チェスト ドレーン バック。 胸腔ドレーンの仕組みー三連ボトルシステムについて

胸腔ドレーンの仕組みー三連ボトルシステムについて

チェスト ドレーン バック

『・・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は チェスト・ドレーン・バック(分離型)について説明します。 編著 獨協医科大学医学部第二外科教授 〈目次〉• チェスト・ドレーン・バックの使用部位・適応• 胸腔内ドレナージ:肺切除術、開胸を伴う手術、開胸を伴う脊椎手術• 胸骨下、心ドレナージ:開心術 チェスト・ドレーン・バックの各部の名称と機能 チェスト・ドレーン・バックの使用手順 1 水封室への注水(水封止-ウォーターシール)• 2 吸引圧制御ボトルへの注水(吸引圧設定)• 3 ボトルの接続、金具取り付け• 使用しないほうは閉じる。 4 気密性の確認• 5 接続・固定• 6 吸引• 7 排液ボトル交換• チェスト・ドレーン・バックの保守・点検 一般のディスポーザブル製品の取扱いに準じる。 チェスト・ドレーン・バックの使用上の注意• 胸腔内の強陰圧を空気注入にて解除する場合は、滅菌フィルターをつけたシリンジで行う。 吸引源のスイッチを入れる前に、吸引圧のレベルを最低にしておく。 スイッチを入れたら圧を徐々に上げ、吸引圧設定ボトル内の水に泡が発生したところで固定する。 ドレナージ期間が長くなると吸引圧制御ボトル内の水が蒸発し、設定圧より低くなるため、注水する必要がある。 この際、吸引中に空気導入口から注水すると、吸引源の圧が直接胸腔内に働き危険となる。 注水する場合は必ず、連結コネクターを連結コネクターの差込口から外す(または胸腔ドレーンをクランプする)。 吸引中に大量の検体採取を行うと、が低下するおそれがあるので避ける。 空気導入口は指等で塞がない。 本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

次の

胸腔ドレーンの基本的な仕組み(チェスト・ドレーン・バック)とは?また看護における観察ポイントって?|ハテナース

チェスト ドレーン バック

胸腔ドレーンは気胸と胸腔内ドレナージの両方の目的で挿入される為、目的の違いを確認しておく事が必要 必要物品・準備 胸腔ドレーン挿入時• 胸腔ドレーン• 低圧持続吸引器と滅菌蒸留水• 消毒セット、縫合セット、局所麻酔薬、滅菌ガウンと滅菌手袋、滅菌ドレープなど 胸腔ドレーン管理• 必要に応じて、固定テープ、聴診器、クランプ用鉗子 方法 胸腔ドレーン挿入時• 挿入に適した体位(仰臥位で挿入側の上肢を拳上する)をとる• 挿入部を消毒し、滅菌ドレープをかける• 局所麻酔を行う• 胸腔ドレーン(トロッカーカテーテル)を挿入する• ドレーンと低圧持続吸引器を滅菌操作で接続する(ウォーターシール部は予め滅菌蒸留水で満たしておく)• 排液の有無とエアリークの有無を確認後、縫合する• 挿入部にドレッシングを行い、固定用テープで固定する• ドレーンの先端をX線画像で確認する• バイタルサインとともに排液量や性状、皮下気腫やエアリークの有無、呼吸音の左右差、疼痛などを観察する 胸腔ドレーン管理• 患者に胸腔ドレナージの目的と注意点を十分説明する• 体動・移動方法について具体的な説明を行う• ドレーン部位の圧迫を避けるため、過度の屈曲は避ける• 逆行性感染を防止するため、排液バックはドレーン挿入部よりも常に低い位置に置く• チューブが閉塞しかけている場合は、適宜ミルキングを行う• 感染予防のため、最低1日1回は無菌操作で包帯交換を施行する 観察項目 胸腔ドレナージユニットの観察• 設定圧• 呼吸性移動(呼吸に伴って水封室の水面が上下する)の有無• エアリークの有無• ドレーンの屈曲・閉塞の有無• 正しい高さ(胸腔ドレナージバックは身体よりも20㎝以上低くする)に設置されているか• 確実に固定されているか(患者とドレーン、ドレーンと接続バック)• 吸引圧制御ボトルの水位が下がっている場合には、水を補充し、指示通りの吸引圧が保てるように確認・管理を行う• 粘ちょう度の高い排液や組織片などの混入がある場合にはドレーンが閉塞しやすいので、ドレーン内を確認し適宜ミルキングを行う 胸腔ドレナージユニット 観察のポイント 患者観察• バイタルサイン 発熱• 検査データ 白血球値上昇、CRP上昇• 挿入部位の感染兆候(創部の発赤・疼痛・びらん・熱感・搔痒感、ガーゼ上の膿、漿液、異臭の有無など)• 逆行性感染の兆候(排液の透明度の変化・浮遊物の有無・混濁など)• 胸部症状、呼吸音の変化、呼吸苦• 皮下気腫の有無や変化• 出血量の変化• 睡眠状況• 呼吸状態:呼吸音・呼吸回数・呼吸パターン・呼吸困難の有無と程度・SpO2・ 胸部X線による胸腔内のエアと貯留液の量など• 循環動態:意識レベル・脈拍・血圧など アセスメント• 水封室に連続的な気泡がみられる場合、患者の胸腔内か、胸腔ドレナージユニットのどこかでエアリークが起きている• エアリークを認めた場合、どこで起きているかを見極める• 感染兆候が認められた場合、すみやかにリーダーや医師へ報告し適切な処置を行う 排液から分かること 気胸の場合• 【血性】 ドレーン刺入の際の血管損傷を疑う• 【膿瘍】 膿胸合併の可能性を疑う 胸水の場合• 【血胸】 外傷や自然気胸に合併することが多い 出血に伴う血圧低下を考慮し、バイタルサインの変化に注意する• 【膿胸】 排液の量、色調、においなどの変化を観察する 感染がベースにあるため、全身状態や発熱の有無を確認する 排液量の変化• 【排液量が急に増えた時】 混濁、血性、膿性など、しょう液性など、排液の性状を確認する• 【排液量が急に減った時】 ドレーンの詰まり、曲がり、ねじれ、折れなどを確認する ドレーンの詰まりがある場合は、必要に応じてミルキングを行う 排液の性状の変化• 一般的に、術後ドレーンは血清からしょう液性へ、膿胸等の場合は膿性からしょう液性へ変化する• 【これ以外の変化がある場合は、何らかの問題を疑う】 しょう液性排液から乳び胸水(白濁胸水)に変わった場合:胸管の損傷を疑う しょう液性排液から血性排液に変わった場合:胸腔内の出血を疑う 感染兆候の確認 排液が、しょう液性液体が膿性液体に変わった場合• 逆行性感染、胸腔内部の感染巣発症を疑う• 適切な抗菌薬の使用、胸腔洗浄などを検討するため、医師やリーダーに報告する ドレーン挿入部の発赤・腫脹・排膿の有無・発熱状態・採血データ(CRP・WBC)も、感染兆候の指標となるため、適切な観察を行う エアリークの確認 エアリークとは• 胸腔内に貯留していた空気が脱気されること• 胸腔ドレーンバッグ内の水封室に「ポコポコ」と空気が流入することで確認ができる エアリークの量が増えた時• ドレーンの回路のどこかで接続不良が起きている可能性がある 注意点• 胸腔内は無菌状態であるため、ドレーンの挿入、ドレーンの管理とも無菌操作が必要• 胸腔内に感染が起こると重篤な経過を辿ることが多い• 胸腔ドレーン挿入時には、出血性ショック、排液の異常流出などのリスクがある• ドレーン挿入中のバイタルサインの異常(血圧低下、脈圧減少、頻脈など)が生じた場合は、迅速な対応が必要になる.

次の

胸腔ドレーン看護管理⑸ウォーターシールの看護はここをチェック【ウォーターシール管理】

チェスト ドレーン バック

1、胸腔ドレーンとは 胸腔ドレーンは、気胸、開放性気胸、緊張性気胸、血胸 けっきょう 、血気胸 けっききょう などの際に行われる治療法 「胸腔ドレナージ」で用いられるチューブのこと。 通常、胸腔ドレーンは第5〜6肋間の前〜中腋下線から挿入され、胸腔に溜まった空気や血液などを体外に排出するために用いられます。 常に圧を下界より低く保っていなければ呼吸障害が現れることがあるため、綿密な準備や管理が必要。 細心の注意を持って扱わなければいけません。 1-1、胸腔ドレーンの目的 胸腔ドレーンは主に胸腔内に溜まった空気を体外に排出させるために用いられますが、手術などにより、滲出液、分泌液、血液が貯留した場合、胸水発生時にも用いられます。 また、排気・排液だけでなく、胸腔内の陰圧を回復させる役割も果たします。 呼吸は横隔膜と肋間筋の動きにより胸腔内圧を下げることにより、肺に空気が入るようになっていますが、気胸時には圧が乱れ、肺が収縮することから呼吸障害を起こします。 腹腔ドレーンを用いることで、胸腔内の陰圧が保たれ、正常な肺の機能を取り戻すことが出来るというわけです。 1-2、気胸とは? 胸腔ドレナージを必要とする病気に 「気胸」が挙げられますが、気胸とは肺に穴が開いた状態(病態)のことを言います。 ひとえに気胸といっても原因は様々あり、大別すると「自然気胸」、「外傷による気胸」、「生理による気胸」の3種類に分類されます。 主に、10代~30代の痩せて胸板の薄い男性に多く発生し、原因は未だ解明されていません。 肺がんや肺気腫のような病気でも発生することがありますが、これも外的な要因ではないため、自然気胸に分類されています。 なお、これは「続発性自然気胸」と呼ばれています。 これは「月経随伴性気胸」と呼ばれ、主に右肺に起こります。 1-3、胸水とは? 胸水とは、胸膜腔に液体が異常に溜まった状態のことを言います。 胸水が生ずる原因としては、心不全、肺不全、肝硬変、肺炎などの病気に加え、外傷や感染症など多岐に渡ります。 なお、胸水は「漏出性胸水」と「滲出性胸水」に大別されます。 中でも心不全から生じる割合が圧倒的に多く、全体の70%を占めています。 2、胸腔ドレーンの仕組み ただ単にチューブを挿入するだけでは人工的に気胸を作っているだけであり、胸腔内の空気や血液を体外に排出することができません。 そこで使用される一種の装置があり、これを「チェスト・ドレーン・バック」と呼びます。 水封室内には水位2cmほどの水が入っており、呼吸によって水位が上下します。 この水位の変動は「呼吸性移動」と呼ばれており、チューブがきちんと開存して胸腔内と繋がっているかを確認する観察項目となります。 また、空気漏れ(エアリーク)が起こった際にブクブクとした気泡が発生するなど、胸腔ドレーンに際する多くの異常は水封室で確認できます。 大気吸引口先端から持続的に気泡が出るまで吸引圧を調整します。 持続的に気泡が出る強度の範囲が陰圧の適正値に設定されています。 この強度の範囲が適正でない場合には、肺や胸壁を損傷させる危険性があるため、必ず少量の気泡が持続的に発生するよう調節しなければいけません。 3、胸腔ドレーンの挿入方法 胸腔ドレーンを留置するためには手順に沿った方法で施行しなければなりません。 また、留置後の不具合を起こさないため、感染症の確実に予防するためにも適切に挿入する必要があります。 その手順を以下に記載します。 挿入側の上肢を拳上するなど適した体位をとる• 挿入部を入念に消毒した後、滅菌ドレープを塗布する• 挿入部周辺に局所麻酔をする• 胸腔ドレーン(チューブ)を挿入する• 低圧持続吸引器とドレーンを滅菌操作で接続する• 排液やエアリークの有無を確認した後、縫合する• 挿入部にドレッシングを行い、固定用テープで固定する• ドレーンの先端をX線画像で確認する• バイタルサイン、呼吸音の左右差、皮下気腫、エアリークの有無など細かく観察する 4、胸腔ドレーンの観察・管理 胸腔ドレーンは留意するため、正常に動作しているか、患者に異常はないか、毎日観察する必要があります。 また、感染症や合併症を予防するための管理も不可欠です。 詳しくは、「」をお読みください。 4-4、呼吸性移動とエアリークの関係性 呼吸性移動とは、呼吸に合わせて水封室の水の高さが上下する水位動きのことを指し、エアクリークは肺の穴もしくはドレーンの接合不一致による空気漏れ(ブクブク泡の発生)のことを指しますが、これらは異常に関する有益な観察項目となります。 どちらも水封室において観察でき、互いに相関関係(正常・異常の関係)が存在します。 呼吸性移動とエアリークの組み合わせは以下の通りになります。 各部位をチェックする必要があります。 屈折箇所がないか確認しましょう。 排液の逆行性感染の予防のためにクランプが必要という情報がネット上に見られますが、フルクテーションが大きくない限り逆流は起こりません。 また、長時間のクランプは緊張性気胸の原因になるばかりか、肺合併症を併発する恐れがあるため、持続吸引状態を維持します。 歩行の際には、倒れて逆流が起こらないよう胸腔ドレーンを並行にし、患者さんより下に維持しておく必要があります。 その場を離れず、ナースコールもしくは助けを呼びましょう。 当該発生後の処置としては、医師の指示のもと、抜去・再挿入または治療を行います。 胸腔内で感染が起こると重篤な状態に陥るため、確実な無菌操作が必要です。 看護師側だけでなく、患者さんにも入念に説明しておくことが大切です。 5、胸腔ドレーンの抜去 まず、ドレーンを抜去する前に、抜去が可能かどうか、抜去後に問題は生じないかを判断する必要があります。 これらの判断は医師・看護師、双方がしっかり確認して異常がなければ医師の指導のもと抜去を行います。 まずは、肺が完全に広がっていることをレントゲン写真で確認し、各病状における判断に移ります。 固定糸を切断する• 息を止めてもらう• 抜去・縫合する• レントゲン撮影を行う 5-3、抜去後の観察項目 自然気胸などの場合、ドレーン抜去後はすぐ退院になりますが、病気などにより継続入院が必要な場合、看護師は抜去後にもしっかりと患者さんを観察し、異常が起きた場合には迅速に対処しなければいけません。 病態により観察項目は異なりますが、以下の項目が観察において重要な点となります。 呼吸の状態(呼吸音の変化、呼吸苦など)• 創部の状態(感染徴候の有無や出血など)• バイタルサイン(血圧、脈拍、体温など) まとめ このように、胸腔ドレーンの管理や取扱いは非常にシビアなものとなっています。 浅い知識が患者さんの命を危険に晒すことになりかねないため、分からないことがあれば先輩看護師や知りたい看護師に尋ね、教えてくれない場合には当ページを参考にして、胸腔ドレーンに関しての知識を深めていってください。 言葉や行動で誰かに教えられるようになるまで、しっかりと知識を深め、患者さんにより良い治療を行えるよう、邁進していきましょう。 jdepo.

次の