知恵袋 誹謗中傷対策。 Yahoo知恵袋の誹謗中傷|書き込みの削除方法や対策 | Reputation Guard

世間を賑わせたYahoo!知恵袋での炎上事件4選

知恵袋 誹謗中傷対策

Yahoo! 知恵袋では、ガイドラインにおいて以下の事項が禁止されています。 ・いやがらせ、悪口、脅しなど、他人の権利を侵害し、傷つける内容• ・わいせつ、不愉快に感じる内容であるもの、社会規範および公序良俗に反する内容の投稿• ・商品の売買や金銭授受を目的とした商業・広告目的の利用• ・自他問わず、個人を特定できる情報の公開• ・第三者の知的財産権を侵害するもの• ・他人のなりすまし、誤認を与えるもの• ・ほか、Yahoo! JAPANが不適切と判断するもの 削除したい対象のページがいずれかの条件に当てはまっていれば、依頼は受理されるでしょう。 携帯電話・パソコンいずれも上記の方法で対応可能です。 ただし、違反報告が必ずしも削除につながるとは限りません。 カテゴリによっては、削除までに時間がかかるケースもあるようです。 また、対象の投稿が個人・企業に対する風評被害に繋がったとしても、それがYahoo! 知恵袋のガイドラインに反していなければ削除されない場合もあります。 さらに、違反報告には原則として削除するか否かの返答がありません。 運営に支障が出る可能性のある企業にとっては、なかなか気の休まらない対応に感じられるでしょう。 上記のような問題点は、Yahoo! 知恵袋側に問題があるというよりも、多くのコミュニティサービス・掲示板サービスに共通する問題点です。 Yahoo! 知恵袋に限らず「コミュニティや掲示板サービスに誹謗中傷・風評被害などのネガティブな書き込みをされてしまった」という場合は、単なる削除依頼ではなく、事態の沈静化活動や抜本的なレピュテーションマネジメント対策が必要です。 当社にも、• ・運営元が削除依頼に対して応じてくれない• ・次から次へと新しい誹謗中傷コメントが投稿されてしまう• ・削除を依頼している会社があるが成果が出ない or 逆効果となってしまった• ・誹謗中傷を受けないための体制を構築したい• ・ただ消すだけではなく根本的に問題を解決したい といった相談が多数寄せられていますが、残念ながらその多くは「削除依頼だけで問題を解決しようとしたために、かえって問題を深刻化させてしまった」という状態になってからです。 レピュテーションマネジメントは、早期発見・早期対策ほど被害を最小化できます。 また、対策に必要な経費や時間・労力も最小限にとどめられます。 こうした被害を発見した場合は、一刻も早くご相談をいただければと思います。

次の

Yahoo知恵袋に書き込まれた誹謗中傷の削除依頼や申請方法は?

知恵袋 誹謗中傷対策

様々な名称がありますが、この記事では「新型コロナウイルス」「コロナ」と表記します。 2020年4月10日時点では新型コロナウイルスに対するワクチン・治療薬が存在せず、症状に合わせた「対症療法」が行われています。 「3密」「消毒」「感染者の封じ込め」など予防方法は確立していますが、やはり特効薬がないために感染の拡大を防ぐのが困難となっています。 国内でも感染が拡大する一方で、 新型コロナウイルスへの恐怖心・ストレスが、 いじめ・誹謗中傷・風評被害など様々な形で現れるようになりました。 ここからは新型コロナウイルスによって起きた社会的な問題についていくつか例を挙げてご紹介します。 「コロナハラスメント(コロハラ)」 「コロナハラスメント」とは、新型コロナウイルスの感染を疑われて嫌がらせを受けることを指します。 「コロハラ」などとも呼ばれています。 2020年4月現在、職場で感染を疑われてハラスメントを受けたという事例が増えつつあり、労働組合への相談が相次いでいるとされています。 参考 コロナ感染に関する根も葉もない「悪質デマ」 「感染者が出た」「感染者が施設を運営している/利用していた」などといった新型コロナウイルス感染者に関するデマが相次いでいます。 例えば、精肉店の事例です。 新型コロナウイルス感染者が確認された富士宮市で、精肉店「肉のすずき」に感染者が立ち寄ったとするデマが、会員制交流サイト(SNS)上で広がっていたことが3日、店への取材で分かった。 店は「保健所より連絡はない。 本日も営業しています」などとツイッターに投稿し、デマを否定。 店の関係者は「情報を確かめないで流すのはやめて」と訴える。 引用 このように、実際には感染の事実が確認されていないにもかかわらず、店舗・施設へのデマが拡散されている例が散見されています。 焼津市でも同様にデマの拡散が問題となりました。 焼津市で新型コロナウイルス感染者が確認されたとするデマが会員制交流サイト(SNS)上で7日夜から広まった。 焼津市が8日「現在市内で感染(確認)された方はおりません」とホームページ上で否定する事態になった。 引用 民間教室の講師が感染の噂を拡げてしまった例であり、焼津市はホームページ上でこれを否定、デマ情報への注意を呼びかけています。 松阪市でも同様の事例が確認されています。 松阪市は8日、市内の特定の飲食店の関係者が新型コロナウイルスに感染したかのようなデマ情報が会員制交流サイト(SNS)で流れたと発表した。 松阪署と連携してデマの監視を続ける一方、デマの拡散を控え、見つけた時は市に連絡するよう呼び掛けている。 引用 松阪市内では「市内でコロナが出た」などというデマが流れ、市はこれをデマと判断しています。 このように、日本各地で市区町村内で起きたデマを該当地域を管轄する行政や関係施設が否定する例も増えています。 感染者が出た施設関係者への「差別的行為」 北播磨総合医療センターでは2020年3月上旬に職員4名の新型コロナウイルス感染が確認されました。 最初に感染者が確認された直後、職員に対する不当な差別的対応が確認されたとしています。 引用 確認された4人の職員と接触した方々はごく少数で特定もされており、患者や職員の多くは接触していないと公表しています。 それにも関わらず、職員らは「バイ菌扱い」「キャンセル」「乗車拒否」など不当な扱いを受けたとしています。 続いては2020年3月14日に感染が確認された女性職員が勤務していた郡山女子大学の例です。 郡山市の70代女性が新型コロナウイルスに感染したことに絡んで、女性の勤めている郡山女子大の学生や関係者らが、見知らぬ人などから嫌がらせを受けるケースが複数件あったことが19日、分かった。 識者は「明らかに差別」「あってはならない」などと指摘する。 関係者などによると、系列校の生徒が知らない男から指をさされて「コロナ」と言われたり、女性の感染について批判する内容の電話やメールが学校に届いたりしたという。 引用 郡山女子大学の系列校生徒への差別的な発言や批判的な内容の電話やメールも届いたとのことです。 外出自粛が叫ばれる中、「コロナ疎開」と呼ばれる移転行為は感染拡大のリスクがあります。 問題行動ではありますが、だからといって中傷的な発言は許されません。 「なりすまし」「詐欺行為」 新型コロナウイルスと関係性は薄いですが、感染拡大に便乗した「詐欺行為」が発生しています。 厚生労働省は31日、通信アプリ大手LINE(ライン)と協力して全国のアプリ利用者を対象に実施している新型コロナウイルスに関するアンケートを装い、クレジットカード番号などを尋ねる詐欺とみられる事案の情報があるとして、注意を呼び掛けた。 厚生労働省の公式アカウントになりすまし、クレジットカード番号の記入を要求する詐欺が発生しています。 実は3月頃から厚生労働省を装った詐欺が増えていると公表しており、同省が注意を呼びかけています。 【詐欺にご注意ください!】 感染症に関して、厚生労働省を装い「費用を肩代わりするので検査を受けるように」と言われたり、「個人情報を聞き出そうとされた」という相談が増えています。 厚生労働省では、そのような連絡をすることはありませんのでご注意ください。 — 厚生労働省 MHLWitter 新型コロナウイルスに関する言動と法的問題 「誹謗中傷」「差別発言」など新型コロナウイルスに関する発言の中には他人の「人権」を侵害しているものも少なくありません。 また、新型コロナウイルスに関する「デマ」によって売上減や業務妨害など営業上の損害を被る可能性もあります。 ここからは新型コロナウイルスに関する言動とその法的な問題点について見て行きましょう。 名誉毀損罪(名誉権侵害)・侮辱罪 特定の人物への誹謗中傷や嫌がらせ発言は「名誉毀損」や「侮辱」に該当する可能性があります。 「名誉毀損」とは差別・悪口・暴言によって特定の個人の人格が否定されたり、社会的な評価(名誉権)が傷つけられた場合に成立する人権侵害です。 ただし、あくまで一個人が対象であり、「〇〇県民はコロナ民」など 集団への名誉毀損は成立しません。 名誉毀損はネット上の投稿でも成立し、「刑事罰」も存在します。 以下が刑法第230条で「名誉毀損」を定めた条文です。 第二百三十条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 引用 成立の条件は以下の3つに分けて考えます。 条件1:私生活情報や私生活情報と勘違いされる情報• 条件2:公開されると不快感や不安感を感じる情報• 条件3:未公表の情報 多くは 未公表の個人情報や私生活情報が勝手に公開された時点で成立します。 ただし、新型コロナウイルスの感染者が発覚した際は「感染症法」に基づき、感染症の動向を開示する目的で適切な情報が開示されます。 この法律のおかげで「〇〇では新型コロナウイルス感染者が〇人増えた」という情報を知ることが可能となるわけです。 この感染者の公表において感染症法では「個人情報保護の留意」が義務づけられていますが、 実は具体的に個人情報をどこまで公表するか、明確な規定はありません。 感染者の「プライバシー保護」と「感染への不安」の両方を満たす情報開示のあり方が議論の的となっています。 しかし、新型コロナウイルスに関連した個人情報公開サイトなどは「氏名」「住所」などを特定しているケースもあり、場合によっては「プライバシー侵害」と考えることができます。 もし「自治体の公表以上の個人情報が流出した」というケースで、上記3つの条件をすべて満たしている場合は「プライバシー侵害」として対処していきましょう。 信用毀損・業務妨害罪 企業や病院、学校などに対する新型コロナウイルスに関する風評やデマを流した場合、「信用毀損罪・偽計業務妨害罪」が成立する可能性があります。 刑法233条では、.

次の

Yahoo!(ヤフー)知恵袋の削除依頼方法について

知恵袋 誹謗中傷対策

ネットからの風評被害。 今はメディアも多く問題視されているものが非常に多くあります。 例えば、口コミサイトや掲示板。 Googleや Yahooの予想検索など。 悪い評判の出所はいくらでも存在します。 Yahoo知恵袋から悪評を受けるケースもあり、被害にあっている方はたくさんいます。 ここでは Yahoo知恵袋から受ける風評被害対策。 つまり、 知恵袋の投稿、質問や答えを削除させる方法について解説していきます。 Yahoo知恵袋がなぜ風評被害につながる? Yahoo知恵袋が企業イメージのマイナスとどう繋がるのか? まずはそれを説明していきたいと思います。 Yahoo知恵袋はアカウントさえあれば、 身近な疑問を投げ掛けて同じくアカウントを持つ人がその疑問に答えてくれる。 こんなシステムです。 この質問と回答という二種類の投稿が基本的にセットになっています。 上記はあくまで一例です。 似たような質問と回答なら知恵袋にいくらでも存在します。 こういうケースがあるので Yahoo知恵袋は評判を傷つけてしまうことがあるんです。 Yahoo知恵袋の誹謗中傷『4つの理由』 Yahoo知恵袋は口コミサイトや検索エンジンの予想検索ワードに並び、風評被害の出所となります。 しかし、知恵袋ならではの危険性というのもあるんです。 Yahoo知恵袋が落とす爆弾については以下のようなものがあります。 Yahoo知恵袋の4つの罠• アクセス数が多いサービス• 信頼されている掲示板• 鼻から悪意のある書き込みがある• いまだに一定数の利用者や愛用者がいます。 中には 知恵袋が情報収集源だという人もいるくらいです。 そんな場所で企業の悪評がある時点で既にマイナス効果があります。 Yahoo知恵袋を利用するほとんどの人が誹謗中傷を情報として活用することになります。 つまり、利用者は「 Yahoo知恵袋のベストアンサーなら間違いない」という意識を持っているわけです。 どんなジャンルにしても詳しい人が絶対いて、必ずいい答えをくれる。 そんな場所が Yahoo知恵袋というイメージがあります。 名もない口コミサイトで悪口が書かれるよりも、 知恵袋の遠回しの批判の方が遥かにインパクトがあります。 それは 質問と回答を両方同じ人でもできるということです。 つまり、自作自演で企業の悪評をたたせるためのでっち上げをすることが可能なんですね。 つまり、知恵袋で2つアカウントをつくり、質問と回答をそれぞれ書きます。 そして、自分の回答をベストアンサーに選べばその回答が一番目立つ回答になるんです。 ライバル社やいやがらせ目的の人がこのマッチポンプを利用して妨害工作をしている可能性もあります。 それが 検索エンジンに評価されるサイトとして存在する理由です。 「検索エンジンに評価される」とはなにか? GoogleやYahooで検索したときに上位に入ってくるということです。 それを検索エンジンで調べると、 1ページ目に知恵袋が出てくるということです。 このケースはとても多く、沢山の人が知恵袋を当てにしていることがわかります。 多くの人の参考としてみられる状況にあります。 これはなくならないことなので、上位に誹謗中傷が来た場合は要注意です。 Yahoo知恵袋の投稿を削除するには? Yahoo知恵袋の削除方法は基本的に1つだけです。 それは 違反報告をすること。 これしかありません。 投稿には必ず違反報告というボタンがあります。 これをクリックすれば、報告の手続きをしてもらえます。 まずは問題の投稿の下に注目。 違反報告というところをクリック。 そして、 画面に出てくる違反の種類を選びます。 どの項目かは投稿次第なのでガイドラインに沿って選ぶことになります。 そして、内容を確認して Yahooに送信。 これが違反報告の流れです。 どんな違反に当たるか判断できない人は下記のガイドラインから確認して当てはまるものを選びましょう。 なぜならこれはただ違反のカテゴリーを選択して報告するだけ。 説明文を入力するわけではないので、削除してもらえない可能性があります。 そこで Yahooに直接連絡をしていくのが可能性があります。 ヘルプの一番下にお問い合わせボタンがあります。 ここをクリックすればお問い合わせフォームに飛ぶことができます。 ここでは Yahooにメールを送り、説明文や添付資料も添えることができるので、より密に交渉することが可能です。 以下にメールの定型文を載せます。 お問い合わせフォームから削除するときの参考にしてみてください。 本人に削除してもらうことは不可 投稿者本人に質問と回答を削除させることはシステム的には可能です。 しかし、そのためには 投稿者を知っていなければなりません。 IDだけではダイレクトメールはできないので、実質的に本人に削除させることは難ししいでしょう。 それが SEOなどのウェブシステムを利用した方法です。 SEOとは簡単に説明すると検索エンジンに表示される順位をコントロールすること。 つまり、 特定のキーワードで知恵袋のページが上位にこないように施策をしていくということですね。 ちなみにこれは企業ではできない可能性があります。 SEOやウェブシステムは専門家にしか精通していない分野だからです。 もしもウェブから対応していくのであれば、相応の知識とノウハウを持つプロに依頼をしましょう。 Yahoo知恵袋の解決は RGで!! Yahoo知恵袋の影響力はバカにできません。 かといって 正面から削除申請をしてもほとんどの場合は通らないです。 だからこそ、解決にはウェブシステムを駆使しなければいけません。 問題になる投稿があっても表に出さなければいいんです。 当サイト Reputation Guardでは ウェブやSEOに精通した専門家によって運営されている風評被害対策サイトです。 その専門家があなたのネットからの風評被害における悩みに相談にのることができます。 知恵袋の悪評でお悩みの方は是非 RGでご相談ください!.

次の