パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト。 映画「パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェスト 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト

剣で戦い、取れて回転し始めた水車に乗りながら戦います。 宝箱の方はエリザベスと義眼コンビが協力し、ジョーンズの手下たちから逃げ始めました。 ジャックは隙をついて鍵を手に入れ、宝箱を開けます。 中身の心臓を見たジャックは、土の瓶に心臓を入れ替えました。 鍵を追ったノリントンは、宝箱に鍵が刺さり、土が落ちているのを見て、ジャックが心臓を移し替えたと気付きます。 心臓を盗み、エリザベスの持っていた釈放書と共に持ちました。 ノリントンは「自分がおとりになって戦う」と言い、ジャックたちを逃がします。 その後ノリントンは心臓と釈放書を持ってベケット卿のところへ行き、交渉し始めました。 ベケット卿の真の目的は、ジャックのコンパスではなく、ジョーンズの心臓だったので、ノリントンは爵位を取り戻します。 ダッチマン号から逃げたブラックパール号を、巨大ダコのクラーケンが襲いました。 ジョーンズは宝箱を手に入れたものの、中に心臓が入っていないのであせります。 ジャックは心臓を持っていることを誇示しようとしますが、揺れで瓶が割れ、中身がないと気付きました。 ウィルはクラーケンの足を攻撃させますが、致命傷は与えられません。 弾薬とラム酒で、クラーケンにダメージを与えようと考えます。 船長のジャックは自分だけボートで逃げようとしていましたが、仲間を見捨てることに後ろめたさを感じ、ブラックパール号に戻りました。 ブラックパール号を捨て、船員たちと共にボートで逃げる決意をします。 ところがエリザベスは、気づいていました。 クラーケンが狙っているのは船ではなく、ジャックなのです。 ジャックの手のひらの痣は、狙う相手を示したものです。 エリザベスはジャックにキスし、その隙に手錠をかけてマストに拘束しました。 ボートへ避難した船員たちには「ジャックは自分が犠牲になると言った」と嘘をつき、避難させます。 エリザベスがジャックにキスするのを、ウィルは目撃しました。 (エリザベスはウィルが好きなのだが、海賊であるジャックにも惹かれつつある。 しかしジャックに惹かれては駄目だという自制が働いた。 クラーケンの狙いがジャックであることは真実なので、ジャックを差し出すことで、自分の気持ちをウィルだけに向けようと考えた。 そのためにジャックを犠牲にしている。 ウィルも、エリザベスの気持ちの揺れに気づいているが、彼女の意思を尊重していた。 なぜエリザベスがジャックにキスしたのかは、この段階ではウィルは知らず。 ジャックを死においやるための罠だったとウィルが知るのは、次作品) 船に残ったジャックはランタンの油で手錠を外しますが、背後にクラーケンが迫っていました。 振り返ったジャックは、牙がたくさん生えたクラーケンの口に突撃し、死にます。 ウィルやエリザベスたちは、預言者ティア・ダルマのところへ行きます。 名誉の戦死を遂げたジャックを取り戻したいと船員が言い始め、ウィルもエリザベスも肯定しました。 ティア・ダルマは、そのためには海をよく知る男が必要だと言います。 奥から現れたのは、肩に猿を乗せたバルボッサでした…(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』へ続く)。 (バルボッサは前作品で死亡したが、ただ死んだだけなので、ティア・ダルマが蘇らせた。 ジャックが落ちたのは死の世界ではなく「生と死のはざま」なので、ティア・ダルマの魔術では蘇らせられない) (フライング・ダッチマン号の果たす役割は「死者をこの世からあの世へ引き渡す際の、水先案内人」のようなもの。 だから必ず船長が必要。 船を壊せばいいという問題ではない) (エンド後)ジャックらが捕らえられていた原住民の場所。 その椅子に君臨するのは、鍵束を守る犬! 犬が神として崇められ、これから食べられるかも!? (いえ、次作品にも出てきます、この犬).

次の

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト

あらすじ 結婚式を控えたウィルとエリザベスは、死刑囚だった海賊のジャック・スパロウ船長の逃亡を手助けした罪に問われ、逮捕されてしまいます。 それは権力を持つ東インド貿易会社のベケット卿の思惑だったのです。 ベケット卿は、ジャックが持っているコンパス(自分の欲しいものがある方角を示す羅針盤)を奪うことを条件に、ウィルを解放します。 ベネット卿の指示に従うしかないウィルは、やっとの思いでジャックを発見しますが、なぜかジャックは憔悴しきって弱っていました。 ジャックはある鍵を一緒に探すことを条件に、コンパスを渡すと申し出ます。 そのある鍵を探すため、2人は手がかりを探しにティアを訪問し、デイヴィの秘密を聞き出します。 デイヴィの隠された秘密とは、かつてデイヴィがある女性を愛した証として自分の心臓を取り出し箱に入れ、箱の鍵を身に付けているというもの。 まさにジャックはその鍵を狙っていたのだった。 実は、ジャックは以前デイヴィと、ブラックパール号の船長になる代わりに、契約が切れた100年間、デイヴィの手下として働くという血の契約を交わしていたのでした。 ジャックが憔悴しきっていた理由は、この期限が迫っていたからだったのです。 父親ビルとの再会 ティアは航海に行くジャックに土入りの瓶を渡します。 ウィルは、デイヴィの船であるフライング・ダッチマン号に乗組員に扮して乗り込みますが、見つかってしまい、捕らえられてしまいます。 デイヴィは、3日以内に100人の船員を招集すれば契約はなかったことにすると約束します。 デイヴィの人質になってしまったウィルは、乗組員として働くことになります。 しかし、その船で死んだはずの父親のビルと再会するのでした。 なんと、ビルは死ぬ直前にデイヴィと血の契約を交わし、ゾンビのような姿になり、デイヴィの船員として働いていたのでした。 父として「生きているお前は早く逃げろ」と息子であるウィルに助言するのでした。 ウィルは偶然、居眠りするデイヴィを発見し、タコのような髭の中から、例の鍵を見つけ盗み出します。 鍵を盗んだウィルは、後で父に必ず救出に戻ることを約束し脱出しますが、ウィルを助けた船ごとデイヴィに沈められてしまいます。 なんとか無事に生き残ったウィルは再びデイヴィの船に潜入します。 一方、ジャックはトルトゥーガで乗組員を募集していました。 そこへバグズと指名手配中のノリントン、エリザベスがやってきます。 箱の奪い合い その頃、デイヴィは箱の隠し場所へと向かっていました。 ジャックもコンパスを使い、デイヴィのいるクルーセル島へ向かうことに。 ウィルもなんとか鍵を持って密かに島に上陸し、ここから両者の箱の奪い合いが始まるのでした。 箱を見つけ出したジャックは心臓を取り出し砂入りの瓶に隠しますが、同じく心臓を狙っていたノリントンによって奪われてしまいます。 奪われたことに気づかないジャックは瓶を持ったまま船の中で逃げまわるが、デイヴィの手先である巨大タコのクラーケンに襲われてしまいます。 なんとエリザベスはジャックを船に手錠で繋いで逃げてしまったのでした。 身動きの取れなくなったジャックは船と一緒に沈み、クラーケンの餌食となり、心臓を手に入れたノリントはン東インド貿易会社に渡してしまうのでした。 他の船員たちは、死んでしまったジャックを救う方法をティアに相談しに行くことに。 すると、前作で死んだはずのバルボッサが登場します。 ティアから「死んだ者を生き返らせる方法がある」ことを聞き、ウィルとエリザベスたちはジャックを救うため旅立ち、第3作の『ワールド・エンド』へと続きます。 実は、このフライング・ダッチマン号には実際にモデルがあると言われています。 フライング・ダッチマン号の名前の由来はイギリスで伝わる、さまよう幽霊船でオランダ船のフライング・ダッチマン号からきています。 オランダ人の船長が神を馬鹿にしたことにより呪われてしまいます。 それから船は幽霊船となり永遠に船長は1人で海をさまよう幽霊となってしまったのです。 普段は人前に姿を現しませんが、幽霊となった船長は悪天候の時だけ現れるという伝説が残っているのです。 出演者の素のリアクションが見られる場面 世界的なミュージシャン ジョニー・デップがリスペクトしているローリング・ストーンズのメンバーであるキース・リチャーズ。 彼をジャック・スパロウのキャラクターモデルにしたという話は有名です。 しかし、残念なことにローリング・ストーンズのワールド・ツアーと重なってしまったことから映画への出演は見送られてしまったのです。 キース・リチャーズを心から慕うジョニー・デップは、「自分のギャラを削ってでもキースと共演したい!」と強く共演を熱望していたそうです。 回を追うごとにますます謎が深まっていくパイレーツシリーズ。 奥深いストーリーと細かな設定をおさらいすることで、さらに本編を楽しむことができると思います。 パイレーツシリーズがモデルとなった、ディズニーランドの人気アトラクション「カリブの海賊」もまた違った視点から楽しめるはず! 世界中で爆発的に人気となった「パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズチェスト」をまだ観ていないという方は、ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか? ・ ・ ・ ・.

次の

映画「パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェスト 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト

「え、これで終わりなの?」 は誰もが思ったことではないでしょうか。 さらには上映時間が2時間半と長く、映画内では語られていない部分も多いため、小説版も読まないとストーリーの全容を把握できません。 初めてみたときはチンプンカンプンでしたが、 ひとつひとつの要素を丁寧に整理していく度に「デッドマンズチェスト」の面白さに気づかされます。 デッドマンズチェストとは? 出典: 「chest」には心臓という意味だけではなく、宝箱という意味がある。 デッドマンとはもちろん不死身の海賊ディヴィ・ジョーンズのこと。 冒頭、ジャックは何をしていた? デッドマンズチェストでは棺の中から登場したジャック その目的は「鍵の絵が描かれた羊皮紙の入手」です。 ジャックは デイヴィ・ジョーンズの心臓が入った宝箱の鍵がどんな形をしているのかを知りたがっていました。 ちなみにあの建物はトルコ軍の牢獄です。 脱出するために死体とともに棺に隠れていました。 そもそも誰が羊皮紙を持っていたのかは不明です。 ベケット卿の目的は? 出典: 東インド貿易会社の権力者であるベケット卿。 何代も続く貴族の家柄の生まれです。 」 会社の利益を第一に考えるベケット卿の目的は、東インド貿易会社の商売に邪魔な海賊を根絶すること。 そのためにもディヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収めてジョーンズを操ろうと企んでいます。 ジャックが心臓を目指す目的 沈没船「ブラックパール号」をデイヴィジョーンズに引き上げてもらったジャックは、「ブラックパール号の船長になる」という望みと引き換えに、魂をジョーンズに引き渡す契約を結んでいました。 契約期間は13年。 ジャックの手に現れた黒い烙印は契約の終わりを示すものであり、ジョーンズの船で100年奴隷として働かなければならないことを意味しています。 ジャックは「心臓を盾」にジョーンズと交渉し、契約を無効にすることをたくらんでいたと想像できます。 ディヴィ・ジョーンズとは? パイレーツ観たいなぁ〜 なんか今デイヴィジョーンズの気持ちに浸りたい、、、(笑) — RIHO rihochama555 幽霊船「フライング・ダッチマン号」の船長。 彼に魂を売る契約を結ぶことで、死を先延ばしできたり何かと交換できたりする。 そしてその契約期限が切れると、彼のフライング・ダッチマン号の船員として100年奴隷として働くことになる。 海の女神カリプソに恋をしたが失恋。 それでもカリプソを想い続けその苦しみに耐えられず自分の心臓を抉り出して、宝箱に納めた。 カリプソから死んだ人間を天国へ送るという使命を命じられたが、その使命を放棄したため呪いをかけられ海洋生物のような姿になっている。 ジャックのコンパスは壊れていた? 【パイレーツ オブ カリビアン】 「確かにコンパスは北を指さない。 デッドマンズチェストの冒頭でジャックが持ったコンパスは回り続けたままです。 これは想像ですが「ジャックが欲しいものが明確ではなかったから」ではないでしょうか。 ティアダルマの「ジャック・スパロウが自分の探すものを知らないの?」というセリフがあります。 欲している物が定まらない限りはコンパスは答えを出してくれないのでしょう。 エリザベスがコンパスを持ったとき、正確に宝箱の場所を指したことが壊れていない証拠です。 なお、ベケット卿がジャックのコンパスを欲していたのは、デイヴィジョーンズの心臓を手に入れるためです。 ビン詰めの土は役に立った? 結論から言うと、役に立っていません。 デイヴィ・ジョーンズは10年に一度しか陸に上がれません。 ティアダルマの「陸を持ち歩きなさい」というセリフがありましたが、ビン詰めの土に心臓を入れてしまえば、デイヴィ・ジョーンズも心臓を取り返せなかったのではないでしょうか。 しかし、デイヴィ・ジョーンズの心臓はノリントンが奪い、ビンは割れてしまったのでジャックの役には立っていません。 ノリントンはなぜ辞任した? 群を抜いてでかいノリントン置いておきますね — あげ 低浮上 agesanM デッドマンズチェストでひときわ目を引いたのが、変わり果てた姿のノリントン提督。 さて、ノリントンが辞職した原因は「 ブラックパール号を追い回していたところ、ハリケーンに襲われて艦隊を全滅させてしまったため」です。 ハリケーンに立ち向かうほど、ジャックを捕まえることに執着していたノリントン。 本作でもウィルとエリザベスの熱々のキスを目の前で見せつけられる損な役回りです。 まんまと心臓をベケット卿に差し出したノリントン。 次回作「ワールドエンド」では更なる活躍をみせます。 サイコロゲームのルールは? ウィルが鍵の在処をつきとめたサイコロゲーム 映画だけでルールを把握するのは絶対に不可能です。 <ルール>• 1人5個のサイコロをコップに入れて振る。 そして順番にサイコロの目とそれが合計幾つあるか宣言する。 これを繰り返し、誰かが嘘を言ったと思ったら「嘘つき(Liar)」と宣言して、全員のコップを開かせる。 相手が嘘を言っていれば宣言した人の勝ち、相手の言った数字が場にあれば相手の勝ち。 デッドマンズチェストではウィルの父であるビル・ターナーが「5が12個」という明らかなハッタリでわざと負けて、ウィルを救っています。 もっともウィルからすれば鍵の在処が分かった時点で目的は果たしていたので、父親の介入は余計なお世話でした。 ノリントンは汚名返上のため• ジャックは生き延びるため• ターナーは父との約束を果たすため ちょっと補足すると• しかし、「呪われた海賊たち」のエンドロール終了後のおまけ映像で、サルはまた金貨をくすねてしまったため、再び呪われてしまいました。 残忍な海賊として有名だったそう。 「デッドマンズチェスト」のラストシーンでまさかの復活を果たします。 バルボッサを生き返らせたのはティア・ダルマです。 彼女の正体が何者なのか、なぜバルボッサを生き返らせたのかは、次回作「ワールドエンド」で明らかになります。 —— 小説版にも書かれていないこともあり、謎が多いパイレーツオブカリビアン。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の