咳 し すぎ て 吐き そう。 隣人の咳で目が覚めます

咳がですぎて息が吸えないときの良い対処法と考えられる病気

咳 し すぎ て 吐き そう

乾いた咳はいわゆる「から咳」で、コンコン、ケンケンなどと表現されます。 一般に「上気道炎」つまりカゼの咳です。 痰のからんだ湿った咳は、「下気道の病気」つまり気管支炎や肺炎などに多く、ゴホンゴホンといった表現をされます。 咳は気道内の分泌物や異物などを外に出すための生体の防御反応のひとつですので、むやみに強い咳止め薬を使うなといわれています。 痰がたくさん出る病気で咳を無理に止めてしまえば、痰はもっと溜まってしまい、呼吸が苦しくなってしまいます。 しかし、咳き込みが激し過ぎて、体力が消耗したり嘔吐して栄養も取れない場合など、咳止めが必要な場合もあります。 いずれにしても、咳の原因となっている病気の根本を良くする治療や薬が大事です。 そのためには、咳の原因になっている病気を正しく診断しなければなりません。 お家の方の話は、診断の大きなたすけとなります。 たとえば、「熱はありませんが、いったん咳が出始めると顔をまっかにし、よだれや涙を流しながら咳き込んで止まりません。 息がつけずに苦しがって最後にはヒューッというんです」と伺えば、「百日咳かな」と考えます。 「夜中に突然、咳をして起きて苦しがりました。 声がかすれて出ないし、馬が吠えるような、オットセイのようなへんな咳です」などと伺えば「仮性クルプ(急性喉頭炎)かな」とわかります。 症状は、専門用語でなくて結構ですので、ご自分なりの表現で具体的に教えていただけるととても助かります。 新生児や、生後数ヶ月の赤ちゃんでは、感染症以外にミルクが気管に入ってしまうせいで咳をすることもあります。 ミルクがむせて上手に飲めない、あるいは胃からミルクが逆流して上がってきてしまう場合です。 幼児が激しくむせた後で、咳が頻発するようになれば、ピーナッツなどの気道異物が疑われます。 診断が遅れると、異物がつまった先に肺炎をおこしてきます。 副鼻腔炎(蓄のう症)の鼻汁がのどに下がって、長引く咳の原因になっていることもあります。 痰がからんだゼロゼロした咳に聞こえるので、気管支炎かな、と思っていると実は蓄のう症だったということはめずらしくありません。 ぜんそくの咳はヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴(ぜんめい)を伴います。 気管支が収縮して内腔が狭くなってしまうためです。 ぜんそくの咳は、夜の就眠時や明け方早朝に出やすいのですが、日中診察にいらしていただいたときにはおさまっていたりします。 そんなときお母さんに「ゆうべ咳き込んだとき、子供の背中に耳を当てて聞いてみたら、ピーピーという音がしていました」などと教えていただけると大変参考になります。 ぜんそくでなくても、1〜2歳までのお子さんは、ゼーゼーしやすいものです。 もともと気管支が細く痰がたまりやすいうえ、上手に痰を出せないからです。 かぜをひいたかなあ、と思うとじきにゼーゼーしてきて、「喘息様気管支炎です」といわれる、そんなことをくりかえす赤ちゃんは「喘鳴児」と呼ばれます。 2歳ごろから良くなってしまうことが多いのですがなかには、小児ぜんそくに移行するかたもあります。 激しい運動の後や、急に冷気を吸い込んだ後に咳き込む、あるいは季節の変わり目や気象の変化で咳が出やすくなる、そんな場合はアレルギー性の咳も考えられます。 咳が長びく感染症に、マイコプラズマやクラミジア感染症があります。 もともと健康な人が「肺炎」になった場合、これらの感染症であることが多く、小児科でもよくみられるものです。 たいていの咳はなぜか夜間にひどくなります。 脳の咳中枢は迷走神経を介するのですが、寝ている間は自律神経が迷走神経優位になっているからか、寝る姿勢では肺に体の水分が多く集まるからか、眠っているとうまく痰が出せなくてたまってくるからか、よく理由はわかりません。 もし、夜間睡眠中はまったく咳をせず、日中のみ激しい場合は、心因性の咳ということも考えられます。 心因性というのは、「わざとしている」のとは違います。 ストレスをうけとめた体が、症状として咳を表している心身症と考えられます。 咳の出る病気は、多種多様です。 診断に苦慮することもままありますが、お家の方に教えていただく、咳の様子や状況が大変役に立つことが多いです。 板倉紀子(水沢市・小児科医師) 胆江日日新聞社より.

次の

咳が止まらない・眠れないときの原因・応急処置・治し方【内科医監修】

咳 し すぎ て 吐き そう

医療相談• しょうこ 20代女性• 長引く咳とオエッと吐きそうになるほどの酷い咳• 3年前に、咳喘息と診断されて吸入器での治療、2年前には百日咳で吸入器での治療、去年も咳喘息になり吸入器で治療をしました。 しかし、風邪を引くたびに咳だけがいつまでも長引いてしまい、初めは錠剤で様子を見ていましたが、どんなに強い薬でも効果はなく、吸入器でないと治らないようになりました。 風邪を引いては吸入器で咳を止めることが当たり前のようになり、2ヶ月前にインフルエンザA型を発症したときも咳だけが治まらず、ついには吸入器までもがあまり効かなくなりました。 今回、2週間前に風邪を引き、2週間かけてやっと治まったかと思いきや、再び風邪を引いてしまい、咳以外が未だに治りません。 ずっとかかりつけの病院(呼吸器科)で、担当の先生も変わっていないのですが、咳止めの薬を変えて様子見る感じになり、吸入器は処方してくれませんでした。 ずっと咳がでていると肺が痛くなるので、何度も病院へ行きますが、「レントゲン撮っても肺には異常ないから」と、錠剤または吸入器で様子見となります。 日が経てば治まる咳ですが、毎回苦しむことになると思うと、あの苦しさを何度も何度も体感しなければならないのかと憂鬱になります。 いきなり息遣いができなくなるほど咳がでて、なかなか止まらず、周りの人に異常だと思われたり心配されたり、逆に風邪を移されるというような白い目で見られるときもあり、この咳をなんとかしたいです。 何の前触れもなく、いきなりオエッと吐きそうなくらいの酷い咳が1、2分続き、咳ができってしまうと落ち着くのですが、これは一体何なのでしょうか? 咳喘息と百日咳を経験してから、このような咳が日常的に起こります。 この症状と、一生付き合っていかなければならないのでしょうか? 長くなって申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願い致します。 米国呼吸器学会認定専門医 FCCP です。 咳喘息という疾患は、1990年代に発見されてからいささか乱用気味につけられている病名です。 咳という症状であっても病態は喘息ですから、適切な喘息治療によって改善します。 気管支喘息であれば長期間にわたる維持療法が必要ですので、咳喘息という診断なら尚更、呼吸器... Doctor•

次の

咳で吐き気がする…原因は? 咳がでる原因と咳の症状から考えられる病気

咳 し すぎ て 吐き そう

咳がですぎて息が吸えないときどうすれば良いか 咳がですぎて息が吸えないほどになってしまったとき、どのような対処をとるのがよいのでしょうか? こんなときは自分でなんとかする方法を探すよりも、やはり、いち早く病院の呼吸器科や呼吸器内科を受診し、 気管支拡張剤や吸入ステロイド薬などの薬の力に頼ることが必要だと思います。 中には、薬は嫌いだ、副作用が心配だなどの理由で、病院に行くこと、薬を服用することを拒む人もいるかもしれませんが、 息ができないとなると命の危険にさらされるわけですから、薬による強制的な化学変化によってでもいいから、まず楽に呼吸できるようになることを優先させたほうがいいと考えます。 咳がでる、息がしづらいときの病気の可能性 それでは、次に息が吸えないほどの咳がでるとき、どのような病気にかかってしまった可能性があるのか、その症状から考えられる病気をあげてみます。 だんだんと咳が激しくなっていく。 まずは、咳の原因となる物質をできるだけなくすこと、それらから遠ざかることでしょう。 咳の原因となる物質とは、タバコ、ほこり、汚れた空気、煙、ガスなどです。 また、掃除をしていないエアコンからでる空気や芳香剤から放たれる化学物質などにも注意が必要です。 次に、食べ物にも気をつけるとよいでしょう。 特に喘息による咳をやわらげることが期待されている食べ物を意識的に摂るとよいでしょう。 ひとつは、オメガ3脂肪酸という比較的やわらかい脂が多く含まれている食品、食材です。 背の青い魚(さけ、いわし、さば、さんまなど)や亜麻仁油などにオメガ3脂肪酸が多く含まれているといわれています。 他には、マグネシウムが多く含まれている食品、食材もおすすめです。 なぜ、マグネシウムかというと、咳がでるときは気管などの筋肉がが収縮・緊張して狭くなってしまっていることが多く、 このマグネシウムは筋肉の収縮・緊張をやわらげる効果があるとされているからです。 豆類、魚介類、海藻にマグネシウムが多く含まれているといわれています。 以上、今回は、咳がですぎて息が吸えないときの適切な対処や病気の可能性についてお伝えしました。 最後までごらんになっていただき、ありがとうございました。

次の