フリル レタス レシピ。 サラダも炒めものも!色々使える「サニーレタス」の人気レシピ15選

サラダの彩り鮮やかに!「フリルレタス」の魅力とおいしく食べるコツ

フリル レタス レシピ

玉ねぎ1個• 牛小間肉150g• レタスの外の葉1玉分• 醤油大さじ1(下味用)• にんにくチューブ1センチ(下味用)• 酒大さじ1(下味用)• 片栗粉大さじ3• 酒大さじ2• 醤油大さじ1• 水200㏄• レタスの外の葉はよく洗い、水気をきって手でちぎっておきます。 牛肉を種やすい大きさに切り、醤油、酒、にんにくチューブをもみ込み下味を付けます。 しいたけは短冊切りに、玉ねぎは薄切りに、にんじんは細切りにします。 牛肉に片栗粉をまぶし、まんべんなくいきわたるようにもみ込みます。 フライパンに多めの油を熱し、牛肉を少しずつ入れます。 牛肉に火が通ったら一度さらに取り出し、そのままのフライパンで野菜を炒めます。 野菜に火が通ったら酒、醤油を加えてさらに炒めます。 水を加えて煮立たせたら塩コショウで味を整え、レタスを加えてしんなりするまで火を通します。 牛肉を戻し入れ、ざっと混ぜたら完成です。 普段は捨てることの多いレタスの外側の葉を使ったレシピや、外側の葉の洗い方などを紹介いたしました。 スーパーでレタスを買うと必ずついてくる外側の葉ですが、カサが多く捨ててしまうのがもったいないと思う人も多いのではないでしょうか。 固そうと 嫌煙しがちな外側の葉も、うまく使えば立派な料理に仕上げることができます。 青々とした鮮やかな色とシャキシャキとした歯ごたえ、濃い味が特徴のレタスの外側の葉は、様々なレシピに活用できます。 青梗菜の代わりに中華風の味付けにしたり、キャベツの代わりにスープに入れたり、小さくちぎってレタスチャーハンにしたりと出番がたくさんあります。 いつもは捨ててしまう外側の葉を、一度活用してみてください。

次の

レタスの外側の葉は捨てる?炒めて美味しいアレンジレシピ!

フリル レタス レシピ

玉ねぎ1個• 牛小間肉150g• レタスの外の葉1玉分• 醤油大さじ1(下味用)• にんにくチューブ1センチ(下味用)• 酒大さじ1(下味用)• 片栗粉大さじ3• 酒大さじ2• 醤油大さじ1• 水200㏄• レタスの外の葉はよく洗い、水気をきって手でちぎっておきます。 牛肉を種やすい大きさに切り、醤油、酒、にんにくチューブをもみ込み下味を付けます。 しいたけは短冊切りに、玉ねぎは薄切りに、にんじんは細切りにします。 牛肉に片栗粉をまぶし、まんべんなくいきわたるようにもみ込みます。 フライパンに多めの油を熱し、牛肉を少しずつ入れます。 牛肉に火が通ったら一度さらに取り出し、そのままのフライパンで野菜を炒めます。 野菜に火が通ったら酒、醤油を加えてさらに炒めます。 水を加えて煮立たせたら塩コショウで味を整え、レタスを加えてしんなりするまで火を通します。 牛肉を戻し入れ、ざっと混ぜたら完成です。 普段は捨てることの多いレタスの外側の葉を使ったレシピや、外側の葉の洗い方などを紹介いたしました。 スーパーでレタスを買うと必ずついてくる外側の葉ですが、カサが多く捨ててしまうのがもったいないと思う人も多いのではないでしょうか。 固そうと 嫌煙しがちな外側の葉も、うまく使えば立派な料理に仕上げることができます。 青々とした鮮やかな色とシャキシャキとした歯ごたえ、濃い味が特徴のレタスの外側の葉は、様々なレシピに活用できます。 青梗菜の代わりに中華風の味付けにしたり、キャベツの代わりにスープに入れたり、小さくちぎってレタスチャーハンにしたりと出番がたくさんあります。 いつもは捨ててしまう外側の葉を、一度活用してみてください。

次の

レタスのサラダレシピまとめ!具材やドレッシングを変えてアレンジ!

フリル レタス レシピ

写真で見てもお分かりの通り、葉先がギザギザあるいはチリチリしており、ノコギリの刃先のような鋭さも感じる斬新なレタス。 葉先に特徴のあるこのレタスは、実は「フリルレタス」というとてもかわいらしい名称を持っています。 発想を変えれば、随分とイメージが変わるものですね。 専門書などでは『葉先がフリルのように細かく波打った』と表現される野菜です。 写真で紹介しているレタスは「クランチレタス」といって、害虫などの病気に強い系統選抜種で栽培されるフリルレタスの一種です。 一般的なフリルレタスと比べると、一枚ずつの葉が大きめで扇状に広がる野菜。 この記事ではクランチレタスを含むフリルレタス全般についてご紹介していきます。 一枚ちぎって巻いて食べてみると、葉先の波打つ部分と白い肉厚な部分が口に合わさって、ザクザクした食感を楽しめる野菜です。 葉肉が厚いため、歯ごたえと食べごたえがあります。 また、心地よい苦味も感じられ、野菜らしい濃い味わいを堪能することができます。 しっかりしたレタスなので、火を通す料理にも向いています。 これらは油と一緒に摂取することで、吸収率もアップします。 また炒めることでカサが減り、量を食べられるため、食物繊維もたっぷり摂ることができます。 むしろ サラダより煮たり炒めることをおすすめします。

次の