ロキ替え歌。 ロキの歌詞教えてください。

燦鳥ノム【ロキ/替え歌】中背景彩蛋

ロキ替え歌

笑えるって大事ですよね。 笑っているうちに疲れていた心も癒されます。 バカバカしいですが、笑える面白い歌を紹介しいます。 一人で笑うもよし、カラオケで歌ってみんなで笑うもよし。 プロライターが歌詞に注目してランキング形式で紹介いたします。 遊びなのか、本気なのか分かりませんが、本当にCDデビューしてしまいました。 歌詞を書いたのは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの歌詞も書いている中田ヤスタカ(CAPSULE)さん。 ちなみにこのCAPSULEは中田ヤスタカさんとこしじまとしこさんの音楽ユニット名です。 さて、『なんでやねんねん』の歌詞を見てみます。 怖い顔して電話してくるとありますが、電話は顔が見えないので怖い顔しているか分からないんですけどね。 こういった浜田雅功さんの生態について、「なんでやねん」とツッコミを入れる歌です。 浜ちゃんのキモかわいい歌声が面白いです。 気になる方はこちらから試聴できますので、聴いてみてください。 夏の海辺でのナンパの歌ですよね。 夏のパッションで、パーティーピーポーがワンナイトラブを成し遂げるか否かみたいな。 一夏のアバンチュールってやつですか。 ナンパとか、ワンナイトラブなんてものとは遠いところで暮らしてきた非肉食系男子としては、この歌の歌詞が気になっておりました。 ついに手を出す時がきました。 夏の情熱よ、おらにナンパする元気を分けてくれ!ってことでしょう。 理性がドーン!とか、底ぬけの欲望に身をまかせるって、いちおう非肉食系男子の私でも分かります。 でも、ジャリッって何だ?って話ですよね。 下ネタですかね。 考えすぎですかね。 妊娠期間は十月十日だから・・・。 でも男性が女性を見る時って、そんな感じかも。 ほとんど直接的な表現。 そんなに夏の浜辺でのナンパって、うまくいくもんなんですかね。 夏の浜辺はまさに、楽園ベイベーっていう妄想なんですな。 なんだかただの妄想の歌なのかもしれません。 なにげに深いというか、大人の処世術のように聞こえます。 真に受けることで、摩擦が生じることもありますし。 ただ右から左へ受け流すけど、左から右へは受け流さないんですね。 なぜなんでしょう。 右には後輩が座っていて、左には上司が座っているんでしょうか。 上司の言うことばかり聞いているんでしょうか。 そしてこの歌のラストはこんなふうに終わります。 左から右へは受け流さないって、中国や朝鮮のことかなと考えるのはちょっと考え過ぎでしょうか。 メロディーはすごいやさしい曲です。 うんこに対する思いやりに溢れた歌です。 1分半もない短い歌で、歌詞も短いです。 たしかに言われてみると、さっきまで体の中にいたのに出てきた途端にあんなに汚いもの扱いされてしまうのはなぜなんでしょうか。 ちょっと不思議な気がします。 難しく考えず、うんこはうんこなんだから仕方ないってことですね。 真似して歌ったりしていた記憶があります。 これは替え歌ではなく、作詞作曲ともに嘉門達夫さんのオリジナルです。 歌詞の内容はあるあるネタです。 きっとあるあるネタの元祖は嘉門達夫さんじゃないでしょうか。 私もすべてしてしまいます。 小市民ですよね。 でも、ものをしっかり使い切るっていいことですよね。 もったいないですし。 って言い訳がすでに小市民なんでしょうか。 小市民の方は共感するあるあるばかりなので、聞いてみてください。 槇原敬之さんの『SPY』です。 マジメな歌詞なんでしょうけど、私には随所にふざけているのかとツッコミたくなるところがたくさんあります。 おあずけになったデートの日に偶然おでかけしている彼女を見て、運命的だなぁと思いますかね。 運命というより、どちらかというと嫌な予感がするのは私だけでしょうか。 どんな理由でデートがキャンセルされたのか分かりませんが、街で見かけたらあんまりいい予感がしません。 そのうえ変装しているんです。 絶対いい予感なんかしませんよね。 それにその気持ちをイタズラ心って言っちゃうのもヤバい奴な気がしませんか? それってイタズラ心じゃないですよね。 嫉妬心とか、執着心とか、独占欲とか、そういうやつでしょ。 そんなイタズラ心とかって茶目っ気のある言葉で騙されませんからね。 疑ってるから跡をつけるんでしょ。 嘘ばっかり。 騙してやるとか、そういう問題じゃないでしょ。 驚くっていうか、気持ち悪がられます。 スパイっていうか、ストーカーに近いような。。。 案の定、彼女が他の男とキスをするところを目撃してしまいます。 あなたは初めからスパイっていうよりストーカー寄りですから。 真実を知ることがこんなにつらいなら、最初から跡なんかつけなきゃいいのに。 跡をつけるあんたがバカなんでしょ。 と言いたくなるのは私だけでしょうか。 しゃれになんないのは、この状況もそうですけど、あんたのストーカーぶりもです。 きっとケガをするらしいです。 たしかにこういう人は何をするか分からないので本当にケガしそうです。 もうキスしているところ目撃したじゃないですか。 何を信じるんですか。 信じさせてーって、怖すぎます。 というわけで、私のなかでは『SPY』はなんか面白くて怖い歌なのです。 マジメに歌詞を考えてみようかと思ったのですが、考えるだけ損な気がしてやめます。 なんか食べ物のことを歌っているようで、下ネタっぽいなぁという感じはしますよね。 下ネタ方向でいろいろ想像を巡らせるとこの歌詞はこういう意味かなとかいろいろ思い付きもします。 ホイホイだから軽いんだろうなとか、しゃぶしゃぶって食べ物のことじゃなくて…とか、餡かけってあれの比喩ですか、とか。。。 他にもいろいろ変な歌詞があります。 つまみ喰いって、あのことですか。 我慢できないんですね。 人間なんだから我慢しましょうよ。 なんか色々気になる歌なので、興味のある方は聞いてみてください。 マキシマムザホルモンの歌なので、歌詞がエロくてエグイのは想像つきますよね。 この歌も歌詞を見ると、いい感じにエグイです。 このCDシングル発売価格は¥1157円でした。 1157は「いい粉」って意味だそうです。 たしかにマキシマムザホルモンの歌は脳内麻薬が出る感じの気持ちいい曲が多いですからね。 歌詞はあまり紹介できるところが少ないのですが、面白くて紹介できそうなところを少し。 ひきこもってゲームに熱中してるんでしょうか。 これでも紹介しやすい部分を選んでいます。 もっとえげつない歌詞もたくさんあります。 こちらも気になる方は、ぜひ歌を聴いてみてください。 お姫様が金太に守ってとお願いしたり、金太がケンカに負けたり、金太が悪人からマカオまで逃げていったり、といった内容です。 金太とお姫様がマカオに着いたときの歌詞はこんな感じです。 気づいていない方は、どうぞ歌詞を声に出してみてください。 でも、人がいないところで声に出すことをおすすめします。 曲調は寂しげで、しんみりとします。 ある女性が旅に出ます。 奈良に行ったり、大和時代の古墳を見たりして家に帰ってきます。 家では柱時計が壊れていたり、マンガを描いたりといったことをします。 お万さんが奈良で鹿を見たときの歌詞を紹介します。 この歌さっきの『金太の大冒険』と同じ人の歌です。 まだ気づかない方は声に出して読んでみましょう。 くれぐれも人がいないところでお願いします。 面白い歌ランキングは以上です。 最後は下ネタになってしまいましたが、ご勘弁ください。 下ネタじゃなくて、カラオケでも歌えてみんなが楽しめる歌を知りたいという方はこちらの記事がおすすめです。 カラオケで盛り上がる曲なら、世代別におすすめがあります。

次の

ロキの歌詞教えてください。

ロキ替え歌

笑えるって大事ですよね。 笑っているうちに疲れていた心も癒されます。 バカバカしいですが、笑える面白い歌を紹介しいます。 一人で笑うもよし、カラオケで歌ってみんなで笑うもよし。 プロライターが歌詞に注目してランキング形式で紹介いたします。 遊びなのか、本気なのか分かりませんが、本当にCDデビューしてしまいました。 歌詞を書いたのは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの歌詞も書いている中田ヤスタカ(CAPSULE)さん。 ちなみにこのCAPSULEは中田ヤスタカさんとこしじまとしこさんの音楽ユニット名です。 さて、『なんでやねんねん』の歌詞を見てみます。 怖い顔して電話してくるとありますが、電話は顔が見えないので怖い顔しているか分からないんですけどね。 こういった浜田雅功さんの生態について、「なんでやねん」とツッコミを入れる歌です。 浜ちゃんのキモかわいい歌声が面白いです。 気になる方はこちらから試聴できますので、聴いてみてください。 夏の海辺でのナンパの歌ですよね。 夏のパッションで、パーティーピーポーがワンナイトラブを成し遂げるか否かみたいな。 一夏のアバンチュールってやつですか。 ナンパとか、ワンナイトラブなんてものとは遠いところで暮らしてきた非肉食系男子としては、この歌の歌詞が気になっておりました。 ついに手を出す時がきました。 夏の情熱よ、おらにナンパする元気を分けてくれ!ってことでしょう。 理性がドーン!とか、底ぬけの欲望に身をまかせるって、いちおう非肉食系男子の私でも分かります。 でも、ジャリッって何だ?って話ですよね。 下ネタですかね。 考えすぎですかね。 妊娠期間は十月十日だから・・・。 でも男性が女性を見る時って、そんな感じかも。 ほとんど直接的な表現。 そんなに夏の浜辺でのナンパって、うまくいくもんなんですかね。 夏の浜辺はまさに、楽園ベイベーっていう妄想なんですな。 なんだかただの妄想の歌なのかもしれません。 なにげに深いというか、大人の処世術のように聞こえます。 真に受けることで、摩擦が生じることもありますし。 ただ右から左へ受け流すけど、左から右へは受け流さないんですね。 なぜなんでしょう。 右には後輩が座っていて、左には上司が座っているんでしょうか。 上司の言うことばかり聞いているんでしょうか。 そしてこの歌のラストはこんなふうに終わります。 左から右へは受け流さないって、中国や朝鮮のことかなと考えるのはちょっと考え過ぎでしょうか。 メロディーはすごいやさしい曲です。 うんこに対する思いやりに溢れた歌です。 1分半もない短い歌で、歌詞も短いです。 たしかに言われてみると、さっきまで体の中にいたのに出てきた途端にあんなに汚いもの扱いされてしまうのはなぜなんでしょうか。 ちょっと不思議な気がします。 難しく考えず、うんこはうんこなんだから仕方ないってことですね。 真似して歌ったりしていた記憶があります。 これは替え歌ではなく、作詞作曲ともに嘉門達夫さんのオリジナルです。 歌詞の内容はあるあるネタです。 きっとあるあるネタの元祖は嘉門達夫さんじゃないでしょうか。 私もすべてしてしまいます。 小市民ですよね。 でも、ものをしっかり使い切るっていいことですよね。 もったいないですし。 って言い訳がすでに小市民なんでしょうか。 小市民の方は共感するあるあるばかりなので、聞いてみてください。 槇原敬之さんの『SPY』です。 マジメな歌詞なんでしょうけど、私には随所にふざけているのかとツッコミたくなるところがたくさんあります。 おあずけになったデートの日に偶然おでかけしている彼女を見て、運命的だなぁと思いますかね。 運命というより、どちらかというと嫌な予感がするのは私だけでしょうか。 どんな理由でデートがキャンセルされたのか分かりませんが、街で見かけたらあんまりいい予感がしません。 そのうえ変装しているんです。 絶対いい予感なんかしませんよね。 それにその気持ちをイタズラ心って言っちゃうのもヤバい奴な気がしませんか? それってイタズラ心じゃないですよね。 嫉妬心とか、執着心とか、独占欲とか、そういうやつでしょ。 そんなイタズラ心とかって茶目っ気のある言葉で騙されませんからね。 疑ってるから跡をつけるんでしょ。 嘘ばっかり。 騙してやるとか、そういう問題じゃないでしょ。 驚くっていうか、気持ち悪がられます。 スパイっていうか、ストーカーに近いような。。。 案の定、彼女が他の男とキスをするところを目撃してしまいます。 あなたは初めからスパイっていうよりストーカー寄りですから。 真実を知ることがこんなにつらいなら、最初から跡なんかつけなきゃいいのに。 跡をつけるあんたがバカなんでしょ。 と言いたくなるのは私だけでしょうか。 しゃれになんないのは、この状況もそうですけど、あんたのストーカーぶりもです。 きっとケガをするらしいです。 たしかにこういう人は何をするか分からないので本当にケガしそうです。 もうキスしているところ目撃したじゃないですか。 何を信じるんですか。 信じさせてーって、怖すぎます。 というわけで、私のなかでは『SPY』はなんか面白くて怖い歌なのです。 マジメに歌詞を考えてみようかと思ったのですが、考えるだけ損な気がしてやめます。 なんか食べ物のことを歌っているようで、下ネタっぽいなぁという感じはしますよね。 下ネタ方向でいろいろ想像を巡らせるとこの歌詞はこういう意味かなとかいろいろ思い付きもします。 ホイホイだから軽いんだろうなとか、しゃぶしゃぶって食べ物のことじゃなくて…とか、餡かけってあれの比喩ですか、とか。。。 他にもいろいろ変な歌詞があります。 つまみ喰いって、あのことですか。 我慢できないんですね。 人間なんだから我慢しましょうよ。 なんか色々気になる歌なので、興味のある方は聞いてみてください。 マキシマムザホルモンの歌なので、歌詞がエロくてエグイのは想像つきますよね。 この歌も歌詞を見ると、いい感じにエグイです。 このCDシングル発売価格は¥1157円でした。 1157は「いい粉」って意味だそうです。 たしかにマキシマムザホルモンの歌は脳内麻薬が出る感じの気持ちいい曲が多いですからね。 歌詞はあまり紹介できるところが少ないのですが、面白くて紹介できそうなところを少し。 ひきこもってゲームに熱中してるんでしょうか。 これでも紹介しやすい部分を選んでいます。 もっとえげつない歌詞もたくさんあります。 こちらも気になる方は、ぜひ歌を聴いてみてください。 お姫様が金太に守ってとお願いしたり、金太がケンカに負けたり、金太が悪人からマカオまで逃げていったり、といった内容です。 金太とお姫様がマカオに着いたときの歌詞はこんな感じです。 気づいていない方は、どうぞ歌詞を声に出してみてください。 でも、人がいないところで声に出すことをおすすめします。 曲調は寂しげで、しんみりとします。 ある女性が旅に出ます。 奈良に行ったり、大和時代の古墳を見たりして家に帰ってきます。 家では柱時計が壊れていたり、マンガを描いたりといったことをします。 お万さんが奈良で鹿を見たときの歌詞を紹介します。 この歌さっきの『金太の大冒険』と同じ人の歌です。 まだ気づかない方は声に出して読んでみましょう。 くれぐれも人がいないところでお願いします。 面白い歌ランキングは以上です。 最後は下ネタになってしまいましたが、ご勘弁ください。 下ネタじゃなくて、カラオケでも歌えてみんなが楽しめる歌を知りたいという方はこちらの記事がおすすめです。 カラオケで盛り上がる曲なら、世代別におすすめがあります。

次の

燦鳥ノム【ロキ/替え歌】中背景彩蛋

ロキ替え歌

童謡 [ ]• アニメ・特撮・ゲーム [ ]• かみさまみならい ヒミツのここたまED• (エンディング)• (再放送版OP)• (となりのトトロ挿入歌)• (2016年版含む)• (超電子バイオマンED)• (ポケモンDP主題歌)• CM [ ]• ポップス・フォーク・歌謡曲 [ ]• スポーツ [ ]• ご当地ソング [ ]• 軍歌・戦時歌謡 [ ]• その他 [ ]•

次の