パスモ ポイント 還元 消費 税。 【消費税増税】PASMOのポイント還元は事前登録いるから注意な

消費税ポイント還元の対応店が一発でわかる公式アプリが登場!

パスモ ポイント 還元 消費 税

キャッシュレス・ポイント還元事業に係る消費税の課税関係については、この記事で解説します。 上記いずれにも該当しない場合もある ポイントプログラムについては、契約関係や取引の内容が様々で非常に複雑であり、新しいポイントプログラムが次々に開発されているため、上記の取引形態のいずれにも該当しない場合も考えられます。 ポイントに係る経理実務については、その取引実態や法的性質に応じた判断が必要となります。 キャッシュレス・ポイント還元事業とは キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)は、消費税率引き上げ後の消費の冷え込みを抑えること及びキャッシュレス決済推進の観点から、新税率の施行日である令和元年(2019年)10月1日から令和2年(2020年)6月30日までの9ヶ月間実施される中小・小規模事業者向けの支援制度です。 クレジットカード、デビットカード、電子マネー、ICカード、QRコードなどの電子的な決済手段が広く対象とされており、インターネットサイトによる通信販売も対象となります。 キャッシュレスで支払った消費者へのポイント還元の原資は国が負担し、補助金の交付を受けたキャッシュレス決済事業者がその補助金を原資として消費者にポイントを付与することになります。 このような形式が採られているのは、本来なら、国が消費者に対して直接補助金を交付すべきなのですが、現実的にそれは不可能なので、決済事業者に補助金を交付し、その補助金を原資として決済事業者が消費者にポイントを付与することにより、キャッシュレス・ポイント還元事業の政策目的を間接的に達成するためです。 つまり、キャッシュレス決済事業者から付与されるキャッシュレス・ポイント還元事業に係るポイントは、 実質的には国から交付される補助金と同様の性格を持っていることになります。 消費者が直接受け取る補助金ではありませんが、上述の通り、 そのポイント還元は実質的に消費者が決済事業者を介して間接的に補助金の交付を受けていることになります。 したがって、 キャッシュレス・ポイント還元事業によるポイント還元は消費税の課税対象外取引(不課税取引)となります。 キャッシュレス・消費者還元事業 模擬者還元補助公募要領においても次のように記載されています。 <消費税の取扱い> 決済事業者と消費者との関係において、本補助金を原資として決済事業者が消費者に対して行う1. 1に定める方法による消費者還元は、公的な国庫補助金等を財源としたポイント等の付与であり、 消費者から決済事業者に対する何らかの資産の譲渡等の対価として支払うものではないことから、消費税は不課税となる。 なお、その商品の販売はキャッシュレス・ポイント還元事業の対象となるものである。 商品販売時の仕訳 キャッシュレス・ポイント還元事業の登録加盟店は、この事業の対象となるか否かにかかわらず、その商品の販売に係る対価の額を資産の譲渡等の対価の額として「売上」として計上します。 また、クレジットカード決済により商品を販売した場合は、代金を後日回収することになるため「売掛金」を計上します。 (「クレジット売掛金」という勘定科目を用いることもあります。 ) なお、購買時に、即時、購買金額にポイント相当額を充当する「即時充当」という方法で商品を販売する場合もありますが、「即時充当」をする場合であってもその充当前の商品の販売価格の全額が資産の譲渡等の対価の額となります。 売掛金譲渡時の仕訳 クレジット売掛金を譲渡した場合は、決済手数料が差し引かれた金額の支払を受けることとなります。 決済手数料の消費税の取扱いは、クレジットカードの契約が「直接契約方式」であるか「包括代理店契約方式」であるかにより異なります。 「直接契約方式」の場合は決済手数料は非課税仕入れとなり、「包括代理店契約方式」の場合は決済手数料は課税仕入れとなります。 この点については、ここで解説するとかなり長くなってしまうため、詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。 なお、そのポイントの付与はキャッシュレス・ポイント還元事業の対象となるものである。 商品購入時の仕訳 キャッシュレス・ポイント還元事業の登録加盟店は、この事業の対象となるか否かにかかわらず、その商品の購入金額が課税仕入れの額となり、仕訳上は「消耗品費」として計上します。 また、クレジットカード決済の場合、購入金額は後日引き落とされることとなるため貸方は「未払金」として計上します。 なお、「即時充当」により購入時にポイント相当額の充当を受けた場合であっても、その充当前の商品の販売価格の全額が課税仕入れの額となります。 購入代金決済時の仕訳 購入代金の決済時に支払額から減額されたポイント相当額については、実質的に決済事業者を介して補助金の交付を受けたことになるため、消費税法上は不課税取引となります。 この場合、そのポイント相当額については、「雑収入」などの収益の勘定科目で計上します。 他の決済パターンは別の記事で 今回紹介した購入者側のキャッシュレス決済に係る仕訳例はいくつかのパターンがあるうちの一例です。 他にも決済パターンはあるのですが、この記事の主題は「ポイント還元が不課税取引になる」ということを解説することであるため、他の決済パターンの仕訳例については以下の記事で解説しています。 よろしければ、こちらもあわせてご覧ください。

次の

PASMOでオトクにポイント還元を受ける方法

パスモ ポイント 還元 消費 税

Suica(スイカ)• Pasmo(パスモ)• manaca(マナカ)• ICOCA(イコカ)• PiTaPa(ピタパ)• SUGOCA(スゴカ)• nimoca(ニモカ) なお、現時点で• TOICA(トイカ)• はやかけん に関しては、キャッシュレス消費者還元事業に関する記載が公式サイト上にも存在しないことから、参加しないものと考えられる。 参考: また、当初 対象のカード ビューカードが発行するJCB、Visa、Mastercardの各ブランド付きカードが対象となります。 (法人カードを除く) 参考: としていたSuicaであったが、パスモ同様にウェブサイトエントリー式に切り替えた。 いずれの交通系ICカードを使用してキャッシュレス消費者還元事業のポイント還元制度を利用するにはWEB登録が必須となった。 本記事ではその詳細とJREカードについて記載する。 887社がに登録しており、上記交通系電子マネーを発行する運営会社の登録状況は下記のとおりだ。 電子マネー名 運営会社 登録状況 クレジットカード付帯 株式会社パスモ 〇 〇 西日本旅客鉄道株式会社 〇 〇 株式会社スルッとKANSAI 〇 〇 九州旅客鉄道株式会社 〇 〇 株式会社ニモカ 〇 〇 パスモに関しては、公式ホームページでエントリーすることで、チャージという形で還元が受けられる仕組みにこぎつけてきた。 エントリーはこちらのオフィシャルサイトから可能だ。 トイカ・マナカ共にクレジットカード付帯型のポイントカードを持っていないという特徴があった。 それに対して、3月時点で「未定」としてきた5社に関しては、パスモを除く4社ではポイント還元に関する公式アナウンスの予定はない様子。 しかし、上記4社は決済事業者としては登録されていて且つ、クレジットカード付帯ポイントカードの発行をしているため、ポイント還元事業に参加する可能性はまだありそうだ。 交通系ICカードのポイント還元を受ける申請方法 クレジットカード機能付きのICカード以外にも、記名式のチャージ式カードでもポイント還元が受けられることとなった。 そのまま使っても還元は受けられない。 ポイント還元を受けるには、各ICカード毎に公式ホームページに登録して個人情報との紐づけをする必要があるものが多いため、使用する前に関連付けを行おう。 Suica(スイカ)のポイント還元事業への参加方法 サービス対象 Suica(スイカ) 還元方法 (還元時期) JREポイント (利用月の翌月上旬) 必要手続き WEB登録 上限設定 2万円(チャージ) 公式ホームページ 登録可能なSuicaは• 記名式Suica• Suica定期券• ゆうちょICSuicaカード• Mizuho Suica• Suica付きビューカード となる。 aspx? 記名式manaca ICOCA(イコカ)のポイント還元事業への参加方法 サービス対象 ICOCA(イコカ) 還元方法 (還元時期) ICOCAポイント (1月中旬、 4月中旬、7月中旬) 必要手続き 自動券売機かWEBサイトに登録 ICOCAポイント利用登録 service. html 上限設定 15000ポイント(月) 公式ホームページ 対象カード• ICOCA• こどもICOCA• SMART ICOCA• Ainokaze ICOCA• IRいしかわICOCA• KIPS ICOCA• SHIKOKU ICOCA• トーマスICOCA• 記念デザインICOCA PiTaPa(ピタパ)のポイント還元事業への参加方法 PiTaPaについてはまだ詳細が未定。 制度概要について 本制度は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、 キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9ヶ月間に限り、中小・小規模事業者さまによるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する経済産業省の制度です。 (株)スルッとKANSAI(PiTaPa)は本制度における「キャッシュレス決済事業者」に登録されました。 事業開始日が確定しましたら改めてお知らせ致します。 引用: SUGOCA(スゴカ)のポイント還元事業への参加方法 サービス対象 SUGOCA(スゴカ) 還元方法 (還元時期) JRキューポ (利用の翌月下旬) 必要手続き WEB登録 上限設定 2万円(月) 公式ホームページ 対象カード• スゴカ(無記名・定期券含む)• 記念スゴカ• クレジットカード機能一体型スゴカ• デビットカード一体型スゴカ nimoca(ニモカ)のポイント還元事業への参加方法 サービス対象 nimoca(ニモカ) 還元方法 (還元時期) nimocaセンターポイント (利用月の翌月中) 必要手続き 必要手続き不要…?(詳細不明) nimocaポイント交換機またはnimoca取扱窓口で確認 上限設定 2万円(月) 公式ホームページ 対象カード• 全てのnimocaカード• 無記名式 ・ 記名式(スターnimoca・クレジットnimoca ビューカードの特徴 JR東日本が公式に発行しているSuica付帯クレジットカードは「VIEWカード」だ。 以前、これらのカードではSuicaポイントが貯まっていたが 2017年12月5日にJRE POINTと統合したため、Suicaビューカード等を使用すると、JREポイントが貯まるようになった。 JREポイントは1ポイント=1円の電子マネーとして使用することができる。 楽天カード等のクレジットカードは、ポイント還元を受けるのに特別な手続きは必要としないが、クレジットカード機能付きSuicaに関しては、WEBで登録をする必要がある点に注意が必要だ。 結論から言うと、ビューカードで貯まるJREポイントはあまりお得ではない。 ポイントの二次利用先や還元率の良さや使いやすさで選ぶのであれば やの方がお勧めだ。 またあまり鉄道には乗らないがSuicaのオートチャージ機能を使いたいのであればがお勧めだ。 VIEW(ビュー)カードの還元率(通常商品購入) 通常の商品購入でビューカードを使用した際(加盟店以外)、還元率は1000円で5ポイントが付与される。 非常に分かりにくいが、パーセンテージに変換すると 還元率は0. この 1000円で5ポイントということは1000円以下では0ポイントということだ。 還元率としては決して良い方ではないことに加えて、1000円以上購入しないとポイントが付かないのは、通常購入で使う際のクレジットカードとしてはポイントが貯まりにくいといえる。 この中でもやはりVIEWカードは、通常使うクレジットカードとしてはそれほど還元率が良いカードとは言えない。 通常使うクレジットカードとしては、高還元率のリクルートカード、もしくは楽天カードがお勧めだ。 加盟店や提携店での購入では還元率アップ このようにあまり還元率の良くないビューカードだが、使用する用途によっては若干ではあるがお得となる。 JREポイント加盟店で利用(1ポイント=1円)• Suicaにチャージ• 商品に交換• 提携ポイントに交換• 商品券・クーポンに交換 JREポイント加盟店で1ポイント1円で使える JREポイントの加盟店は主に関東エリアの駅ビル内のテナントである。 引用: 使用できる店舗は合計36店舗である。 日常的に駅ビルを利用している人であれば利用する機会もあるが、筆者のように地方に住んでいる場合は全く使える場所がないことになってしまう。 Suicaにチャージ 貯まったJREポイントはそのままSuica残高としてチャージすることができる。 つまり、日常的には定期を購入しており、切符を買う必要がない方でも、コンビニ等の実店舗で使用できる機会が生まれる。 これは非常に有効な利用方法である。 ただし、日常的にコンビニ等、Suicaを使っての非接触型決済を利用できる端末がある店舗を利用する人にのみメリットがある。 商品に交換 ホームページを見てみると、上記商品以外にもスキー場のクーポンなど、さまざまな商品と交換できた。 参考: しかし、やはり用途はかなり限定されるため、「これ」というものがある人にとっては嬉しいサービスだ。 ビックポイントへの交換• 1000JREポイント=1000ビックポイント マイルへの交換• 1500JREポイント=1000マイル(JALカードショッピングマイルプレミアム)• 1500JREポイント=500マイル(JALカードショッピングマイル) 商品券・クーポンに交換 交換できる商品券• びゅう商品券• ルミネ商品券 びゅう商品券の交換率はポイントの9割程度、ルミネ商品券は一度に交換するポイントが多いほどお得になる計算だ。 つまり、VIEWカードであれば JREポイントで還元されることになる。 肝心なのがこの還元ポイントをその後、どう使おうと考えているかだ。 筆者はこれを 「還元ポイントの二次利用先」と呼んでいる。 以上解説してきたように、JREポイントの二次利用先はかなり限定されており、日常的にコンビニでの支払いをスイカで支払う人くらいしか利用先がないのが現実だ。 2019年10月からはじまるポイント還元キャンペーンを見据えるのであれば ポイントの二次利用先が自分のニーズに合ったものを選択する必要がある。 ポイントの二次利用先で有利なのは「現金同様」として使えること ポイントの二次利用先として一番有利なのは 「クレジットカードの利用残高から自動的に引き落とされる」ことだろう。 キャッシュレス決済が主になれば、当然同様のクレジットカードで支払いことが当然多くなる。 それに伴って貯まるポイントも多くなるが、これば月々の支払い残高から引かれるのがもっともわかりやすいのではないだろうか。 しかし、そういったカードは多くはないのが現実。 楽天カードは現金同様にポイントが支払額から引かれる 筆者が知りうる限りでその方式を採用している最もメジャーなカードが「 」である。 楽天ペイが本格的に始まったことで再注目されつつある楽天グループ。 その楽天カードであれば、貯まった楽天スーパーポイントは自動的に使ったクレジットカード残高から引かれる設定にすることができる。 Suica派の人はイオンSuicaカードもおすすめ 恐らく、ビューカードがオートチャージを利用する上でのポイント還元率1. しかし、通常の買い物でのポイント付与のハードルが1000円以上でないといけないため、小口の決済には向かない。 公共交通機関をあまり使わないのであればがおすすめだ。 イオンSuicaカードでのオートチャージは400円で1ポイント(還元率0. ポイントの交換先も、ビューカードのように駅構内の店舗でしか使えない商品券でなく 全国の多くの店舗で使えるJCBギフトカードに交換できるのも魅力的だ。 もちろん年会費はビューカード(年会費477円)とちがって永年無料だ。 アプリ決済での新たな動きに着目しよう これまでクレジットカードでのSuicaの利用について述べてきた。 恐らく、キャッシュレス手段として一番身近なものがクレジットカードであって、キャッシュレス・消費者還元事業においても主役となるのは間違いないだろう。 しかし、徐々にアプリ決済の割合も増えてきているのも事実で、場合によってはアプリを使用した場合の方がポイント還元を有利に受けられる可能性も出てきた 2020年春からは楽天ペイでSuicaが使えるようになる 2020年春から楽天ペイ内でSuicaが使えるようになる。 現状、共交通機関でのキャッシュレス決済手段は、非接触型カードの大手交通系ICカードで縛られているため、商業系の楽天ペイが参入することで勢力図が大きく変わりそうだ。 もはやこうなってしまえばバスや電車などの現在Suicaにて決済ができる公共交通機関でも商業系のアプリが使えることになるため、楽天ペイが大きく顧客を獲得することは間違いないだろう。 楽天ペイをまだ導入していない方、アプリ決済をこれから導入しようと考えている方は是非おすすめしたい。 楽天ペイを使用する際は楽天カードと合わせて併用すると、楽天スーパーポイントの還元率が1. 5%となるため、2019年10月から始まるキャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元制度と合わせれば最大6. 5%がポイントとして還元される。 消費税が10%に増税する中、実質消費税3. 5%で購入できる計算になる。 現在、モバイルSuicaを利用しているユーザーは楽天ペイへの乗り換えも検討されたい。 モバイルSuica利用で2019年10月1日から鉄道利用2%還元開始 2019年10月1日から鉄道でモバイルsuicaを利用すると、支払った金額の2%が還元されることが発表された。 カードタイプの場合、0. 5%還元となる見込みである。 モバイルSuicaの普及を目指すためか、本来ビューカード以外でモバイルSuicaアプリにチャージすると年会費1030円がかかるところを、他のクレジットカードでチャージしても実質無料となる。 (JREポイントで還元) これによって、モバイルSuicaのハードルも下がって利用者の増加も見込めそうだ。 高還元のやででチャージしても年会費がかからなくなるのは魅力的だ。 (2)モバイル Suica 年会費無料 サービス開始を記念し、2019 年 9 月 3 日以降、 モバイル Suica の会員で年会費をお支払いいただいた方 新規会員登録していただいた方を含む。 には、年会費相当の「JRE POINT」をプレゼントします。 引用: まとめ キャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元政策については賛否両論がある。 この「バラマキ」を大いに活用して家計を守るための準備をしてほしい。 政府主導のもと半ば強引に進められているキャッシュレス化政策だが、お金の流れが可視化できるメリットもある。 我が家の家計簿はすでにキャッシュレス化しており、すべてアプリ内で完結している。 「ポイント還元」政策のポイントは、分散させることなく いかに自分のニーズにあった二次利用先が選択できるポイントを貯めれるかが 重要になってくる。 ぜひ2019年10月に始まるポイント還元事業の前に、Suica一体型ののクレジットカードだけでなく、納得のいくクレジットカードを用意してほしい。 2019年10月1日から大手携帯キャリアの違約金1000円以下に! 格安SIMに乗り換えて通信費を節約しよう。 格安SIMの選び方をやさしく解説.

次の

PASMO(パスモ)キャッシュレスポイント還元サービス|TOP

パスモ ポイント 還元 消費 税

2019年10月1日から2020年6月末までの間、対象店舗において、登録されたキャッシュレス決済で お支払いをすると、最大で5%のポイント還元を受けられます。 「キャッシュレス・消費者還元事業」には、 ・消費者 ・中小・小規模事業者 ・キャッシュレス決済事業者 が関わります。 が、ほとんどの皆さんは、消費者として関わることにはなるので、消費者目線でどうなるのかチェックしたいと思います。 該当の決済手段=キャッシュレスは? まずは決済手段ですが、当然キャッシュレスを推進するものになります。 大まかにいうと、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、スマートフォン(QRコード等)が該当しています。 が、実際にポイント還元を受けるには、決済業者が申請して国に認められたキャッシュレス決済手段である必要があります。 どんなキャッシュレス決済手段が登録されているかは公式サイトで確認することができます。 基本的には普段利用しているようなクレジットカードや電子マネー、QRコード決済はほとんど該当しているので、消費者側としては普段通りに利用するしていく方向でそれほど問題はありません。 「PASMO(パスモ)」はキャッシュレス・消費者還元事業に該当 今回は「PASMO(パスモ)」について確認します。 「PASMO」は公式サイトでも既に告知されていますが、「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録済です。 今回の「キャッシュレス・消費者還元事業」、決済手段を確認するときのポイント・注意点は ・何が対象か ・上限はどうなっているのか ・還元方法はどうなるのか・いつ頃どうやって還元されるのか です。 【事前登録】 還元を受けるにあたっては、事前に登録が必要です。 1ポイント(1円相当)を10円単位でPASMOにチャージできます。 ポイント還元方法が決定しました。 PASMOが2枚ならメールアドレスは2つ必要 同じメールアドレスを用いて複数枚のPASMOを登録することはできません。 複数枚登録される場合は、別々のメールアドレスを用意する必要があります。 PASMOチャージにおすすめのクレジットカードは! TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO その名からわかるように、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはJALマイレージバンクカード(JMB)の機能とPASMOの機能を備えた東急グループのクレジットカードです。 JMBのカードでもあるのでJALマイルを貯めている人にもお勧めです。 年会費 初年度無料、2年目以降1,000円(税別) 追加カード ETCカード、家族カード 還元率 0. しかし、「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」の会員Webに登録するだけで+0. PASMOオートチャージで、クレジットカード利用で貯まる0. 利用代金Web明細サービスへの登録が条件となります。 つまり、クレジットカード利用で貯まる0. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) 毎日東京メトロに乗っている人に特におすすめなのがANA To Me CARD PASMO JCB、通称ソラチカカードです。 年会費 初年度無料、2年目以降2,000円(税別) 追加カード ETCカード、家族カード 還元率 0. これによりポイントの二重取りが成立します。 メトロポイントの付与は、 平日なら1乗車につき5ポイント、土日と祭日なら1乗車につき15ポイントです。 距離や運賃に関係ない一律の付与なので、運賃が安いほど還元率は良くなります。 メトロポイントとの二重取りが可能なANA To Me CARD PASMO JCBは、単なるポイント付与0. どこの店舗が対象か マークがある対象店舗でキャッシュレス決済手段で支払うと、5%か2%還元されます。 中小・小規模事業者で、申請して認められた店舗でないと還元は受けられません。 還元率は ・基本:5%還元 ・フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模事業者:2%還元 (例えばフライチャイズオーナー店のセブンイレブンなど。 ) 大手の店舗は対象外です。 対象店舗かどうかの確認も公式サイトで行えます。 ちなみに実店舗だけではありません。 アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングに出店している中小・小規模事業者で対象店舗であれば5%還元になります。 軽減税率との違い・軽減税率と併用は? 軽減税率制度についても確認です。 軽減税率制度と言ってピンとこなくても「持ち帰りだと消費税8%で、店内で食べたら消費税10%という制度」と言えばわかるのではないでしょうか。 「軽減税率制度」は、消費税の軽減税率です。 <軽減税率の対象品目> 飲食料品: 飲食料品とは食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。 )をいい、一定の一体資産を含みます。 外食やケータリング等は軽減税率の対象品目には含まれません。 新聞: 新聞とは一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。 引用:国税庁 軽減税率制度とはリーフレット より 図でみると以下のようになります。 ただ、同じ時期に始まるので違いがよくわからない・・・ 「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」を比較すると以下のような違いがあります。 次に気になるところは「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」の併用です。 結論をいってしまえば 併用OKです。 併用できればかなりお得になります。

次の