プロテイン 燃焼。 ソイプロテインは危険!飲んだらいけない5つの理由

ダイエットにおすすめのプロテイン人気ランキング15選【飲み方アドバイスも】

プロテイン 燃焼

プロテインを飲むメリットは? そもそも「プロテインとは何か?」というと、英語で「タンパク質」のことになります。 タンパク質は体をつくる上でスポーツをする方ばかりでなく、スポーツをあまりしていない人にとっても大事な体をつくる成分なのです。 スポーツなどアクティブに体を動かす方の場合、タンパク質が不足するとケガや筋肉ダメージへの回復が遅れてしまい、目標とする体づくりが難しくなってしまいます。 プロテインを飲んでいれば、効率的なタンパク質の先週が可能となり、それを継続することによって、理想の体へと近づくための材料がひとつ整うわけです。 プロテインの種類は? プロテインの種類は大きくわけて、動物性のホエイプロテインと植物性のソイプロテインがあります。 「ホエイ」とは牛乳に含まれるタンパク質の一種になります。 よくヨーグルトの容器を開けると、上澄みに液体があります。 これを「ホエイ(乳清)」と言いますが、この「ホエイ」に含まれるタンパク質がホエイプロテインになります。 「ホエイ」には他に、ミネラルや水溶性ビタミンも含まれています。 筋肉をつくるのに役立つ必須アミノ酸、BCAAも豊富に含まれおり、吸収がソイプロテインに比べて速いので、筋肉や体を大きくしたい人にオススメとなっています。 一方のソイプロテインは「ソイ」、つまり大豆から精製されており、アルギニンが豊富に含まれているというメリットから代謝へのサポートが期待できるのです。 ですが、ホエイプロテインに比べて吸収が遅いので、体のウェイトを増やさず、引き締めたい人にオススメと言えるでしょう。 どんな基準でプロテインを選ぶべきか? 体を大きくしたい&筋肉を増やしたい方は、ホエイプロテインを。 体を引き締めたい方は、ソイプロテインを試していただくといいでしょう。 また、パウダータイプやタブレット、プロテインバーなど多様なカタチで販売されていますが、効率よくプロテインが摂取でくるということでパウダータイプがもっともポピュラーであり、人気が高いのが現状です。 現在では、甘くて飲みやすいフレイバーが多いので、食事制限中の甘味として楽しむ人も多くなってきているようです。 お菓子感覚で手軽に摂取できるプロテインバーも近年人気ですがタンパク質量が少ないタイプが多いため、成分表示でタンパク質量を確かめたうえ、自身の目的に合ったものを選んでください。 【ホエイプロテイン】 人気のパウダープロテインはこれ! 明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味 プロテイン界の定番である「ザバス」のココア味は鉄板と言えるでしょう。 水もしくは牛乳で溶かして飲むのが一般的(プロテイン愛好家たちの間)ですが、「牛乳でとくと本物のココアのように美味しい」という声も多く集まっています。 これなら、つらいトレーニング後のご褒美にもなってくれそうです。 さらに1日2回(約42グラム)を目安に摂れば、アスリートが1日に必要とする7種のビタミンB群、Cを補うことができる配分になっています。 1スプーン32g当たり24gと極めて高いプロテイン割合が、その特徴となっています。 味の評判も高く、今後人気がますます高まることでしょう。 ケルンリスト(オリンピック・トレーニング・センター・ラインラントが発足したプラットフォームで、アスリートやその関係者が認証されたスポーツ栄養食品などを検索できるデータベー)認証商品なので、アスリートからも注目されるプロテイン。 「進化の実現には、継続が欠かせない」というコンセプトから、継続しやすいことにこだわるブランドです。 水だけで飲める利便性、一回ですくえるスプーンなど、細部にまで継続しやすい商品づくりの工夫が見られます。 4グラムとの表示 【ソイプロテイン】 人気のパウダープロテインはこれ! 明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味 ホエイ同様にソイプロテインでも人気が高いのが、「サバス」のココア味。 アスリートが1日に必要とされる7種のビタミンB群、Cも、ホエイプロテイン同様に配合されています。 ホエイプロテインもソイプロテインでもどちらもココア味が人気な結果から、味のクオリティの高さは間違いなさそうですね。 0グラムとの表示 ボディウィング ソイプロテイン 大豆特有のにおいが抑えられており、飲みやすさを追求したソイプロテインです。 砂糖や人工甘味料なし、さらに保存料・着色料なども加えていないので、余計なものを摂りたくない方におすすめです。 また大豆も、国産の非遺伝子組み換え大豆というこだわりぶり。 安心して飲めるソイプロテインと言えるでしょう。 6グラムとの表示 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 大豆タンパク質と食物繊維が配合されたソイプロテインになります。 さらにビタミン11種、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄)が配合されているので、体づくりだけでなく健康バランスを整えることも期待できるプロテインと言えるでしょう。 6g(無水物換算値15. 3g)との表示 自分の理想の体を実現するためには、信頼できる相棒が必要です。 そんなバディをここから見つけてください。

次の

頑固な体脂肪をアスリートの知恵で落とそう

プロテイン 燃焼

・カロリーカット系サプリ ・脂肪燃焼系サプリ この2つのうち、 脂肪燃焼系サプリは、特にこれまで本格的なスポーツ経験が少なく、どちらかというと運動が苦手だった方のダイエットにこそオススメできます。 従来、ダイエットといえば、ひたすら「食べない」事ばかりが強調されてきましたが、そんなやり方はもう時代遅れ。 「痩せた」のか「やつれた」のかわからないような不健康な痩せ方をするのではなく、ちゃんと運動をして筋肉もつけて、ヘルシーに痩せるのが本来のダイエットというものです。 しかし、これまで運動経験が少なかった方の場合、身体が運動に慣れていないために、たっぷり蓄えられた体脂肪をエネルギーに代える代謝経路が衰えている場合があります。 いわゆる「代謝が落ちた」という状態になっていると、運動をしても思うように脂肪を燃やせず、ダイエットも捗らないことも。 もちろん、運動を続けていれば代謝も上がってくるはずですが、 そこで脂肪燃焼をサポートする燃焼系サプリを組み合わせて活用することで、より効率的なダイエットを実現できます。 脂肪燃焼系サプリに使われる原料はいくつかあり、原料成分によって効果の出方や飲むタイミングも微妙に異なってきますので、今回は脂肪燃焼系サプリを原料成分から比較し、おすすめの燃焼系サプリも紹介します! 脂肪が燃える仕組み人間の身体には無数の脂肪細胞があり、食事によって吸収された脂質は 「脂肪酸」という状態に分解されて、脂肪細胞に取り込まれます。 この脂肪細胞から、脂肪酸が分解されて血液中に溶け出した状態を 「遊離脂肪酸」(ゆうりしぼうさん)と言います。 遊離脂肪酸は血液に乗って体中を巡り、エネルギーを必要としている細胞に取り込まれて燃焼します。 燃焼した脂肪酸は、最終的に水と二酸化炭素にまで分解されて、尿や呼吸で排出されていきます。 遊離脂肪酸の血中濃度は常に一定に保たれているので、身体を動かしてどんどんカロリーを消費すると、遊離脂肪酸を放出するために体脂肪の分解も進んでいくという訳です。 脂肪燃焼系サプリは、この一連の体脂肪燃焼の経路をサポートするために働いてくれます。 そんな脂肪燃焼系サプリに使われる成分と、効果の違いを順番に説明します。 体脂肪の分解を促す カフェイン カフェインにダイエット効果があることは、筋トレ好きの間では常識ですが、一般的には意外と知られていません。 カフェインを含むコーヒーやお茶を飲むと眠れなくなるというのは誰もが知っていますが、それはカフェインが交感神経を刺激して、覚醒効果をもたらすから。 交感神経が活性化すると、体脂肪の分解が促進され、遊離脂肪酸の血中濃度が高まります。 血液中にエネルギーをたくさん供給して、身体を活動的にする働きがカフェインにはあるのです。 体脂肪が分解されて遊離脂肪酸になったタイミングで、運動をすれば、分解された脂肪酸をどんどん燃焼できます。 しかも、交感神経が刺激されて身体が覚醒していますから、いつもよりエネルギッシュに動けるはず。 運動が苦手だった方も、身体に気合をいれて気分を盛り上げ、さらに体脂肪分解もサポートしてくれるカフェインが、まずは脂肪燃焼系サプリの代表格と言えます。 カフェインを使った燃焼系サプリのオススメ カフェインを取りたいならコーヒーやお茶でも大丈夫。 もちろんダイエットなら無糖が絶対ですが、ブラックコーヒーが飲める方なら、運動を始める前にコーヒー1杯を飲んでからしてみましょう。 コーヒーが苦手だったり、もっと十分な量のカフェインを摂りたい場合は、脂肪燃焼系サプリがオススメです。 NRショップの 『カフェテイン』は、その名の通りカフェインとプロテインをミックスしたサプリ。 最近は女性でもダイエットのためにプロテインを飲むのが当たり前になってきていますが、そのプロテインにカフェインをプラスした一石二鳥のサプリとなっています。 ただし、カフェテインは1杯でタンパク質5.5gなので、あくまで気休め。 トレーニング前の栄養補給として考えてください。 カルニチンの働きは、血液中の遊離脂肪酸が細胞に取り込まれるのを助けること。 具体的に言うと、遊離脂肪酸は細胞内のミトコンドリアという小器官に取り込まれて燃焼します。 しかし、脂肪酸はそのままではミトコンドリアの中に入れず、カルニチンと結合することで初めてミトコンドリアに取り込まれて燃焼できるのです。 つまり、カルニチンが無ければいくら運動しても体脂肪は減りません。 (その前にエネルギー不足で運動出来なくなりますが…) カルニチンは、普段から運動しているようなアスリートが飲んでもエネルギーが増えたりする効果は無いことがわかっていますが、逆に運動不足だったり加齢で代謝が落ちたと感じる方は、サプリでカルニチンを補給することで脂肪の燃焼効率が上がる場合もあります。 運動によるダイエット効果を感じにくくなってきた年齢の方には、カルニチンの脂肪燃焼系サプリがおすすめです。 カルニチンを使った燃焼系サプリのオススメ カルニチンは、脂肪燃焼系サプリとしては知名度が高く、ドラッグストアなどでも安価なサプリがたくさん売っています。 とりあえず始めてみたいという場合は、安いカルニチンサプリでも全然OK。 まずは運動をサボらずゆっくりでも続けることが重要です。 そこから1ランク上の成果を目指すなら、亀山堂の 『コレスリム』という燃焼系サプリがオススメ。 カルニチンとカフェイン、ギムネマ、アマニ油などオールインワンなダイエットサプリになっています。 特に代謝が落ちてきた方にはこのくらいの方がおすすめですね。 カプサイシンもカフェインと同じように交感神経を刺激して覚醒作用がありますが、その他にも褐色脂肪細胞を活性化するという働きも確認されています。 脂肪細胞には、エネルギーの備蓄を担う白色脂肪細胞と、脂肪酸を燃焼させて熱を生み出す褐色脂肪細胞の2種類があります。 唐辛子など辛いものを食べると、身体がポカポカしてきますよね。 あれは、カプサイシンが褐色脂肪細胞を刺激して熱産生を高めるためと考えられています。 人間の体温を生み出すのに、筋肉だけでなく褐色脂肪細胞も大きな働きをしているんです。 褐色脂肪細胞は血液中の遊離脂肪酸を取り込んで燃焼させてくれるため、カプサイシンによって褐色脂肪細胞が活性化することで脂肪燃焼にも寄与すると言われています。 カプサイシンを使った燃焼系サプリのおすすめ カプサイシンを摂りたいなら唐辛子を沢山食べればいいかというと、それは危険。 そのまま食べると胃腸への負担が強すぎるし、唐辛子料理は大抵油が大量に使われているので高カロリーです。 カプサイシンを燃焼系に活用したいなら、サプリメントに頼りましょう。 ネイチャーシードの 『スリムバーン』は、カプサイシンの他にもブラックジンジャー、フォルスコリン、プロリンと4種類のメラメラ成分をミックスした燃焼系サプリです。 刺激の強い食材をそのまま食べるより、サプリに加工することでマイルドに摂取できます。 燃焼系サプリで運動の効果を高めたいなら、オススメの商品ですよ。 カプサイシンの飲むタイミングカプサイシンは、カフェインと同様に運動の1時間~30分前に飲んでください。 カプサイシンやジンジャーエキスには血行促進効果もあるので、運動に備えて全身の血流を増やし、体温を高めてウォームアップにも。 カフェテインとの違いは、タンパク質等が含まれておらず、少なからず刺激があるので、あまりにも空腹のときは避けるようにしてください。 脂肪燃焼系サプリで上手にダイエットしよう 体脂肪の分解、そして分解された脂肪酸の燃焼をサポートする燃焼系サプリは、特にこれまで運動が苦手だった方におすすめのダイエットサプリです。 身体の機能は、使えば使うほど成長し、使わなければ衰えていきます。 体脂肪を燃焼させる機能さえ衰えるために、運動をしても痩せにくい、すぐに疲れて続けられないという事態が起こります。 そのときに、脂肪燃焼系サプリを活用して、少しでも効率的にダイエットを進めていきましょう。 ただし間違えてはいけないのは、脂肪燃焼系サプリはあくまでも 「運動が前提」だということ。 飲むだけで痩せる魔法の薬は存在しません。 出来る範囲で運動習慣を付けること。 決まった時間にウォーキングやジョギングをしたり、ジムに行ったり、家で筋トレやエクササイズDVDをしたり。。 そういった運動に合わせて燃焼系サプリを活用する。 運動習慣はダイエットだけでなく、老化防止にも必須。 今のうちから、苦手を克服してヘルシーな健康美を手に入れましょう。 ブログランキング参加しています。 役に立ったと思ったらポチッとお願いします!.

次の

頑固な体脂肪をアスリートの知恵で落とそう

プロテイン 燃焼

最近ではアスリートやウェイトトレーニング(筋トレ)をする人だけでなく、身体作りの一環として「プロテイン」を飲む機会が増え、コンビニやドラッグストア、ネットショップなど手軽に入手できるようになってきました。 しかし、「いつ飲めばいい?」「1日にどれくらい必要なの?」など、疑問もさまざま。 そんなプロテインに関する素朴な疑問を、管理栄養士・ジョギングインストラクターの深野祐子先生やトレーナー陣に伺い、まとめました。 プロテインとは「タンパク質」のこと 「プロテインとは、三大栄養素のひとつ『たんぱく質』のこと。 ムキムキになるサプリメントでもなければ、飲むだけで筋肉がつく粉ではありません。 たんぱく質は筋肉だけでなく、皮膚や髪の毛、爪などをはじめとしたカラダの材料となり、酵素や免疫力の働きにも大きく関わるなど、人間にとって欠かせない栄養素です」(管理栄養士・ジョギングインストラクターの深野祐子先生) プロテインの種類 ホエイプロテイン ホ牛乳から作られているプロテイン。 吸収速度が速いことが特徴で、筋肉づくりに効果が高いとされます。 そのため、一般的に販売されている多くの商品はこのホエイプロテインです。 ホエイは牛乳由来の動物性プロテインで、筋肉量を増やしたい、またはキープしたい人におすすめ。 消化吸収に優れているため、筋トレ前後や起床後、間食に摂ると効果的です。 より カゼインプロテイン ホエイプロテインと同様、牛乳から作られるプロテイン。 吸収速度がゆっくりしており、腹持ちがいいためダイエット時に多く活用されます。 カゼインプロテインは牛乳由来のプロテイン。 スタミナが必要な運動時の摂取におすすめ。 消化吸収がゆっくりで、間食や寝る前などに飲むとよいでしょう。 より ソイプロテイン 大豆から作られています。 大豆に含まれるイソフラボンが摂取できるため、女性向けに作られるプロテインの多くはソイプロテインです。 食物繊維が豊富なため吸収速度がゆっくりで、ダイエットにも活用されます。 ソイプロテインは大豆由来の植物性プロテイン。 消化吸収は穏やかで脂質も低いため、間食や寝る前などにぴったりです。 男女問わず、食事コントロール中の人や乳製品でお腹を壊す人、血中脂質が気になる人におすすめです。 より どんなプロテインを選べばいい? 筋力アップ、ウエイトを増やしたい人 糖質が一緒に取れるウエイトゲイナー系のプロテインがおすすめです。 たんぱく質と一緒に糖質が多く含まれているのが特徴で、手軽に摂取カロリーを増やすことができます。 海外製のものでは1回の摂取で900~1200kcalも摂れる商品もあり、このようなプロテインは世界中のハードゲイナーの人たちに活用されているのです。 より 有酸素運動をしている人 ビタミンやミネラルが入っているプロテインがおすすめです。 運動して痩せたい人 低糖質・低脂質のものや、ビタミンとミネラルが一緒に摂取できるプロテイン、ソイプロテインがおすすめです。 飲むタイミングとおすすめの種類は? 運動後30分以内 吸収の早い「ホエイプロテイン」がおすすめです。 就寝前、朝食や間食 吸収がゆっくりで、腹持ちのよい「ガゼインプロテイン」「ソイプロテイン」がおすすめです。 「1日の食事のエネルギー量がそもそも不足していると、せっかくプロテインを飲んでも体作りではなく、ただエネルギーとして消費してしまうので、食事はきちんととるようにしましょう。 タンパク質は一度に大量に摂取せずこまめに体へ補給すること、体づくりのための休養をとることが重要です!」(管理栄養士・ジョギングインストラクターの深野祐子先生) プロテインを飲むと太る? たんぱく質は、1gあたり約4Kcalのエネルギー。 飲み過ぎると単純にカロリーオーバーになって太る可能性もありますし、たんぱく質をあまりに多量摂取しすぎると、使われないたんぱく質は脂肪に蓄えられます。 1日に必要なタンパク質量を目安にして摂取しましょう。 「タンパク質は、糖質や脂質に比べると、食べて貯められる量に限りがあります。 上限を超えると肝臓で分解され腎臓から排出される(摂りすぎが臓器に負担をかける可能性があるといわれているのはこのためです)ので、太りにくいイメージで捉えている方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、運動による刺激がない(足りない)状態でプロテインを飲むと、使われないタンパク質は脂肪に蓄えられるため太る可能性は高いと言えます」 より 避けた方がいい飲み方は? 摂りすぎると脂肪として蓄積されてしまう可能性があります。 5g=97. 5g)のたんぱく質量を目安としましょう。 お肉や魚にもたんぱく質は含まれているので、食事と一緒にプロテインを飲んでしまうと、1食あたりのたんぱく質が過多となり、栄養として吸収しきれず、脂肪として蓄積されてしまう可能性があります。 より 1日に必要なタンパク質量の目安 厚生労働省の日本人の食事摂取基準によると、成人男性は1日60g、成人女性は1日50gのたんぱく質摂取が推奨されています。 ほか、運動状況に応じて以下を参考に摂るとよいでしょう。 なにも運動していない人 体重1kgあたり0. 8~0. 9g(体重60㎏の人なら48~54g) フィットネスなど軽い運動をしている人 体重1kgあたり1. 2~1. たんぱく質含有率とは、摂取したプロテイン量の中にどのくらいたんぱく質が含まれているかを表した数値。 たんぱく質含有率が高ければ、少ない摂取量でも多くのたんぱく質が摂れるということになります。 一般的なプロテインだと、栄養成分表のたんぱく質量が15g~20g前後であることが多いので、そのあたりのたんぱく質量を選ぶとよいでしょう。

次の