引越し料金 相場。 【単身・一人暮らし】引越し料金相場&費用ガイド|引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し

【大阪〜神奈川(横浜)】の引越し料金相場|人気業者の紹介と節約方法について

引越し料金 相場

引越しの準備をする上でやはり気になるのが見積もり費用に関することだと思います。 実際にも下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないかと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお伝えします。 一点、本題に行く前にとても重要なことをお伝えさせてください。 「引越しは必ず正しい方法で引越し見積りを行ってください」 何をいきなり言っているんだと思う方も多いと思いますが、理由はいたってシンプルで誤った依頼方法をしてしまうと 「引越しの費用がとても高くなるから」です。 こちらの記事では「引越しの見積り」に関する全てのことをお伝えすると共に、「正しい引越し見積りの方法」もお伝えしますので是非参考にしてみてください。 見積り方法によって引越し費用は半額以下に 本題と少しずれていますが、大変重要なことを最初にお伝えさせてください。 引越しをする場合に 必ず必要になるのが見積り依頼になります。 ただこの見積り依頼、正しい方法で行うと下記の口コミのように費用が2倍以上安くなります。 😨 引越業者はいくつか比較をすると安くなるイメージです。 以前一人暮し近所での引越でしたが、6万の見積が他者さんで3万になりました。 — さおりん saly77 逆に 間違った方法だと知らずのうちに高額な費用を支払うことになります。 では正しい見積り依頼方法とはどのようなものなのでしょうか? いきなり結論をお伝えしますが、 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません。 必ず見積りサイトを使いましょう。 」 理由はいたってシンプルで、 費用が格段に安くなるからです。 驚きかも知れませんが、実は引越し費用の全てが引越業者の言い値で決まっています。 そんな引越し費用を安くするためには、引越業者との比較・交渉が必要です。 比較・交渉には、必ず その他の引越業者の安い見積もりが必要になります。 安い見積もりがあれば「サカイさんの見積もりは5万円ですけど、アートさんは4万円にできませんか?」と交渉することができるのです。 ちなみに安い見積りを取るための方法は2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。 引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお... では本題である引越し費用に関する内容を下記にお伝えします。 引越し見積もり費用の平均相場はいくら? こちらでは引越費用の平均相場を紹介します。 是非参考にしていただき、あなたが実際にもらった見積りの目安にしていただければと思います。 引越し見積もり費用の確認方法 まず引越し費用の相場と言っても、それぞれに置かれている状況によって費用は大きく異なります。 下記3つの要素によって大きく変わります。 距離 ではそれぞれの詳細を簡単に説明します。 人数:一人暮らし・単身・2人・家族 人数によって引越し費用は大きく異なります。 引越しでは主に単身・2人・2人以上の家族で計算されるのがほとんどです。 時期:繁忙期・通常期 引越しには繁忙期と通常期があり、費用も大きく異なります。 新生活の時期である3月と4月が繁忙期で、その他5月から2月までが通常期になります。 距離:県内・都内・市内・県外・長距離・近距離 距離に関しては上記のようにいろんな呼び方があります。 ただ一般的には「何km以上〜何km以内」と具体的な距離換算で行われます。 上記3つの要素ごとに、利用者の口コミを参照にして引越し料金の相場をみていきましょう。 どのように調べるかと言いますと、実際に引越しをした人が費用等を直接書き込める下記サイトの平均値を参考にします。 合計で 口コミ件数は1万以上あるので信頼はできると言えそうです。 ただ引越し費用はその他にかかります。 例えば敷金や礼金、今住んでいる部屋のクリーニング代等です。 最後に引越し全体で一体いくらくらいかかるのか目安をご紹介します。 引越し全体にかかる費用はいくら? 引越業者に払うだけの費用がもちろん全てではありません。 まずはどのような費用が別途かかるのか、見ていきましょう。 引越し代以外にかかる費用の一覧 費用の分野 詳細 引越し作業 引越し料金 スタッフへのお礼金 物件の撤去 クリーニング費用 解約までの家賃 新物件の契約 前家賃 敷金 礼金 仲介手数料 火災保険料 カギの交換料金 一番上記に記載してある「引越し料金」は、実際の引越業者に支払う費用になります。 実はそれ以外にも上記のように費用を払う必要がございます。 では具体的にいくらくらい払えばいいか目安が欲しいですよね。 下記に人数(単身・2人・2人以上の家族)ごとにかかる費用の目安を記載しましたのでご覧くださいませ。 引越し全体にかかる費用の目安表:単身・2人・家族 どのように調べるかと言いますと、先ほどと同様の下記サイトの平均値を参考にします。 費用の分野 詳細 単身 2人 家族 引越し作業 引越し料金 ー ー ー 作業員へのお礼金 1,000円 2,000円 3,000円 物件の撤去 クリーニング費用 20,000円 25,000円 30,000円 解約までの家賃 30,000円 40,000円 60,000円 新物件の契約 前家賃 50,000円 70,000円 100,000円 敷金 50,000円 70,000円 100,000円 礼金 50,000円 70,000円 100,000円 仲介手数料 50,000円 70,000円 100,000円 火災保険料 15,000円 15,000円 20,000円 カギの交換料金 20,000円 20,000円 30,000円 口コミを参考にしたあくまでも参考値として目安にしていただければと思います。 ただ引越し費用の他に上記のような費用も多くかかることを理解して、引越しの準備を進めていきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 こちらの記事では引越しの見積もり費用に関して、あなたが疑問にお持ちでなるであろうものをご紹介してきました。 最後に重要な点を強調させていただきます。 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません」 理由はいたってシンプルで、 見積もり費用が高くなるからです。 少なからず敷金や礼金等でたくさんお金がかかる引越しなので、引越しの料金だけはなるべく安く済ませましょう。 費用を安く引越しを行うためには、その他の引越業者との比較・交渉が必要です。 そのためには、 その他引越業者の見積りが必要不可欠になります。 見積りを取るためには2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。

次の

【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

引越し料金 相場

基本運賃• 割増料金• オプション料金 引っ越し料金は基本運賃に、割増料金、人件費、オプション料金が加わるかによって決まります。 それでは、4つの要素について以下で詳しく説明していきます。 基本運賃とは必要最低限の運送費用 基本運賃とは、「引っ越し距離あるいは引っ越しに必要な時間」と「引っ越しで運ぶ荷物を積むためのトラックのサイズ」の2つによって料金が決まります。 基本運賃は、国土交通省が提示する「標準引越運送約款」あるいは引っ越し業者による約款を基準にして算出されているため、金額がきちんと定められており、 引っ越し業者によって料金の上下は多少あるものの、大幅に違うということは決してありません。 割増料金とは時期や時間帯で発生する追加料金 割増料金とは、引っ越し当日の条件によって他の料金に加算されるもので、 簡単にいえば条件によって大きく変わる追加料金です。 引っ越し料金における 最大の負担ともいえる部分でもあり、少しでも安く出費を抑えたいと考えているのであれば、十分考慮しておかなければならない部分でもあります。 割増料金がかかる条件は、ずばり時期と時間帯が関係してきます。 こうした時期に引っ越しをしなければならない場合、閑散期と比べると料金的に高くなってしまうのは仕方のないことでしょう。 また時間帯によっても多少上下します。 引っ越し当日はほとんどの人が午前中からスタートさせて早いうちで終わらせたいと考えるものです。 そのため午前中は人気な時間帯となるため、午前と午後で料金が変わることも十分ありえます。 実費とは人件費や梱包資材費 実費とは、引っ越しのトラックを運転する人を含む作業員にかかる人件費や、梱包に必要な段ボールなどの資材費、また遠方への引っ越しで必要な有料道路の利用料金などの費用のことです。 単純に引っ越し会社側の利益となる部分ではなく、引っ越し作業を行なう上で発生するどうしても必要な費用のため、 値下げを求めることが難しい項目でもあります。 例えば、引っ越しで運んでもらう荷物の量が多ければ、荷物を運ぶ人員も増やさなくてはいけませんので人件費が上がります。 オプション料金とは代行費用 そして、最後に残ったオプション料金が、下手をすればかなりのお金が飛んでいく料金になります。 引っ越し業者によって内容は異なりますが、梱包した荷物の開封など自分たちで簡単にできそうな作業ではなく、手間や知識が必要だったりする以下のようなサービスを、 追加料金を払うことで代行してもらうことができます。 ピアノ運搬• エアコン移設• アンテナ取り付け取り外し• 車の陸送• ペットの引っ越し• パソコンやオーディオ機器の設置• 不用品の処分 これらのサービスは引っ越し業者が行なうのではなく、ほとんどが委託業者に依頼する形になりますので、こちらも値下げを求めることが難しい項目でもあります。 もし、うちはオプション料金が高くなりそうだなって思ったら、 引っ越し一括見積もりサイトの要望欄に利用したいオプションサービス等を書いて一度見積もりがてら問い合わせてみてください。 基本運賃の引っ越し料金相場 引っ越し料金の算定基準を知っていれば、それだけで見積りを依頼する前からある程度の引っ越し料金の目安を知ることができ、相場と比較することができます。 z次にそれぞれの料金相場を、実際の基本運賃や人件費、オプション料金の具体的な金額を紹介します。 計算は多少面倒くさいかもしれませんが、複雑な項目で算出しているわけではないので知っておくことが大切です。 基本運賃相場を見る前に 基本運賃は前述の通り 「時間」or「距離」、「トラックの積載量」の要素で料金設定が別れます。 料金設定は「時間制」と「距離制」の2つの料金に分かれます。 時間制 距離制の料金が適応されるのは、転居先が100kmを超える遠方への引っ越しを行う場合です。 100kmから200kmまではおおよそ10km間隔で値段が上昇していき、200kmから500kmの間では20kmごとに決められた金額が加算され、500kmを超すと50kmごとに金額が加算されていきます。 トラックの積載量 次に時間制と距離制のどちらかに加えトラックの積載量によって基本料金が決まります。 引っ越しトラックのサイズ基準として1トン車から4トン車までがあり、転居先の間取りがどれくらいの広さを持つかでトラックの大きさもおおよそ決まってきます。 1R 1トン〜1. 5トントラック 1LDK 1. 逆に家族が多い家庭では思いのほかダンボールの荷物も多く、大型の家具家電があったりで予想より大型のトラックが必要になる場合もあります。 どちらにせよ、訪問見積もりを行なう前に持っていく荷物の選定は済ませておいた方がいいでしょう。 以上が、基本運賃を構成する要素になります。 引っ越し業者はこの基本運賃に、上下10%の料金を自由に設定できるよになっていますので、基本運賃を抑えておけば料金を誤魔化される心配はなくなることでしょう。 時間制引っ越し料金相場 上記の情報を踏まえて基本運賃の料金の相場を掲載します。 まずは時間制の料金相場です。 4時間制と8時間制でわかれており、8時間制の横に追記した は、もし8時間を越えた場合にかかる1時間ごとの追加料金の目安を表示しています。 土日、祝日、大安日• 午前中や午後10時から午前5時の深夜• 北海道や東北といった雪の多い冬季における引っ越し しかし、引っ越し日を決めるだけでも大変なので、上記に関しては土日祝日をできれば避ける程度のみでも構いません。 実費の料金相場 実費は主に人件費や梱包資材費などの費用であり、荷物量がかさんで引っ越しの規模が大きくなるにつれて金額が上がっていきます。 例えば、荷物量が多くて、引っ越し業者からの作業人数が増えれば人数分の料金が加算されますし、引っ越しで使用する梱包資材が有料だったり、荷物が階段から上がらない場合はクレーン車を手配したりしなくてはいけません。 梱包資材費 ほとんどの引っ越し業者は、ダンボールやガムテープなどの資材を契約すれば無料サービスという形で支給してもらえます。 しかし、単身パックなどの荷物が量が少なく安いプランの場合は、自身でダンボールなどの資材を用意しなくてはいけません。 引っ越し業者やインターネットから有料で購入するか、近所のお店から余っているダンボールを無料で提供してもらえないか聞いてみても良いかもしれません。 また、引っ越し業者によっては資材を完全無料ではなく見積もりに料金に最初から組み込まれている方式の場合もありますので、一度見積もり明細書などを確認してみても良いかもしれません。 梱包資材費の相場は、引っ越し業者から購入した場合3,000円〜4,000円程度になります。 交通費 また、遠方に引っ越しをした場合、トラックが高速道路を利用したときは、高速道路の料金代やも実費として計上されます。 さらに、基本運賃で距離制が適応された場合のみ、荷物の積み下ろしに時間によって加算される「車両留置料」も実費として計上されます。 車両留置料とは、荷物の積み下ろしが6トン車以下では2時間、6トン~12トン以下では2時間30分を超えた場合に請求される実費料金で、超えなければ請求されません。 ちなみに車両留置料の相場は、上記の時間を30分超えることに1,500円から2,500円程度となっています。 人件費 引っ越しの荷物量や転居先のエレベーターの有無、引っ越しする部屋の階数によっては作業員の人数を増やさくてはいけない状況もあります。 ここで、引っ越し業者の人件費の平均を掲載します。 引っ越し時期と曜日によっても多少上下しますのであくまで目安にしてください。 オプション料金相場 最後の引っ越し料金のネックであるオプション料金は、引っ越し業者のサービス内容によって基準は様々だと思います。 こちらに紹介するのは平均金額の目安、ということで参考にしてください。 上記以外にも、仏壇やペットなどの特殊荷物扱いとなるものにも追加料金が発生します。 エアコン取り付け取り外し、ピアノ運搬、車陸送に関して詳しくはこちら あなたの引っ越し料金相場を知る方法 引っ越しの条件は人それぞれ違ってくるため、引っ越し料金に定価はありません。 家族構成や荷物の多さ、引っ越し先までの距離、引っ越しの時期全て違いますので、ある引っ越し事例が別の引越に当てはまるとは限りません。 それでも大枠の引っ越し相場を把握する方法があります。 その方法というのは 引っ越し一括見積もりサイトで引っ越し料金の相場を調べることです。 引っ越し一括見積もりサイトでの見積もりの流れをサクッと紹介 引っ越し一括見積もりサイトを利用したことがない方も多いと思います。 ここで、引っ越し一括見積もりサイトの見積もり方法について紹介します。 まずは 引越し侍の一括見積もりサイトを開きます。 引っ越し一括見積もりサイトごとに多少の誤差はありますが、ほとんどの 引っ越し一括見積もりサイトのトップページからおおよその相場価格を調べることが可能です。 引っ越し一括見積もりサイトはどこでもいいの? 引っ越し一括見積もりサイトにも次のようなサイトがあります。 それぞれ見積もり相場を出してもらえる引っ越し業者の数が違ったり、そのサイトから申し込んだ方のみの特典を受けることができます。 以下、各引っ越し一括見積もりサイトの特徴をまとめてみました。 評価 特徴 業界最多クラスの引っ越し 業者277社が登録しているため、 見積り費用が安くなりやすい。 営業電話は多くても引っ越し費用を安くしたい方におすすめです。。 引越し侍で一括見積もりする 引っ越し一括見積もりサイトを利用した引っ越し料金相場の調べ方 実際に、各サイトで同条件で引っ越し見積もりを依頼した場合の引っ越し料金相場を紹介します。 一人暮らしで繁忙期に300kmの距離の引っ越し 例えば就職のため地方から東京へ引っ越しする若者を想定して「一人暮らしで繁忙期に300kmの距離の引っ越し」という条件で調べてみるとしましょう。 キーワードは「一人暮らし」「繁忙期」「300km」です。 この条件の場合での引っ越し一括見積もりサイトでの相場を調べてみましょう。 引越し侍 平均125,000円 LIFULL 平均77,576円 SUUMO引っ越し 平均94,061円 この条件の場合「10万円を超えたら高いけど、10万円以下なら妥当かな」という結果になります。 見積もりを3〜4社以上からとる• 平日に引っ越しする• 時間は午後か指定なしにする• 値引き交渉をする• 家具や家電など古いものは思い切って処分する• 資材は自分でなるべく用意、梱包する 簡単に説明すると、引っ越し日は引っ越し業者の予定が空いている日のフリー便(時間指定なし)にすると一番安くなります。 また、荷物量を減らすことでトラックのサイズや作業員の人数を減らすことができますし、もともとダンボールをたくさん持っているという人は「資材は要らないので安くなりませんか?」と値段交渉に使うこともできます。 上記のポイントを抑え見積もりを出し、そこから3〜4社の引っ越し業者間で競争させることで、値引き交渉するまでもなく自然と引っ越し料金を下げることができます。 訪問見積りでの値段交渉は必須 引っ越し一括見積もサイトでも引っ越し料金を下げることは可能ですが、それでも引っ越し業者に最初提示される見積り金額は、実際の支払金額よりも高い金額である場合が多いため 、訪問見積もりの際にも必ず料金の値段交渉するようにしてください。 また、引っ越し業者もプロなので、最初は高い見積りを提出し、徐々に本来の適正金額に近づけることによってお得感を演出しお客側に満足感を与えます。 そのため、説明された料金に疑問を挟まず納得して契約するというパターンが多くなります。 引っ越し料金を少しでも抑えるため、「 引越し侍」か「 LIFULL引越し」利用して、見積もりの最安値を出してもらい、ここから交渉するようにしましょう。 値引き交渉の方法 具体的に値段交渉をどのように行えばいいのかといいますと、複数の引っ越し業者と相見積りして、お互いを競争させます。 わざわざ引っ越し業者を自分で調べて、電話やメールでやり取りをしなくても、引っ越しの条件を記入するだけの 引っ越し無料一括見積りサイトを利用すれば短時間で何社もの業者に見積り依頼ができるので、時間の短縮にもなります。 大手の引っ越し会社は、引っ越し業務のノウハウやサービスの質、あるいは補償能力も売りにしているためその分料金が高くなりますが、地域密着型などの中小の引っ越し兼運送業会社での引っ越しについては、大手ほどサービスの質や補償面で劣る代わりに引っ越し料金を安く見積もる場合が多いようです。 また、引っ越し業者の顔でもある営業マンの態度が悪かったり、大幅に値下げをするような引っ越し業者もあまり信用できません。 引っ越し料金相場がわかれば引っ越し料金は必ず安くできる これまでの説明で、引っ越しの料金のだいたいの相場がおわかりいただけたのではないでしょうか? ですが、引っ越し料金は様々な条件によって決まりますので、これらはあくまで参考程度にし、相見積もりをとることが大切です。 相場がわかると、見積もりした際にどこの引っ越し業者が安いかわかりますし、値段交渉もしやすくなることでしょう。 もし見積もり価格と相場がかけ離れていたり、気になることがあるときは引っ越し業者に確認してみましょう。 高くなった理由を丁寧に説明してくれるはずですので、説明内容によっては他の引っ越し業者に切り替えも検討してみましょう。 必ず複数社に相見積もりをし、 料金が安いのはもちろん安心して任せられる引っ越し業者に依頼することをおすすめします。

次の

【大阪〜神奈川(横浜)】の引越し料金相場|人気業者の紹介と節約方法について

引越し料金 相場

そろそろ引越し。 引越し費用っていくらくらい用意しておけばよいもの? いくつかの引越し会社から見積もりをもらった。 でも、これって安いの?高いの? 引越し会社選びの際にありがちなこういった疑問も「引越し料金の相場」が分かれば解決します。 このページでは、普段あまり馴染みのない引越しの料金相場を知ることで、賢くスムーズに自分にあった引越し会社を探す方法をお伝えします。 しかし、料金幅はありますが「相場」は存在します ・相場はネット検索や一括見積もり比較サイトではわかりません ・引越しのプロ(引越し会社の営業責任者)が過去の経験や、引越し会社の収益構造をもとに「本当の単身引越しの料金相場表」をまとめました ・この表を利用して各社と交渉することで、安い金額を引き出すことができ、比較検討の時間が短縮できます ・この表はあくまで単身(一人暮らし)のものです。 家族引越しは対象となりません 引越し料金の相場、知っていますか? 引越しには物と違って定価というものがありません。 正しく言うと、引越し会社が「いくら欲しい(売り上げたい)」という金額を定価としている場合が多いですが、その定価で行われることはほとんどありません。 引越し料金を分かりやすく例えると、旅行の代金のようなものです。 季節や曜日によって料金が変動します。 なぜ引っ越しには定価がないのでしょうか?理由は、主に2つあります。 1つは引越し料金を決定する構成要素が多々あること、またその構成要素は人それぞれ異なるので、定価が設定できないということ。 もう1つは時期によって需要の差が激しく、料金が変動するためです。 では、みなさんは前回の引越しの金額を覚えていますか? どうでしょう、覚えている人は少ないと思います。 それもそのはず、引越しは「不動産契約更新」のタイミングで行われることが多いものです。 単身(一人暮らし)の場合、賃貸契約、賃貸の不動産契約の更新はだいたい2年おきです。 となると、どんなに最近でも「2年前」ですから、そんな前のことは覚えていないという人が大半です。 さらに、引越しというのは生涯に数回しか経験しないことなので、費用感覚が養われません。 定価がなければ記憶もない。 それが、引越し料金の相場感覚を持ちづらい大きな理由です。 ネット検索や一括見積もり比較サイト、ランキングを使った相場調査はあてにならない 引越し会社を探すとき、引越しは「少しでも安くしたい」と考える人が多く、「安い引越し会社」を探す傾向があります。 「まずは相場を知ろう」ということで「引越し 相場」や「引越し 料金 相場」などのキーワードでの検索をするかもしれません。 検索結果の上位に表示されるのは「一括見積もり比較サイト」が情報提供する相場紹介のページです。 私たち引越し会社からすれば、相場を知る方法として、これはあまりオススメしません。 なぜならば「一括見積り比較サイト」に掲載されている情報は、金額は「相場よりもやや高め」に設定されているからです。 「相場よりもやや高め」に設定されている理由はいろいろありますが、簡単に言ってしまうと値下げできるように最初は高めに出しているのです。 また、一括見積り比較サイトを使って各社から見積りを集めた場合、逆に相場よりも安めに料金を提示する引越し会社が多くあります。 理由は簡単。 問い合わせをさせたいからです。 電話をしてもらって、直接話して営業したいからです。 しかし、電話で話しているうちに「それは別料金」などと、本来なら標準的なサービスがオプション扱いになってしまっていて、結局は元の金額感に落ち着くということも多々あります。 単身(一人暮らし)引越しの料金相場を算出するための構成要素は、以下の通りです。 ・トラックサイズ:引越し会社は、稼働するトラックの大きさで、ベースとなる単価を設定しています。 稼働するトラックの種類は荷物量(間取りや部屋の広さ)で決まります。 単身者の引越しの場合は、よほどの例外でない限り「2tショート」か「2tロング」のいずれかです ・カレンダー:旅行と同じで、需要が多い時は料金が高くなり、その逆も同じです。 引越しは、通年で見れば3月、4月が圧倒的な需要期で、月間で見れば土日と月末が需要期にあたります ・距離:ガソリン代や高速道路代などの経費が距離に関係しますが、それよりも重要なのは「移動時間」です。 また、トラックサイズ別の標準荷物リストを見ていただくと2つの観点があります。 1つ目は、荷物の品目自体は変わらず、サイズが大きくなった場合にトラックサイズに影響を与えることがあるということ。 例えば、冷蔵庫は単身世帯では標準の2ドアではなく、大きめの2ドアや3ドアである場合。 テレビサイズは、50インチ以上だと単身世帯としては稀です。 また、ベッドはシングルとセミダブルでは標準的な大きさの場合幅が20cmしか変わりませんが、部屋に置いてみると大きな違いがあります。 2つ目は、単身でも部屋が広めでないと持たない荷物。 その代表的なものとして、ソファが挙げられます。 こういった荷物を含んでいる場合に、トラックサイズが2tショートから2tロングになる一つの判断基準となります。 引越し各社を比較検討していて「そろそろここに決めようかな」と思ったら、この単身引越し料金相場表の金額からいくらかマイナスした金額の指値で交渉してみてください。 ここで重要なのは、ご自身が納得のいく金額にするということです。 「いくらくらいになりますか?」の場合は、まだ他社との交渉の余地を残した金額が提示されてくることが多く、最終金額は出てきません。 比較検討に時間を費やすことになってしまいます。 ぜひ、この単身引越し料金相場表の金額をベースに希望額を定め、その金額で引越し会社に交渉をしてみてください。 料金相場表を用いたネット引越し予約システム「ラクニコス」 もっと簡単に早く、ご自身の条件(具体的な場所、荷物量など)での引越し料金を知りたければ、をお使いください。 アップルでは、この相場表の考え方をベースに計算式を組み込んだ、「確定金額表示&ネット引越予約サービス」を提供しています。 あえて「確定金額表示」と書いているのは、これまで読んでいただいて分かる通り「見積り金額」と「確定金額」には差が存在し、その差は人的な交渉によって縮まるものだからです。 そしてこの人的な交渉は、それなりに時間を必要とするものだからです。 引越しは引越し会社選びだけでなく、その他いくつもの手続き(電気・ガス・水道・金融機関など)や準備(荷詰めなど)をしなければなりません。 ラクニコス引越し予約システムは、お客様が気持ちよく新生活を始めるために、貴重な時間を無駄にしないようにと作られたものです。

次の