スタステ。 【レポート】『あんスタ!』流星隊&紅月&Valkyrieキャスト登場の“スタステ”! “胸熱”演出多数で旧Valkyrieも再現【ビーズログ.com】

【レポート】『あんスタ!』UNDEAD・Knights・Ra*bitsも勢ぞろい! キャストライブ『スタステ』第2弾【ビーズログ.com】

スタステ

ライブ中にはシークレットゲストも登場し、開幕から閉幕までボルテージ最高潮の盛り上がりを見せたライブとなりました。 <流星隊> 帆世雄一さん(守沢千秋役)、西山宏太朗さん(深海奏汰役)、中島ヨシキさん(南雲鉄虎役)、渡辺拓海さん(高峯翠役)、新田杏樹さん(仙石忍役) <紅月> 梅原裕一郎さん(蓮巳敬人役)、神尾晋一郎さん(鬼龍紅郎役)、神永圭佑さん(神崎颯馬役) <Valkyrie> 高橋広樹さん(斎宮宗役)、大須賀純さん(影片みか役) 樋柴智康さん(佐賀美陣役) 駒田航さん(椚章臣役) 開演前にはインストゥルメンタルバージョンのユニットソングなどが流れていましたが、その時点ですでに会場の熱気は最高潮! オープニングムービーでは出演メンバーが映し出されるたびに大歓声が上がり、その登場をいまかいまかと待ち構えます。 ダンスをバッチリと決めたあと、続いての曲は 『SUPER NOVA REVOLU5TAR』。 「WE ARE BIG BANG OF LOVE!! 」で5人でハートを作ったり、ゲーム内でもおなじみのキメポーズで締めたりと、ライブならではの演出で会場を沸かせました。 おつぎに登場したのは 紅月。 『斬 -決意ノ刃-』のイントロが鳴り響くとともに、会場も真っ赤なペンライトで染まります。 紅月の3人はユニット衣装を彷彿とさせる衣装に扇子を使い、色香のあるパフォーマンスで魅了。 元気いっぱいの流星隊とはひと味違う迫力を醸し出していました。 MCタイムでは、神尾さんが「やりたいことがある!」とスマートフォンを持ち出し、ステージ上で記念撮影(笑)。 梅原さんからは 「度し難いですね」と、敬人おなじみのセリフも飛び出しました。 紅月の2曲目はお祭りの情緒を鮮やかに描き出す 『祭夜絵巻』。 ここでは3人がトロッコに乗り込み、会場のファンに手を振りながら和気あいあいと歌い上げられました。 続いてのユニットは Valkyrie! 『魅惑劇』とともにふたりが登場すると、その完成された世界観に、会場は息を呑むような緊張感に包まれます。 高橋さん&大須賀さんはエレガントなジャケットスタイルで登場。 ユニットのモチーフである歯車が散りばめられたジャケットを翻しながら、きりりと会場をValkyrieの世界へと誘いました。 大須賀さんが「歌とトークの表情筋の違い……」とこぼせば、高橋さんも「(表情筋が豊かすぎて)顔声優って言われたことがある(笑)」と続けます。 大須賀さんがこの日のために初挑戦したというネイルを見せてくれるなど、サービス精神満点のMCとなりました。 会場を笑いの渦に包んでも、高橋さんが「セリフと歌はちゃんとやります(笑)!」と断言する通り、続く 『礼賛歌』では再びValkyrieならではの世界観に。 朗々と歌い上げられた楽曲の最後には、歓声とともに万雷な拍手も贈られました。 各ユニットが2曲ずつ披露したあとは、 本番前のひと幕が描かれるコーナーも。 流星隊の楽屋では千秋が、紅月&Valkyrieの楽屋では敬人が、それぞれ元スーパーアイドルである陣&章臣と同じステージに立つことに緊張を隠せない様子。 そんな生徒たちの気持ちを知ったふたりは生徒たちにかっこ悪いところは見せられないとばかりにステージへ向かいます。 そして始まったのは、 『Sentimental Liars』! バックステージにふたりが登場すると、会場からは大きな歓声が起こりました。 続いてはトロッコに乗り込み、上手・下手からそれぞれメインステージへ。 陣のソロ曲『微熱カルナバル』では章臣がコーラスを歌い、また章臣のソロ 『BUTTERFLY EFFECT』には陣が歌で加わるスペシャルな演出で会場を沸かせました。 後半戦は、流星隊のソロメドレーで幕開け! 元気いっぱいのコール&レスポンスで盛り上がる新田さん(忍)の 『疾風迅雷 忍び道』、西山さん(奏汰)が癒しムード満点で歌う 『まりんぶるう・らんでぶう』、キレキレのダンスに目を奪われる中島さん(鉄虎)の 『IRON HEART TIGER! 』、渡辺さん(翠)がしっとりと情感豊かに歌い上げる 『真昼の残像』と4人続いたあとは、帆世さん(千秋)がエネルギー全開で 『ALWAYS HERO! 』で、流星隊の魅力を見せつけます。 再び登場した紅月は扇子を使った振り付けでクールに 『剣戟の舞』を披露。 続いてのValkyrieは、バックステージからトロッコで移動しながら 『Last Lament』を荘厳に歌います。 その後のMCでは、米内さんが「皆さんこんにちは、Valkyrieの仁兎なずなです」と、Valkyrie当時のなずなの声色で挨拶。 ゲーム内では宗、みかと袂を分かったなずなですが、見事な絆を見せてくれました。 まさかの旧Valkyrie登場に興奮冷めやらぬまま、続いては紅月が 『百花繚乱、紅月夜』をパフォーマンス。 梅原さんが 「行くぞ紅月! 声出していけよ!」と煽る声に応えるかのように客席のコールも沸き起こり、クライマックスに向けて再びボルテージは最高潮。 最後はステージ上にキャストが全員揃い、挨拶へ。 そのたびに客席からも大きな拍手が贈られていました。 こうして幕を閉じたライブですが、鳴りやまないアンコールに迎えられてキャスト陣が再び登場! グッズとして販売されていたTシャツをそれぞれ着こなし、ステージに上がります。 シドのメンバーからのビデオメッセージも公開されました(ちなみに、その楽曲のタイトルは 『薄紅色の約束』。 すでに曲を聞いた神永さんは「もともと紅月は色気のある曲が多いですが、色気がさらに増し増し!」と表現)。 そしてアンコールは、ステージ上の全員で 『ONLY YOUR STARS! セットリスト(夜の部) 1. 流星花火(流星隊) 2. SUPER NOVA REVOLU5TAR(流星隊) 3. 斬 -決意ノ刃-(紅月) 4. 祭夜絵巻(紅月) 5. 魅惑劇(Valkyrie) 6. 礼賛歌(Valkyrie) 7. Sentimental Liars(佐賀美陣&椚章臣) 8. 微熱カルナバル(佐賀美陣) 9. BUTTERFLY EFFECT(椚章臣) 10. 疾風迅雷 忍び道(仙石 忍 Solo) 11. まりんぶるう・らんでぶう(深海奏汰 Solo) 12. IRON HEART TIGER! (南雲鉄虎 Solo) 13. 真昼の残像(高峯 翠 Solo) 14. ALWAYS HERO! (守沢千秋 Solo) 15. (流星隊) 16. 剣戟の舞(紅月) 17. Last Lament(Valkyrie) 18. 砂上ノ楼閣(Valkyrie) 19. 百花繚乱、紅月夜(紅月) 20. ONLY YOUR STARS! (オールキャスト) C 2018 Happy Elements K. K/あんスタ!スタステ製作委員会.

次の

キャストライブ『あんさんぶるスターズ!Starry Stage 3rd』|スタステ3rd特設サイト

スタステ

ライブ中にはシークレットゲストも登場し、開幕から閉幕までボルテージ最高潮の盛り上がりを見せたライブとなりました。 <流星隊> 帆世雄一さん(守沢千秋役)、西山宏太朗さん(深海奏汰役)、中島ヨシキさん(南雲鉄虎役)、渡辺拓海さん(高峯翠役)、新田杏樹さん(仙石忍役) <紅月> 梅原裕一郎さん(蓮巳敬人役)、神尾晋一郎さん(鬼龍紅郎役)、神永圭佑さん(神崎颯馬役) <Valkyrie> 高橋広樹さん(斎宮宗役)、大須賀純さん(影片みか役) 樋柴智康さん(佐賀美陣役) 駒田航さん(椚章臣役) 開演前にはインストゥルメンタルバージョンのユニットソングなどが流れていましたが、その時点ですでに会場の熱気は最高潮! オープニングムービーでは出演メンバーが映し出されるたびに大歓声が上がり、その登場をいまかいまかと待ち構えます。 ダンスをバッチリと決めたあと、続いての曲は 『SUPER NOVA REVOLU5TAR』。 「WE ARE BIG BANG OF LOVE!! 」で5人でハートを作ったり、ゲーム内でもおなじみのキメポーズで締めたりと、ライブならではの演出で会場を沸かせました。 おつぎに登場したのは 紅月。 『斬 -決意ノ刃-』のイントロが鳴り響くとともに、会場も真っ赤なペンライトで染まります。 紅月の3人はユニット衣装を彷彿とさせる衣装に扇子を使い、色香のあるパフォーマンスで魅了。 元気いっぱいの流星隊とはひと味違う迫力を醸し出していました。 MCタイムでは、神尾さんが「やりたいことがある!」とスマートフォンを持ち出し、ステージ上で記念撮影(笑)。 梅原さんからは 「度し難いですね」と、敬人おなじみのセリフも飛び出しました。 紅月の2曲目はお祭りの情緒を鮮やかに描き出す 『祭夜絵巻』。 ここでは3人がトロッコに乗り込み、会場のファンに手を振りながら和気あいあいと歌い上げられました。 続いてのユニットは Valkyrie! 『魅惑劇』とともにふたりが登場すると、その完成された世界観に、会場は息を呑むような緊張感に包まれます。 高橋さん&大須賀さんはエレガントなジャケットスタイルで登場。 ユニットのモチーフである歯車が散りばめられたジャケットを翻しながら、きりりと会場をValkyrieの世界へと誘いました。 大須賀さんが「歌とトークの表情筋の違い……」とこぼせば、高橋さんも「(表情筋が豊かすぎて)顔声優って言われたことがある(笑)」と続けます。 大須賀さんがこの日のために初挑戦したというネイルを見せてくれるなど、サービス精神満点のMCとなりました。 会場を笑いの渦に包んでも、高橋さんが「セリフと歌はちゃんとやります(笑)!」と断言する通り、続く 『礼賛歌』では再びValkyrieならではの世界観に。 朗々と歌い上げられた楽曲の最後には、歓声とともに万雷な拍手も贈られました。 各ユニットが2曲ずつ披露したあとは、 本番前のひと幕が描かれるコーナーも。 流星隊の楽屋では千秋が、紅月&Valkyrieの楽屋では敬人が、それぞれ元スーパーアイドルである陣&章臣と同じステージに立つことに緊張を隠せない様子。 そんな生徒たちの気持ちを知ったふたりは生徒たちにかっこ悪いところは見せられないとばかりにステージへ向かいます。 そして始まったのは、 『Sentimental Liars』! バックステージにふたりが登場すると、会場からは大きな歓声が起こりました。 続いてはトロッコに乗り込み、上手・下手からそれぞれメインステージへ。 陣のソロ曲『微熱カルナバル』では章臣がコーラスを歌い、また章臣のソロ 『BUTTERFLY EFFECT』には陣が歌で加わるスペシャルな演出で会場を沸かせました。 後半戦は、流星隊のソロメドレーで幕開け! 元気いっぱいのコール&レスポンスで盛り上がる新田さん(忍)の 『疾風迅雷 忍び道』、西山さん(奏汰)が癒しムード満点で歌う 『まりんぶるう・らんでぶう』、キレキレのダンスに目を奪われる中島さん(鉄虎)の 『IRON HEART TIGER! 』、渡辺さん(翠)がしっとりと情感豊かに歌い上げる 『真昼の残像』と4人続いたあとは、帆世さん(千秋)がエネルギー全開で 『ALWAYS HERO! 』で、流星隊の魅力を見せつけます。 再び登場した紅月は扇子を使った振り付けでクールに 『剣戟の舞』を披露。 続いてのValkyrieは、バックステージからトロッコで移動しながら 『Last Lament』を荘厳に歌います。 その後のMCでは、米内さんが「皆さんこんにちは、Valkyrieの仁兎なずなです」と、Valkyrie当時のなずなの声色で挨拶。 ゲーム内では宗、みかと袂を分かったなずなですが、見事な絆を見せてくれました。 まさかの旧Valkyrie登場に興奮冷めやらぬまま、続いては紅月が 『百花繚乱、紅月夜』をパフォーマンス。 梅原さんが 「行くぞ紅月! 声出していけよ!」と煽る声に応えるかのように客席のコールも沸き起こり、クライマックスに向けて再びボルテージは最高潮。 最後はステージ上にキャストが全員揃い、挨拶へ。 そのたびに客席からも大きな拍手が贈られていました。 こうして幕を閉じたライブですが、鳴りやまないアンコールに迎えられてキャスト陣が再び登場! グッズとして販売されていたTシャツをそれぞれ着こなし、ステージに上がります。 シドのメンバーからのビデオメッセージも公開されました(ちなみに、その楽曲のタイトルは 『薄紅色の約束』。 すでに曲を聞いた神永さんは「もともと紅月は色気のある曲が多いですが、色気がさらに増し増し!」と表現)。 そしてアンコールは、ステージ上の全員で 『ONLY YOUR STARS! セットリスト(夜の部) 1. 流星花火(流星隊) 2. SUPER NOVA REVOLU5TAR(流星隊) 3. 斬 -決意ノ刃-(紅月) 4. 祭夜絵巻(紅月) 5. 魅惑劇(Valkyrie) 6. 礼賛歌(Valkyrie) 7. Sentimental Liars(佐賀美陣&椚章臣) 8. 微熱カルナバル(佐賀美陣) 9. BUTTERFLY EFFECT(椚章臣) 10. 疾風迅雷 忍び道(仙石 忍 Solo) 11. まりんぶるう・らんでぶう(深海奏汰 Solo) 12. IRON HEART TIGER! (南雲鉄虎 Solo) 13. 真昼の残像(高峯 翠 Solo) 14. ALWAYS HERO! (守沢千秋 Solo) 15. (流星隊) 16. 剣戟の舞(紅月) 17. Last Lament(Valkyrie) 18. 砂上ノ楼閣(Valkyrie) 19. 百花繚乱、紅月夜(紅月) 20. ONLY YOUR STARS! (オールキャスト) C 2018 Happy Elements K. K/あんスタ!スタステ製作委員会.

次の

キャストライブ『あんさんぶるスターズ!Starry Stage 3rd』|スタステ3rd特設サイト

スタステ

夢ノ咲学院のアイドルたちが武道館に集結! 本日2019年1月13日、東京・日本武道館にて、 『あんさんぶるスターズ!』のライブイベント 『あんさんぶるスターズ! Starry Stage 2nd ~in 日本武道館~』が開催。 【1月25日(金)16:45ごろ】 以下に、オフィシャルレポートおよびオフィシャル写真第2弾を追記しました。 オフィシャルレポート(昼の部) 会場となった日本武道館には多くのファンが駆けつけ、グッズ売り場は長蛇の列を作っていた。 場内では開演をいまかいまかと待ち侘びる客席の熱気と独特の緊張感が漂う中、巨大スクリーンにキャラクターがつぎ々と映し出されると、地響きのような歓声が巻き起こるとともにカラフルなペンライトが一斉に点灯し、会場のボルテージは急上昇。 』を熱唱。 観客たちの黄色い歓声に手を振って応える場面も見受けられた。 続いて、黒のジャケットと赤シャツに身を包んだ Valkyrieのふたりが登場すると、会場からは割れんばかりの拍手。 『礼賛歌』と 『魅惑劇』を繊細なダンスと共に歌い上げ、観客たちの視線を釘付けにした。 つぎに登場したのは、黒のロングジャケットに白シャツ姿の UNDEAD。 『Darkness 4』を歌ったあとのMCでは、初めて4人揃ってステージに立てた喜びをメンバー全員が爆発させていた。 次曲の 『Gate of the Abyss』では、キレのあるダンスで会場のファンを盛り上げた。 息つく暇もなく続けて登場したのは、戦隊ヒーローユニット 流星隊の5人。 それぞれのパーソナルカラーのジャケットを身にまとい、 『夢ノ咲流星隊歌』を元気いっぱいに歌い上げた。 その後はMCを挟みつつ 、『SUPER NOVA REVOLU5TAR』を熱唱。 曲の途中で、ジャケットの背の星マークが光り輝く演出や、流星隊の決めポーズも披露するなど、会場はひときわ大きな歓声に包まれた。 続いて、騎士道ユニット Knightsの5人が登場。 曲が始まる前には、月永レオ役の浅沼さんがステージ上に出現した檻から脱出するイリュージョンを披露するなど、趣向を凝らした演出でファンを魅了。 白のロングコートに赤いスカーフ姿で、 『Knights the Phantom Thief』を熱唱した後は、アップテンポな前曲とは一転、バラード曲 『Silent Oath』をしっとりと歌い上げた。 その後は幕間映像を挟み、教師コンビの 陣&章臣が登場。 白と赤それぞれのジャケット姿の陣と章臣が 『Sentimental Liars』と 『Rainbow Stairway』を披露。 大人の魅力をたっぷりと観客たちに見せつけた。 歌い終わって安堵の表情を見せるふたりの前に流星隊が合流。 合同MCでは息の合った絶妙なトークをくり広げ、さらに会場を盛り上げた。 後半戦では、元Valkyrieメンバーの仁兎なずな役の米内さんを加え、 旧Valkyrieの3人で 『聖少年遊戯』を披露。 あやつり人形のような振り付けもあいまって、会場は息を呑むような緊張感に包まれた。 朔間零役の増田さんと羽風薫役の細貝さんによる投げキッスや、マイクスタンドを使用したパフォーマンスで観客を虜に。 曲が終わったUNDEADの前に Knightsが合流し、仲良く合同MCへ。 ステージ上でくり広げられる爆笑トークに会場は笑いと歓声に包まれていた。 その後は、 Knightsが 『Grateful allegiance』と 『Checkmate Knights』を熱唱。 曲の合間には息の合ったダンスも披露し、ファンもペンライトを振って熱い声援を贈っていた。 ライブ本編が終了するも、会場のファンからはアンコールの声が鳴り止まず、その熱い声援に応えるようにステージには全グループが登場。 記念写真を撮影した後、キャスト全員から会場のファンはもちろん、ライブビューイングのファンへ感謝の言葉が贈られた。 スクリーンにエンディング映像が流れた後、再びキャスト全員が同じTシャツ姿で登場。 すると、ここでファンに嬉しいサプライズ発表が! 最新情報として、TVアニメの放送が2019年7月に決定したことがPV映像とともに伝えられた。 また、TVアニメのライブシーンで使用される歓声と拍手の収録を手伝うことになり、ファンには忘れられない思い出のひとつとなった。 最後は、 『ONLY YOUR STARS! 』をキャスト全員で熱唱。 応援してくれるファンへ最後まで笑顔と歌声を届けていた。 アンコールを含め全23曲が披露され、多くの熱狂と感動が生まれた 『あんさんぶるスターズ! Starry Stage 2nd ~in 日本武道館~』は幕を閉じた。 今日この場所に立たせてくれて、本当にありがとう! みんなのおかげで間に合った。 ついにこの4人でみんなの前に立つことができて、本当に僕は幸せです。 でも、めっちゃ楽しかったです。 新年一発目でこんなに良いことあるのかというくらい、本当に感無量でございます。 もちろんユニットの設定的にも4人が揃うなんてことはまれなんですよ。 そして、個性あふれる自由なメンバーのパフォーマンスが最大限発揮されるのもまれなんですよ。 だけど、こんなユニットを愛してくれるのであれば、これからもぜひUNDEAD、そして『あんスタ!』のすべての人たちを愛し続けてください。 根気強くフリを教えてくださったダンサーの皆さんに感謝を申し上げたいと思います。 引き続き『あんスタ!』を応援してください。 まだ出演していないユニットもいるので、ぜひまたライブをやりたいです。 これから先、辛いことがあっても大丈夫です。 そして、転校生同士でも拍手をあげてください。 こんな素敵なステージに5人揃って立つことができて、本当に誇りに思います。 これからも『あんさんぶるスターズ!』、そして我々Knightsも5人で頑張っていきますので、よろしくお願いします。 最後にひとつだけ言わせてください。 こんなにがんばって一生懸命覚えたんだから、1回だけじゃもったいないなって。 だから1回きりじゃ嫌だ。 この場で宣言させてください。 『あんスタ!』のことが大好きです。 流星隊のことが大好きです。 でも、まだまだこんなもんじゃないんじゃないですか!? 夢ノ咲にはもっともっとたくさんのアイドルやユニットがいます。 冗談抜きに不眠不休でこの舞台を作り上げてくれたスタッフの皆さんに、拍手を頂けないでしょうか。 こんなに素敵な景色を見せて頂けて本当に幸せです。 武道館という大きなステージでやらせて頂けるのは、本当に光栄なことです。 途中までは、これはもう夜公演はできないなと思っていたんですけど(笑)。 皆さんのおかげでちょっとアイドルにハマっちゃったかな(笑)。 いままで知らないフリをしてくれていたんですけど。 きっと両親も喜んでくれているんだろうなって思っています。 会場の皆さん、ライブビューイングの皆さんと今日はいっしょにピョンピョンして、本当に幸せな時間を共有できました。 そうやってずっと思っていたら、ついに叶えることができました! 応援してくださった皆さんとそれに協力してくださった方々のおかげだと思っています。 本当にありがとうございます。 でもね、せっかくアルバム出したんだけどまだ歌ってない曲があるんだ。 なので、皆さんの応援でぜひとも3rdライブを開催できればいいなと思っています。 『あんさんぶるスターズ!』とどんどん拡大し続けていくコンテンツに改めて感謝を述べたいと思います。 そして、こんなにたくさん応援し続けてくれて、皆さんありがとうございます。 礼賛歌/Valkyrie 04. 魅惑劇/Valkyrie (Valkyrie MC) 05. Darkness 4/UNDEAD (UNDEAD MC) 06. Gate of the Abyss/UNDEAD 07. 夢ノ咲流星隊歌/流星隊 (流星隊 MC) 08. SUPER NOVA REVOLU5TAR/流星隊 09. Knights the Phantom Thief/Knights (Knights MC) 10. Silent Oath/Knights (幕間映像) 11. Sentimental Liars/陣&章臣 (陣&章臣 MC) 12. 聖少年遊戯/Valkyrie 14. Memorie Antique/Valkyrie 15. /流星隊 18. Grateful allegiance/Knights 22. Checkmate Knights/Knights (エンディング映像、MC、告知映像) EN1. ONLY YOUR STARS!

次の