お シッコ 白く 濁る。 オシッコに血が混じったら・・・血尿はからだの赤信号です : 高知医療センター

尿が濁る : 犬の悩みQ&A集

お シッコ 白く 濁る

尿の色の変化はある程度、健康のバロメーターとなり得ます。 尿は腎臓で作られ、血液中の不要な物質を体外に排泄する作用があります。 尿の色は健康なときは黄色~琥珀のような淡黄色で透明です。 健康体で尿の色が淡黄色に見えるのは、胆汁(肝臓から分泌される消化液)に含まれて運ばれてくるビリルビンという尿中色素のためです。 逆に水分を多く摂ったときにはほとんど無色透明になります。 健康な人でも尿が濃い黄褐色になる場合があります。 朝に起きたときや運動、汗をかく、風邪などの発熱時などには尿の色が濃い黄褐色になりまが、一時的なものなので病気の心配はありません。 朝に目覚めて初めてする尿の色は、濃い黄褐色の尿がでます。身体の水分が睡眠中に奪われているために、尿が濃縮されたためです。激しい運動などで多くの発汗や、水分の補給が不足しているときには、尿の色は濃い黄褐色になります。 服用した薬の成分の影響でも、尿の色は濃い色になります。 食べ物の色素や着色料の中には、その色が尿にでてくるものもあります。 この場合は赤褐色や赤色・濃い緑色などさまざまな色になります。 尿の色はさらに体調や季節などでも変化します。 ビタミンB2の場合は、尿の色が蛍光の黄緑色になることがあります。 尿の色が黄緑色で毎日続くようであれば、肝臓や胆嚢の病気が考えられます。 糖尿病の人は多量の水分が尿として出ていくためにひどくのどが渇いて、そのため自然に多量の水を飲むようになります。 尿の量が異常に多くなると、尿の色が薄くなって無色に近くなります。 糖尿病や尿崩症などの場合は、尿量が多いために、尿の色素成分であるウロクロムが希釈されてほとんど無色になるのです。 糖尿病の人の尿は甘い(甘酸っぱい)臭いがすることが多くあります。 ただし健康な人が多くの水を飲んで、色が薄くなった場合は心配ありません。 肝臓の代謝でできる色素が尿の中に出てくるのが原因です。 急性肝炎などの肝臓や胆道系の病気などの疑いがあります。 肝機能に炎症がある場合は発熱や黄疸・全身倦怠感になったりする症状がでます。 健康な人でも多量に発汗したときも黄褐色になる場合があります。 赤い色は血液の細胞 赤血球 が尿に混入しているのです。 血尿や尿潜血といいます。 尿が作られて排泄されるまでの腎臓・尿管・膀胱・尿道の尿路の何れかに疾病の可能性があるのです。 炎症が発生して出血しているのです。 腎臓や膀胱・尿道・前立腺などの重大な病気が起きている可能性があります。 ごく少ないケースでは、肝炎を罹患している方は、肝炎によって腎臓が悪化して、尿の色が紅茶や赤ワインのような色になる場合もあります。 尿路結石が原因の場合は突然、腹部や背中の激痛が起こります。 女性の場合は月経があるのかどうかれを考慮しなければなりません。 血尿では痛みがなく自覚症状がでないケースでは、癌の可能性もあり危険です。 また1度は血尿が出て心配しても、次の日には血尿が排泄されなくなったので安心して放置される場合が多いですが早急に医療機関を受診するべきでしょう。 多くは心配ないですが、尿路結石や神経因性膀胱の症状が懸念される場合があります。 また尿酸塩が原因の場合は暗赤色を帯びる為、血尿と誤認される場合があります。 疾病は尿路感染症が考えられます。 尿路感染症の場合には細菌などが侵入して、尿の中に白血球が混じり、尿が白色に濁ってきます。 尿路感染症には腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎が含まれます。 尿路感染症は子供や性的活動期、高齢者に多い疾病です。 【膿が原因のとき】膿が原因の場合、尿路のどこかで、炎症性または化膿性の病気がおきています。 この場合は一時期ではなく、しばしば排尿痛・発熱・腹部痛などを伴います。 疾病としては膀胱炎や腎盂腎炎が考えられます。 【白い浮遊物】尿そのものは透明でも、白い浮遊物が漂っていることもあります。 雲を思わせるような粘液性の白い浮遊物は、女性では生理的なもので、心配ありません。 糸くずのようなまとまりのない浮遊物なら、尿道や前立腺に炎症性の病気が起きている恐れがあり、疾病として疑われるのは前立腺炎、尿道炎が考えられます。 【妊娠中で尿が濁る】妊婦で尿が濁る人が多くいます。 妊娠中の後期に入ると胎児は大きく成長します。 妊娠で大きくなった子宮が膀胱を圧迫し膀胱内の尿が空になり難くなり、そのため細菌の感染が起こり、膀胱炎の病気になることが多いのです。 尿の色の変化は健康状態を知らせてくれます。 尿は腎臓で作られ、血液中の不要な物質を体の外に排泄する大切な働きがあります。 尿の色はもともと健康(正常)なときは黄色~琥珀のような淡黄色で透明です。 健康体で尿の色が淡黄色に見えるのは、胆汁(肝臓から分泌される消化液)に含まれて運ばれてくるビリルビンという尿中色素のためです。 逆に水分を多く摂ったときにはほとんど無色透明になります。 出典: 尿の色は健康な人でも変化する。 健康な人でも尿が濃い黄褐色になる場合があります。 朝に起きたときや運動、汗をかく、風邪などの発熱時などには尿の色が濃い黄褐色になります。 この場合は一時的なものなので病気の心配はありません。 朝に目覚めて初めてする尿の色は、濃い黄褐色のおしっこがでます。身体の水分が睡眠中に奪われているために、尿が濃縮されたためです。 激しい運動などで多くの汗をかいたり、水分の補給がうまくいかなかったりするときには、尿の色は濃い黄褐色になります。 服用した薬の成分の影響でも、尿の色は濃い色になります。 食べ物の色素や着色料の中には、その色が尿にでてくるものもあります。 この場合は赤褐色や赤色・濃い緑色などさまざまな色になります。 尿の色はさらに体調や季節などでも変化します。 ビタミンB2の場合は、尿の色が蛍光の黄緑色になることがあります。 尿の色が黄緑色で毎日続くようであれば、肝臓や胆嚢 たんのう の病気が考えられます。 糖尿病の人は多量の水分が尿として出ていくためにひどくのどが渇いて、そのため自然に多量の水を飲むようになります。 尿の量が異常に多くなると、尿の色が薄くなって無色に近くなります。 糖尿病や尿崩症などの場合は、尿量が多いために、尿の色素成分であるウロクロムが希釈されてほとんど無色になるのです。 糖尿病の人の尿は甘い(甘酸っぱい)臭いがすることが多くあります。 肝臓の代謝でできる色素が尿の中に出てくるのが原因です。 急性肝炎などの肝臓や胆道系の病気などの疑いがあります。 肝機能に炎症がある場合は発熱や黄疸・全身倦怠感になったりする症状がでます。 妊娠している人も白く濁る場合があります。 赤い色は血液の細胞 赤血球 が尿に混じっているのです。 これを血尿や尿潜血といいます。 尿が作られて排泄されるまでの腎臓・尿管・膀胱・尿道の尿路のどれかが病気である可能性があるのです。 そのため炎症が発生して出血しているのです。 腎臓や膀胱・尿道・前立腺などの重大な病気が起きている可能性があります。 ごく少ないケースでは、肝炎になっている人は、肝炎によって腎臓が悪くなって、尿の色が紅茶や赤ワインのような色になる場合もあります。 尿路結石が原因の場合は突然、腹部や背中の激痛が起こります。 血尿では痛みがなく自覚症状がでないケースでは、がんの可能性もありとても危険です。 また1度は血尿が出て心配しても、次の日には血尿が出なくなったので安心して放置している人がいます。 早急に医師にご相談してください。

次の

カメを飼育している水槽が白濁するのはなぜ?

お シッコ 白く 濁る

圧倒的に女性に多い病気です。 女性の方が尿道が短く、細菌が膀胱まで簡単に到達してしまいます。 多くの場合、おしっことともに細菌は膀胱の外へ洗い出されますが、おしっこを我慢したり、体調が悪かったりすると膀胱の中で細菌が繁殖して膀胱炎を起こします。 急性膀胱炎 原因となる病気が特になく、大腸菌などの細菌が尿道から侵入し感染することでおこります。 膀胱炎の大半で、若い女性がかかる膀胱炎はほとんどがこのタイプです。 急性膀胱炎の3大症状• 排尿痛:排尿時に差し込むような痛みが生じ、排尿の終わりに特に痛みが強くなります。 頻尿:排尿回数が増え、30分〜1時間ごとにトイレに行きたくなることもあります。 尿の濁り:細菌と戦うために集まった白血球や炎症部分の分泌液やはがれた膀胱の粘膜が混入するために、尿が濁ります。 そのほか、残尿感、血尿などが現れることもあります。 発熱がある場合には、腎盂腎炎の可能性があります。 診断と治療 膀胱炎の疑いがある場合、尿検査を行います。 尿を採取する場合、出はじめの尿より途中の尿(中間尿)をとります。 出はじめの尿には膣のおりものなどが混入しやすいからです。 正確を期するために導尿(どうにょう)をすることもあります。 尿検査で、一定数以上の白血球や細菌が見つかれば膀胱炎と診断できます。 さらに尿中の細菌を培養して菌の種類を調べます。 膀胱炎の治療には抗菌薬が用いられます。 3〜4日の服用で症状はよくなります。 尿量が少なく、膀胱にたまっている時間が長いと膀胱内で菌が繁殖しやすくなるので、水分を多めに摂取して尿量を増やすように心がけてください。 こまめに排尿することも大切です。 薬の服用が終わったら、再び尿検査を受け、膀胱炎が完治していることを確認しましょう。 再発を繰り返さないためには確実に治しておくことが大切です。 薬を服用してもなかなか症状が良くならない場合には、あらためて細菌を培養して、細菌の種類や薬との相性をチェックします。 最近、耐性菌と呼ばれる抗菌薬の効きにくい細菌が増えています。 完全に治るまできちんと治療して下さい。 さらに、膀胱炎の誘因となる病気について検査を行う場合もあります。 再発予防のために次のことに注意しましょう• 水分を多めにとる 尿量を増やしましょう。 普段からお茶やお水を多めに飲む習慣をつけましょう。 排尿を我慢しない 我慢して尿が膀胱にたまる時間が長くなると、それだけ菌が繁殖しやすくなります。 外出時などには、前もって排尿を済ませておきましょう。 過労や冷えに注意する 過労がたまったり、からだが冷えたりした時に膀胱炎は起こりやすくなります。 冷房のきき過ぎには注意が必要です。 入浴や下着交換はまめに 身体を清潔に保てば、膀胱炎は起こりにくくなります。 排便後,前から後ろに拭く 肛門部にいる菌が尿道口につきにくくなるよう、前から後ろに拭くようにしましょう。 洗浄機能付き便器も上手に使えば膀胱炎予防に有効です。 セックスのあとは、すぐに排尿する 性行時には尿道口に細菌がつきやすく、膀胱炎を発症させる重要な原因です。 重大な病気がないことを確認しましょう 膀胱炎の背後に、重大な病気が隠れていることがあります。 特に、男性の膀胱炎では、前立腺肥大症や膀胱癌が潜んでいる可能性があります。 女性でも、膀胱炎を繰り返す場合や、なかなか治らない場合には、腎臓や膀胱の病気に注意が必要です。 専門の泌尿器科医の診察を受けるようにしましょう。

次の

尿が変だと感じたら|東邦大学医療センター大橋病院 腎臓内科

お シッコ 白く 濁る

尿の異常は、色が変化していたり、濁っていたりということで発見されることが多いです。 尿の色は、水分摂取状態や薬物投与の影響を受けやすく、一過性に変化することは珍しくありません。 しかし、通常と異なる色が持続して認められる場合には、明らかに異常とみなされます。 特に、頻繁に見られかつ注意が必要なのは尿が赤色を呈する赤色尿です。 赤色尿の要因には、いくつか挙げられますが犬や猫で特に多いのが、尿中に赤血球が混入する「血尿」と赤血球の色素が混入する「血色素(ヘモグロビン)尿」です。 血尿は、泌尿器における出血を意味しており、原因は、創傷、結石、感染・炎症、腫瘍など多岐に渡ります。 また、血色素(ヘモグロビン)尿は、血管内で何らかの要因により赤血球が破壊された(溶血)後に赤血球内の血色素(ヘモグロビン)が析出し、それが尿中に流出した場合に見られます。 原因としては、溶血を起こす様々な疾患が挙げられ、犬猫の場合には、中毒や免疫反応、赤血球に対する感染(寄生虫・細菌)が多いです。 従って、血色素尿は血尿とは異なり、多くは泌尿器自体には何ら異常はないため注意が必要です。 また、尿が濁る場合には、混濁尿と呼ばれ、水分摂取量が少ない時を除けば、尿中に細胞、異物、微生物が混入していることが疑われます。 混濁尿の要因として特に多いのが膀胱炎であり、特に犬の場合には高率に細菌感染が関与しています。 そのため、尿中に多量の白血球とともに細菌が検出されることも少なくありません。 また、その他、上記の血尿と同様の要因によっても混濁尿は認められ、血尿と混濁尿はしばしば同時に認められます。 尿の異常を認める場合には、まずはその要因が泌尿器によるものか否かの鑑別が必要となります。 泌尿器に問題がある場合には、尿の異常のみならず排尿時に痛みを感じる、尿の回数が多いなど、排尿の様子が通常と異なる可能性があります。 従って、尿の異常を確認した場合には、必ず排尿時の様子をご確認ください。 飼い主の皆様へ•

次の