こいのぼり 歌詞 意味。 「いらかの波と雲の波」鯉のぼりの歌詞と意味!子どもと歌おう

こいのぼり

こいのぼり 歌詞 意味

Sponsored Link 子どもの日には、庭に鯉のぼりを飾るのが日本の風物詩ですね。 都会では、住宅事情から減ってきましたが、それでも、各地で鯉のぼりを揚げる行事がたくさんありますね。 今回はそんな 鯉のぼりの由来と意味についてまとめていきます。 鯉のぼりだけでなく、吹き流しの由来にも触れてみたいと思います。 ・鯉のぼりを飾る時期は?由来は? ・鯉のぼりの歌詞の意味は? ・鯉のぼりの色には意味があるの? ・吹き流しとは?意味や由来は? Sponsored Link 鯉のぼりを飾る時期は?由来は? 鯉のぼりを飾る時期 こいのぼりを上げる時期は、 はっきりとは決まっていません。 ひな人形のように、早く片付けなければならないという決まりもありません。 ですから、いつ飾ってもいいのです。 だいたいの目安として、4月上旬から出して5月の上旬に片付けるお宅が多ようですね。 縁起ものですから、出し入れする日は大安の日に、という地域もあるようです。 鯉のぼりの由来 端午の節句は中国から伝わった風習ですが、 鯉のぼりは 江戸時代から始まった日本独自の風習です。 始まった当時は、鯉のぼりではなく「絵のぼり」・「節句幟(のぼり)」・「武者のぼり」などと言われる物でした。 のぼりの起源は、戦国時代、戦場で武将が家紋を染め抜いて掲げていた「旗指物」にあるとされています。 その旗指物を、武家では 「端午の節句に、旗指物を虫干しをかねて飾る」という風習がありました。 庶民が、その風習を真似て、武者のぼりが立てられるようになったのです。 今の鯉のぼりの原型が出来たのは、 江戸時代の中期です。 立体型の鯉のぼりが主流となったのは、明治時代以降のことになります。 鯉のぼりの歌詞の意味は? やねよりたかい こいのぼり おおきいまごいは おとうさん ちいさいひごいは こどもたち おもしろそうに およいでる 鯉のぼりの歌詞でよく話題になるのは、 お母さんが登場しないのはなぜ?というもの。 確かに、お父さんと子どもしか出てきませんね。 何故なのでしょう? そもそも、 鯉のぼりは子どもの立身出世を願って揚げられるものです。 出来た当初は、鯉は一匹だけ掲げていました。 つまり、鯉が意味するものは子どもだけだったのです。 明治時代になり、真鯉と緋鯉がセットで揚げられるようになりました。 明治といえばまだ女性に参政権も無かった時代ですから、 お母さんを掲げるなんて発想はなかったのでしょう。 真鯉はお父さん、緋鯉は男の子と見立て空に浮かべていました。 「鯉のぼり」の歌詞が作られた1910年には、そもそも鯉のぼりは二匹で泳いでいたのですね。 歌もそれに倣って作られたのでお母さんが出ていなのでしょう。 今のように家族をイメージして何匹も揚げるようになったのは 東京オリンピック以降のことです。 男尊女卑の考え方が否定されるようになってから、「鯉のぼり」の歌詞に二番を作詞したこともあったようです。 昭和57年の教科書「しょうがくせいのおんがく1」には、二番の歌詞におかあさんが登場します。 やねよりたかい こいのぼり おおきいひごいは おかあさん ちいさいまごいは こどもたち おもしろそうに およいでる お母さんに配慮(?)して作詞されたのでしょうが、あまり定着しなかったようですね。 Sponsored Link 鯉のぼりの色には意味があるの? 江戸時代には真鯉だけだった鯉のぼりですが、現在の鯉のぼりは 「真鯉=父親、緋鯉=母親、青い鯉=子供」の 3匹セットが主流ですね。 ただ、鯉のぼりの色は真鯉の黒が決まっているだけで他の鯉の色は、決まっているわけではありません。 男児が二人の家では、青の鯉2匹にせずに、青と緑の鯉を揚げていたりしますよね。 それぞれの色には、陰陽五行説からの流れがあるといわれています。 黒は、冬で水を表しています。 どっしりとした、家族の大黒柱である、古き時代のお父さんを表しています。 赤は、夏で火を表します。 子供を産み育てつつ、家庭をしっかり守るお母さんを表しています。 青は、春で木を表します。 春は、全ての生命がのびのびと活動を始める季節です。 子供の成長やあるべき姿そのものを表しています。 吹き流しとは?意味や由来は? 吹き流しというのは、 鯉のぼりの上に付いているピラピラしたもののことです。 この吹き流しは、元々 魔よけとして戦国時代から使われてきました。 戦が終わった後に、幟に付けていたようです。 これが鯉のぼりと一緒に飾られるようになった当初は、吹き流しの色は赤でした。 現在のように五色になったのは、後の事なのです。 五色になったのも 「陰陽五行説」に由来しているといわれています。 鯉のぼりは立身出世の願いを込めて。 現在では鯉のぼりはファミリーの形で飾るのが普通になりましたが、由来を調べてみると鯉のぼりは、 もともと子どもの立身出世を願って真鯉だけを揚げていたことが分かりました。 鯉のぼりを飾る時には、意味や由来なども子どもに伝えてあげられるといいですね。

次の

こいのぼりとこどもの日を外国人に説明するときに役立つ、文例集17選!

こいのぼり 歌詞 意味

Sponsored Links 端午の節句の歌「こいのぼり」とはどんな童謡?【動画付き】 有名な鯉のぼりの歌といえば、「屋根より高い鯉のぼり~」で始まる 童謡『こいのぼり』ですよね。 5月5日の端午の節句が近くなると、今でも幼稚園や小学校で歌う曲として有名です。 そんな童謡『こいのぼり』ですが、初めて掲載されたのは、 1931年(昭和6年)12月に刊行された幼稚園向きの唱歌集 『エホンショウカ ハルノマキ』だったそうです。 当時のタイトルはなんと 「コヒノボリ」だったとか。 全てカタカナで表記されていたそうですよ。 童謡『こいのぼり』は、学校の教科書では主に1年生や2年生の教材として多く取り上げられています。 童謡『こいのぼり』の作詞・作曲者は誰? 『こいのぼり』の作詞者は、『チューリップ』の作詞者でもある 近藤宮子さん。 作曲者は不詳となっていますが、いくつかの楽譜には 小出浩平と記されているそうです。 また、鯉のぼりを擬人化させているのが特徴的で、 鯉のぼりを家族に見立てたり、空の海を泳いでいるといった、楽しい歌詞としてまとめられています。 ところで、『こいのぼり』の歌詞を見てみると、「お母さん」だけいない事に気付きましたか? 家族に見立てているなら、「子供」と「お父さん」だけなのはちょっと不自然です。 『こいのぼり』の歌詞に「おかあさん」が出てこない理由は、 この曲が作られた当時(1931年頃)は、現在に比べて男性が女性よりも優れているとされている時代だった事と、 さらに、端午の節句は男の子を祝う行事だからという理由が関係しているようです。 可愛らしい『こいのぼり』の歌の歌詞に、このような日本の時代背景が描かれていたとは驚きですね! 童謡「こいのぼり」の2番と3番の歌詞は? なんと、童謡『こいのぼり』には2番と3番が存在していました! その歌詞がコチラになります。 童謡『こいのぼり』2番・3番の歌詞 2)みどりの 風に さそわれて ひらひら はためく ふきながし くるくる まわる かざぐるま おもしろそうに およいでる 3)5がつの かぜに こいのぼり めだまを ピカピカ ひからせて おびれを くるくる おどらせて あかるい そらを およいでる 調べてみると、童謡『こいのぼり』の作詞者である近藤宮子さんは、1番までしか歌詞を出していないようです。 そして、2番と3番の作詞者は不明ということでした。 作者が不明だとなんだか幻の歌詞のように感じますが、長年歌い継がれている『こいのぼり』に、誰かが2番と3番を付け加えたのでしょう。 さらに、2番の歌詞はもう一つあります。 先ほどの2番は お母さんが登場しない歌詞でしたが、これからご紹介する2番の歌詞には お母さんが登場します。 お母さんが登場する2番の歌詞 甍の波と 雲の波 重なる波の 中空を 橘かおる 朝風に 高く泳ぐや 鯉のぼり 開ける広き 其の口に 船をも呑まん 様見えて ゆたかに振う 尾鰭には 物に動ぜぬ姿あり 百瀬の滝を 登りなば 忽ち竜に なりぬべき わが身に似よや 男子と 空に躍るや 鯉のぼり 「あれ、何だか聞いたことがある」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんね! 太平洋戦争が始まると一時的に教科書から外され、戦後に再度復活して多くの教科書で採用されているそうです。 文部省唱歌『鯉のぼり』の歌詞の意味!いらかとは? 甍(いらか)とは鱗(いろこ・うろこ)から来た語で、瓦屋根のことです。 瓦屋根の画像 確かに瓦屋根が波の形に見えますね! 鯉のぼりは五月晴れの青い空を「川」に見立てて泳がせるため、瓦屋根と白い雲で重なる波を表現し、鯉のぼりが悠々と泳いでいる様を歌っているのではないでしょうか。 「百瀬の滝を登りなば」は、中国の有名な伝説『登竜門』から来ています。 鯉が滝の急流を登ると竜になるという言い伝えにあやかり、 男の子が 「どんな困難にもめげず、立派な人間に成長するように」という立身出世の願いが歌詞に込められているそうです。 最近はこちらの『鯉のぼり』よりも、話し言葉に近い「屋根より高い、鯉のぼり~」で始まる『こいのぼり』の方が馴染みやすいため有名となりましたね。 1)お日さまのぼる もえたつみどり まごいがおよぐ ひごいがおよぐ 2)のぼりを立てて みんながいわう よい子になあれ おおきくなあれ 3)のぼりを立てて おとこの子ども おおきくなって にっぽんだんじ 3番の歌詞は、当時戦争中だったため子供達を励まし愛国心を養うような内容だったそうです。 (webサイト『池田小百合なっとく童謡・唱歌』参照) 確かに、「おおきくなって にっぽんだんじ」という歌詞からそのような思いが感じられますね。 戦後は文部省により3番だけ省かれて、平和的な印象の歌となっています。 あまり知られていない有名な作詞・作曲者が手がけた鯉のぼりの歌をご紹介 調べてみると、鯉のぼりの歌は結構たくさんありましたので簡単にご紹介します。 『鯉幟』(東くめ 作詞 滝廉太郎 作曲) 1901年(明治34年)に 「幼稚園唱歌」の1曲として記載されています。 (ピアノ伴奏による独唱) 『鯉幟』の歌詞 「くるくるくるくる」「さわさわさわさわ」といったオノマトペの使用や、言葉のリフレインが特徴的な作品。 端午の節句に鯉のぼりを飾るようになったのは江戸時代からと言われていますが、 今日までに色んな方が鯉のぼりの曲を作られたのですね! 端午の節句の歌とこいのぼりの関連記事はコチラ! こちらでは、端午の節句の 童謡『背くらべ』の歌と歌詞の意味について解説しています。 こちらでは、 鯉のぼりを飾る時期をご紹介しています。

次の

なぜ「こどもの日」が近づくとこいのぼりを飾るのか?|@DIME アットダイム

こいのぼり 歌詞 意味

「やねよりたかい こいのぼり」の歌の歌詞 童謡 『こいのぼり』 作詞者:近藤宮子 作曲者:不明 【1番】 やねよりたかい こいのぼり おおきいまごいは おとうさん ちいさいひごいは こどもたち おもしろそうに およいでる 【2番】 みどりのかぜに さそわれて ひらひらはためく ふきながし くるくるまわる かざぐるま おもしろそうに およいでる この曲は、昭和6年(1931年)の「エホンショウカ ハルノマキ」で刊行されている唱歌です。 「やねよりたかい こいのぼり」の歌の意味 言葉はとても平易ですので、特に解説はいらないですね。 大きな真鯉と緋鯉が屋根よりも高く勇壮に泳いでいる風景を歌っています。 一般に真鯉は黒く、緋鯉は赤、そして緑や青やピンクなどのこいのぼりを見かけますので、「あれ?お母さんは?」と気になる方も多いでしょう。 実は、もともとこいのぼりは男の子の成長を願ってあげたものなので、江戸時代には「真鯉1匹」だったのです。 だからこの江戸時代では「真鯉」=「子供」だったんですね。 そして明治時代から昭和30年代くらいには、真鯉と緋鯉のセットが主流となります。 この「こいのぼり」の唱歌ができたのは、昭和6年ですので、 「真鯉」=「お父さん」 「緋鯉」=「子供たち」 となって、父親の後に続いて雄々しく育っていく子供たちを描いています。 昭和39年以降になると、こいのぼりも家族セットになってきます。 昭和39年というと1964年! そう東京オリンピックの年です。 このとき、五輪の輪を見た職人が鯉のぼりも5色にして、家族のイメージを作りました。 それで、赤い緋鯉はお母さん、子供たちは青や緑、また女の子も入れてピンクなど、色とりどりにカラフルになっていったのです。 2番目に出てくる「ふきながし」とは、こいのぼりの上についている5色の紐状の布のことです。 この五色の吹流しは、子供が無事に育つようにと「魔よけ」の意味で飾られています。 カラカラと回る「かざぐるま」も、この吹き流しと同じ魔除けです。 この童謡、1番はよく知られていますが、2番まで知っている方は少ないようです。 ぜひ覚えて、子供たちと一緒に歌ってくださいね。 このYoutubeを聞いて、「あぁ、知ってる!知ってる!」と、歌を思い出した方も多いでしょう。 「いらかのなみとくものなみ」の歌の歌詞 童謡 『こいのぼり』 作詞者:不明 作曲者:弘田龍太郎 【1番】 甍(いらか)の波と 雲の波 重なる波の 中空(なかぞら)を 橘(たちばな)かおる 朝風に 高く泳ぐや 鯉のぼり 【2番】 開ける広き 其(そ)の口に 舟をも呑(の)まん 様(さま)見えて ゆたかに振(ふる)う 尾鰭(おひれ)には 物に動ぜぬ 姿あり 【3番】 百瀬(ももせ)の滝を 登りなば 忽(たちま)ち龍に なりぬべき わが身に似よや 男子(おのこご)と 空に躍(おど)るや 鯉のぼり こちらも、文部省唱歌です。 歌は、大正2年(1913年)「尋常小学唱歌 第五学年用」として刊行されています。 1番の甍(いらか)というのは屋根の瓦(かわら)のことです。 つまり屋根と空の雲がそれぞれ波のように見える、その間の空を 柑橘系の花が香って、こいのぼりが高く泳いでいる、 その雄大で気持ちのよい風景をうたったものです。 2番は、こいのぼりが大きく開けている口が舟をも飲みそうに大きいこと、 尾ひれのなびき方には物に動じていない雄々しさがあり、 こいのぼりの立派な姿を称賛しています。 3番は、中国の有名な故事「鯉の滝登り」から、子供の立身出世を願っての歌です。 栄達するための難関を「登竜門」といいますが、黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を鯉だけが見事に登り切って、竜になったことにちなんでいます。 つまり、この空に泳ぐ鯉は竜になる鯉ですね。 だから「わが身に似よや」と、鯉が子供たちに呼びかけているようだと、歌っています。

次の