ユーチューバー 事務所。 自社製品やサービスの宣伝を人気ユーチューバーに依頼する3つの方法と注意点

ユーチューバーの仕事内容・なり方・給料・資格など

ユーチューバー 事務所

入り方で多いのは、オーディションやスカウトになってきます。 オーディションについてはYoutuber(ユーチューバー)事務所最大手のUUUMは「のちスタ」というプラットフォームを用意し、その中でUUUM所属のためのオーディションを行っています。 オーディションよりもさらに多いのが「スカウト」になります。 ある程度人気になると、日頃から人気をチェックしている 各YouTuber(ユーチューバー)事務所のスカウトマンが何らかの手段でメッセージを送ってきます。 例えばチャンネル登録者数数万人レベルの人気になって、それでもまだYouTuber(ユーチューバー)事務所からスカウトの連絡が来たことがない、という人はほぼ皆無なのではないでしょうか。 スカウトは一番理想的な入り方と言えます。 これもある意味「スカウト」に近いのですが、オーディションに参加せず、既に事務所に入っている知り合いの紹介で、という形でYouTuber(ユーチューバー)事務所に入る事務所の入り方も珍しくありません。 例えば事務所に入っているYouTuber(ユーチューバー)とよく一緒にコラボしているYouTuber(ユーチューバー)がいるとして、やはり 同じ事務所にいたほうがコラボだったり動きやすかったりイベント等も出やすくなるメリットがあります。 そのため、人気チャンネルと仲のいいチャンネルが紹介で同じ事務所に入ったりするのも珍しくありません。 入り方としては、最初から知り合いがいるのでYouTuber(ユーチューバー)自体やりやすいのもメリットです。 YouTuber(ユーチューバー)の事務所に所属する上で大きなメリットになる点とは、まず「企業案件の提供」ではないでしょうか。 「 企業案件」とは、企業から宣伝費を貰って商品などの紹介をする動画を作ることです。 企業としては、あまり炎上したり問題発言をする人には商品のイメージが悪くなるため頼みにくいです。 ただし、YouTuber(ユーチューバー)一人ひとりを細かくチェックするのも大変です。 企業はYouTuber(ユーチューバー)の事務所にお願いすることで、「安全性」を事務所が担保し、その上で向いてる人を事務所側が選んでくれるので楽だというメリットがあります。 そのため事務所に入っているとそういう企業案件を受けれる可能性は高まります。 YouTuber(ユーチューバー)の事務所は、多くのYouTuberを見てきているだけに、情報を持っています。 人気になる動画の傾向やノウハウなども、多くのYouTuberと関わることで蓄積されていくのです。 そして、YouTuber事務所が持っているそういった ノウハウや情報は、加入しているYouTuberにも還元されます。 動画で困っていることなどを質問しても、だいたいのことなら答えてもらえるというメリットがあります。 例えばコラボ動画が撮りたいときも、個人ですと交渉から始めないといけません。 事務所に所属しているのなら、例えばちょうどいい相手を同じ事務所から選んでもらえる、などといったメリットもあるでしょう。 YouTuberに限らないのですが、事務所に所属することで「プロとしてのYouTuber」というブランドを得ることが出来るのもメリットと言えるでしょう。 例えば事務所に所属していない人が「アイドル」と言われても少し怪しく感じてしまうのは人間の性です。 YouTuberという仕事自体があやふやなもので、どうしても世間から白い目で見られる部分も出てきますが、「事務所に所属」し、それを話すことで「趣味としての投稿」とは少し違うのだ、という信頼を得られる部分があります。 また、企業案件などもそうですが、一部を除き大手の事務所に所属しているということは、炎上目当ての変な動画を上げていない、 信頼できるYouTuberなのだというブランドからくる安心感を相手に与えることも出来ます。 YouTuber(ユーチューバー)として人気が出てくると、ファンとの交流も生まれてきます。 最初のうちはTwitterでやりとりすればよいですが、 人気になってそのファンが増えれば増えるほど管理は難しくなります。 ファンレターなども、自分の家の住所を晒すわけにはいきませんし、かといって個人で私書箱を使うのも手間です。 事務所に入っていれば、事務所にファンレターを送るように促すだけで済むのでカンタンだというメリットがあります。 他にも、ファンサイトや公式サイトを作るのには知識が必要ですが、事務所があればサポートを受けたり、あるいはプロに作ってもらえるかもしれません。 こちらは大きなメリットと言えるでしょう。 YouTuberの事務所の収入源と言えば、もちろんYouTuberと同じく広告収入です。 もちろん事務所との契約にもよりますが、スカウトでなくオーディションで入った人などは特に、広告収入が天引きされる金銭的デメリットの可能性も考えられます。 また、例えば企業案件などでも、何割かは事務所が持っていくことになります。 事務所としても交渉の手間や、事務所があるという安心感から受けられた企業案件なので 事務所の取り分があるのは妥当なのですが、それを搾取と感じてしまう人は向いていないでしょう。 いろいろな手間が省けるメリットと、そのサービスを受けるためには収益上でデメリットが有るのか、事務所に参加する前によく話し合う必要があります。 日本最大手と言って間違いないYouTuberの事務所がUUUMです。 HIKAKIN、はじめしゃちょーなど超大手を含めた4000以上のチャンネルが所属しているYouTuberの事務所です。 あまりに人気で一極状態に近く、なんとかUUUMに所属するために入り方を模索するYouTuberもいるほどです。 ただ、所属している数も日本最大手のため、UUUMへの入り方を工夫してうまくいっても、UUUMに所属するだけでは成功とは言えないでしょう。 前述のように、オーディションの場を用意したり、他の事務所を脱退したYouTuberが新たに加入したりと2019年も所属YouTuberの数を増やしており、場合によってはこれからさらに入り方、加入方法が増えるかもしれません。 群雄割拠の様相を呈していたYouTuber事務所の勢力図ですが、2019年現在どうなっているのでしょうか。 ここまでの大まかな流れは、黎明期から存在するUUUMが存在感を示すなか、ヒカルのブレイクとともにVAZが伸びてきて、という形でした。 一方、東海オンエアを筆頭に人気チャンネルを多く抱えていたGENESIS ONEは段階的にYoutuberが離脱していく事態となり、2018年11月のマホト等脱退で解散状態となりました。 現状はGENESIS ONEが解散した後、大手を引き受けたUUUMが一強状態となり他を突き放し、離れてヒカルのVAZ、かつてヒカルの盟友だったラファエルの参加するKiiiの三者が 100万登録を超えるYoutuberを複数抱えており、三強状態といえます。

次の

かす(ユーチューバー)の大学や高校、事務所は?

ユーチューバー 事務所

YouTuberの事務所(MCN)をまとめています。 ユーチューバーの事務所とは? よくYouTuberが「事務所に入りましたー」なんて動画を出していますよね? 事務所とは言っていますが、芸能事務所とはちょっと違います。 MCN(マルチチャンネルネットワーク)と言って、 YouTuberを抱えサポートする会社のことを言います。 YouTuberをサポートする代わりに、YouTuberの収入の一部を会社の収入源としている企業が多いようです。 事務所の入り方はオーディション? YouTuber事務所の最大手のUUUM(ウーム)は、新人向けオーディション「NOCHISTA(のちスタ)」や女性向けネットワーク「reel」など色々なオーディションを行っています。 また、すでに人気のYouTuberだと、 事務所の方からメールや伝いに「入りませんか?」と 声がかかる場合が多い気がします。 最近は、事務所所属YouTuberも増えてきたので、オーディションに受からないと中々大きな事務所には入りずらくなってきているのかもしれません。 事務所に入るメリットやデメリット• メリット 企業案件 企業から商品のPRをお願いされたりといった「企業案件」が受けやすくなるのが一番大きいかと思います。 会社としても、完全個人のYouTuberよりは、事務所に入っているYouTuberの方が安心感があると思います。 フェス U-FESなどのライブイベントに出演出来るのも大きな魅力です。 有名YouTuberによるや握手会などプレミアムなステージが行われているみたいです。 コラボ 事務所内でコラボがしやすい。 同じ事務所ということで、コラボ動画が作りやすくなるのも、利点です。 コラボは新しい視聴者が大きく増えるチャンスなので、これはかなりおいしいと思います。 ファンレターやファンサイト 所属youtuberにファンレターが送れるようになる。 有名youtuberになるとファンサイトを作ってくれたりもする。 ブランドイメージ 事務所所属youtuberとして、ブランド力が上がると思います。 ただ、事務所に入ったからと言っても、そこからさらに人気になれるかどうかは本人次第だと思います。 デメリット youtuberとしての収入を事務所に天引きされるのは、大きなマイナスポイントだと思います。 月々の収入の20%くらい取られるそうです。 youtuberの事務所は、MCNという今までにない新しい事業のため、 結構トラブルが起きたりもしているようです。 せっかくyoutuberになって嫌な人間関係から開放されたかと思いきや、こうなってしまうと中々辛いものだと思います。 また、事務所に所属したからと言って、人気YouTuberになれるかというとそんなことはありません。 結局本人の努力次第です。 よほど小さな事務所でも無ければ、売れない実力も無い底辺YouTuberをサポートしたりはしないでしょう。 同じ事務所のyoutuberとコラボ出来るとは限らない。 UUUMに入ったとしてもいきなりヒカキンさんとコラボ出来るかというと、普通に考えて無理だと思います。 無所属のメリット・デメリットとしては、これらの逆で、企業案件・フェス・事務所所属youtuberとのコラボなどが行いずらい。 ただし、収入は全部自分のもの、事務所のゴタゴタに巻き込まれないという感じです。 ユーチューバーの事務所一覧 UUUM(ウーム) 会社情報• 会社名:UUUM株式会社• 設立:2013年6月• 資本金:2億8100万円• 所在地:東京都港区六本木 業界最大手のUUUMです。 ヒカキンさんやはじめしゃちょーさん、フィッシャーズさんなど超有名youtuberの多くが所属しています。 全年齢向けのyoutuberが多い印象です。 ヒカキンさんはここの役員もやっていますね。 青鬼シリーズなどのゲームアプリも運営。 2017年8月30日にに上場し、抜群の安定感があります。 会社名の由来ですが、youtuberの瀬戸弘司さんが社名をどうしようか「うーむ」と考えているところから来たそうです。 UUUMネットワークなど小規模クリエイター向けの事務所も運営しています。 ネットワーク所属で人気になり、本筋のUUUMへの昇格を果たしたyoutuberも居ます。 また、企業案件のほとんどはまずここに話が行くというウワサもあります。 デメリット の 売上の2割が事務所に 差し引かれるもの特徴です。 利益ではなく売上に20%がかかるので、経費がかさむ動画ジャンルの場合だとかなりの足かせになると思われます。 抜群のサポート体制のUUUMですが、ここが一番ネックかと思います。 月収が20万円だとすれば、4万円引かれることになるので結構痛いですよね。 契約は2年毎に更新という形を取っているようです。 ただ、どうしても脱退したいとなったら途中で契約解除してもいいとのことです。 メリット UUUMに所属すると広告収入が増えるようです。 投稿直後は広告が付かない場合があるが、それが解消されたり、動画の中間広告の表示回数が増えます。 また、UUUMはと直接契約しているので広告単価も上がるそうです。 youtuber一人ひとりに 専属マネージャーが付くというのも心強いですね。 チャンネルの月次レポートみたいなものを作ってアドもしてくれるそうです。 の カラオケ音源が使えるようになるのも大きなポイントです。 普通だったら警告が来て広告が付けれなくなりますからね。 撮影スタジオの貸してくれたりもするそうです。 ウーム社員の給料は? 社員として就職する場合、職種にもよりますが、求人情報を見てみると月給22万円~というのが多いようです。 年収としては、300万円から700万円というレビューが多くありました。 仕事内容は様々あり、企画編集、、企画営業、専属youtuberマネージャー、新規ゲーム企画のエンジニア・プランナー、サーバエンジニア、・総務・人事・法務・広報などがあります。 学歴不問で、募集年齢は20代前半~30代までの間が多いようです。 youtuberの専属マネージャーってのが特に面白いですね。 所属youtuber超多数• HIKAKIN• はじめしゃちょー• SEIKIN• 木下ゆうか VAZ(バズ) 会社情報• 会社名:株式会社VAZ• 設立:2015年7月• 資本金:3億3100万円• 所在地:東京都渋谷区渋谷 特に中高生に強い事務所というイメージです。 若いクリエイターが多く、インスタグラマーやアイドルなども在籍しています。 所属youtuber58組• スカイピース• ぷろたん日記• 楠ろあ• かす 給与未払いやいじめ問題が発覚 2019年1月、女性YouTuberの「わかにゃん」さんによると、「何十万円という単位の給料が2ヶ月も3ヶ月も入金してもらえない。 」、「50件以上の企業との仕事がポシャっている」などと個人のチャンネルにて告発。 また、事務所内にはや派閥争いなどがあり、同事務所所属の人気YouTuberからいじめを受けたと告発。 さらに、事務所が借りている自宅に不審者が現れ、事務所に引っ越しを求めたが対応されず、警察沙汰にも発展したそう。 ONE(ワン) 会社情報• 会社名:株式会社 ONE• 設立:2012年7月• 所在地:東京都新宿区西新宿 ワタナベマホトさんなど、ちょっと過激なyoutuberが多い印象です。 音楽活動にも力を入れているのも特徴的でしょうか。 ワタナベマホトさんとimgaさんの二人で構成されるユニット「カイワレハンマー」は、よくコンビニのポスターで見かけますね。 かつては、東海オンエアさんやへきトラハウスさんなども在籍していましたが、現在は移籍済み。 主な所属youtuber16組• ワタナベマホト• サグワダイアリー 2018年11月、「ワタナベマホト」「imiga」「タ翔」「カイト」「夕闇に誘いし漆黒の天使達」「JENNI」などの主要YouTuberが ONEを次々と脱退。 公式サイトにもアクセスが出来ない状況が続き、事務所が解散したのではないかとウワサされている。 Next Stage(トステージ) 会社情報• VAZと同じ 2017年に起きた、事件の炎上にて解散した事務所。 VAZの中でも特に人気のあったヒカル・ラファエル・禁断ボーイズ・怪盗ピンキーなどが在籍していました。 E-DGE(エッジ) 会社情報• 会社名:株式会社Bizcast• 設立:2014年7月• 資本金:5745万円• 所在地:東京都渋谷区渋谷 マッチングサービスのBitstar(ビットスター)も運営。 ファンコミュニティアプリ、costar コースター 運営。 主な所属YouTuber• MEGWIN TV• みっきーチャンネル Kiii(キー) 会社情報• 会社名:株式会社Kiii• 設立:2017年6月• 資本金:3000万円• 所在地:東京都目黒区 主な所属YouTuber• ブライアン• へきトラハウス• しばなんチャンネル• きまぐれクック siLVer(シルバー) 会社情報• 設立:2017年7月• 所在地:東京都港区南青山 チョコレートスモーカーズの炎上・解散をきっかけにsiLVerも解散。 主な所属YouTuber• チョコレートスモーカーズ• ノーブランド• 東京コンセントマジック BREAKER(ブレー) 会社情報• 会社名:ブレー株式会社• 設立:2013年9月• 所在地:東京都港区南青山 外国人クリエイターが多く所属。 主な所属YouTuber ガジェクリ ガチェ通クリエイターネットワーク 会社情報• 会社名:有限会社• 設立:2003年3月• 資本金:1300万円• 所在地:東京都外神田 ニュースサイトのガジェット通信が母体。 運営会社は、検索の運営、過去にの広告代理店、の運営なども行っていた。 出身のゲーム実況者が多く所属。 主な所属YouTuber• 赤髪のとも• レトルト Studio Coup(スタジオ クー) 会社情報• 会社名:THECOO株式会社• 設立:2014年1月• 資本金:• 所在地:東京都渋谷区神宮前3-25-15 神宮前テラス5F ゲーム実況者特化の事務所。 ファンコミュニティアプリ「ファ(fanicon)」も運営している。 マッチングサービス、iCON CAST(アイコンキャスト)も運営。 主な所属youtuber• ドズル• きおきお• オパシ• ハイグレ玉夫• 28(ふたば)ちゃんねる• まひとくん• 総長うらら• ジュエリー 海外に強いyoutuberが所属している。 youtuber歴も長い人が多い。 主な所属youtuber• バイリンガール英会話• Daichi Beatboxer• JunsKitchen OMO(オモ) (よしもと)が運営するMCN。 芸人が多く所属。 最近だと、梶原さんが、「チャンネル登録者100万人達成出来なければ芸人を引退する」と言って、カジサックとしてデビューしたのが話題になりました。 主な所属youtuber• 奈良岡にこ LIART PROMOTION(ライアートプロモーション) 会社情報• 会社名:株式会社ライアートプロモーション• 設立:2017年11月29日• 資本金:8,000万円• 丸の内OLレイナさんが専属代理店契約したことでも話題に。 ツッコミ系YouTuberを事務所に所属させたのは多分ここが初。 主な所属youtuber• A0I• えぼら• サイタくん劇場• KAWASHIMA TV 動画編集の株式会社GEKIRIN 会社概要• 会社名:株式会社GEKIRIN• 主な所属youtuber• えらてんチャンネル• しゃま(業務提携) The Online Creators(ザ・オンラインクーズ) 株式会社社が運営。 日本で最初のMCNとのこと。 現在、300チャンネルほどが加入しているようです。 テレビ業界や映像業界と強いパイプがあるようです。 企業とYouTuberのマッチングサービス「EUREKA()」も運営。 無所属 事務所に所属していなくても、有名なYouTuberも居ます。 また、海外だと事務所に所属していない有名YouTuberは日本に比べてかなり多いようです。 主なyoutuber• ジョーブログ• ねこてん マッチングサービス YouTuber事務所というわけでは無いですが、企業案件の斡旋などを行ってくれるサービスもあります。 事務所に所属はしていなくても、こうしたプラットフォームに登録しているYouTuberは多いようです。 Bitstar(ビットスター) E-DGE(エッジ)と同じ、株式会社Bizcastが運営。 iCON CAST(アイコンキャスト) Studio Coup(スタジオ クー)と同じ、THECOO株式会社が運営。 国内外から4200人のYouTuberが登録している。 eureka() The Online Creators(ザ・オンラインクーズ)の株式会社社が運営。 まとめ youtuberの事務所とは、youtuberをサポートする会社のこと。 事務所に加入するには、直接声がかかったり、オーディションに受かったりなど。 加入するメリットは様々、もちろんデメリットもある。 所属クリエイターや規模などはUUUMが圧倒的。 続いてVAZ、 ONEという並び順。 ゲーム実況者ならStudio Coupも強い。 無所属でも有名な人も居るし、事務所に所属していなくとも、マッチングサービスに登録しているYouTuberも居る。 おすすめ記事.

次の

【ユーチューバー事務所一覧】UUUMだけじゃない!YouTuber事務所の特徴まとめ

ユーチューバー 事務所

大手YouTuber事務所 UUUM UUUM株式会社 およそ100名以上有名YouTuberが所属する、いわずと知れた業界最大手事務所。 少なくとも5000チャンネル以上運営している。 HIKAKIN・はじめしゃちょー・ SEIKIN・瀬戸弘司・木下ゆうか・ジェットダイスケ・アバンティーズ・水溜りボンド・フィッシャーズ・東海オンエア・ワタナベマホト・関根理紗 など VAZ 株式会社VAZ かつてヒカルらが所属してたNextStageを運営していた事務所で、所属は約80名の大手事務所。 スカイピース・まあたそ・ぷろたん・整形アイドル轟ちゃん など Kiii 株式会社Kiii 登録者数5万人以下の「Kiii cube」という下部チームと含めると、所属は200名近くおり、バラエティにとんだジャンルの方々が所属している。 ブライアン・きまぐれクック・ラファエル・ジャックポット・パリチャンネル・Dangerous爺ちゃんねる など E-DGE 株式会社BitStar 所属は17名ほどで有名どころも所属している。 MEGWIN・はらぺこツインズ・三年食太郎 など GROVE GROVE株式会社 所属は100名ほど若い世代が多いのが特徴。 パパラピーズ・大関れいか・かやくま など oMo 吉本興業株式会社 YouTuber事務所ではないが、吉本芸人でYouTube活動をしているとほぼ強制的? に入る。 所属40名ほどいる。 カジサック・はいじぃ・鈴川絢子・ガーリィレコードチャンネル・しもふりチューブ・ブチかまし など 中堅YouTuber事務所 OTOZURE 養成所も兼ねており卒業生が所属する事も多い。 RUI【るい】・みっき~・なこなこカップル など ファンメイク 株式会社FunMake 大阪の事務所で食べ歩き系、趣味系YouTuberが多い ケニチKENICHI・UZUMAX・NATSU CAMP など バジンガ バジンガ株式会社 20名ほど在籍している EXIT JACK・蛯名健一 など ゴールデンモンキー 株式会社ゴールデンモンキー 動画集客チャンネルの酒井さんが運営する会社で、専門性の高い人が多い ヒロ税理士・Minimalist Takeru・見直し隊員おかん など Zeppy 株式会社Zeppy 投資家・経済人に特化した事務所 Zeppy投資ちゃんねる・日本株チャンネル【坂本彰】 など Studio Coup THECOO株式会社 ゲーム実況専門事務所で所属は20名ほど。 28 ふたば ・ももりな・きおきお ら ライアートプロモーション 株式会社ライアートプロモーション 芸能事務所でもあるが、10名ほどが所属している。 桜井野の花・美容整体師川島 など Buber 株式会社ブルーオーシャン ゲーム実況に特化した事務所。 テンションMAX十六夜・ハルパパgamesTV など upd8 Activ8株式会社 Vtuber専門で20名ほど所属。 キズナアイ・懲役太郎 など PICFEE ピクフィー株式会社 インフルエンサーがなどが所属。 るい・キングノック・橋本からあげ など アニマルステージ 動物系のYouTuberを所属させる、2021年に設立予定の事務所。 コレコレチャンネル・高田健志・サラ久保 など 小規模YouTuber事務所 On The Road オンザロード ジョーブログが立ち上げた会社でインフルエンサーなど10名ほど所属している ジョーブログ・りょうちけ。 など Guild 株式会社ギルド ふくれな・えむくん・やね ハロクリ 株式会社ハロー 6面ステーションやVtuber4名ほどが所属 6面ステーション など 吉田正樹事務所 株式会社吉田正樹事務所 芸能事務所でもあるがYouTuberも所属する ダイチ・バイリンガール吉田ゆか など 太田プロ 株式会社太田プロダクション 芸能事務所だがヴァンゆんが所属した事が話題に。 かんなとあきら MEGWINTV 株式会社MEGWINTV MEGWINの個人事務所 MEGWINTV 9ZLabo 株式会社HeartsN 大阪にある事務所で、まだそれほど人気のYoutuberはいない。 お箸もずく など メイキー 株式会社MAKEY 女性美容系YouTuberに特化した事務所 こばしり。 ・透(トオル)・ゆきだるま なにわともあれ 関西YouTuber事務所、HPは不明 すぎぃ など HUITMORE THECOO株式会社 女性美容系が在籍 福山あさき・三宅瑠奈 KETER 株式会社ケテル インフルエンサー事務所も兼ねる。 北出大治郎・まるおこすも ノースエポック 合同会社 b-style Inc. 北海道のYouTuber団体であまり有名な人物はいない。 まとめ 大手の数社以外はほとんど小規模が多くて、かなり数が多いのが分かりました。 他にもVTuber専門の事務所は多くありますし、ゲーム実況専門の事務所も他にあります。 また、芸能事務所に所属していてタレント活動とYouTuber活動の両方を行なっている場合もありますので、まだまだ事務所の数はあります。 YouTuber事務所はサイクルが早いので新たに事務所が誕生したり、移籍・独立などが頻繁に起こります。 数年で勢力図も変わってくるでしょうね。

次の