アイ クラウド ドライブ と は。 ASPサービス搭載、クラウドドライブレコーダー 株式会社トランス・アイ|トラックNEXT

Googleドライブのセキュリティが不安?安全性と運用を解説

アイ クラウド ドライブ と は

GPS機能と通信モジュール搭載の、ドライブレコーダーを用いた車両運行管理システム。 安全運転指導やエコドライブの推進にも役立つ。 「クラウドアイ」は、GPS機能と携帯電話通信網による通信機能を備えた、ネットワーク型ドライブレコーダーを用いた車両運行管理システムである。 具体的には工事用車両など、端末装置を設置した社用車・公用車の運行状況をパソコン上で、リアルタイムで把握できるほか、運搬ルートなど1日の運転履歴データも自動的にクラウドサーバへ送信・記録されるというシステムである。 加速度センサーを内蔵しているため、急発進、急ブレーキといった車両の異常な挙動の把握も可能であり、また、ドライブレコーダー機能を備えているので、万一の事故発生時には、その前後の状況が動画データで記録されるようになっている。 ダンプトラックやアジテータといった建設工事車両等の運行管理にも利用可能。 【平成24年度 国土交通省 ノウハウ・技術移転支援事業 技術マッチングDatabase登録技術】 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 クリップする• また、担当者やドライバーが経験や勘に頼ることなく業務を遂行できる。 客観的なデータに基づいた安全運転指導が行なえる。 これにより運転手のエコドライブ意識が高まり、CO2排出量が抑制され、地球環境の保護につながる。 また、 PCに専用ソフトをインストールする必要はなく、インターネット環境があればどこからでも状況の把握が可能。 【メッセージ・注意事項等】 ・車載端末は、au KDDI の携帯電話網のサービス提供エリア内で利用可。 ・利用可能エリア内でも、電波の届きにくい場所では利用できないことがある。 価格 お問い合わせ下さい。 つどお問い合わせください。 用途/実績例 ダンプトラックやアジテータ等の出入庫状況把握、時間・ルートの確認と記録や、運搬工における施工計画(ルート規制、時間帯規制、スピード規制等)の履行確認といった用途で、全国各地で延べ3,000台以上の採用実績がある。 カタログ GPS車両運行管理システム「クラウドアイ」• 取扱企業 GPS車両運行管理システム「クラウドアイ」 ワイヤレスセンシングとクラウドアプリケーションを活用した モノのインターネット(IoT)関連事業 <ソリューション> ・建設情報化施工支援ソリューション「現場ロイド」 ・IoTプラットフォームソリューション「FASTIO」 ・融雪システム遠隔監視ソリューション「ゆりもっと」 ・交通事故削減ソリューション「Pdrive」.

次の

【初心者集まれ!】Googleクラウド(Googleドライブ)の使い方

アイ クラウド ドライブ と は

GPS機能と通信モジュール搭載の、ドライブレコーダーを用いた車両運行管理システム。 安全運転指導やエコドライブの推進にも役立つ。 「クラウドアイ」は、GPS機能と携帯電話通信網による通信機能を備えた、ネットワーク型ドライブレコーダーを用いた車両運行管理システムである。 具体的には工事用車両など、端末装置を設置した社用車・公用車の運行状況をパソコン上で、リアルタイムで把握できるほか、運搬ルートなど1日の運転履歴データも自動的にクラウドサーバへ送信・記録されるというシステムである。 加速度センサーを内蔵しているため、急発進、急ブレーキといった車両の異常な挙動の把握も可能であり、また、ドライブレコーダー機能を備えているので、万一の事故発生時には、その前後の状況が動画データで記録されるようになっている。 ダンプトラックやアジテータといった建設工事車両等の運行管理にも利用可能。 【平成24年度 国土交通省 ノウハウ・技術移転支援事業 技術マッチングDatabase登録技術】 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 クリップする• また、担当者やドライバーが経験や勘に頼ることなく業務を遂行できる。 客観的なデータに基づいた安全運転指導が行なえる。 これにより運転手のエコドライブ意識が高まり、CO2排出量が抑制され、地球環境の保護につながる。 また、 PCに専用ソフトをインストールする必要はなく、インターネット環境があればどこからでも状況の把握が可能。 【メッセージ・注意事項等】 ・車載端末は、au KDDI の携帯電話網のサービス提供エリア内で利用可。 ・利用可能エリア内でも、電波の届きにくい場所では利用できないことがある。 価格 お問い合わせ下さい。 つどお問い合わせください。 用途/実績例 ダンプトラックやアジテータ等の出入庫状況把握、時間・ルートの確認と記録や、運搬工における施工計画(ルート規制、時間帯規制、スピード規制等)の履行確認といった用途で、全国各地で延べ3,000台以上の採用実績がある。 カタログ GPS車両運行管理システム「クラウドアイ」• 取扱企業 GPS車両運行管理システム「クラウドアイ」 ワイヤレスセンシングとクラウドアプリケーションを活用した モノのインターネット(IoT)関連事業 <ソリューション> ・建設情報化施工支援ソリューション「現場ロイド」 ・IoTプラットフォームソリューション「FASTIO」 ・融雪システム遠隔監視ソリューション「ゆりもっと」 ・交通事故削減ソリューション「Pdrive」.

次の

【初心者集まれ!】Googleクラウド(Googleドライブ)の使い方

アイ クラウド ドライブ と は

出荷は7月中旬より開始予定。 LAN DISK ZではこれまでWindows Storage Serverが搭載されていたが、ファイルサーバー向け新OSとなったWindows Server IoT 2019 for Storage Standardおよび同Workgroupを採用。 Storage Standard版を搭載する製品はユーザー利用制限数なしで、Storage Workgroup版は50ユーザーまで利用可能となっている。 HDL-Z19CAシリーズでは、4ドライブおよび2ドライブタイプのデスクトップモデルを、HDL-Z19CAUシリーズでは4ドライブのラックマウントモデルを用意。 それぞれStandard版がWorkgroup版が選べる。 【表3】HDL-Z19CAU 4ドライブラックマウントモデル 容量 Standard版 Workgroup版 4TB HDL4-Z19SCA-4-U 253,900円 HDL4-Z19WCA-4-U 210,000円 8TB HDL4-Z19SCA-8-U 278,000円 HDL4-Z19WCA-8-U 238,000円 16TB HDL4-Z19SCA-16-U 348,000円 HDL4-Z19WCA-16-U 308,000円 32TB HDL4-Z19SCA-32-U 548,000円 HDL4-Z19WCA-32-U 508,000円 これらモデルの機能として、Standard版はファイルの重複除去機能を利用可能。 ブロック単位で比較して重複を除去し、マルチスレッド対応により高速に処理可能。 マルウェア対策として、サードパーティ製アプリをインストールでき、標準でWindows Defenderを搭載。 外付けHDDを暗号化するためのBitLockerや、クローン for Windowsによるクラウドバックアップ、Azure Backupが利用できる。 3年保証も付帯。 このほか、アイ・オー・データ機器が提供する無償のクラウド管理機能のNarSus ナーサス をサポート。 NASの状態をネットワーク経由で複数台監視でき、全国各地に設置されているNASを集中管理するなど、ファイルサーバー管理者の負担を大幅に軽減できるとしている。 すべてのモデルがCPUにクアッドコアのCeleron 1. 6GHz を採用し、4GBのメモリを実装。 0を備えている。

次の