目の下 の クマ。 目の下のくま(クマ)の原因・種類と解消のエイジングケア

目の下のクマは3種類! 見分け方と原因、改善方法を知ろう|美肌クエスト

目の下 の クマ

目の下にクマができているだけで疲れて見えたり、老けて見えたりしますよね。 しかし、クマを消すだけで、そんな残念な顔から変貌を遂げられるのなら、解消したいですよね。 実は、クマには3種類あってそれぞれ対策法が違うことをご存知ですか? クマのタイプを正確に知らないまま間違ったケアをしていると、クマが悪化するなんてことも。 自分のクマのタイプをきちんと知って、それに合わせた対策をすることがクマを解消する近道です。 今回は、そんなクマのタイプとそれぞれに合わせた対策法をご紹介します。 クマの種類は3タイプ!あなたのクマはどのタイプ? クマに3つのタイプがあるのをご存知でしたか?タイプによって、できる原因もその対策方法もバラバラ。 それにも関わらずただクマというだけでやみくもにケアするだけでは、いつまで経ってもそのクマは消せません。 自分のクマはどのタイプなのかを見極め、タイプごとに対策をするのが、クマ悩みを解消するための近道となります。 そんなクマの最も簡単なクマの見分け方をご紹介しますね。 次の方法を試してみて、あてはまる箇所の対策法をご覧ください。 青クマの原因って? 青クマの主な原因は血行不良です。 目の周りの毛細血管の血流が滞ることで起こります。 血流を停滞させる原因となるのは、スマホやPCの使いすぎや度かさなる寝不足、また目の周りの冷えなどです。 仕事などでPCを使ったデスクワークが多い方は、この青クマになりやすいので、要注意です。 青クマの対策は? 目元の血行不良にアプローチする4つの方法をご紹介します。 目元を温める 冷えにより目元まわりの血行が停滞しているので、目元をアイマスクやホットタオルで温めてあげましょう。 特にホットタオルを使った方法は、家にあるタオルを濡らし、レンジで1分チンするだけなので、おすすめですよ。 わたしはPCで目を酷使した日のケアによく取り入れています。 マッサージを行う 目元をマッサージすることで、血行が促進できるので、薬指を使って優しくマッサージしましょう。 なぜ、薬指がよいかと言うと、人差し指や中指だと力が入りすぎてしまい、皮膚の薄い目元には刺激が強すぎるからです。 マッサージをするときには、目頭からこめかみに向かって下まぶたのツボを優しく押し、最後に目頭からこめかみまで再度、スーッと引き上げるようにして流すのがおすすめです。 ただし、擦りすぎに注意が必要です。 というのも、まぶたの皮膚は、メラニンを作りだすメラノサイトの活動が盛んな部分。 擦りすぎると色素沈着がおきやすいので、「コラリッチEX」のような滑りのよいクリームをマッサージ剤として使うのがいいかと思います。 全身の血流をよくする 目元が血行不良ということは、実は全身が血行不良になっているということ。 目元は他の部分に比べて皮膚が薄いので、血行不良になっている毛細血管が青く透けて見えやすいのです。 そのため、ついつい目元の青クマにのみ意識がいってしまうのですが、目元のケアだけでなく、全身の血流をよくすることが大切。 全身の血流がよくなれば、目元の血行不良にもアプローチできるので、日頃から、入浴や運動で全身の血のめぐりをよくするように心がけてくださいね。 食事で気を付ける 日常的に、氷入りの飲み物を飲んだり、アイスを食べたりする方は、知らずのうちに体が冷えてしまっているかも。 そんな方に知っていただきたいのは、特別なケアをしなくても少し食べるものに気をつけるだけで、自然と体を温めることが可能だということです。 例えば、体を温める食材には、「しょうが」「納豆」「ラム肉」「紅茶」などがあります。 「ラム肉」を除いては、日頃の食生活で手軽に摂れるものばかりなので、積極的取り入れましょう。 黒クマの原因とは? 黒クマの主な原因は、• 目の周りの筋肉の衰え• 皮膚のたるみ• 顔のむくみ です。 以下に、詳しく説明しますね。 目の周りの筋力の衰え 目を開くときは、通常は目の周りの眼輪筋をつかいますが、額の筋肉に頼って目を開いてしまうと眼輪筋の筋力が衰え、黒クマの原因のひとつになってしまいます。 皮膚のたるみ 老化によって皮膚の真皮層にある、肌にハリや弾力をもたらすコラーゲン繊維やエラスチン繊維が衰えてしまい、皮膚を支えきれなくなった部分にたるみが起きます。 これが下まぶたの薄い皮膚の部分にが起こるので、結果的に影を作ってしまい、黒いクマのようになって見えるというわけです。 顔がむくむ 顔がむくんでしまうと、水分などの老廃物が目の下にたまり、ボコッと目立ってしまいます。 その膨らみが、たるみと同じように下まぶたの薄い皮膚の部分に影を作ることによって、黒クマの原因になっているのです。 黒クマの対策は? それでは、黒クマ悩みを解消するための対策をご紹介します。 コラーゲンを強化する 皮膚がだるんで影のできる黒クマには、原因となるたるみ対策として、何よりもコラーゲンを強化するお手入れが必須です。 コラーゲンを増やす作用が期待できるビタミンC誘導体、レチノールなどが配合された化粧品を使用するとよいでしょう。 たるみだけでなく、コラーゲン強化はシワにも有効なので、エイジングケアとして普段のお手入れに是非取り込んでみて下さい。 表情筋を鍛える 黒クマを予防するには、目元の表情筋=眼輪筋を鍛えましょう。 目だけを上下左右に動かす眼輪筋トレーニングが最も簡単でおすすめです。 リンパの流れをよくする 目元のマッサージをするときは、 むくみ対策のために塩分や冷たい飲み物を控えて、リンパマッサージも行いましょう。 薬指で目の周りを3周• そのまま、こめかみ、耳前を通ってプッシュ• 首を通って鎖骨下まで流して鎖骨をほぐす。 このときには摩擦を避け、滑りをよくするためにクリームをかならず使ってくださいね。 また、顔全体のむくみが黒クマの原因のひとつでもあるので、顔全体のリンパマッサージもおすすめです。 ひとつは表皮レベルの色素沈着、もうひとつは、真皮まで色素沈着してしまったものです。 茶クマの原因は? それぞれの原因を詳しくご紹介する前に、一般的な茶クマの原因をご紹介します。 紫外線により生成されたメラニンの影響• 目元のこすりすぎによる色素沈着• 紫外線ダメージがすでに真皮層に達してしまった。 などが考えられます。 表皮の場合 紫外線からのダメージを守るために生成されたメラニンが一定量を超え、過剰に生成されているにもかかわらず、排出が間に合わなかった場合に、褐色のシミができてしまいます。 このシミがいくつも集まって、結果的に茶色く見えているのが茶クマものです。 また、目元をよくこする人は、摩擦によって色素沈着が起きているとも考えられます。 真皮の場合 真皮までメラニンが到達している茶クマの場合は、正確にはすでに「アザ」の状態にあります。 この場合には、すでに核のある細胞にまでダメージが起きているので、化粧品やマッサージではどうにもなりません。 期待できる対策法としては、クリニックでのレーザー治療が挙げられます。 茶クマの対策は? 真皮レベルまで到達した茶クマの場合は、レーザー治療しか対策法がないので、ここでは表皮レベルの色素沈着が原因の茶クマの対策法をご紹介します。 美白効果のあるコスメを利用する メラニンが原因なので、メラニン還元作用のあるビタミンC誘導体の配合されたコスメがおすすめです。 ただし、ビタミンC誘導体は刺激がある場合も考えられるので、ご自身のお肌と相談して使ってください。 また、これ以上悪化させないためにも、常に紫外線対策をしっかりしましょう。 保湿をしっかりと行う 目元が乾燥しているとごわついてしまって、摩擦が起こりやすくなってしまいます。 またきちんと潤っている肌なら、紫外線の半分は肌表面の角層が反射してくれるのですが、乾燥していると反射する力がなく、より紫外線ダメージを受けやすくなってしまいます。 したがって、紫外線対策と同じくらい保湿をしっかり行いましょう。 クレンジング・洗顔方法の見直し 目元の皮膚はとっても薄くてデリケートなので、ゴシゴシ擦るのは厳禁です!特に、クレンジングや洗顔の際には気をつけましょう。 アイメイクを落とすときは、優しく浮かせるイメージで、擦らないようにしてください。 また洗顔の際は、泡をしっかり立てて、転がすようにして洗い、直接肌に触らないようにしましょう。 クマを瞬時に消す方法!? クマの原因と対策をご紹介しましたが、スキンケアでクマを一瞬にして消すことは難しいです。 しかし、メイクでならカバーできます。 例えば、• 青クマの場合、オレンジ系のコントロールカラー• 黒クマの場合、凹凸を埋める形の下地やオレンジ系のコントロールカラー• 茶クマの場合、イエロー系のコンシーラー を使って、クマの気になるところに点置きして、ポンポンと軽くたたきながらなじませます。 その後、薬指でクマ全体に塗り広げて、最後にパウダーを薄く重ねるとクマが消えます!このように、クマのタイプごとに色やアイテムを使い分けて上手に隠しましょう! クマ対策をして、夏バテ知らずの若々しい顔を保ちましょう! クマには3つの種類があり、それぞれ対策法が異なるということを理解していただけましたか?それぞれに合わせた対策法を正しく行えば、クマ悩みを解消することだって期待できるのです。 また、メイクでも簡単に隠すこともできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 クマの悩み解消は一夜にしてならず。 日々のスキンケアや生活習慣が大事なので、コツコツやってみてくださいね。

次の

【医師監修】目の下のクマを簡単に取る解消法|たるみや血行不良を改善するマッサージ

目の下 の クマ

Contents• クマには青クマ、茶クマ、黒クマの3種類がある 目のクマというと、 「 睡眠不足が続いたりしたときに目の下が青黒くなるもの」という印象が強いですが、実際には睡眠不足だけが原因というわけではありません。 どんなにたっぷり睡眠をとっても、 なんとなく目の下の肌がくすんで見える、 黒っぽく影のように見える、なんていう人も多いです。 目の下の肌が暗く見えたりくすんで見えたりする現象は、すべて「クマ」と一括りにされやすいんですが、なぜその部分が暗く見えるのか、目の下の肌に何が起こっているのかというのは、人によっていろいろなパターンがあるんです。 起きている現象によって、クマは大きく「 青クマ」「 茶クマ」「 黒クマ」の3種類に分けられます。 青クマ(血行不良)の原因になりやすいこと• 睡眠不足• 長時間のPC作業などによる目の疲れ• 運動不足• 冷え 青クマの見分け方 青クマは肌自体に色がついているわけではなく、あくまでも下にある血管が透けて見えているもの。 肌を動かしても一緒に動いて来ないのであれば、それは青クマだと見分けることができます。 目じりを軽く横に引っ張って、クマの位置が動くかどうかを確認してみましょう。 茶クマの原因と見分け方 茶クマは メラニンの色素沈着が原因で起こるクマです。 目の周りの肌は、メラニン色素を作るメラノサイトの活動が盛んだとわかっています。 また、角質が薄く色素沈着も起こりやすいです。 メラニンは紫外線の影響で作られるものというイメージが強いですが、目をこするなど肌へ刺激によっても作られます。 目の下の肌にメラニンが過剰につくられ、うまく排出されずに色素沈着することによって、茶色っぽくなってしまうのが茶クマなんです。 茶クマ(色素沈着)の原因になりやすいこと• 目がかゆいときなどにこする• 濃いアイメイクを落とすときの摩擦や洗浄剤の刺激• 紫外線を浴びる(日焼け) 茶クマの見分け方 青クマとは異なり、茶クマは肌自体が茶色っぽくなっている状態です。 肌を動かしたときに一緒に移動するならそれは茶クマだと見分けられます。 目じりを軽く引っぱりながら、クマが一緒についてくるかどうかを確認しましょう。 黒クマの原因と見分け方 黒クマは 下まぶたや目の下の肌のたるみが原因で起こるクマです。 「クマ」と呼ばれているけど、黒クマの正体は影なんですよね。 まぶたには汗腺がなく、皮脂腺も少ないです。 角質層も薄いので、乾燥しやすくバリア機能が低下しやすい部分なんです。 しかも常にまばたきを繰り返しているため、肌にかかる負担が大きく、たるみやすい。 目の下にたるみが生じると、たるみの下側に影が落ちて肌が黒っぽく見えるのです。 スポンサーリンク それぞれのクマを改善する方法は? 原因が異なれば、改善や進行防止のために取るべき対策も変わってきます。 どのタイプのクマなのかを見極めて、適切な方法で対策しましょう。 青クマを改善する方法 青クマは血行不良が原因なので、 血行不良の改善が一番の対策になります。 目を酷使しないよう、PC作業中などは小まめに目を休ませて遠くを見たり、目の体操やマッサージなどを心がけましょう。 ホットアイマスクや蒸しタオル、目元へのシャワーなどで目の周りを温めるのも効果的です。 また、目の周りだけではなく、全身の血流を良くすることも大切です。 入浴はシャワーで済ませず湯船につかって身体を温めましょう。 ストレッチやウォーキングなど、毎日の生活に軽い運動を取り入れることも意識したいですね。 茶クマはコンシーラーなどでカバーしやすいタイプのクマだから、メイクでカバーしつつ腰を据えてじっくり改善に取り組んでいくのがおすすめ! 黒クマを改善する方法 黒クマはクマと呼ばれるものの、実際はたるみ問題なので、こちらも即効性のある改善方法はありません。 たるみを悪化させないために、タンパク質やビタミンCなど、 コラーゲン生成に必要な栄養素を食事からしっかり摂ることが大切です。 それから、目の下の肌を引っぱったりするようなクセがないかを見直してみてくださいね。 たるみの主な原因が加齢によるものだと考えられる場合は、レチノールやビタミンC誘導体などが配合された エイジングケア化粧品を取り入れてみるのも良いかと思います。

次の

目の下のクマ解消法

目の下 の クマ

[目次]• 目の下のたるみには筋肉を鍛えるストレッチを• 目をギュッと閉じて5秒間キープ• 目を思い切り大きく広げて5秒間キープ これを 5回ほど行います。 目の周辺には眼輪筋(がんりんきん)という表情筋があり、 眼輪筋が弱まるとたるみの原因になります。 まばたきで眼輪筋を積極的に動かし鍛えましょう。 目の下のクマを解消する目元マッサージ方法 マッサージの際は、すべりやすいクリームなどを使いながら行いましょう。 目の周りはデリケートな場所のため、 強く押し過ぎたり、こすり過ぎると眼球や皮膚にダメージを与えてしまいます。 特に、強くこすったことが刺激となって色素沈着を起こし、それが原因で起こる茶くまの場合、マッサージを行うのは避けておきましょう。 おすすめの目元マッサージ方法の手順は以下の通りです。 両手の人差指から薬指までの3本指をおでこの真ん中に当て、気持ちよいと思える程度の圧力をかけながらこめかみまで移動します。 両手の中指の腹を左右の目尻に当て、目の下の骨の縁をなぞるように目頭まで移動させ、目の上の骨の縁をなぞるように目尻へ移動します。 両肘を肩と並行に張って、中指と薬指の腹を目の下に当て、目頭から目尻、こめかみへと圧力をかけながら移動します。 それぞれを状況に合わせて 3~5回くりかえしましょう。 目の下のクマ解消には目元のツボ押しも効く ツボを押す際は、気持ちがよい程度の強さで 5秒ずつ3セットが目安です。 睛明(せいめい) 鼻の根元と目頭の間のくぼんだ場所にあるツボで、 眼精疲労に効果的です。 両手の人差指の腹を使って左右のツボを押します。 瞳子膠(どうしりょう) 目尻から親指の幅半分ほど外側の骨の際のわずかなくぼみにあるツボで、 眼精疲労や目尻のシワ改善にも効果的です。 両手の人差指の腹で左右それぞれのツボを押します。 四白(しはく) 左右の瞳の中心から下にたどり、骨のへりから親指の幅1本分ほど下にある骨の際のわずかなくぼみにあるツボで、 眼精疲労や目の下のたるみ改善に効果的です。 両手の中指の腹で左右それぞれのツボを押します。 太陽(たいよう) 左右の目尻の少し外側のこめかみのあたり、骨がくぼんだ場所にあるツボで、側頭部の血行を促し クマの改善や頭痛に効果的。 両手の中指の腹で左右それぞれのツボを押します。 リンパマッサージで顔全体の血行を促進 リンパの流れが滞ると 余分な水分や老廃物が溜まってむくみが生じ、目の下のくまも目立ちやすくなります。 顔周辺のリンパの流れをよくするマッサージを行い、むくみ・たるみを改善しましょう。 耳の後ろの骨の部分にある「耳介後(じかいこう)」というリンパ節をゆっくりと押します。 両方の耳たぶを持って真横に引っ張り、気持ちがいいところでキープ。 耳の真ん中や耳上部も同じように行いましょう。 耳たぶをつまみ、下から上へと揉むように移動します。 耳の手前のフェイスラインに指の腹を当て、頭頂部に向かって側頭部の頭皮をゆっくり持ち上げるように移動させます。 額の生え際に指の腹を当て、頭頂部に向かって前頭部の頭皮をゆっくり持ち上げるように移動させます。 首筋から鎖骨に向かって手のひら全体で撫でながらリンパを流し、最後に脇の付け根のリンパ節をゆっくり押します。 これらのマッサージやツボ押しは、少しずつでよいので 毎日根気よく続けることが大切です。 ご自身・ご家庭でいわゆるマッサージや指圧(ツボ押し)などをする際の注意点• マッサージや指圧などは身体に影響を及ぼす行為です。 ご自身・ご家庭で行う場合は、部位の把握や力の加減が難しく、身体への影響には個人差があります。 病気やケガ、痛みがある場合は、マッサージや指圧などをするまえに医師の診断やアドバイスを受けましょう。 食後、飲酒時、妊娠中など、普段と異なる体調の際は、自己判断によるマッサージや指圧などは避けましょう。 マッサージや指圧などをしたことで体調が悪くなったり、痛みなどが出た場合は、すぐに医師に相談しましょう。 また、症状が改善しなかったり悪化したりするようなら、医療機関を受診しましょう。

次の