論点 類語。 観点の意味とは?視点との使い分け、例文と使い方、類語と英語表現

「イシュー」の意味は課題?類語、英語、「タスク」との違いも

論点 類語

INDEX• 「観点」とは?|意味と定義を解説! 「観点」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「観点」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、観点の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 観点の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 観点の類語・言い換え語 判断 ある事柄について、考えをまとめて定めること。 見解/見地 物事に対する考え方や評価。 立場 その人が置かれている,地位・境遇・条件など。 姿勢 体の構え・かっこう。 ものの見方 状況に反応するかを計測する習慣、あるいは精神的特徴の姿勢。 スタンス ある行動をとる際の、姿勢や立場。 観点の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、観点の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。

次の

「論点」に関連した英語例文の一覧と使い方

論点 類語

「挙げる」という言葉が普段の生活の中で使われることがたくさんあります。 それでも「挙げる」という言葉の正確な意味について理解している人はあまりいません。 そのため「挙げる」というフレーズを会話の中で使いこなすことができるようになるためにも「挙げる」の正確な意味と使い方について詳しく紹介します。 「挙げる」に意味 「挙げる」の意味について辞書で調べてみると「手や腕を上方に差し出す」もしくは「事を起こす」という意味が含まれていることがわかります。 他の漢字やフレーズを使ったとしても「上方に差し出す」という意味を表現することは可能です。 しかし「事を起こす」という意味が「挙げる」に含まれていることは注目に値します。 物の移動だけではなくて、何かが起きたことについて表現するために「挙げる」という言葉を使用することができるからです。 この意味について正確に理解していなければ「挙げる」を会話の中で正しく使うことができません。 しかも「挙げる」は何かのことを「わかるように示す」ために用いられる場合も少なくありません。 具体的に使われ方については、後ほど紹介される例文から学ぶことができます。 結婚式 興味深いことに「挙げる」という言葉「結婚式」という言葉を組み合わせたフレーズを作成することができます。 例えば「来月結婚式を挙げます」という例文によって周りの人と意思の疎通を図ることが可能です。 この例文を使用することによって「来月結婚式を行います」という意味を表現できます。 「挙げる」が何かの行事を行うときにも使用されているということに気づかされます。 挙式を「挙げる」はNG よく無意識のうちに「来月挙式を挙げるんだ」と会話をしている人を見かけることがあります。 しかし「挙式を挙げる」という表現は間違いです。 なぜなら「挙式」という言葉自体に「結婚式を挙げる」という意味が含まれているからです。 そのため「挙式を挙げる」というフレーズを使用することにより「結婚式を挙げる、挙げる」のように、同じ意味を繰り返していることになります。 正しい日本語を使うことを心がけたいのであれば「挙式を挙げる」というフレーズが間違えてあることを覚えておく必要があります。 意見 「挙げる」の使われている例文を普段の会話の中に取り入れることができますが、他にも「挙げる」と同じ意味のある類語があるということを忘れてはなりません。 実際のところ「挙げる」と類語を会話の中に取り入れることによって、自分の言葉のバリエーションを増やすことができるからです。 「挙げる」の類語について詳しく紹介します。 上げる 「挙げる」の代表的な類語の1つは「上げる」というフレーズです。 「上げる」には「物を低いところから高いところに持っていく」という意味があることになります。 そのため、単純に何かのものを上に持っていくのであれば「上げる」という言葉は使用することができます。 例えば「布団を上げる」という例文を作成することができます。 誰でも理解することのできる例文ですが、この例文によって「布団を本来ある位置から、上方にあげている」ことがわかります。 物の動きについて簡単に他の人に説明したい時に「上げる」というフレーズを使用することができます。 持ち上げる 「挙げる」という言葉を「持ち上げる」という類語に言い換えることができます。 「持ち上げる」という言葉には「手に持って上に上げる」という意味が含まれています。 そのため、単純なものの動きだけを表現しているのではなくて、その物が手によって動かされている事を表現することのできるフレーズになります。 「ダンボールを持ち上げてください」という例文を作成することができます。 この言葉を言われている人は、迷うことなく自分の「手で」ダンボールを上げることになります。 無意識のうちにこの言葉を言われている人は反応することと思われますが「持ち上げる」という言葉によって「手に持って上に上げる」という意味が伝えられていることがわかります。 「挙げる」という言葉は普段の会話の中に積極的に取り入れることができますが、目上の人と会話をしているのであれば、正しい敬語を使わなければなりません。 友達と会話している時と同じように「挙げて」というラフな言い方を目上の人に対してすることはできないからです。 そのため、これから「挙げる」の敬語表現について詳しく紹介します。 謙譲語など 「挙げる」を敬語表現に変える時には、謙譲語を作成することができます。 謙譲語とは、自分の身分を下にみなすことによって、相手に対する深い敬意を示すことのできる文法になります。 そのため「挙げる」の謙譲語を習得することができれば、かなり目上の人と会話をしている時であったとしても、ふさわしい敬意を相手に示すことができます。 これから「挙げる」の謙譲語について詳しく紹介します。 差し上げる 「挙げる」を謙譲語に言い換えたいのであれば「差し上げる」と表現することができます。 「差し上げる」をどのようにして使ったら良いのか理解したいのであれば、具体的な例文を作成する必要があります。 例えば「お電話を差し上げます」というフレーズを会話の中で使用することができます。 意味としては「電話をします」と言っていることになります。 それでも「お電話を差し上げます」という敬語表現によって相手に対する深い敬意が示されていることになりますので、かなり目上の人に自分が電話をしなければならない場合に、この表現を使用することができます。 献上する 「挙げる」を謙譲語に変換すると「献上する」という言葉になります。 例えば「失策で2点を献上しました」という例文を作成することができます。 このフレーズによって「失敗をすることによって、相手に2点を与えてしまった」という意味を抱いていることになります。 スポーツの試合などでもよく使われている表現です。 「挙げる」という言葉を使うことによって同じ文章を作成することはできます。 「失策で2点をあげました」です。 でも「失策で2点を献上しました」という文章の方が、聞いている人にとって分かりやすい表現が使われていることになります。 スポーツを見ている人に対する敬意を示されているので、非常におすすめの敬語表現です。 「挙げる」と「掲げる」の意味の違い 同じような読み方をする漢字はたくさんあります。 例えば「挙げる」も「挙げる」もどちらであったとしても「あげる」という読み方をすることになります。 しかし、書き言葉にする時には、別々の漢字が使われることになりますので、それぞれの正確な意味について理解するのは大切なことです。 「挙げる」と「揚げる」の違いについて詳しく紹介します。 天ぷらは「揚げる」 単純に天ぷらを揚げる時の動作を表現するのであれば「揚げる」という言葉を使うことになります。 無意識のうちにこの漢字を使っていますが、例えば「天ぷらを挙げる」という文章が書かれている本を読んでいるとしたら、違和感を感じるのではないでしょうか。 そのため、天ぷらや他の揚げ物について表現するのであれば「揚げる」という言葉を選択するのが賢明です。 「挙げる」の漢字違いの言葉の意味の違い 「挙げる」と「上げる」と「揚げる」はどの漢字であったとしても全く同じ発音をすることに気づかされます。 しかし、それぞれの漢字の言葉の意味の違いがあることを、ご存知だったでしょうか。 それぞれの言葉の意味に違いについて詳しく紹介します。 上げる まず代表的なのが「上げる」になります。 この言葉は、多くの人の間で無意識のうちに使われている表現の1つです。 何かのものを上方に移動させている事を表現したいのであれば「上げる」という言葉を使用することができます。 単純に物の移動について表現していると考えることができます。 しかし「証拠をあげる」という文章を作成するのであれば「上げる」ではなくて「挙げる」という漢字を選択する必要があります。 なぜなら「挙げる」は意味について「はっきりとわかるように示す」役割も担っていることになるからです。 つまり、証拠が何であるかをはっきり周りの人にわかるように示したいのであれば「証拠を挙げる」のように「挙げる」を使う必要があります。 揚げる 「挙げる」と全く同じ発音することのできる漢字は他にもあります。 しかし、結婚式や他の行事について表現したいのであれば「挙げる」というフレーズを選択しなければなりません。 そうすることによって、正しい漢字を使うことが可能になるからです。 会話だけを楽しみたいのであれば、漢字の違いについて理解する必要はありません。 なぜなら「挙げる」も「上げる」も「揚げる」も発音が全く同じなので、文脈から何についていようとしているのか想像することができるからです。 しかし、メールの中の文章など書き言葉を使用することが多いのであれば「挙げる」の、この記事の中で紹介された正しい使い方を忘れないようにしておきましょう。 そのようにして「挙げる」や他の漢字を正しく使うことのできる大人であることを周りの人に証明することができます。

次の

雇用類似の働き方に係る論点整理等に関する検討会

論点 類語

「論旨」とは 「論旨」の読み方は「ろんし」 「論旨」は「 ろんし」と読みます。 「論」は、音読みで「ロン」、訓読みで「あげつら う 、と く 」と読みます。 「旨」は、音読みで「シ」、訓読みで「むね」と読みます。 「論旨」の意味は「議論の中心的な内容」 「論旨」の意味は「 議論や文章の中心となる事柄、内容」です。 「論」は「言い合う。 議論」という意味で、「旨」は「思うことや述べることの主な内容」という意味です。 「論旨」の熟語の構成は、上の字が下の字を修飾 上記で説明した「論」と「旨」の意味からわかるように、「論旨」は上の字が下の字を修飾しています。 上の字が下の字を修飾している熟語は他にも「国宝」「県境」「洋楽」などがあります。 「論旨」の使い方と例文 「論旨をまとめる」「論旨が通る」などの形で論文やビジネス会議で使う 「論旨」は主にビジネスシーンで使います。 会社では「プレゼンの論旨をまとめる」「会議の議題が論旨から外れる」などと使うことができます。 ビジネスシーンで生産的に話し合いを進めるために、常に「論旨」を意識するのが大切です。 また、大学の論文などでも「論旨」という言葉を使うことがあります。 論文では「論旨が通る」という言い方がよくされます。 「論旨が通る」とは「伝えたい中心的な事柄が読者に理解してもらえる」という意味になります。 「論旨」の言い回しには ・論旨をまとめる ・論旨が通る ・論旨を説明する ・論旨を述べる ・論旨を明らかにする ・論旨をつかむ ・論旨を追う ・論旨が明確だ ・論旨不明確 ・論旨不明 などがあります。 例文 ・始める前に、まず会議の論旨について説明させていただきます。 ・論旨が不明確で、何を伝えたいのかいまいちはっきりしない。 ・そんな論旨を述べていた記憶がないのですが、それは本当ですか? ・なかなか難しい議論で論旨を追うのに苦労した。 ・確かに前回は論旨不明すぎたと反省しています。 ・彼女の解説がやっと論旨を明らかにしました。 「論旨」を含む四字熟語「論旨明快」 「論旨」を用いた四字熟語に「論旨明快(ろんしめいかい)」があります。 「論旨明快」は、「論旨」と「明快」という2つの熟語を組みあせた四字熟語です。 「明快」には、「気持ちが良いほど、はっきり筋道が通っている」という意味があります。 したがって、「論旨明快」は「 議論や主張などの内容がはっきりしていて分かりやすいこと」を意味します。 内容が明確で分かりやすいことを褒めるときや簡潔に説明してほしいとお願いする場合などに使う四字熟語です。 例文 ・理解力が乏しいので論旨明快な作品のほうが見ていて楽しいですね。 ・彼女の説明はとても分かりにくくて、論旨明快とは言えない。 ・老若男女誰が読んでも論旨明快な説明をお願いしますね。 「論旨」と似た熟語 「諭旨(ゆし)」は漢字が激似なので注意 「諭旨」の意味は、「 目上の人が目下の人に、物事の理由を言い聞かせる」です。 ・諭旨退職 ・諭旨解雇 ・諭旨免職 とった使われ方をします。 「諭旨退職」は労働契約の解消のいち形態で、労働者が解雇に相当する規則違反を犯したときに一方的に罰するのではなく、面子を保つために、自発的に退社するように促すことを指します。 「論旨」と「諭旨」は漢字が非常に似ていますが、意味が全く違うので注意しましょう。 しばしば「論旨退職」と記入している人をみかけます。 「綸旨(りんじ)」は天皇が発給する命令文書 「綸旨」は、「 天皇が発給する命令文書」のことです。 厳密には蔵人所 くろうどどころ が天皇の意を受けて発給します。 「綸旨」は元々「綸言の旨」の略で天皇の意そのもを指す言葉でしたが、平安時代中期以降から公文書の要素をもった奉書を指すようになりました。 「綸言」とは「天皇のお言葉」という意味です。 文章や話で言おうとしていること です。 例えば、「訓練の趣旨を理解する」と使います。 これは「訓練を行う目的や理由を理解する」という意味になります。 つまり、「趣旨」は「理由」や「目的」「狙い」といった意味があるのです。 「論旨」は、「中心となる内容」を指す言葉であって、目的や狙い、理由という意味はありません。 例えば、ビジネスシーンにおいて「どうしてこのような議論を行っているのか」という理由や目的を指すのが「趣旨」、話の中心となっている事柄が何なのかを指すのが「論旨」と使い分けるとわかりやすいでしょう。 例文 ・この企画の趣旨をいまいち理解できない。 ・読書をするにあたっては、趣旨を汲み取ることが大切である。 ・先生の話の趣旨は、真面目に勉強しろということです。 「主旨(しゅし)」は「文章のお主な意味・中心となること」 「主旨」は、「 文章の主な意味・中心となること」です。 文章・話・考えなどの中心となる事柄、一番大事な部分を表します。 例えば、「論文の主旨をつかむ」といった場合は「論文の中心となる一番大事な部分をつかむ」という意味になります。 「趣旨」と「主旨」は、読み方も同じですし、非常に似ていますが、違いがあります。 物事の目的を伝えたい場合は「趣旨」、物事を簡潔に伝えたい場合は「主旨」を使います。 「主旨」は一つだけなのに対して、「趣旨」は複数あってもOKです。 「趣旨」は「主旨」の意味合いも含んでいるので、もしどちらを使えば良いか迷った場合は「趣旨」を使っておけば問題ないでしょう。 「論旨」は「議論の主旨」と言い換えることができ、同義語です。 「主旨」の方が意味が広く、議論以外に対しても使うことができます。 例文 ・話が長くて分かりづらいから、主旨だけ述べてくれ。 ・彼の話している主旨が理解できない。 ・この報告書は主旨がはっきりしていない。 「要旨(ようし)」は「肝要な内容」 「要旨」の意味は「 非常に大切な内容」です。 「非常に大切な点」を意味する「要点」をまとめたものが「要旨」です。 「要旨」と似た言葉に「要約」があります。 「要約」の意味は「 非常に大切な内容を短くまとめたもの」です。 「要旨」と「要約」はどちらも「要点」をまとめたものですが、「要約」は短くすることに焦点が置かれています。 例文 ・インタビューの内容を聞いて、要旨をまとめる。 ・要旨をもう一度明確に言ってもらう。 「論点(ろんてん)」は「議論となる問題点」 「論点」は、「 議論となる問題点」という意味です。 例えば、会話で「論点がずれてる」「論点をそらす」といった使い方をすることが多いのではないでしょうか。 「論点」の「論」は「議論の論」、「点」は「問題点の点」と覚えていただけるとわかりやすいかと思います。 「論旨」は「問題点」ではなく「何を述べているのか」という「議論の筋道」を意味する言葉なので、「論点」と「論旨」は類語ではありますが、ニュアンスが違う言葉になります。 例文 ・確かにその話も問題ではありますが、今日の論点はそこではないので、置いておきましょう。 ・彼はすぐに論点をずらしてくるので、何を話していたのかわからなくなってしまう。 「アジェンダ」は「会議の議題をまとめたもの」 「会議にかけて討議する問題」を意味する「議題」ですが、カタカナ語に言い換えると「アジェンダ」になります。 会議やプレゼンの日程や目的(議題)、決定するべき事項をまとめた資料のことを「アジェンダ」と言います。

次の