青山 祐子 アナ。 元NHK青山祐子アナ「YouTuberデビュー」が大惨敗!(2020年5月22日)|BIGLOBEニュース

NHK黒崎めぐみ(独身)と青山祐子(産休)など仲が悪いと噂の女子アナ派閥

青山 祐子 アナ

青山祐子アナは給料泥棒でクズ? 青山祐子アナはなぜ給料泥棒だと揶揄されているのでしょうか? それは、『産休取得』の方法があまり褒められてものではなかったようなのです というのも、青山祐子アナは第一子の出産からずっと連続して産休を取られていたとか それも、第二子、第三子、第四子と連続して出産期間となり 復帰することなく、産休を取り続けるというなかなか珍しいことに 授かりものなので仕方ないですが 2012年1月から、2019年3月まで休み続けた上で退職しています。 7年間以上とは…笑 長い笑 これは、給料泥棒といわれても仕方がないのではないでしょうか…笑 そして、退職後1年で公の場に戻ってきたとなると NHKを退職した理由もあやふやなものに感じますね 青山祐子アナ今は韓国で整形して香港に? 現在産休後の退職&子育てで香港に在住している青山裕子アナ 香港に在住している理由は夫の仕事の関係の様ですが 結構なセレブ生活を楽しんでいるようです そんな青山裕子アナは整形をされていたのでしょうか? また、整形は現在メジャーな韓国での整形を行ったのでしょうか? ひとまず青山祐子アナの整形疑惑ですが あまりうわさされているようではなかったです 黙っていればねww RT : 女性はやはり美人は得だなあ。 就職・結婚など人生の重要な時期で有利である。 女子大生が就職前に美容整形手術をする気も分からなくないなあ。 本日の「ニュースウオッチ9」 キャスター の青山祐子さんの服装は男性を魅了するなあ。 — TEAM-GIFTed!阿部 jangeum 過去から画像を見てみても 『整形したな』と思った部分はなさそうです また情報が入り次第追記しますね 青山裕子アナについてのまとめ 青山祐子アナについて色々とまとめてきました!• 青山祐子アナは7年間の産休をとった後に退職• 青山祐子アナは退職後1年で公の場に仕事で復帰• 青山祐子アナは整形していないみたい• 青山祐子アナは台湾在住 また情報が入り次第追記しますね! 最後まで読んで頂いてありがとうございました!.

次の

6年間の産休中にパーティー三昧?NHK青山祐子にフィフィが苦言!

青山 祐子 アナ

第4子次女を出産し、産休中のNHK・青山祐子アナウンサーが27日、45歳の誕生日を迎え、都内で誕生パーティを開いた。 セレブ感たっぷりのパーティの様子を友人のタレント・神田うのがブログで伝えている。 誕生パーティは夫で会社役員のT氏が主催。 うのをはじめ、ファッションデザイナーでタレントとしても活躍するドン小西ら、結婚パーティにも出席している仲間らが参加した。 うのはバースデーケーキを持ってサプライズ登場したそうで、「私の登場に祐子ちゃん 本当にビックリしていました」と、ろうそくが5本立ったケーキを手に笑顔の青山アナを囲む写真をアップ。 「大好きな祐子ちゃん お誕生日のお祝いに参加出来て嬉しかったです 祐子ちゃん お誕生日おめでとう」とつづっている。 ブログの写真は、シャンパンなど高級ワインがずらりと並び、出席者もドレスに毛皮のボレロを身につけるなどセレブ感あふれるパーティだったようだ。 青山アナは2011年1月に結婚し、翌12年3月に第1子男児を出産。 13年6月に第2子となる女児、15年7月に第3子となる次男を出産。 今春には第4子次女を出産するなど、約5年間で4人を出産したことでも話題となった。 出産を控え、12年1月20日の放送を最後に、司会を務めていた「スタジオパークからこんにちは」をお休み。 現在は産休(育休)中。

次の

NHK黒崎めぐみ(独身)と青山祐子(産休)など仲が悪いと噂の女子アナ派閥

青山 祐子 アナ

絵本の読み聞かせ動画をアップして、YouTuberデビューを果たした。 16日にアップされた記念すべき1本目の動画は、新型コロナウイルスの感染リスクに晒されながらも最前線で戦っている医療従事者、そして我々の生活を守るために働いてくれているエッセンシャルワーカーに感謝の言葉を述べるところからスタート。 そのうえで「私はこの度、子どもたちのために絵本を読むことに致しました。 絵本を通して、少しでも楽しい気持ち、ちょっと気持ちが明るくなるようになればなと思っています」と、自粛生活でおうち時間が増えた子どもたちのために、絵本の読み聞かせ動画をアップしていくことを宣言。 続けて「大変な時ではありますが、できるだけ前を見て頑張っていきましょう」とコメントし、視聴者に向けてエールを送っている。 その後、読み聞かせ動画を同日中に10本アップしており、チョイスした題材は「さるかにがっせん」「はだかのおうさま」をはじめ、4児の母である青山が実際に子どもたちに読んでいる作品とのこと。 しかし、好感度に難がある青山アナとあって、YouTuberデビューには批判的な声ばかりが目立っている。 「12年1月に産休を取得すると5年間に4子を授かり、約7年も産休と育休を取り続けた青山アナ。 長期休暇で給料をもらっていたことだけでも厳しい目が向けられていましたが、結局現場復帰することなく昨年3月に退局して大炎上。 今年3月に『深層NEWS』(BS日テレ)にコメンテーターと出演し、8年ぶりのテレビ出演を果たしていますが、香港在住の青山アナは『ときどき(日本に)帰ってきた時に仕事ができればなぁ…』と悠々自適にコメントしたことで、さらに世間の怒りを買ってしまいました」(エンタメ誌ライター) そんな青山アナのYouTuberデビューとあって、「子供には絶対に動画は見せません」「子どものために動画を出す前にNHKのために働くべきだったのでは?」「約7年も産休・育休を取ってた人には、この時期に仕事してる人なんて信じられないんでしょうね」などと、ネット上では言われたい放題。 青山アナもアンチの攻撃を予想したのか、コメントを投稿できないように設定しているものの、全ての動画で高評価の約6倍の低評価がついている(20日正午時点)という有様だ。 「チャンネル登録者数はわずか100人ちょっとで、一番視聴されている動画でも800回再生程度という素人YouTuber並みの悲惨な状況です。 子どもをターゲットにした絵本の読み聞かせ動画とあって、自分の言葉で何かを発信するわけでもないため、アンチが動画を見たところで揚げ足を取れるポイントがなく、アンチにも放置されているのが現状です」(前出・エンタメ誌ライター) ならば、その好感度の低さを売りにして炎上商法で再生回数を狙うのも手だろうが、さすがにそんなキャラでもない。

次の