凡例 excel。 グラフの凡例:エクセル2010基本講座

「先輩のExcelグラフ、ダサいですね」とデザイナーが言ってきたので教えを請うたら恋が始まった

凡例 excel

凡例の削除方法と、消した凡例を復活させる方法 凡例を削除するには、先ほどの「+」ボタンから[凡例]のチェックを外せばよいのですが、もっと簡単なのは、凡例を選択して「Delete」キーを押すことです。 凡例を削除すると、グラフ部分が自動で大きく表示されます。 凡例を消してしまっても、右上の「+」ボタンから [凡例]にチェックを入れれば、 簡単に再表示することができます。 凡例の位置を自由に移動する 凡例は好きな位置に移動することができます。 凡例の上にマウスを移動します。 その時たいせつなのが、 マウスカーソルに[凡例]と表示されていること。 凡例の系列名の上だと、[系列〇〇・・・・・・]などの長い文字列が表示されます。 これだと各系列が選択されて、凡例の移動はできません。 数ミリの微妙な位置の違いになります。 ちゃんとマウスカーソルに[凡例]と表示された状態で クリックしたまま引っ張ると、 好きな位置へ移動できます。 好きな位置ということは、 グラフの上に重ねることもできますよ。 凡例があった右側の場所が少し空いてしまいましたね。 そんな時は [プロットエリア](グラフ部分)を選択して、右側へ引っ張りましょう。 グラフが右に広がり、バランスが良くなりました。 グラフの系列部分の場所は、「プロットエリア」と呼びます。 覚えておくと便利です。 凡例のデザインなどを編集する方法 凡例の色や枠線の色など、デザイン的な部分を変更する場合は、作業ウィンドウを表示します。 画面右側に[凡例の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 「塗りつぶしと線」• 「効果」• 「サイズとプロパティ」 の三か所で、様々な設定ができます。 線や塗りつぶしを設定してみました。 グラフと重ねて表示したい場合に便利です。 こんな感じ。 まとめ 凡例の位置をグラフに重なる空いている場所に持っていき、グラフ自体(プロットエリア)を大きく表示するのはお勧めです。 また、作業ウィンドウを利用すると、体裁も大きく変更することができますよ。

次の

凡例の表示と非表示を切り替える

凡例 excel

凡例で表示される文字のサイズや色などフォントに関する設定方法について解説します。 最初に凡例全体のフォントの設定方法です。 フォントを変更するには凡例のいずれかの場所で右クリックして下さい。 表示されたメニューの中から「フォント」メニューをクリックして下さい。 「フォント」の設定画面が表示されました。 まずフォントの種類を変更してみます。 「日本語用のフォント」の下にあるドロップダウンメニューをクリックしてフォントを選択して下さい。 次にフォントサイズを変更します。 「サイズ」の下のドロップダウンメニューで現在は9となっている部分に手動で12と入力しました。 最後にフォントの色を変更します。 「フォントの色」の右にあるドロップダウンメニューをクリックすると、色を選択できる小さなウィンドウが表示されます。 フォントで使用する色を選択して下さい。 他にも設定できる項目がありますが今回はこれまでの3つだけ設定を行いました。 設定が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。 凡例のフォントに関する設定が反映されて、使われている文字の色やサイズ、フォントの種類などが変更されました。 凡例全体だけではなく、凡例の中の特定の凡例項目だけフォントを個別に設定することもできます。 まず凡例のいずれかをクリックして下さい。 フォントを変更したい凡例項目をさらにクリックして下さい。 次のように凡例項目が選択された状態になります。 同じ凡例項目を今度は右クリックして下さい。 メニューが表示されますのでその中から「フォント」メニューをクリックして下さい。 「フォント」の設定画面が表示されました。 今回は「スタイル」を「太字」に設定し、「サイズ」を18に変更しました。 設定が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。 先ほど設定した凡例項目のフォントが指定したスタイルに変更されました。 凡例への設定と凡例項目への設定はどちらが優先されるということはありません。 最後に行った設定変更が有効となります。

次の

凡例のフォントの種類とサイズを設定する

凡例 excel

グラフの凡例:エクセル2010基本講座• グラフの凡例 スポンサードリンク• グラフツール リボンのレイアウトタブの[ラベル]グループにある[凡例]をクリックします。 凡例の配置を選択することで位置を変更をすることができます。 凡例を表示しません。 凡例を右に配置• 凡例を上に配置• 凡例を左に配置• 凡例を下に配置• 凡例を右に重ねて配置• このままでは見づらいので、上の方へ移動してみました• 凡例を左に重ねて配置• このままでは見づらいので、下の方へ移動してみました• 凡例のフォントやサイズは[ホーム]タブから実行できます。 フォント、フォントサイズ、フォントの色を変更した例です。 書式設定のダイアログボックスを表示して変更ができます。 ダイアログボックスを表示するにはいくつかの方法があります。 凡例をダブルクリックします。 凡例を選択して、グラフツール リボンのレイアウトタブの[現在の選択範囲]グループにある[選択対象の書式設定]を実行します。 凡例の書式設定のダイアログボックスが表示されますので、このダイアログボックスで書式が変更できます。 凡例の表示順はデータ系列の表示順と同じになっています。 データ系列の表示順を変更すると、凡例の表示順も変更されます。 グラフを選択します。 ラフツール リボンの[デザイン]タブのデータグループにある[データの選択]をクリックします。 変更前 変更後 棒グラフの場合は系列の表示順も変わります。 凡例の中の一部を削除することができます。 凡例を選択して、さらに削除したい部分をクリックして選択します。 凡例の中の1つが選択できました。 [Delete]キーを押すと削除されます。 元に戻すには? 凡例全体を選択して、[Delete]キーでいったん削除します。 凡例のすべてが表示されます。 凡例にはデータリストの見出しが使用されますが、任意の文字列に変更することができます。 下図の例ではグラフの凡例にシートのC3:E3セルの値が使用されています。 グラフツールの[デザイン]タブを選択します。 [データ]グループにある[データの選択]を実行します。 凡例項目 系列 「福岡支店」を選択して、[編集]ボタンをクリックします。 他の系列名も上記3〜4の手順で変更します。 凡例項目の表示が変わりました。 グラフの凡例の文字列を変更することができました。 スポンサードリンク |||グラフの凡例.

次の