トゲキッス 実数値。 【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣舞】竜舞ドラパルト軸【S6】

トゲキッス 実数値

使用した並び 構築の要点 ・トゲキッスの「エアスラッシュ」を相手に押し付ける 低速サイクルパに対して、こだわりメガネを持ったトゲキッスがかなり刺さると感じたので、なるべく有利対面を作った上で「エアスラッシュ」を連打できるようにしました。 ・相手のダイマックスに対する切り返し トゲキッスの「エアスラッシュ」に対して相手がダイマックスで対応してきた場合に、後ろで切り返せるようにしました。 ・使用率が高いポケモンで組む 使用率が高いポケモンはほとんどの場合型が多様であり、それ故選出画面で上記の要点がバレにくいと感じたため、なるべく構築に補完し得るポケモンよりも優先して採用しました。 シーズン終盤に増加したナットレイ絡みのサイクルに積極的に選出しました。 技はほぼ「エアスラッシュ」しか選択しないので、残りはこちらがダイマックスした場合に打てる技を多く採用しました。 「げんしのちから」はほとんど打ったことがないので「トリック」でもいいと思います。 友人に借りた個体で特に調整は考えていなかったのですが、定数ダメージを効率よく受けられるHP及び最低限のSラインはサイクルパに選出するというコンセプトに沿っていたと思います。 残りの技はターンを稼いでたべのこしの回復量を増やす「まもる」、水タイプに大きく入る「かみなりパンチ」、バンギラスを大きく削る「アームハンマー」としました。 配分について、この手のカビゴンは防御に性格補正をかけていることが多いですが今回は相手の削りを優先していじっぱりにしました。 ある程度役割を遂行した後に起点にならないよう自主退場できる「のろい」がかなり使いやすかったです。 タイプ一致であるドラゴン技・ゴースト技の枠はこれら以外の一致技でもいいと思っています。 自分は襷貫通かつ安定打点として「ドラゴンアロー」、おにびと相性のいい「たたりめ」としています。 基本このポケモンでダイマックスすると決めていたので、ほとんどの試合に選出しました。 「じゃくてんほけん」はドリュウズの「ダイアース」、「ダイスチル」と相性がかなりよく、発動する機会が多かったです。 に書いてあった個体しか用意できなかったのでずっとこれで使っていましたが、耐久ラインが絶妙でかなり使いやすかったです。 ただし若干火力が足りないと感じたり、すなかきドリュウズミラーですばやさが全部負けていたので、もっと色々な調整を試すべきでした。 技範囲が広い以上このポケモンの選出圧力が強く、特定のポケモンがかなりの確率で選出されることに中盤以降気づき、この構築においても誘導役として貢献してくれました。 ホルードが意地っ張りの場合耐える確率が42. に詳しく書いてあるのでそちらをご参照いただけると幸いです。 基本選出 ・ミミドリュアシレ ・キッスカビドリュ ・ドラパカビドリュ 結果 シーズン6 TNさなぴよ 最終40位 最終レート2135 参考記事 ・【ポケモン剣盾】弱点保険ドリュウズの調整と対策【育成論】 紹介の箇所でも記載しましたが、ポケモンソルジャーさんの調整記事に記載してある弱点保険ドリュウズです。 画面を見ながらやってたわけじゃないので考え方が自分と違うと思います。 よければこちらもご覧ください。 最後に ここまで見てくださってありがとうございました。 今シーズンも頑張っていきましょう。 質問があればTwitter 379roまでお願いします。 鍵がかかっているなら 379ookまでお願いします。

次の

【剣盾S4】7割の願いルカドラパ【最終1981/501位】

トゲキッス 実数値

ダイマックスすると「エアスラッシュ」は「ダイジェット」に変わり素早さが上昇するようになるため、先手を取りやすくなり一匹で多くのポケモンを倒すことができるようになります。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 必中の格闘技。 鋼や岩タイプに使用する技として。 「てんのめぐみ」ではないため「エアスラッシュ」の怯み効果の発動確率が減ってしまいますが、その分ダイマックス時の瞬間火力を上げることができるため、急所を考慮せずに耐久調整を行っているポケモンを返り討ちにすることができます。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 ダイマックスした相手はひるまないため、前作のときほどの活躍はできなくなりましたが、戦術としては未だ脅威的なものとなっています。 ナットレイなどの対策になる。 自身と異なるタイプの技の選択肢、威力重視。 ナットレイなどの対策になる。 技の威力が上がるため、アタッカーとしての能力も上昇する。 トゲキッスの役割と立ち回り てんのめぐみで相手の行動を阻害する 「トゲキッス」は、技の追加効果の発生確率を2倍にする特性である「てんのめぐみ」を持っています。 それによって相手の行動を大きく阻害できるその能力は脅威的で、過去作でも幾度も見られてきた、トゲキッスが得意としている戦法となっています。 高耐久でじゃくてんほけんと好相性 「トゲキッス」はHPは低いものの防御と特防が高いため、ダイマックスでHPを2倍にすると、弱点の技でも耐えることができます。 そのため「じゃくてんほけん」との相性が良く、元々の特攻の高さと相まって強力な攻撃を放つ事ができるようになります。 トゲキッスと相性の良いポケモン トゲキッスと相性補完のよいポケモン 「トゲキッス」と相性補完のよい、地面タイプのポケモンがおすすめです。 地面タイプのポケモンは物理アタッカーが多く、特殊アタッカーのトゲキッスと役割を分担できます。 また「水・地面」「水・電気」の複合タイプを持つポケモンは、鋼タイプを半減以下で受けることができます。 こちらは、トゲキッスの苦手な「ヒートロトム」にも有効なので、自分のパーティーに合わせて編成しましょう。 ポケモン 説明 ・特性「かたやぶり」で「ふゆう」の敵にも地面技を当てれる ・「つのドリル」で苦手な相手を強引に突破できる ・特性「ちからもち」により、物理攻撃が強力 ・技範囲が広いので、相手の弱点をつきやすい ・弱点が草のみであり、トゲキッスと相性補完がよい ・平均以上の耐久性能を持っている ・特殊アタッカーとしても優秀 トゲキッスをサポートできるポケモン 「あくび」や「リフレクター」などによる起点作りで、「トゲキッス」をサポートできるポケモンと相性が良いです。 起点を作ることで、「ダイジェット」による素早さ上昇や、「わるだくみ」による特攻上昇を狙いやすくなります。 例えば、「あくび」を使用すると、相手はポケモンの交代を迫られます。 これにより、トゲキッスより素早さの高いポケモンの確認や、トゲキッスが起点にできるポケモンへ対面操作が可能です。 ポケモン 説明 ・「あくび」や「ステルスロック」で、トゲキッスをサポートできる ・物理耐久が高い ・「あくび」で起点を作れる ・特殊耐久が高い ・弱点の格闘タイプには、トゲキッスで対処できる ・「おにび」で相手物理アタッカーの機能停止を狙える ・素早さが高いため、「リフレクター」や「ひかりのかべ」などを、先制で使いやすい トゲキッスの対策 タイプ相性で有利なポケモンを使う 「トゲキッス」と戦う場合、トゲキッスが使う技の多くを半減で受けることができるポケモンを使いつつ、弱点の技で攻撃していきましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

トゲキッス 実数値

ダイマックスすると「エアスラッシュ」は「ダイジェット」に変わり素早さが上昇するようになるため、先手を取りやすくなり一匹で多くのポケモンを倒すことができるようになります。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 必中の格闘技。 鋼や岩タイプに使用する技として。 「てんのめぐみ」ではないため「エアスラッシュ」の怯み効果の発動確率が減ってしまいますが、その分ダイマックス時の瞬間火力を上げることができるため、急所を考慮せずに耐久調整を行っているポケモンを返り討ちにすることができます。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 ダイマックスした相手はひるまないため、前作のときほどの活躍はできなくなりましたが、戦術としては未だ脅威的なものとなっています。 ナットレイなどの対策になる。 自身と異なるタイプの技の選択肢、威力重視。 ナットレイなどの対策になる。 技の威力が上がるため、アタッカーとしての能力も上昇する。 トゲキッスの役割と立ち回り てんのめぐみで相手の行動を阻害する 「トゲキッス」は、技の追加効果の発生確率を2倍にする特性である「てんのめぐみ」を持っています。 それによって相手の行動を大きく阻害できるその能力は脅威的で、過去作でも幾度も見られてきた、トゲキッスが得意としている戦法となっています。 高耐久でじゃくてんほけんと好相性 「トゲキッス」はHPは低いものの防御と特防が高いため、ダイマックスでHPを2倍にすると、弱点の技でも耐えることができます。 そのため「じゃくてんほけん」との相性が良く、元々の特攻の高さと相まって強力な攻撃を放つ事ができるようになります。 トゲキッスと相性の良いポケモン トゲキッスと相性補完のよいポケモン 「トゲキッス」と相性補完のよい、地面タイプのポケモンがおすすめです。 地面タイプのポケモンは物理アタッカーが多く、特殊アタッカーのトゲキッスと役割を分担できます。 また「水・地面」「水・電気」の複合タイプを持つポケモンは、鋼タイプを半減以下で受けることができます。 こちらは、トゲキッスの苦手な「ヒートロトム」にも有効なので、自分のパーティーに合わせて編成しましょう。 ポケモン 説明 ・特性「かたやぶり」で「ふゆう」の敵にも地面技を当てれる ・「つのドリル」で苦手な相手を強引に突破できる ・特性「ちからもち」により、物理攻撃が強力 ・技範囲が広いので、相手の弱点をつきやすい ・弱点が草のみであり、トゲキッスと相性補完がよい ・平均以上の耐久性能を持っている ・特殊アタッカーとしても優秀 トゲキッスをサポートできるポケモン 「あくび」や「リフレクター」などによる起点作りで、「トゲキッス」をサポートできるポケモンと相性が良いです。 起点を作ることで、「ダイジェット」による素早さ上昇や、「わるだくみ」による特攻上昇を狙いやすくなります。 例えば、「あくび」を使用すると、相手はポケモンの交代を迫られます。 これにより、トゲキッスより素早さの高いポケモンの確認や、トゲキッスが起点にできるポケモンへ対面操作が可能です。 ポケモン 説明 ・「あくび」や「ステルスロック」で、トゲキッスをサポートできる ・物理耐久が高い ・「あくび」で起点を作れる ・特殊耐久が高い ・弱点の格闘タイプには、トゲキッスで対処できる ・「おにび」で相手物理アタッカーの機能停止を狙える ・素早さが高いため、「リフレクター」や「ひかりのかべ」などを、先制で使いやすい トゲキッスの対策 タイプ相性で有利なポケモンを使う 「トゲキッス」と戦う場合、トゲキッスが使う技の多くを半減で受けることができるポケモンを使いつつ、弱点の技で攻撃していきましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の