ショア ライン タルコフ。 【EFT】タルコフのPost

『ショアラバ』でマダイ&マゴチ エギングタックル流用でOK【天草】

ショア ライン タルコフ

この記事の目次• Escape from Tarkovの検証方法 このタルコフというゲームは、困ったことに出現位置を指定できない上に、マップが非常に大きい。 そのため、似たような風景が続いていてフレームレートが安定している「WOODS」にて計測を行った。 WOODSは名前の通り、森林が鬱蒼と生い茂っている広いマップ。 この森の中を3分ほど走り回って、フレームレートを計測。 3分経ったら、グラボを交換してまた同じことの繰り返しです。 WOODSは出現位置が変わっても、そこまでフレームレートに大きな変化が無いのでグラボ同士の比較が行いやすい。 テストを行う時に使うグラフィック設定は、原則として 「ウルトラ」画質です。 Overall graphics qualityを一番右までスライドして「Ultra」にします。 それ以外は特に設定しない。 検証に使ったグラボ GTX 1080 GTX 1050 GTX 1070 — 検証に使ったグラフィックボードは以上の7種類。 気が向いたら追加するかも。 フレームレートと体感:60fpsでも体感が… 筆者は検証時にゲーミングモニター「BenQ XL2536」を使っている。 そのため、60fps以上になっても違いを体感できます。 結論としてタルコフは、60fpsでも妙に重たい。 70fps以上:ようやく動作が軽快になる• 60fps前後:微妙にガタつくせいで、疲れやすい• 40fps前後:快適じゃない…• 30fps以下:すぐに酔うかも では、以下より 60fps ~ 70fps以上を出せるグラフィックボードを絞り込んでいく。 ちなみに、フレームレートの割に重たく見える現象は、FXAAを抜くと改善されます。 GTX 1080 Ti 121. GTX 1080 121. GTX 1070 Ti 110. GTX 1070 102. GTX 1060 6GB 71. GTX 1050 Ti 42. GTX 1050 40. 7 平均フレームレート 推奨グラフィックボード PUBGより若干軽いですね。 フレームレートは上限を解除しているが、仕様で122fps以上にならない様子。 平均60fps以上を目指すなら、とりあえずGTX 1060 6GBがあれば十分そう。 無難に平均60fps以上: GTX 1060 6GB• ゲーミングモニター: GTX 1070以上 タルコフにおすすめなグラボは以上の2点。 Ultra 71. High 80. Medium 90. Low 101. 4 GTX 1060で検証したところ、 設定を1段階落とす毎に平均フレームレートは10ずつ伸びました。 一番画質が荒いLow設定で平均100fpsを実現できる。 ひとまず GTX 1060があれば、タルコフをプレイするのに十分な性能を得られると考えていい。 FACTORY 95. WOODS 71. CUSTOMS 82. SHORELINE 75. INTERCHANGE 85. 4 「WOODS」以外のマップでどれくらいのフレームレートの出せるか、ついでにチェックしておきました。 結果としては、 WOODSが一番重たいようで、他のマップはそこそこ軽い。 特にマップが狭い FACTORYは最もフレームレートが出やすく、GTX 1060 6GBでも平均96fpsでした。 タルコフの推奨グラボをまとめる 解像度 モニター 推奨グラボ fps目安 1920 x 1080 普通(60Hz) GTX 1060 6GB 平均70fps ゲーミング(144Hz) GTX 1070以上 平均100fps GTX 1080以上 平均120fps 検証結果をまとめるとこの通り。 普通のモニター(60Hz)でタルコフを遊ぶなら、GTX 1060 6GBがあれば十分に間に合います。 WOODS以外のマップなら更にfpsが出ますし、設定で更に伸ばせる。 筆者のようにゲーミングモニター(144Hz~)を使ってタルコフをプレイするなら、平均100fps以上を叩き出せるGTX 1070やGTX 1080あたりがおすすめです。 GTX 1080は、基本的にどこでも良いです。 安いのが良いなら玄人志向製がおすすめで、デザイン重視ならトリプルファン採用のASUS ROG STRIXがおすすめ。 タルコフのCPUボトルネックを検証する 次はCPUを検証。 良いグラフィックボードを使っても、CPUの性能が不足するとグラボが本来の性能を出せなくなってしまう。 一番フレームレートの出ているGTX 1080 Tiを使って、CPUごとのフレームレートを計測した。 30 GHz)• 90 GHz)• 60 GHz)• 70 GHz) 検証するCPUは以上の4種類。 Core i7 8700 121. Core i5 8500 121. Core i3 8100 120. Pentium G5400 120. 2 平均フレームレートは想定している以上に変化がなかった。 CPUの性能が低いほど、ややフレームレートが出づらくなるものの、気にするほど大きなボトルネックは生じていません。 Core i7 8700 115. Core i5 8500 114. Core i3 8100 106. Pentium G5400 105. 2 最低フレームレートを見てみると、6コア以上の安定性がよく分かる。 でも平均値で大きな差が出ているわけではないので、低予算で行くならCore i3でも良いでしょう。 パフォーマンス重視: Core i5 85 00• コスパ重視: Core i3 8100 タルコフにおすすめなCPUはこの2つでだいたい決まり。 タルコフに必要なメモリ容量• GTX 1080 Ti 11GB: 平均 8529MB(約8. 5GB)• GTX 1050 2GB: 平均 8247MB(約8. 2GB) Windows 10とタルコフをを起動した状態で計測したところ、かなりメモリを食っていることが判明。 1080 Tiの場合はだいたい8. 5GB前後。 1050の場合は8. 2GB前後ほど。 タルコフは公式の推奨スペックでも、メモリ8GB以上と言われているが、その情報に間違いはなかった。 8GBを超えてしまうので、メモリは必ず8GB以上(推奨は16GB)にしておこう。 あとはメモリ16GBと、SSDがあれば最高ですね。 ゲーミングモニターを使ってタルコフをプレイする場合は、平均100fps以上を出せるグラボが必須。 100fpsならGTX 1070で、120fpsならGTX 1080 ~ GTX 1080 Tiがベスト。 では最後に、Escape from TarkovにおすすめなゲーミングPCも紹介して終わります。

次の

EFT(タルコフ)初心者が金策をするならここがオススメ!INTERCHANGE(インターチェンジ)!!

ショア ライン タルコフ

この記事の目次• Escape from Tarkovの検証方法 このタルコフというゲームは、困ったことに出現位置を指定できない上に、マップが非常に大きい。 そのため、似たような風景が続いていてフレームレートが安定している「WOODS」にて計測を行った。 WOODSは名前の通り、森林が鬱蒼と生い茂っている広いマップ。 この森の中を3分ほど走り回って、フレームレートを計測。 3分経ったら、グラボを交換してまた同じことの繰り返しです。 WOODSは出現位置が変わっても、そこまでフレームレートに大きな変化が無いのでグラボ同士の比較が行いやすい。 テストを行う時に使うグラフィック設定は、原則として 「ウルトラ」画質です。 Overall graphics qualityを一番右までスライドして「Ultra」にします。 それ以外は特に設定しない。 検証に使ったグラボ GTX 1080 GTX 1050 GTX 1070 — 検証に使ったグラフィックボードは以上の7種類。 気が向いたら追加するかも。 フレームレートと体感:60fpsでも体感が… 筆者は検証時にゲーミングモニター「BenQ XL2536」を使っている。 そのため、60fps以上になっても違いを体感できます。 結論としてタルコフは、60fpsでも妙に重たい。 70fps以上:ようやく動作が軽快になる• 60fps前後:微妙にガタつくせいで、疲れやすい• 40fps前後:快適じゃない…• 30fps以下:すぐに酔うかも では、以下より 60fps ~ 70fps以上を出せるグラフィックボードを絞り込んでいく。 ちなみに、フレームレートの割に重たく見える現象は、FXAAを抜くと改善されます。 GTX 1080 Ti 121. GTX 1080 121. GTX 1070 Ti 110. GTX 1070 102. GTX 1060 6GB 71. GTX 1050 Ti 42. GTX 1050 40. 7 平均フレームレート 推奨グラフィックボード PUBGより若干軽いですね。 フレームレートは上限を解除しているが、仕様で122fps以上にならない様子。 平均60fps以上を目指すなら、とりあえずGTX 1060 6GBがあれば十分そう。 無難に平均60fps以上: GTX 1060 6GB• ゲーミングモニター: GTX 1070以上 タルコフにおすすめなグラボは以上の2点。 Ultra 71. High 80. Medium 90. Low 101. 4 GTX 1060で検証したところ、 設定を1段階落とす毎に平均フレームレートは10ずつ伸びました。 一番画質が荒いLow設定で平均100fpsを実現できる。 ひとまず GTX 1060があれば、タルコフをプレイするのに十分な性能を得られると考えていい。 FACTORY 95. WOODS 71. CUSTOMS 82. SHORELINE 75. INTERCHANGE 85. 4 「WOODS」以外のマップでどれくらいのフレームレートの出せるか、ついでにチェックしておきました。 結果としては、 WOODSが一番重たいようで、他のマップはそこそこ軽い。 特にマップが狭い FACTORYは最もフレームレートが出やすく、GTX 1060 6GBでも平均96fpsでした。 タルコフの推奨グラボをまとめる 解像度 モニター 推奨グラボ fps目安 1920 x 1080 普通(60Hz) GTX 1060 6GB 平均70fps ゲーミング(144Hz) GTX 1070以上 平均100fps GTX 1080以上 平均120fps 検証結果をまとめるとこの通り。 普通のモニター(60Hz)でタルコフを遊ぶなら、GTX 1060 6GBがあれば十分に間に合います。 WOODS以外のマップなら更にfpsが出ますし、設定で更に伸ばせる。 筆者のようにゲーミングモニター(144Hz~)を使ってタルコフをプレイするなら、平均100fps以上を叩き出せるGTX 1070やGTX 1080あたりがおすすめです。 GTX 1080は、基本的にどこでも良いです。 安いのが良いなら玄人志向製がおすすめで、デザイン重視ならトリプルファン採用のASUS ROG STRIXがおすすめ。 タルコフのCPUボトルネックを検証する 次はCPUを検証。 良いグラフィックボードを使っても、CPUの性能が不足するとグラボが本来の性能を出せなくなってしまう。 一番フレームレートの出ているGTX 1080 Tiを使って、CPUごとのフレームレートを計測した。 30 GHz)• 90 GHz)• 60 GHz)• 70 GHz) 検証するCPUは以上の4種類。 Core i7 8700 121. Core i5 8500 121. Core i3 8100 120. Pentium G5400 120. 2 平均フレームレートは想定している以上に変化がなかった。 CPUの性能が低いほど、ややフレームレートが出づらくなるものの、気にするほど大きなボトルネックは生じていません。 Core i7 8700 115. Core i5 8500 114. Core i3 8100 106. Pentium G5400 105. 2 最低フレームレートを見てみると、6コア以上の安定性がよく分かる。 でも平均値で大きな差が出ているわけではないので、低予算で行くならCore i3でも良いでしょう。 パフォーマンス重視: Core i5 85 00• コスパ重視: Core i3 8100 タルコフにおすすめなCPUはこの2つでだいたい決まり。 タルコフに必要なメモリ容量• GTX 1080 Ti 11GB: 平均 8529MB(約8. 5GB)• GTX 1050 2GB: 平均 8247MB(約8. 2GB) Windows 10とタルコフをを起動した状態で計測したところ、かなりメモリを食っていることが判明。 1080 Tiの場合はだいたい8. 5GB前後。 1050の場合は8. 2GB前後ほど。 タルコフは公式の推奨スペックでも、メモリ8GB以上と言われているが、その情報に間違いはなかった。 8GBを超えてしまうので、メモリは必ず8GB以上(推奨は16GB)にしておこう。 あとはメモリ16GBと、SSDがあれば最高ですね。 ゲーミングモニターを使ってタルコフをプレイする場合は、平均100fps以上を出せるグラボが必須。 100fpsならGTX 1070で、120fpsならGTX 1080 ~ GTX 1080 Tiがベスト。 では最後に、Escape from TarkovにおすすめなゲーミングPCも紹介して終わります。

次の

SHORELINE

ショア ライン タルコフ

この記事の目次• 【EFT】Escape from Tarkov:タルコフの遊び方・やり方 上記の記事でタルコフの購入方法を解説しました。 今回はその続きで、 タルコフの遊び方や操作方法を解説していきます。 タルコフを購入していない人、インストールを完了していない人は、まずは、上記の記事を参考にインストールを完了させてください。 ランチャーを起動したら「Play」をクリックします。 言語を選択します• 日本語にはまだ対応しておりません。 ニックネームを入力• 「NEXT」をクリック BEARとUSECの違い BEARとUSECのどちらかを選択する画面が表示されます。 簡単な違いは、喋る言語、ゲーム内チャット時の言語が違います。 BEAR:ロシア語• USEC:英語 BEAR:ロシア語 USEC:英語 ロシア語はよくわからないので、今回はUSECを選択しました。 USECとBEAR、フレンドとそれぞれ同じ所属ではなくても、所属関係なく一緒に遊ぶことができます。 基本的にあとから変更不可で、もしあとから 変更したい場合、ゲーム内の進行状況をリセットする必要があるようです。 メニューの見方• ESCAPE FROM TARKOV:タルコフからの脱出(これがメイン)• CHARACTER:キャラクター(PMCで使用するキャラの装備やスキル、タスク管理など)• TRADING:トレード(武器や物資の売買)• HIDEOUT:隠れ家(ハイドアウト)• EXIT:ゲームをやめる 初めてゲームをプレイするという人は、まずは「ESCAPE FROM TARKOV」をSCAVモードでプレイしつつ操作方法を覚えるのをおすすめします。 SCAVとPMCの違い 「ESCAPE FROM TARKOV」をクリックすると、SCAVとPMCという2つのキャラクターを選択する画面が現れます。 SCAVとPMCの違い• SCAV:装備は毎回ランダムなキャラクターでプレイ(出撃は20分毎)• PMC:あなた自身(CHARACTERで設定した装備でプレイ) 基本的には PMCがあなたのキャラクターでメインプレイとなります。 しかし、PMC(メインキャラクター)で出撃した場合、キルされるとポーチに入れていなかったアイテムは全てロストすることに注意してください。 高価なアイテムやタスクで持ってこいといわれたアイテムは、必ずポーチ(セキュアコンテナ)に入れておくようにしましょう。 鍵を使って開けれる場所の中にお宝があったりするので、鍵を見つけたらポーチに入れておくといいですよ。 メインメニューから「CHARACTER」をクリックすると上記の画面が表示され、PMCモード(マイキャラクター)で遊ぶときの装備などをカスタマイズ可能です。 なお、ポーチ(セキュアコンテナ・ガンマコンテナ)の大きさは購入したによって異なります。 一方、SCAVは、ランダムな装備で出撃する使い捨てキャラなので、 ゲームに慣れるまではSCAVでプレイすることをおすすめします。 デメリットとしては、 SCAVモードにはポーチが存在しないため、レアアイテムを見つけても、ポーチに入れることができず、死んでしまうと持ち帰ることができません。 メリットとしては、ゲーム内のNPC(ノンプレイヤキャラクター、AIプレイヤー)が味方なので、こちらから攻撃しない限りNPCには攻撃されません。 そのため、安全にアイテムを集めることが可能です。 SCAV:20分毎にランダムの装備で出撃可能。 ポーチがないので死んだらアイテムを持ち帰れない。 NPCは攻撃してこないので安全。 PMC:自分がカスタムした装備で出撃可能。 ポーチに入れたアイテムは死んでも持ち帰り可能。 自分以外は全員敵。 【EFT】タルコフ初心者はまずは何をやるべき? 初心者の方はタルコフの操作方法に慣れるためにも、「ESCAPE FROM TARKOV」をSCAVモードでプレイしていきましょう。 繰り返しになりますが、SCAVモードだと毎回ランダムな装備で出撃でき、キルされても自分の装備を失うことはありません。 まずは、 SCAVで出撃し、物資、アイテム、武器などを集めて帰還することを目標とします。 はじめのうちは「INTERCHANGE」がおすすめ それぞれのマップには昼と夜があり、時間や気候が表示されています。 初心者は慣れるためにも 明るい昼の時間を選択することをおすすめします。 場所を選んだら「READY」をクリックします。 あとは出撃を待つだけです。 なお、 リスポーン地点(スタート地点)はランダムに決まります。 マッチングが遅いと感じたら下記の記事を参考にしてください。 タルコフの出口・脱出地点はどこ? タルコフの目的は脱出にあります。 ゲーム開始時に画面右上に、このように脱出地点が表示されます。 敵をキルしつつ、アイテムを調達しつつ、脱出地点を目指しましょう。 マップは「TRADING」から購入することもできます。 ネットで調べたら情報はいくらでも出てくるので、そちらを参考にするのもありです。 【EFT】タルコフの操作方法 タルコフの操作方法をまとめてみました。 操作方法が複雑なので慣れるまでは表を見ながらプレイしてみてください。 TRADING:アイテムの買い方・購入方法 メインメニューから「TRADING」をクリックするとディーラー(トレーダー)を選ぶ画面が表示されます。 ディーラーを選ぶことで、アイテムを売買・交換したり、タスクを受ける画面が表示されます。 アイテムを購入する流れ• 画面左上の「BUY」をクリック• ほしいアイテムを選択• 画面下の「Fill items」をクリック• 「DEAL! 」をクリックし取引成立 アイテムはお金で購入するだけでなく、特定のアイテムとの交換というパターンもあります。 アイテムを売却する流れ• 画面左上の「SELL」をクリック• 画面中央の「TO SELL」というスペースに売りたいアイテムを移動• 「DEAL! 」をクリックして取引成立 画面下の「Clear table」をクリックするとキャンセルできます。 HIDEOUT:隠れ家(ハイドアウト) メインメニューから「HIDE OUT」を選ぶと隠れ家(ハイドアウト)の画面になります。 隠れ家では、特定のアイテムを集めることで、設備を強化し、スタッシュサイズの拡大や体力、疲労の回復速度の向上などなど様々な恩恵を受けることが出来ます。 アップグレードに必要なアイテムを集め、隠れ家を強化していきましょう。 タスクの受け方 メインメニューから「TRADING」をクリックし、表示されたディーラー(トレーダー)からタスク(ミッション)を受注することが可能です。 タスクはPMCのオンラインモードで進行できます。 タスクをこなすことで、経験値や報酬がもらえ、アイテムの品揃えもよくなってきます。 タスクを受注する流れ• 画面左上の「TASKS」をクリック• 「ACCEPT」をクリックしてタスクの受注• Objective:タスクの目標• Awards:タスクが完了したときに貰える報酬 タスクが完了したら「COMPLETE」ボタンをクリックし、報酬をもらいましょう。 回復・治療の方法 タルコフでは 自分のケガの状態に適切な回復方法で処置する必要があります。 出血 止血しない限りダメージを受け続けるバッドステータス。 放置すると体力がなくなり失血死。 Bandageで止血、もしくはCar、Salewa、IFAKなどの治療キットを使い止血しつつ回復しましょう。 骨折 高いところから落ちたり、被弾すると骨折し、走れなくなったり、腕を骨折すると銃を持つ手がプルプル震え照準精度低下に繋がったりする厄介なバッドステータスです。 Splint(添え木)を使い、対処しましょう。 壊死(破壊) 部位のHPが0の状態異常のこと。 SURVIVAL KITなど手術キットを使わないと治療できない。 疲労・渇き レイド中に時間が経過すると、青と黄色のアイコンの数値が減少し、一定の数値を下回ると疲労と渇きの症状が発生。 HPが時間とともに減少したりします。 食品や飲料の摂取で回復が可能です。 PainkillersやIbuprofen、Vaselineなどは鎮痛効果があり、破壊や骨折などのバッドステータスを緩和することができます。 骨折すると、びっこを引くようになってしまうのですが、鎮痛剤を摂取することで、歩けたり、ダッシュができるようになります(ダメージは受ける) 保険について PMCでプレイする場合、装備に保険をかけることができます。 保険をかけることで、死亡したときに保険をかけた装備が戻ってくることがあります。 保険をかける流れ• 保険をかけるアイテムを装備を選択• 保険業者を選択• 料金を確認し「INSURE」をクリックし保険をかけます 保険業者によって、アイテムが返ってくるまでの時間が異なります。 選択したアイテムの保険をかけるのをキャンセルしたい場合、そのアイテムを右クリックすることでキャンセルできます。 本当に選択したアイテムに保険をかけますか?と聞かれるので「YES」をクリックします。 このような画面が表示されるとちゃんと保険を掛けることができています。 まとめ.

次の