エモい女の子になるには。 一番エモい季節教えて!

「エモい」ってなに?言葉の意味や使い方を解説

エモい女の子になるには

「いまの10〜20代の女子たちは、90年代の『女の子写真ブーム』を知りもしない。 当時のブームとは違う、何かがあるんです」 そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、写真評論家の飯沢耕太郎さんだ。 人気写真家・蜷川実花さんらを輩出した「ひとつぼ展」の審査員を務めていた飯沢さんは、1990年代後半に一世を風靡した「女の子写真」ブームの火付け役だ。 「『女の子写真』の時代」という著書もある。 そもそも「女の子写真」ブームは、蜷川実花さんやHIROMIX、長島有里枝さんら、当時10〜20代前半の女性写真家たちが活躍し始めたことにより広がった。 「ガーリーフォト」とも呼ばれ、手軽に持ち運べるコンパクトカメラなどの発達により、撮影者から「半径5メートル」にある、身近で日常的なものが被写体になった現象だ。 いま「写ルンです」を使う彼女たちも、やはり身近な被写体を撮影している。 だからと言って、二つのブームに共通項があるわけではない、と飯沢さんは見る。 「二つのブームの境目にあったのが、デジタル化です。 デジタルが生活に定着した2005〜10年以降に写真を撮り始めたいま10〜20代の彼女たちは、自分たちのメディアとして当然のようにデジタルを使いこなしている」 「にもかかわらず、なぜ『写ルンです』なのか。 自由に、簡単にできないものを求めているのでしょう。 すぐ送れたり、つながれたりすることに対する居心地の悪さを感じているのかもしれない」 飯沢さんはこれを、 「デジカメの便利さに対する、ある種の反動」だと見る。 「撮ってすぐ見られないうえに、出来上がってくる画像にはノイズが入っている。 撮ってみなきゃわからない、偶然性みたいなものに面白さを感じたのでは」 たしかに、フィルムの写真にはノイズが入る。 ブレもある。 BuzzFeed Newsの取材に応じた「写ルンです」愛用者の女子大生も、こう語っている。 「連写もできないし、ノイズも入る。 暗いところではうまく撮れない。 フラッシュを焚くと人が浮かび上がる。 そういうノスタルジーな雰囲気が、エモいです」 しかしなぜ、彼女たちは、そうしたものに惹かれるのか。 飯沢さんは言う。 「ノイズは、体温や温もり、優しさという『感情』そのもの。 『エモい』のエモの部分なんです。 一方で、ツルツル、ピカピカの綺麗な画像はただの情報。 そこへの欲求不満を持った彼女たちが、『写ルンです』や『チェキ』にある『感情』を嗅ぎつけたんでしょうね」 「いいね」がつく写真 このように、綺麗な写真にあえて「ノイズ」を求めるようになった背景には、SNS「Instagram」の普及もあるという。 フィルター機能を使ってフィルム風に加工することができるからだ。 その上で飯沢さんは、そうしたSNSに慣れ親しんだ世代の撮影する写真を、 「『いいね』がつく写真」だとも表現する。 「Instagramにせよ、写ルンですにせよ、どれも『いいね』がつく写真なんですよね。 それってなんだろうと思ったときに、既視感がある写真なんだ、と感じたんです」 なぜ既視感は、「いいね」につながるのだろうか。 「そうじゃないと、『いいね』がつけられない。 自分の価値基準は頭の中にあるもの。 見たことがないものは、ある意味怖くって恐ろしい、わからないもの。 そんなものには、絶対『いいね』がつかない」 では、デジタル世代の彼女たちが、ノイズのある「エモい写真」、フィルム写真に「ノスタルジー」を感じる理由はどこに? 「おそらく、家にあるアルバムとか、古い雑誌とか、視覚的な経験の蓄積が無意識下にあるのでしょう。 そこには居心地の良さや幸せだという感覚があり、『写ルンです』が自然と結びついたのでは」 「居心地の悪さや閉塞感が蔓延している時代だからこそ、そこに風穴をあけるような存在を求めた先にあったのが、ノスタルジアだったのかもしれません。 これは決してデカダンス(退廃的)ではなく、耽美的でもない。 自己肯定感、幸福感を追求した結果だと思う」 つまり、社会の閉塞感を抜け出すために自己肯定感や幸福感を求め、それをエモい、あるいはノスタルジーを感じる写真に反映させた、ということだ。 これは、バブル崩壊や阪神淡路大震災、さらにはオウム真理教による一連の事件などが社会にトラウマを残していた90年代の「女の子写真」ブームとも通底するという。 「未知なる想像力」への楽しみ 「写ルンです」を使いこなす彼女たちは、場合によって写真を撮り分けている。 たとえば、先出の女子大生はこう語っている。 「iPhoneで撮ってすぐアップする写真は、1日の報告ばっかり。 いつも持ち歩いている『写ルンです』は、本当に楽しい瞬間とか、綺麗な景色を撮りたいから、じっくり使います」 (関連記事:) これこそ「写真」の本質そのものだ、と飯沢さんは言う。 「このような『写ルンです』の使い方は、写真というものの本質、王道をついているところがある。 大事なものを残したいという感情は、写真が撮り続けられてきた大きなモチベーションですよね」 そしてもう一つ。 彼女たちはデジタルカメラの出現によって消えてしまった、「写真の本質的な楽しさ」にも気づいている、とも指摘する。 「フィルムで撮った『瞬間』は、まだ『イメージ』ではない。 現像されていないフィルムの中に『潜像』として存在している。 彼女たちは、そういう面白さに気がついているのかもしれません。 未知なるものへの想像力を刺激される、見えないことの楽しさに」 ただ、これまでのフィルム写真文化とは大きな違いもある。 それは、多くの愛用者が「プリント」をほとんどしない、ということだ。 多くは家電量販店で現像を頼むものの、プリントは 「めんどくさいしお金もかかる」からしないのだという。 CDにデータを入れてもらって、MacBookに落とす。 何枚か選んでiPhoneにAirdropをしたら、お気に入りをInstagramにアップし、LINEで友達にも共有するーー。 「大切なものを写真として所有する、というフェティシズムにつながる行為は、19世紀からずっと続いてきた。 だからこそ、プリントした写真を所有せずにiPhoneやネット上に落とし込むということには、驚くとともに、ショックでした」 「しかし、彼女たちはプロセスを楽しんでいるんですよね。 フラッシュを焚く、ブレやボケを楽しむ。 結果ではなく、行為そのものに対する喜び。 写真へのフェティシズムが断絶したように感じたけれど、そういうわけでもない。 形を変えながら、残り続けていくのだろうな」 「女の子写真」の時代は再来するのか? こうした「写ルンです」ブームは、現代の写真文化に何か影響を及ぼすのだろうか。 「もしかしたら、新たな写真表現ができつつあるのかもしれない。 感情的な『エモい』写真ブームですよね。 ただ、『女の子写真』の時代も、10年経ってから見えてきた。 それくらいのスパンがないとわからないものがある」 そうした時代の中で、新世代の写真家も生まれている。 飯沢さんが名前を挙げたのが、1991年生まれの奥山由之さんだ。 「写ルンです」やポラロイド・カメラを使った表現で注目を浴びた奥山さん。 ファッション誌や広告、CDのジャケット写真などを多く手がけてきた新進気鋭の写真家だ。 2017年4月に表参道で開いた個展では、ポラロイドで撮影した小松菜奈さん、広瀬すずさんら注目女優の写真を展示。 大きな話題を呼んだ。 「彼が『写ルンです』のヒットを作ったとは思わないけれど、いまの時代の申し子であるとは言える。 『エモいもの』を求めた世代がいたから奥山さんが出てきたのでしょう。 彼は、時代の空気を読むのがうまい」 「写真の世界には、その時代ごとに『魔法をかけられる写真家』がいるんですよ。 80〜90年代は荒木経惟さんや篠山紀信さん、その次に蜷川実花さんやHIROMIXたちがきた。 いま、そういう力を持ち始めたのは奥山さんかもしれない」 ここでいう魔法、とは「コノテーション」のことだと飯沢さんは言う。 「潜在的意味」「内包」を意味する言葉だ。 つまり、写真家の名前自体に、イメージそのものが付加価値としてつくことこそが、魔法なのだという。 「魔法っていうのは、いい写真だなという感想だけではなく、『自分でやりたいな』という気持ちも出させる。 奥山さんと同じような写真を撮ってみたいから『写ルンです』を買ってみる、という流れが生まれているかもしれません」 「魔法使い」は、現れるのか そうして魔法にかけられてか、それとも自ら「エモさ」を求めてか。 いずれにせよ、「写ルンです」を手に取る女子たちが増えたいま、新たに「魔法をかけられる写真家」は生まれるのだろうか。 「ずっと見ているけれど、そういうスターは何万人に一人という世界。 もしかしたら一斉に出てくるかもしれないし、まだ隠れているかも。 ただ、スターはその時代、その時代に欲しいもの。 そろそろ、出てきてくれるといいですね」 そう話した飯沢さんは、こうも期待を寄せた。 「いまの『写ルンです』の流行は、まだ『ブームの芽』。 けれども、 彼女たちは、写真の本質を体現することに気がついている。 これがさらに流行したら、面白いことが起きるかもしれません」 誰かが、その手元にあるカメラで「いまの時代」を切り取ることができれば。 それはきっと、新たな「魔法使い」の誕生につながっていくはずだ。

次の

女性も憧れる圧倒的エモボディ 朝比パメラ、公式ファンクラブオープン

エモい女の子になるには

みなさん、こんにちは。 エモカワイイカルチャーを発信する企業COMPLExxxの代表 横塚まよです。 この連載では、弊社のエモカワライターの「はぎー」と、女の子が抱える複雑な感情を「エモい」というキーワードと共に紐解いていきます。 今回は『テレビドラマ』をテーマに選びました。 「エモい」というワードが注目されてきたのは最近のことですが、実は以前から「エモさ」は表現されていたと考えています。 そこで「時代や世相を反映する」とも言われているテレビドラマを切り口に、女の「エモさ」を再発見していきます。 女子的「エモい」論らしく、特に女性が主人公となるドラマを中心に振り返ってみましょう。 大人の恋の葛藤を描く『Sex and the City』 iStock. 1998年から2004まで放送されましたが、日本でも大ヒットとなりました。 ストーリーの中心は、ニューヨーク在住の4人の30代独身女性。 彼女たちが、恋や友情、仕事に対して、時に悩み時に迷いながらも、楽しく暮らしていく様をコミカルに描いています。 特に注目されたのは、個性豊かなキャラクターです。 恋愛至上主義のコラムニストに、世間知らずなお姫様タイプ、毒舌のキャリアウーマンに、性に奔放な女社長。 全く異なる女性たちが登場します。 そんなSATCに見えるエモさとは 「恋愛における葛藤」です。 彼女たち4人は職業も違えば置かれた環境も違います。 恋愛への価値観もバラバラ。 しかし、全員が、恋愛やその周囲の出来事に真剣です。 だからこそ、一筋縄でいかず葛藤する大人の女性の姿が、最高に人間らしく映ります。 恋愛は、真剣であればあるほど内面を引き出され、自分のみっともない部分と向き合わなくてはいけません。 それは相手も一緒で、相手の内面の複雑さを発見してしまうこともあります。 しかし、人は大人になればなるほど、プライドも高くなり、小手先での恋愛の乗りこなし方なんてものも覚えてしまう…。 愛を強く求めて、自分も愛されたい、彼のことも愛したい。 だから、まっすぐに向き合いたい。 向き合わなくてはいけない。 でも、プライドもあるし、素直になれない。 上手くいかないことを受け止められなくて、愛をセックスに置き換えてしまう。 SATCの4人の姿に、そんな大人の恋愛の葛藤が見られ、そこが視聴者を「エモい」気持ちにさせるのではないでしょうか? 自分のヤバさ再発見!?な、『アラサーちゃん』 『アラサーちゃん』とは、元セクシー女優の峰なゆかさんによる4コマ漫画が原作になった日本のテレビドラマです。 漫画はもちろんのこと、ドラマも大きな話題を呼びました。 アラサー世代の男女8名が登場し、同世代の「あるある」とうなずけるような恋愛や生態を面白おかしく描いています。 登場人物には、主人公のアラサーちゃんのほか、ぶりっ子タイプの雑貨店店長ゆるふわちゃんに、姉御肌を気取る派遣社員サバサバちゃんなど、「いるいる」と笑ってしまうキャラクターが多くいます。 『アラサーちゃん』の、そんな「あるある」「いるいる」エピソードは、他のドラマより登場人物をより客観的に見せます。 自分がよく共感するキャラクターを客観的に見ることによって、実は 自分自身のことも客観的に捉えて、そこで自覚していなかった自分を発見することもあります。 例えば、男性ウケ抜群のぶりっ子キャラクターゆるふわちゃんに共感しているとします。 ゆるふわちゃんは男性ウケはいいけど、ウケを重視しすぎるあまり自分の個性を発揮できなかったり、男女の空気を読みすぎて本命女子になりづらかったりする面があります。 そんなエピソードを客観視すると、「私、実はヤバい?!」「周りにはこんな風に見られてたの!?」と新たな自分の見え方を発見します。 一見笑えるテイストで描かれているものの、気付くと「ドキッ」とさせられる、実は「エモい」気持ちにさせられるドラマなのです。 自分の弱さを突き付けられる『東京タラレバ娘』 『東京タラレバ娘』は、昨年2017年に大ヒットした日本の連続ドラマです。 こちらは、東村アキコさんによる漫画が原作となっています。 『東京タラレバ娘』には、倫子、香、小雪の3人のメインキャラクターが登場。 彼女たちは親友同士で、全員独身・彼氏なしの30歳。 「あの時こうだったら」「この時ああしてれば」と、タラレバ話を繰り返し現実から目を背けていた彼女たちが、口の悪いモデルKEYとの出会いをきっかけに少しずつ自分たちの状況と向き合っていく、というストーリーです。 このドラマも、『アラサーちゃん』のように、登場人物に共感する中で自分の弱い部分や逃げている部分と向き合うことになるものです。 しかし少し違うのは、『アラサーちゃん』のように読者自らが「ハッ」と気付くのではなく、KEYというツッコミ役がいます。 女子会で盛り上がる倫子たちに向かって「そうやって一生、女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ」「結婚は夢じゃなくて現実だろ」と一刀両断。 その明確な言葉が、倫子たちだけでなく、見ている女性たちの心もグサグサとえぐっていきます。 ドラマでは、そうした鋭い言葉を受けて、3人は逃げていた現実と向き合い、傷ついたり情けない思いをしながらも、自分にとっての本当の幸せを模索するようになるのです。 そして、もう一つのポイントがドラマオリジナルの展開に隠されています。 しかし、それは以前のようなタラレバ女子会ではないということが、言い切った倫子の表情から窺い知れます。 このドラマへの共感を通して、視聴者の女性たちは自分の向き合いたくない現実をまざまざと突きつけられ、心が荒れることもあるでしょう。 ふつう、矛盾した発言というのは好まれないことが多いですが、今回紹介したドラマではその点が魅力となっています。 それは、いつの時代の女性も矛盾を抱えながら生きていて、だからこそそこに共感を覚えるのではないでしょうか。 また、ただモヤモヤを一人で抱えて鬱々としているのではなく、紹介したドラマはどれも、それを女性同士で共有・共感し合っています。 「女の友情は儚い」とも言いますが、女同士だからこそ、抱えている矛盾を許容し合うことができ、ぶつかり合うこともあれど本当の意味で許し合える友情が生まれるのかもしれません。 逆に、時代と共に移り変わっている部分もあります。 過去のドラマでは、女性の主人公は明るく気持ちのいい性格で、内容も少し非現実的な夢物語が多く描かれていました。 しかし、現代では人間の内面の弱さや汚さを描いたリアリティのある作品が人気を集めるようになっています。 そして、そんな情けなさを明るく笑い飛ばすような表現から徐々に、見ている視聴者の心をえぐるようなシビアな表現が増えていきました。 これは、女性たちがドラマに夢や憧れだけでなく、現実に心を打たれるような「エモさ」を求めているからではないでしょうか。 今の世の中を映し出すとも言える人気ドラマ。 次の作品は、どのように私たちの心の芯を揺さぶる「エモい」ストーリーを見せてくれるのでしょうか。 関連キーワード 1992年生まれ。 神奈川県出身。 CanCam it girl。 2014年新卒でIT企業に入社。 広報を担当しながら、2015年11月友人と共に「女の子のスナップ・インタビューサイト『東京女子物語』」リリース。 2016年10月には株式会社Candeeと共に株式会社COMPLExxxを複業で創業し、二足のわらじで「複業家」として活動。 2017年8月よりIT企業を退職し、COMPLExxxを本格化。 女の子が等身大のまま活躍できるよう、もやもやした感情をかわいくありのまま表現する「エモカワイイ」カルチャーを発信中。 自身が代表を務めるCOMPLExxxのスマホタレントである「たぴみる」「さいまり」「あやのとジャクソン」はLINE LIVE OF THE YEAR 2016を受賞。 その後あやのとジャクソンは企業の協賛により世界一周しながらLINE LIVEを様々な国から配信。 半年でフォロワー1万人を突破。 たぴみるは2017年5月ランティスからメジャーデビュー。 TWITTER: HP:.

次の

渡辺まおデビュー作「エモい女」を無料で観る方法!早稲田大学生は○首が超綺麗!

エモい女の子になるには

渡辺まおは本当に現役早稲田大学生なのか? もっと最高に楽しむために先に確認しておきますが、 彼女は本当に現役の早稲田大学生です。 早稲田大学に在学中です。 私から言えるのは、自分が望めば何にだってなれるってこと。 挑戦が好きなんです。 大学名を公開することが武器になるとは思ってません。 ネットの海に撒かれた噂の回収です。 一点だけ、リアルとフィクションの境目を忘れないでください。 これからもよろしくお願いします。 本名も既にネットで出回るほどに大人気です。 渡辺まおデビュー作「エモい女」とは?みんなの感想は? あらすじ 現役大学2年生、渡辺まおさん(19)。 一回目の撮影は湘南に出かけて古い洋館で初めてのAV撮影をさせてもらった。 彼女はトレードマークのショートカットが涼しげなアクティブな現代っ子といった印象で、話も面白おかしくトークの方もかなりイケるくちの、完全に「コミュ力高め」な女の子。 ゆうに一回り以上も歳上のスタッフにも全く物怖じせず忌憚のない意見を投げかけてくれるような。 冷静というか落ち着いているというか、なんか肝が座ってる感じ。 おじさん連中が当てがった「渡辺まお」の世界観をどう汲み取ってくれているだろうか。 みんなの感想 知り合いです。 知り合いのAVを初めて鑑賞。 最高です。 見かけるたびに興奮します・ カメラの画質も良し。 SODが力を入れているだけのことはある、女優としても肌質も肉感もちょうどいい。 芋っぽさのツボ。 良い作品でした。 さすが、彼女のデビュー作は慎重に扱うのか通常よりも多めな会話が特徴。 だがそれがいい!!基本的には全てスルーする私が現役女子大生の生態を調査するためにインタビューを全部見てからの本番は最高に興奮した。 私は今までインタビューをスルーしてきたのを後悔したほどに最高に気持ち良かった。 みんなも絶対にスルーしちゃダメだ。 ここまでメディアにおだてられたナチュラル素材の女優は珍しい。 さすが現役早稲田大学生だ。 肌感は最高、胸の形は完璧なお椀型。 スタイル抜群ではないがこの肉付きと素朴さが最高。 今回も良いが次回も楽しみだな。 FLASHの袋とじが待てずに購入した。 久しぶりにDVD購入したが良かった。 さすが既に2月からソープ譲として働いていただなんて・・。 彼女の生態(風俗嬢・現役早稲田生)を知ってから見たから凄い10倍界王拳ぐらいの気持ち良さだった。 =================== 皆さん太鼓判でしたね! もちろん皆さんは有料でお金を支払って観た方々です。 でもご安心してください いまから渡辺まおのデビュー作 「エモい女」を 無料で見る方法を紹介しますね。 comでも有料なのに「無料で見る方法が本当にあるの?」 皆さんがそう言います。 しかし本当に無料で見る方法があるのでご安心してください。 それは U-NEXTを利用することです。 え?U-NEXTってあの映画とかドラマが見れるやつ? そうです。 最近ではテレビCMもやっているU-NEXTです。 CMの通りU-NEXTは日本最大の動画配信サービスで映画ドラマアニメ舞台演劇など幅広い動画を14万作品見放題できるので有名です。 が、 CMでは放送できないだけで U-NEXTは アダルト作品4万本が無料で見放題。 この情報は 知らない人多いです。 しかも常に新作が入ってくるので毎日別の作品見ても見切れません。 渡辺まおの「エモい女」もまさか見放題だから無料!? いいえ。 エモい女は有料です いや、 最後まで聴いてください。 エモい女は通常だと500円掛かります。 が、 U-NEXTに31日間無料お試し登録をすると貰える600Pはそのまま600円として使えるので、 無料でエモい女が視聴できると言うことです! もちろん視聴してすっきりしたり、賢者タイムに陥ったら速攻で解約しても問題ありませんよ。 でも残り31日間も無料のアダルトフル動画( 全て高画質)が4万作品も見放題できるのに解約するのはもったいないので 30日間楽しみまくってから 解約するのをお勧めします。 登録も1分程度で終わります。 大体がジャケット詐欺と言われる中 本当の女子大生が出るとは! と話題になっただけのことはあり最高に面白い作品となっていますよ。 お楽しみに!•

次の