ドラマ ボイス 犯人。 韓国ドラマ|ボイスの全話ネタバレと感想!最終回の結末は?|韓流マイスター

韓国ドラマ|ボイスの全話ネタバレと感想!最終回の結末は?|韓流マイスター

ドラマ ボイス 犯人

原作は韓国で人気を博した「ボイス~112の奇跡」です。 最近韓国ドラマのリメイクが多いように思いますが、韓国ドラマって展開がスピーディーで、迫力もあり、めちゃくちゃおもしろいんですよね。 今回は日本版「ボイス~110緊急指令室」のネタバレあらすじを、韓国の原作ドラマを元に、物語の核となる部分のみ簡単に解説していきます。 最終回結末につながるネタバレが含まれますので、知りたくない方はご注意下さい。 スポンサーリンク ボイスネタバレあらすじ【3年前の事件】 樋口(唐沢寿明)は、犯罪グループの張り込み中に 妻・未希(菊池桃子)からの着信があったものの、仕事を優先し、電話には出ませんでした。 実はその頃、未希は殺人鬼に追われていたのです。 110番に電話し、未希の連絡に応じたのは 橘ひかり(真木よう子)。 しかし、電話が切れ橘の上司がコールバックしたことによって、未希の居場所を犯人に知られてしまい、未希は命を奪われてしまいました。 さらに、無線を聞き現場近くを巡回していた警察官である橘の父も、同じ犯人に命を奪われてしまったのです。 事件から1ヶ月後。 未希の命を奪った被疑者・ 相良(平原テツ)の裁判が行われます。 電話を通して未希が命を奪われる一部始終を聞いていた橘は、被疑者の声を聞き、犯人ではないと証言をします。 橘の証言に樋口は逆上し、法定は混乱。 事件は解決しないままになってしまいました。 【ECU発足】 事件から3年後。 妻の事件をきっかけにすっかり落ちぶれてしまった樋口は、交番勤務として働いていました。 一方の橘は、緊急指令室長に就任し、一刻も早く被害者を救出するためのチームECU(Emergency Call Unit)の発足を提案します。 チームリーダーとして樋口を希望する橘でしたが、3年前犯人をかばうような発言をした橘を恨んでいる樋口は、頑なにチームに入ることは拒否します。 そんな中、事件が発生し、橘が指揮を執り、樋口が現場へと駆けつけることに。 殺人鬼に監禁されてしまった女子高生と電話でやり取りをする橘は、わずかに聞こえてくる音と、犯人のプロファイリングをしながら、居場所を突き止めていきます。 橘の指示の元、樋口が現場に駆けつけ、危機一髪のところで無事に女子高生を救出し、犯人を逮捕することができたのです。 スポンサーリンク 【隠蔽される証拠】 それでも、チームに残ることを拒否していた樋口でしたが、妻殺しの犯人だと思われていた相良が命を奪われる事件が発生。 しかし、警察側は自殺だと隠蔽し、橘は犯人に通じる内通者が警察内部にいると樋口に話します。 実は、橘の父が亡くなった時も、犯人に命を奪われたのに、逃走中の犯人を追っている最中に起きた交通事故での殉職だと事実を隠蔽されてしまったのです。 また、後に橘の父の事件を目撃した男も命を奪われ、真犯人に関する情報を次々と抹消させられてしまいます。 樋口は真実を暴くためにチームに残ることを決意し、橘と共に真犯人を追求していきます 【真犯人】 やがて、彼らは真犯人にたどり着きます。 2人の最愛の人の命を奪った男は、大手通運会社の社長の息子・ 雫 (伊勢谷友介)でした。 表の顔は大手企業の御曹司で、イケメン、高学歴という非の打ち所のない完璧な男。 しかし、裏の顔は人の命を奪うことに快楽を覚えるサイコパスなクソ野郎だったのです。 そもそも雫がサイコパスになってしまったのは幼少期の出来事がきっかけでした。 別荘の地下にて、父がライバル会社の社長の命を奪い、母と共に雫は目撃してしまいます。 その後、雫の母は精神を病み自殺。 雫はこのことをきっかけに、モンスター化してしまったのです。 雫は、人の命を奪う欲求を抑えることができません。 容赦なく誰でも彼でも狙う雫の尻拭いをする雫の父は、ホームレスをあてがい、テグの欲求を満たし、表に出ないようにしていたのです。 しかし、そんな雫の裏の顔に気づいたのが、樋口の妻・未希でした。 未希は、ソーシャルワーカーとしてホームレスの支援をしていました。 雫は未希に素性がバレたため、未希の命を奪ったのです。 スポンサーリンク 【内通者の正体】 これまで、犯人の手がかりを掴んだと思った直後に次々と証拠を消されつづけてきました。 実は、警察内部に樋口と橘の行動を知らせていた内通者がいたのです。 後にスパイであったことを樋口にも見抜かれ、石川は雫の裏の顔を暴露しますが、雫に拉致され、襲われてしまいます。 【結末】 やがて、雫の別荘を突き止めた樋口と橘。 最終決戦の末、樋口が雫を撃ち、手錠をかけますが楽しむかのように雫は挑発を続けます。 樋口は未希の敵を討つため、立ち場を忘れ雫の命を奪おうとするものの、橘の言葉によって一線を越える直前で踏みとどまったのでした。 こうして、雫は逮捕され、事件は解決したのでした。 その後、精神病棟に入れられた雫は他の患者によって命を奪われました。 犯人がサイコパスなだけに、かなり過激なシーンが多いのですが、それでも続きが気になって気になって仕方がありませんでした。 韓国ドラマって、喜怒哀楽全ての感情をブンブン揺さぶってくる内容になっているものが多いんですよね。 だからこそ面白く飽きずに見れるのではないかなと思います。 原作はR-15指定なので、日本版は原作通りにはいかないと思いますが、できる限り原作に寄せてほしいですね。 日本版も楽しみにしたいと思います! 今回リメイクされる韓国ドラマ原作『ボイス~112の奇跡』は、で見ることができます。 2週間無料登録で、日本版も合わせて一緒に楽しむことができます。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。 スポンサーリンク.

次の

ドラマ「ボイス」の日本版の犯人は誰?日本・韓国版の相関図も!(画像)

ドラマ ボイス 犯人

日本でもリメイクされたドラマ「ボイス」は、原作は韓国ドラマの「 ボイス~112の奇跡~」です。 韓国では人気だったため、シーズン3まで(2019年6月30日終了)続くドラマとなりました。 その「ボイス」で取り上げられる個々の一部の事件は、実際にあった事件をモチーフにしています。 なかなか衝撃的な事件が多く、議論を巻き起こしたこともあるドラマですが、それはシーズン1~シーズン3まで共通して言えることです。 (日本のリメイク版でも事件の扱いが原作そのままだったので、結構衝撃!) 同ドラマの脚本家マ・ジンウォン氏はドラマの事件を通して「 現実の犯罪の危険性と警戒心を伝えたかった」と語っています。 実際にこのドラマで描かれている事件によって、過去の事件についての警察の対応や捜査の改善や裁判の再審請求など事件に対する注目度が高まったのは事実です。 (注意!文中に衝撃的な内容があります。 事件の犯人逮捕後、事件の内容が徐々に明らかにされる中、被害者は通報から6時間は生きていたとの結果報告から、警察の捜査体制に避難が殺到した。 これを受けて事件後、所轄警察署の強力班(機動チームのようなもの)の強化を行い、事件後の外国人の犯罪率を低下させることになった。 (犯人は最後に記述) 実際の事件は、2012年4月1日日曜日の夜10時32分頃に水原中部警察署にかかってきた1本の電話だった。 犯人の隙を見て通報した当時28歳の女性会社員が7分にも及ぶ警察とのやり取りで、「間違っていました。 助けてください。 」の言葉を最後に、電話が切れた。 また拉致を目撃したと思われる人からは「単なる夫婦喧嘩だ。 」と言われたと証言している。 本格的な捜査を開始したのは通報の翌朝からで、初動捜査には5、6人の捜査官のみで当日の夜にはほとんど聞き込みもなく、現場を巡回していただけだったという。 その後、警察が近隣住民に聞き込みを行うが場所や犯人の特定には至らず、その間その通報した女性は殺害された。 その殺害方法が猟奇的なものだったため、事件はかなりの注目を集めた。 殺害だけでなく遺体は(356部位に)バラバラにされ14個のビニール袋に入れて捨てようとしていたところを逮捕された。 犯人は当時42歳のオ・ウォンチュン容疑者で、2007年に中国から入国し事件の起きた京畿道 水原市 八達区で日雇いの労働についていた男だった。 逮捕されるまでの間、容疑者が韓国国内を転々と移動しており、その移動先では時を同じくして発生した失踪事件が115件もあった。 そのうち86件に関してオ容疑者の関与が疑われるが、真相の解明には至っていない。 その後の裁判では、被告人の無期懲役が確定している。 というのも、その家庭環境はどちらかといえば恵まれた環境にあり、虐待で逮捕された親はともに社会的地位のある人だったためです。 幼児虐待は韓国でも社会問題となっていて、ドラマをみてこの事件を思い出した人も多かったようです。 エリート夫婦と子供たちの失踪の謎 ことの発端は、全員養子で5人の姉妹を育てる夫婦の家で、子供たちが相次いで行方不明になっているという番組への情報提供からだった。 取材でわかったことは、この夫婦は行き場のない子供たちを養子として迎え育ててるということだった。 正式な養子縁組や養育委託契約を結んでおり、養育環境はあるものと考えられていた。 それは、この夫婦の夫はソウル大出身の現職の公務員高官であり、妻も警察出身の家庭の比較的裕福な家庭だったため。 しかし、実際には子供は3人しかおらず、2人は行方不明となっていた。 取材を進めていくうちに分かったことは、2010年に1人の子どもの名前で死亡届が出されていたが、実際はそれより前に失踪(死亡)した子どもだったことが判明した。 死亡届が出された時の子どもの状態は、病気を患っておりその歳の平均的な子どもよりかなり発育が遅れていたという。 病気は病院で治療すればすぐに治る程度のもので、病院にすら連れて行ってもらえなかった状態だった。 そもそもこの夫婦は家庭環境は恵まれているにも関わらず、養子にする子どもは誰も引き取り手のいない女の子で、虚偽の死亡届を出し事件が発覚するまで、すでに死亡した子供の助成金を受け取っていたという。 韓国ですでに放送された「ボイス」シーズン2とシーズン3にも、それぞれ実話をモチーフにした事件が登場しています。 こんな記事も読まれています.

次の

韓国ドラマ|ボイスの全話ネタバレと感想!最終回の結末は?|韓流マイスター

ドラマ ボイス 犯人

ある日、犯人を追いかけ張り込み中だった彼は、突入直前の妻からの電話を無視してしまう。 その頃、誕生日である夫に、手作りのお弁当を届けようと家を出たジヘ。 その途中で何者かに襲われ、夫に電話をかけるが繋がらず、112通報センターに助けを求めるが、無残にも殺されてしまう。 彼女もまた、ジヘを殺した犯人と同一人物に、父であるグックァンを殺されてしまう。 ジヘ、グックァンの殺害容疑で犯人が逮捕され、裁判が始まる。 事件当時に電話応対した彼女は、容疑者として捕まった犯人の声が違うと証言し、その容疑者は釈放されてしまう。 グォンジュの証言のせいで、妻を殺した犯人を釈放されてしまったジニョクは、彼女を恨むようになり、無気力な毎日を過ごす。 論理的に行動するよりは、感覚で行動し、武闘派のジニョク。 対照的に、グォンジュは論理的な思考で行動し、お互いの足りない部分を補いながら、妻と父を殺した真犯人逮捕を目標に、日々起きる事件を解決していく。 真犯人逮捕を隠れた目標とし、ゴールデンタイムチームを結成したグォンジュ。 そのメンバーに選ばれたヒョノは、天才的なハッキング能力を生かし、現場のジニョクと、指揮をとるグォンジュのサポートに徹する。 もともと空港警察勤務だったウンスは、妹が事件に巻き込まれた際、ゴールデンタイムチームに救ってもらったことをきっかけに、同じチームとして働き始める。 ジニョクの後輩にあたる刑事デシクは、彼を兄のように慕い、いつも行動を共にする頼もしいパートナーだが、後半に進むにつれて実は秘密を持っていたことが明らかになり・・・。 ジヘとグックァンを殺した黒幕は、金と権力を持ち合わせた人物。 その力を使って、警察庁勤務の人々も言葉巧みに脅していき、誰が仲間なのか、スパイなのか、ドキドキハラハラした展開が続いていきます。

次の