ヨクバリス 育成 論。 【ポケモン剣盾】ヨクバリスの育成論と対策【実は高種族値広技範囲のきのみデスマシーン】

【剣盾】物理受けほおばるヨクバリス 育成論

ヨクバリス 育成 論

皆さん、こんにちは。 級に上がった際の記事で、ヨクバリスは紹介させてもらったのですが、再度、ヨクバリス単体の記事をあげたいと思います。 ヨクバリス対面で を選択する が多いため、返り討ちにすることが可能。 ックスした際、ダイスチルとなり追加効果のB上昇が後述の技と相性がよいため、 必須技である。 ボディプレス 格闘 技レコード99 この型のヨクバリスの メインウェポン。 Bの数値とBランクを使ってダメージ計算を行う。 ヨクバリスはBがかなり高く、またダイスチルや後述のコンボによりBランクも上昇しているため、かなりの高火力で打つことができる。 ックスした際、ダイナックルとなりA上昇の追加効果も物理技を用いるヨクバリスと相性が良い。 雷 技レコード86 自由枠。 や アーマーガアを意識してこの技を採用した。 実際、 物理特化理アーマーガアにはAランク上昇なしヨクバリスでは確定4発なので、ックスダイサンダーを打つか、おとなしく交代したほうがよさげ。 ほかの選択肢としては、 に役割の持てる じしん 確定2発 や相手のアイテムを奪うことのできる ほしがるを採用するのが無難か こだわりアイテムには気を付けて。 ほおばる ノーマル Lv技 この型のコンセプト技。 B3段階上昇した状態だとほとんどの物理ポケでは倒せなくなる。 また、前述のボディプレスも高火力技として打つことができる。 使い方 物理受けとして採用。 また条件さえ整えば全抜きも可能。 現環境は物理が非常に多いため、かなりの頻度でこの ヨクバリスは選出できる。 戦い方としては物理の前でほおばるをして、Bを3段階上昇させ全抜きする。 その条件を整えるために弊害となるは や トゲッキスなどの特殊や アーマーガアや ガラルなどの物理受けなどである。 それらを他の選出したほかの2体で処理をするのが勝ち筋となる。 だけではなかなか強そうには見えないが一度使ってみるとその強さがわかるので、前向きに検討してもらいたい。 tukkomutou.

次の

【剣盾】物理受けほおばるヨクバリス 育成論

ヨクバリス 育成 論

考察などの中からテキスト検索 ポケモン名のほか、対戦形式やルール、役割などを指定して育成論を検索できます。 ようき• 投稿者:willow• コメント 0 みんなの評価 :• わんぱく• 投稿者:ろん• コメント 4 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:kzk• コメント 8 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:B特化タイプ:ヌル• コメント 6 みんなの評価 :• おくびょう• コメント 1 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:みみずっく• コメント 8 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:NANA• コメント 2 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:こーりっぽ• コメント 2 みんなの評価 :• ひかえめ• 投稿者:さてのぞみ• コメント 5 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:ref• コメント 8 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:ぴょぴ• コメント 12 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:むぎ• コメント 13 みんなの評価 :• わんぱく• 投稿者:Daub-le• コメント 6 みんなの評価 :• おだやか• 投稿者:よこいか。 コメント 8 みんなの評価 :• ようき• レパルダスはエルフーンにちょうはつされないのでメンタルハーブを持たせなくても良いことが強いですよね。 リオルの方が耐久がちょっと低いので無駄にトリルターンを消... ビルドアップを積んだ瞬間に死... ありがとうございます。 を使うのなら、何らかの差別化 持ち物や技、タイプによる耐性の違い等 が必要になるのではな... もうかエースバーンより火力が高くても、リベロエースバーンまではいかないので差別化という点については難しいですね。 しかし、型バレせずにこの火力が出せるのが強みと思われます!• ゆうかん• 投稿者:内藤• コメント 4 みんなの評価 :• わんぱく• 投稿者:floral• コメント 2 みんなの評価 :• ひかえめ• 投稿者:こうさん• コメント 7 みんなの評価 :• ずぶとい• 投稿者:イルむに• コメント 4 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:宮丸• コメント 3 みんなの評価 :.

次の

厨ポケ狩り物理受けヨクバリス育成論|Pokeminブログ

ヨクバリス 育成 論

自強化技でAを上げてジャイロボールや地震等で相手を飛ばすのが理想。 ノーマルタイプなのでミミッキュのシャドークロー、かげうちやサニーゴのナイトヘッドを無効化できる。 ワイルドボルトを採用することで、ブラッキー 等のあくびを帳消しにしたり、初手対面ギャラドスに対しても十分な仕事をしてくれる。 ほしがるについては、きのみ発動後 ヨクバリスの仕事終了後 にナットレイ、ドヒドイデといった受け型ポケの割合回復アイテムを奪ったり、スカーフや突チョなどの強化アイテムをひったくることもできるため、採用も有り得なくはない。 自身の残りHPに余裕がある場合のみ じしん、ジャイロボールについては必須技。 どちらもレコードとマシンで覚えられるので、そこまで面倒な話ではない。 ダイマックスをヨクバリスに使ったときDとBを上げられるので、その点も踏まえて強いと言える。 素早さ所属値が20と低い代わりに、他の性能が結構まともなものだったので、遊び半分で育成したが、性能が未知数なため警戒されにくく、シンプルにミミッキュを狩りやすい。 また、ミミッキュのじゃれつくに合わせてサニーゴやドヒドイデなどの、同じく受け型のポケモンにも繋ぎやすかったり、ゴーストにこだわったポケモンにも簡単に投げられる。 そしてかわいい。 現環境で最強格のドラパミミッキュを、意味不明なリスで簡単に壊すことができる。 というコンセプトで捉えていただきたい。 特殊技に弱いとは言え、弱点はかくとうタイプのみなので、堂々と立ち回れるのが強み。 状態異常にとても弱いので、トーチカやおにびを使ってくる相手はなるべく避けたい。 状態異常を嫌ってラムのみを持たせたり、ほおばるを採用してみたりなど、戦略の幅を増やせる。 回復実を発動させまいと、相手が調整しようとして思考を狂わせることも少々。 ほおばる:変化 持っているきのみを食べて、防御を2段回上げる。 より硬くなることもできるが、きのみを食べ終えてしまえば、この技の役目はなくなる。 ここぞというタイミングで打つことができれば相当強い技だが、この技に枠を使うか、と考えると少し悩ましい。 ダイマックスしても、はらだいこ つるぎのまい がダイウォールに変わるため、扱い難いところもある。 ギャラドスに強く出られるワイルドボルトの方が圧倒的に強さを感じたが、専用技は抜き難かったため、採用した。 要するに、「ワイルドボルトでいいやん」が大正解。 リスさんで絶賛大暴れ中のミミッキュに泡を吹かせてみてはいかがでしょうか。

次の