新しい 端末 から ログイン が ありま した。 ツイッターで新規ログインがありました。

Twitterで「新しい端末からログインがありました」という通知が来て...

新しい 端末 から ログイン が ありま した

アカウントを取得さえすれば、どこからでも、どんな端末からでもアクセスできるフリーメールサービスですが、その便利さは大きなリスクと表裏一体です。 とくに用心したいのが、 自分以外の人も利用できる端末(ネットカフェのPCなど) でメールサービスをアクセスしたあと、ログアウトし忘れるうっかりミス。 悪意を持った者にその端末を操作されると、メールを覗き見られたり、最悪の場合、アカウントを乗っ取られてしまう恐れもあります。 どんなに気を付けていても、ミスは起こりうるもの。 ログアウトし忘れなど身に覚えがあって、不正アクセスされた(されそうな)疑いがある場合は、すぐにログイン履歴をチェックし、対策をとって被害を防ぎましょう。 この記事の目次• Gmailアカウントのログイン履歴を調べる Gmailに不正アクセス(自分以外のアクセス)があったかどうかは、 「ログイン履歴」を見れば確認できます。 PC版のGmailは、まず、画面右下にある 「アカウント アクティビティの詳細」をクリックします。 スマホの場合は、ChromeやSafariなどの ブラウザでGmailにアクセスしたのち、画面左上のメニューアイコン(三本線のアイコン)をタップして メニューを開き、その最下部にある 「デスクトップ」をタップ。 これでPC版とほぼ同じ画面が表示されるので、やはり最下部にある 「詳細」をタップしましょう。 別ウインドウで、最新10件の ログイン履歴(このアカウントのアクティビティ)が表示されます。 「アクセスタイプ」「ロケーション(IPアドレス)」「日時」で、不審なアクセスがないかを確認できます。 各項目の内容と、チェックすべき点は以下のとおり。 自分が利用したはずのない時間のアクセスがないかどうか確認する 不正アクセスの疑いがあったらどうするか ログイン履歴を確認した結果、不正アクセスが疑われる記録が確認できたら、または、ログアウトをし忘れた端末があるようなら、 「他のすべてのGmailのウェブセッションからログアウトする」をクリックしましょう。 これにより、現在自分がログインしているもの以外をすべて強制的にログアウトすることができます。 自宅や職場の端末以外でもGmailを利用することが多い人は、上記の「アカウントアクティビティからログアウトする」を習慣づけるといいでしょう。 また、不正アクセスとおぼしきログインが頻繁に確認される場合は、 パスワードを変更すること。 強度の強いパスワードの作り方はで解説していますので、参考にしてください。 Googleアカウントにログインした端末をチェックする Googleアカウントへの不正アクセスは、ログインした端末を確認することでも分かります。 まず、「Googleアプリ」のメニューから 「Googleアカウント」を選びます。 ここに使用した心当たりのない端末があれば、不正アクセスを受けた可能性が大です。 同時に、現在使用中のすべての端末からログアウトされます。 気を付けて利用しているつもりでも、うっかりミスは起きるもの。 そんなときにどうすればいいか、その対策法を知っておくこともセキュリティ対策の一環と言えます。 未然に防げなかった不正アクセスは、被害が拡大しないうちに発見し、すみやかに対処する。 くり返しになりますが、そのためにもまめに「ログイン履歴のチェック」を行いましょう。

次の

【Gmail】不正アクセスのおそれがあるならログイン履歴をチェックしよう!

新しい 端末 から ログイン が ありま した

こんな所行ったことない!不正アクセス?誰かにアクセスされたの!?と騒ぎになっているようです。 2016年の9月頃からのようですね。 引用:yahoo知恵袋 twitterにログインするたびに、 ご利用中のTwitterアカウント xxxxxxx へのログインがありましたのでお知らせします。 端末 Windows 場所 北海道 札幌市 厚別区 というメールが届きます。 北海道 札幌市 厚別区なんて、行ったこともないところなのですが、第三者にのっとられているのでしょうか? 私のtwitterに他人がログインしているようです。 下記のメールがtwitterよりきました。 利用中のTwitterアカウント( ーー(実際はアカウント名記載)へのログインがありましたのでお知らせします。 端末 Windows 場所 K(実際は地名が書かれてます) ご自身で行った場合 ご確認をありがとうございます。 引き続きTwitterをご利用ください。 心当りがない場合 第三者によるアカウント乗っ取りの可能性があります。 安全のため、Twitterのパスワードをリセットしてください。 自分が行ったことがない場所からのアクセスがあったと来るようです。。。 これは怖いですね! しかし、調べたところ、どうやら不正アクセスではない可能性があるようです。 そのため、このログイン通知が来る理由と対処方法をご説明します! もくじ• 不審なログイン通知が来る理由 不正アクセスなのか? 自分でアクセスしている まず、行ったこともない場所でのログイン通知のメールが来る理由ですが、 これは 自分がログインした通知で場所が違っているだけとのことです! なんと、こんな理由だったんですね。 どうやら、2016年の9月18日頃からTwitterが、セキュリティ強化でログイン通知のメールサービスを開始したそうです。 しかし、ログインした「場所」の情報に関しては、まだ精度がかなり悪いようです。 新サービスで、いきなり変な場所からのログインだったため、ちょっとした騒ぎになったわけですね。 それならば、一安心ですね。 本当に不正アクセスされている 本当にログインしていないのに、ログイン通知が来る場合は、本当に不正アクセスされている可能性があります。 そのため、アクセス履歴を調べる必要があります。 その方法は、後述していきます! 友人やお子さんがtwitterを使った ご友人やお子さんがあなたのtwitter IDでログインしたのかもしれません。 例えば、PCを触ってて、twitterをやりたくなりtwitterにアクセスすると、あなたのログインIDとパスが記憶されていて、そのままログインしてtwitterを見ていた等ですね。 PCに詳しくない方だと、自分がどのアカウントを使用しているかなんて発想がないため、実際に起こりうる可能性はあります。 この場合だと、あなたはそのログインを把握してないため、時間は使ってない時間で場所は変な所なので、完全に不正アクセスと勘違いしてしまいますよね。 そのため、そのメールの送られた時間を確認してみてください。 Twitterを装った、迷惑メールの可能性もある! 大手サイトを装ったメールをして不安を煽り、そのメールに記載されているURLをクリックさせるという迷惑メールの手口の可能性があります。 よく見ると、名前がTwitterではない可能性もあるので注意して見てください。 スポンサーリンク ログイン通知の対処方法 ログイン通知のメールはオフにできる? PCやスマホ等の違うデバイスでログインする場合に、ログインする度に通知のメールが来るとちょっと邪魔ですよね。 そのため、通知メールを来ないようにする方法がないか調べてみました。 その結果は、現状 ログイン通知のメールをオフにする方法はないようです。 まぁ セキュリティの関係上、本当に不正アクセスした可能性もあるのでtwitter的には あまりオフにさせたくはないでしょうね。 最近、追加された機能なので、今後のアップデートでオフにできるようになるかもしれませんね。 ログイン履歴を調べる しかし、何をどう考えてもアクセスした心当たりがない場合もあると思います。 その場合は、本当に不正アクセスの可能性がありますので、twitterのログイン履歴を調べましょう! 方法は、PCからtwitterにアクセスするか、スマートフォンならば、ブラウザをPC用サイト閲覧モードにブラウザをモード変更してから開いてください。 iphoneの場合 「デスクトップ用サイトを表示」をする そして、twitterにアクセスしたら、 画面右上の「アカウント画像」ボタンをクリック・タッチ! その後、出てきた「設定」をクリック・タッチ! そうすると、 twitterへのログイン履歴を見ることができます! ここで見ていただきたいのが、国籍とIPアドレスですね。 さすがに国籍が違ったら本当に不正アクセスの可能性が高いです。 また、自分のIPアドレスを調べて、そのアドレスとログイン履歴が違っていたら 不正アクセスの可能性が高いです。 その場合は、パスワードを変更して、全てのアプリ連携を解除して2~3日様子を見ましょう。 それでも、不審なログインが消えない場合は、twitterに報告・相談してみましょう。 まとめ 以上が、【Twitter】不審なログイン通知が届く時の理由と対処方法! でした。

次の

ツイッターのログイン履歴の確認・対策方法まとめ。不正アクセスっぽい通知が来たら要チェック!【pc/スマホ(iphone,android)】

新しい 端末 から ログイン が ありま した

Googleにログインできない……どうして? Googleアカウントにログインできないケースは、特に機種変更などで新しい端末でログインする場合に多く発生します。 その場合、ユーザー名、またはパスワードの間違いや、2段階認証を使用しているためログインできないことがあります。 また、Googleアカウントが何者かに乗っ取られたケースも考えられます。 今回は、それらの解決策を解説します。 <目次>• ログインできない場合1:ユーザー名/パスワードの間違い 機種変更した際や新しくGoogleアプリでログインを試みる際、ユーザー名やパスワードは手打ちで入力します。 そのとき間違ったユーザー名/パスワードを入力してしまうことがあります。 正しいユーザー名/パスワードを入力しているか、正しい組み合わせで入力しているかを確認しましょう。 ログインできない場合2:ユーザー名を忘れた ユーザー名を忘れた場合は以下の手順を行います。 つまり、携帯メールアドレスを主要サービスに使用し、なおかつ2段階認証を利用している人が機種変更した場合にこのケースは発生します。 この場合、Googleと連絡をとり、アカウントを復元してもらう作業が必要になります。 これには数日ほどかかる場合があります。 この作業はから行います。 ログインできない場合5:アカウントが乗っ取られた 第三者にGoogleアカウントを乗っ取られ、パスワードが変更されたりアカウントが削除されたりしてログインができなくなるケースです。 この場合はからアカウントを復元する手順を行います。 Googleアカウントを削除された場合でも、削除してから一定の期間内であれば、アカウントを復元することが可能です。 この手順は上記の「」の手順と同様に行います。 【関連記事】.

次の