宮迫 博之 さんま。 宮迫を囲む会の参加者と招待状がヤバい!松本人志と田村亮はさんま主催でどうなった!?

明石家さんまと松本人志の違い 宮迫博之ため吉本興業から独立示唆

宮迫 博之 さんま

吉本興業をクビになって YouTube で活動していたが、()の『中田敦彦の YouTube 大学』に出演して、初めて芸人との対談を果たしました。 続けてそのお礼とばかりに、宮迫の『宮迫ですッ!』に中田が出演し、今まで語られなかった衝撃の事実が明らかになりました。 YouTube で芸人と対談するのは初めてと言っていた宮迫ですが、実はオリラジの中田より前に、とある芸人から出演したいとのオファーを受けていました。 「なんとかバー——グって言うんですけどね」 宮迫の方からは、事務所問わず、芸人には一切オファーを出していないというなかで、中田の前に出演を申し出ていたのが、ハンバーグ師匠こと(スピードワゴン・ホリプロコム所属)だったというわけです。 「マネージャーレベルでは OKだったんだけどね。 上の方にいったらなぜか無くなっちゃった!」(宮迫) 井戸田は「僕から言ったのにすみませんでした」とひたすら謝られたそうですが、しかたがないと受け止めた宮迫は、このキャンセル理由について「猛烈な忖度!」と表現しました。 他の事務所が吉本興業に対して「猛烈な忖度」をしているというわけです。 そんななか、撮影していたスタジオの近くで、テレビ番組『テレビ千鳥』の撮影が行われていることが発覚しました。 皮肉にも『テレビ千鳥』は、宮迫がいないまま継続している『アメトーーク!』と同じテレビ朝日で、千鳥の大悟とは吉本興業です。 こちらの撮影を止めて、挨拶がてら宮迫と中田はお邪魔するのですが、戻ってくるなり、宮迫は自嘲気味にこう発言しました。 「あっちゃん(中田)のところは使われても、俺のところは絶対に使われない…」 その後は、同じく芸人の道を選んだ息子が「俺が殺された『 FRIDAY』のインタビューに出た」などの裏話や、「今はやりたかったコントができて楽しい」ということ、「宮迫さんって面白かったんですね!」と若い人から言われて嬉しかったなど、芸人としての思いを語り、ついには YouTubeを「一生やります!」と宣言するのです。 ただ、やはり戻るべきところは、相方のホトちゃんこと蛍原徹が待っているという、雨上がり決死隊の看板番組『アメトーーク!』だと言い切ります。 テレビでは看板番組を確立できなかったオリラジの中田は、『アメトーーク!』を「お城」と呼び、宮迫は「実家」と表現しました。 その「実家」に帰るためにも、宮迫の吉本興業復帰は不可欠ですが、闇営業騒動直後から、吉本のトップ芸人が動いていたことは知られています。 そう、明石家さんまです。 さんまは「お前にも生活あるから」と宮迫の YouTubeに理解を示しつつも、本筋として「やっぱり、舞台から復帰はどうや?」と勧めたそうです。 しかも、 5月の舞台で日取りまで決めて、蛍原の OKも取り、雨上がり決死隊として復活するシナリオを仕掛けて、その後の展開もさんまが段取りしていたとのことです。 宮迫は、 YouTubeをやりつつも「雨上がり決死隊」としてホトちゃんと舞台に立つ予定だったのです。 しかし、舞台はコロナ騒動ですべて吹っ飛んでしまいました。 「さんまさんに『いやあ、すまんすまん!』と謝られて、『でも逆に、 YouTubeやっててよかったな』と。 さんまさんが仕掛けてくれること全部なくなってしまったから」(宮迫) もしも、宮迫が YouTubeをやっていなければ、ずっと引きこもりの無職だったというわけです。 最後に宮迫が、中田にどうしても聞きたいことがあると質問しました。 「『テープ回してへんやろな!』(吉本興業社長)はあっちゃんのせいやんな?」 吉本興業の芸人の間では、「中田が吉本興業と何か話すときには、こそっとテープを回していた」いう噂が広まっていたと、宮迫は言います。 それを恐れていた社長が、宮迫たちに対して先手を打って「テープ回してへんやろな!」と、牽制してきたのではないかというわけです。 この質問に対して中田は肯定も否定もせずに、こう返します。 「会社とは色々ありましたから。 いつクビになるかもわからなかった」 中田は、宮迫と田村亮が自分たちだけで開いた会見を、ビートたけしのフライデー襲撃事件後の会見と並ぶ「伝説の会見」と褒め称えたうえで、こう感想を述べます。 「他人事とは思えなくて…面白かった!」 はたして、宮迫が吉本興業に復帰し、雨上がり決死隊が復活する日は来るのでしょうか。

次の

明石家さんま、宮迫博之のYouTubeに「どれだけ金積まれても出んわ!」

宮迫 博之 さんま

宮迫博之の公式YouTubeチャンネル「宮迫ですッ! 【宮迫博之】」第1回エントリー分(2020年1月28日公開)より。 視聴回数はすでに400万回をゆうに超える(2020年2月14日現在)。 YouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』を開設以降、テレビからインターネットに活動の場を移している 宮迫博之(雨上がり決死隊)。 チャンネル登録数は59万人を超えるなど、順調に結果を出しているようだ。 「人気ユーチューバーのヒカルやレぺゼン地球のDJ社長、堀江貴文氏らとの共演が話題を呼び、11日にはついに宮迫の妻が電話出演。 「自身の個人事務所に宮迫を所属させ、激励パーティーまで開いてあげた 明石家さんまも、宮迫のYouTubeデビューについてはいい顔をしていません。 ほかにも松本人志や岡村隆史などもメディアで苦言を呈しています。 梶原といえば、テレビタレントとして低迷して以降、カジサックとしてユーチューバーに転身。 現在は自身のチャンネル登録者数が170万人に上るなど成功を収めています。 ネットはどんなに批判を浴びても再生回数を稼げば収入につながりますからね。 宮迫はこれまでテレビで稼いできたものの、蓄えはあまりなく、何より生活費を稼がなくてはいけない。 (文=編集部).

次の

明石家さんま、宮迫博之のYouTubeに「どれだけ金積まれても出んわ!」

宮迫 博之 さんま

「闇営業問題で吉本興業から契約を解除されたのは昨年の7月。 「チャンネル登録者数は95万人超え。 人気ユーチューバーとのコラボも多く、100万回以上再生されている動画もあります。 居酒屋チェーン『串カツ田中』の社長に1か月2000万円のネーミングライツを持ちかける動画は話題になりました」(前出・スポーツ紙記者) さんまは2月5日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で「俺らテレビに出る人間の敵はユーチューブやで! 」と発言。 3月9日放送の『痛快!明石家電視台』(毎日放送)では、宮迫の相方・蛍原に「(宮迫の)ユーチューブ注意せえ! 」とツッコんでいた。 「笑いに紛らせていましたが、本音も多いと思います。 俺はテレビで生きてきた人間だから、テレビを守ろうとしている」とも言っていた。 「あいよ! 」 と即答。 さらに、 「どんなにお金積まれても出ないと思うわ! 」 ユーチューブへの出演は完全否定したのだった。 「 さんまさんは宮迫さんを芸能界に復帰させようと、5月に雨上がり決死隊をコンビで舞台に立たせようと計画した話もありました。 一方で宮迫さんは毎日ユーチューブを更新しており、ネット通販サイト『ロコンド』のテレビCMでも人気ユーチューバーのヒカルさんと共演しています」(芸能プロ関係者) さんまの思いをよそに、宮迫は自分の道を進むことに決めたのだろうか……。

次の