ ミス・パリ ムームードメイン メディア企業 メーカー モルガンスタンレー ライター ライティング ライフイベント ランサーズ ランチ ラーメン リクナビ リクナビNEXT リクナビネクスト リクルート リクルートエージェント リクルートキャリア リンクトイン リーダー リーダーシップ レッグス レッドブル レバテック レバテックキャリア レバテックフリーランス レバレジーズ レバレッジーズ ワイヤーフレーム ワークスアプリケーションズ 三宅洋平 三菱自動車 上場企業 不動産投資 世界一周 中途入社 事務職 事業 事業売却 事業責任者 京都 人事 人事の目線 人生 人間性 人間関係 任天堂 任天堂株式会社 企業 保育士 健康 内定 内定率 内定直結 内定辞退 出版社 制作会社 副業 労働生産性 動画 協調性 参院選 受託案件 受託開発 合同説明会 合説 名刺制作 和食 商社 営業 営業スキル 営業マン 外資系 外資系企業 大企業 大学生 大阪 女性 子育て 学習塾 定年後 富士通 寿司 専門学校 就活 就活イベント 就職 就職活動 履歴書 年収 広告代理店 役員面接 情報サイト 慶応SFC 投資家 採用 採用担当 採用活動 提案資料 揚羽 放送作家 教師 教育 新しい働き方 新卒 日本一周 日本企業 日本女子体育大学 日本経営 書類 書類選考 最高技術責任者 服装 未経験 東京 東証一部 株式会社ガイアックス 梅木雄平 業界分析 楽天 模擬面接 欅坂 歯科助手 残業 求人情報 渋谷 無い内定 特技 留学 発注 目標設定 磯崎 社長 福利厚生 福岡 経営者 経理 結婚 給料 絵本作家 総会 編集 職務経歴書 肉リーチ 自己PR 自己分析 英会話 藤田晋 衆議院議員 複業 西野亮廣 証明写真 評価 評価制度 説明会 議員 資格 起業 起業のファイナンス 起業家 趣味 転職 転職の不安 転職エージェント 転職サイト 転職フォーラム 転職成功事例 逆求人フェスティバル 選挙 選考 金融 長期インターン 電機メーカー 青山学院大学 非公開求人 面接 面接官 面接対策 養育費 高嶋美里 鶏肉 このページの目次• カケハシboarding(カケハシボーディング)とは カケハシboarding(カケハシボーディング)は、離職社員を一人でも少なくするために必要なサービスとして多くの信頼を集めています。 具体的なサービス内容は、潜在的な課題を早期に見つけることです。 一人一人によって異なる個性や特徴を見極め、適切なアドバイスや助言を行います。 社員のやりがいや貢献感などを定期的にヒアリング また、社員のやりがいや貢献感などを定期的にヒアリングすることで、離職につながるサインや兆候をいち早く掴むことに努めます。 そして、それらの結果を基に必要な対策や改善策を提案しているのです。 離職や退職を防ぐ目的 「自らの夢を叶えたい」などの夢や希望を持って会社に就職するものの、現実の厳しさに直面することで、直ぐに離職や退職などに追い込まれるケースが多いのも現代社会の特徴ではないでしょうか。 そのような事態を未然に防ぐためのサービスを提供しているのが、カケハシboarding(カケハシボーディング)です。 カケハシboarding(カケハシボーディング)の料金 カケハシboarding(カケハシボーディング)を利用する際にかかる費用も気になるところでしょう。 その具体的な費用については、それぞれのユーザーによって異なるのが実態ですが、平均すると社員1人当たりの費用が40円というリーズナブルな金額です。 「キャンディー1つの費用負担で済む」といっても決して言い過ぎではないといえるのではないでしょうか。 初期費用は、基本的に13万円程度 カケハシboarding(カケハシボーディング)のサービスを利用する際の初期費用は、およそ130,000円です。 この初期費用については、会社の規模に関係することなく、原則として一律となっているのも特徴といえるでしょう。 130,000円というと、「高い」という印象を持つ人もいるかもしれません。 しかしながら、カケハシboarding(カケハシボーディング)が提供するサービスを利用することで、相次ぐ離職や退職を食い止めることができるのであれば、決して高くはありません。 1人の社員を確保するためにかかる採用コストと比較すれば、極めてリーズナブルといえるのではないでしょうか。 月額料金 従業員数が500名までの企業月額19,800円、500名を超えて1,000名まで29,800円 カケハシboarding(カケハシボーディング)の月額料金は、抱える従業員数によって若干異なります。 従業員数が500名までの企業であれば、月額19,800円であり、500名を超えて1,000名までは29,800円となっています。 いずれにおいても、提供されるサービス内容から見れば、安価な料金です。 なお、従業員数が1,000名を超える場合でも相談に応じてくれます。 その他の費用 カケハシboarding(カケハシボーディング)が多くのユーザーに恵まれているのも、初期費用と月額料金だけで有用なサービスを受けることができるからです。 基本的には、その他の費用が発生することはなく、導入する企業にとっても安心といえるでしょう。 カケハシboarding(カケハシボーディング)を利用している従業員・社員の利用者数と利用している会社の社数 カケハシboarding(カケハシボーディング)のサービス導入に踏み切った会社の顔ぶれを見ても実に多岐にわたっています。 スタートアップから大企業まで利用している 日本を代表するような大企業はもとより、成長が著しい新鋭企業やスタートアップ企業、ベンチャー企業にまで広がりを見せているのです。 それだけ、カケハシboarding(カケハシボーディング)の果たす役割の大きさに注目が集まっているともいうことができます。 従業員の人数 カケハシboarding(カケハシボーディング)が手掛けるサービスを使っている従業員の人数については、各会社によって大きなバラつきがあるというのが実態ではないでしょうか。 従業員数が5人という中小企業もあれば、1,000人を超えるようなマンモス企業も少なくありません。 会社規模に合わせて利用できる カケハシboarding(カケハシボーディング)が支持を集めるのも、それぞれの会社の規模に合わせての取り組みができているからということもできます。 拡大を続けている理由の一つといえるでしょう。 利用している社数 カケハシboarding(カケハシボーディング)の公式サイトには、既に3,000社を超える会社の利用があるとされています。 具体的な企業の名前については、明らかにされていませんが、その数の多さには驚かされます。 起業や独立開業して間もないスタートアップ企業から日本を代表するような大企業に至るまでに利用されているからこそ、ここまで話題を集めることになっているのではないでしょうか。 カケハシboarding(カケハシボーディング)の特徴 ここまで急成長を遂げてきたカケハシboarding(カケハシボーディング)ですが、これだけの人気を誇るのは、それだけの理由があることは間違いありません。 その理由についても気になるところではないでしょうか。 カケハシboarding(カケハシボーディング)が提供するサービスは、従前の日本社会では注目されることはありませんでした。 それぞれの企業が抱える従業員の思いや仕事に対するモチベーションアップに取り組むことの重要性が取り上げられるようになったことで、話題を集めることになったのです。 見逃せない離職や退職のサイン 社員の離職や退職のリスクを最小限にする カケハシboarding(カケハシボーディング)の最大の特徴として挙げられるのが、社員の離職や退職のリスクを最小限にすることができる点にあります。 取り立てて説明する必要もありませんが、毎日の仕事をこなす上では、たくさんの人と関わる必要性が生じてきます。 人間関係のトラブルや心配事などにいち早く気づいて声をかけてあげることで、そのリスクを最低限に抑制することも可能です。 社員の毎日の心と体の状態記録や定期的なアンケートなどを行い、社員の仕事や会社に対してのモチベーションの変化などにも注視しています。 劇的に変わる労働環境 職場環境の改善に利用 企業が成長していくためには、当然ながら、会社を支える従業員の果たす役割が大きくなるといえるでしょう。 カケハシboarding(カケハシボーディング)では、会社の屋台骨を支える従業員に着目することで、職場環境を良くすることに注力しています。 HRテクノロジーを有効活用できるのも、カケハシboarding(カケハシボーディング)の強みです。 人工知能やビッグデータなどの最新のテクノロジーを使って人材管理や採用管理、組織マネジメントを行っています。 社内の雰囲気を良好にする カケハシboarding(カケハシボーディング)が目を付けたのが、社員同士のコミュニケーションの重要性です。 とりわけ、グループや班、部署などの垣根を超えての円滑な人間関係の構築です。 「社員同士のコミュニケーションは社員に任せておけばよい」という考え方をしていれば、社内の雰囲気が良くなることはありません。 カケハシboarding(カケハシボーディング)では、業務理解や専門スキルの付与、新たな目標の設定などを行っています。 カケハシboarding(カケハシボーディング)の口コミ・評判 カケハシboarding(カケハシボーディング)の評判や口コミを見てみると、ポジティブな内容のものが圧倒的に多いというのが一目瞭然です。 導入する前には、離職者や退職者が一向に減らない現状を嘆くケースが多かったものの、サービス導入後には、その状況に歯止めがかかったなどという喜びの声も多くあがっています。 「資料を見ただけではわからなかったが、利用することで効果が理解できた」などの人事担当者からの率直な声も聞かれます。 カケハシboarding(カケハシボーディング)の運営会社 株式会社カケハシスカイソリューションズが運営 カケハシboarding(カケハシボーディング)の運営を手掛けるのは、株式会社カケハシスカイソリューションズです。 設立は2011年6月であり、まだまだスタートしてあまり年月が経過していないというのが現実といえるでしょう。 社員にとって働きやすい環境を作り上げること 株式会社カケハシスカイソリューションズが取り組んできたのは、社員にとって働きやすい環境を作り上げることです。 以前には目を向けることがなかった良好な人間関係や円滑なコミュニケーションを重視することに努めてきたのです。 そして、その取り組みが徐々に実を結んでいます。 株式会社カケハシ スカイソリューションズの会社情報・概要 運営会社 株式会社カケハシ スカイソリューションズ 事業内容 離職防止・定着支援ツール「カケハシboarding」の企画・開発・運営・販売 代表取締役 代表取締役社長 中川 智尚 資本金 6,000万円 従業員数 89名 会社URL 人事管理システムに関連するサービス.

次の