グーグル 翻訳 写真。 【Google翻訳アプリ】カメラをかざして日本語・英語間でリアルタイム翻訳する方法

英文を写真撮影して直接翻訳も..進化するgoogle翻訳が神アプリすぎ

グーグル 翻訳 写真

カテゴリー:ツール 紙の英文をカメラから直接OCR翻訳 僕が一番欲しかった機能は、 リアルの文書をカメラでスキャンしてOCR文字認識からの翻訳をしてくれるアプリです。 実際に翻訳アプリを使いたいシーンは、雑誌や新聞、子供の宿題などリアルの文書を翻訳したい時が大半で、英文を打ち込んで訳すのが面倒で翻訳アプリを使う機械も少なかったです。 しかし、このアプリにはそれが付いていたので大喜びで使ってみました。 カメラを向けて「スキャンボタン」をタップすると数秒で画面上の文字を認識してくれ、間違ったOCR認識は一語もありませんでした。 タップした単語の意味を表示したり、なぞった文を翻訳してくれます。 また、矢印をタップするとスキャンしたページ全体の翻訳が可能です。 この写真翻訳機能は画像ライブラリーに保存した写真からでも翻訳できちゃいます。 手書き入力・音声入力からの翻訳 Google翻訳アプリは手書き、音声認識の精度も高いので、スキャンを含めて入力の手間がありません 手書き入力は単語毎に入力すると順次読み込んでくれ精度もかなり高いので、ストレスなく使えています。 また、音声認識は2か国語同時に聞き取ってくれますので、海外の方とリアルタイムで同時通訳してくれる事も可能です。 中学英語の翻訳に使えるかテスト 翻訳アプリ・サイトはどこも大差はないので文法的に正しいか中三の和訳でチェックしてみました。 We should do something to make this river clean. Green made Kenta a captain of our team. 「旅行中もオフラインで翻訳。 インターネット接続は必要ありません」とありますが、オフラインでは一度翻訳した文を見る事しかできないようです。 怪しい翻訳文が表示された場合、入力した文をコピー&ペーストして他のオンライン翻訳などにかけて使うこともできます。 入力の方法が優れていて簡単というのは素晴らしいと実感できるアプリです。

次の

写真から「Google翻訳」が可能に

グーグル 翻訳 写真

翻訳言語を設定 翻訳する言語は英語だけではありません。 他にもフランス語やドイツ語など、様々な言語に翻訳することができるので、海外旅行でも大いに活躍するわけです。 例えば、日本語をフランス語に翻訳したい場合は、言語部分をタップして、原文の言語を日本語に、訳文をフランス語に設定するだけで完了します。 オフライン翻訳の場合は右側にダウンロードが付いており、これを事前にダウンロードする必要がありますが、 発音機能がある場合は、オフライン翻訳ファイルを入手しなくても発音可能です。 Google翻訳で使える便利な7つの機能 Google翻訳には様々な便利機能があります。 その中の7つを紹介します。 機能1:リアルタイム・カメラ翻訳 2017年1月から本格的にカメラを使った翻訳機能が行えるようになりました。 カメラをかざして文字をリアルタイムに翻訳するという機能です。 まずGoogle翻訳アプリのホーム画面から、カメラマークをタップしてカメラを起動します。 目のアイコンが緑になっていると、リアルタイム・カメラ翻訳が利用できるのです。 「ここにテキストを合わせます」と表示される部分に翻訳したい文字列を合わせることで、指定言語に翻訳できるという画期的な方法になります。 ただし、手ブレなどがあると正しく認識されずに見当違いな翻訳がされるのですが、ある程度の性能があって有効です。 機能2:カメラモードによる画像翻訳 リアルタイム・カメラ翻訳では、カメラをかざしたときに翻訳した文字が浮き上がるのですが、「カメラモード」の場合、 一度写真を取ってから文字を読み込むことで翻訳するという機能です。 読み込む時間がかかるということで、リアルタイム・カメラ翻訳よりも若干時間がかかってしまうのですが、正確に翻訳したい人はこちらのモードが推奨されます。 カメラマークを押して、目のアイコンをタップしてから、インスタント設定をオフにしましょう。 「ここにテキストを合わせます」にテキストを合わせて写真撮影をすると、単語枠で囲ったような画面になります。 機能3:音声入力による翻訳 手軽に使える翻訳機能としておすすめなのが、音声入力による翻訳です。 音声で翻訳したい場合、ホーム画面のマイクアイコンをタップします。 スマホマイクに向かって、日本語で話しましょう。 指定した言語へすぐに翻訳してくれるという手軽さです。 これならば、 スマホ操作が苦手という人でも、誰でも簡単に翻訳機能を使うことが出来ます。 又、時間がかかることなく、すぐに翻訳が完了するので、急ぎの場合でも対応が早くて便利です。 機能4:テキスト入力で翻訳 画像引用元: 翻訳アプリというと、テキスト入力をイメージする人も多いでしょう。 勿論、Googleの翻訳機能にもテキスト入力機能が付いています。 使い方はとても簡単で、まずホーム画面で「タップしてテキスト入力」と記載されている部分をタップしてください。 この部分に翻訳したい文字を入力することで、すぐに指定言語へ翻訳される仕組みです。 とてもシンプルで簡単なので、初めて使うという人でも問題ありません。 元々なじみ深い機能だけに、すぐに覚えて使い勝手がよくなります。 基本機能として初めにしっかり試しておくようにしましょう。 機能5:会話モードで相互に話して翻訳 画像引用元: 異なる言語で相手と話をする場合、高い言語の壁に悩まされる人も多いでしょう。 その時に便利なのが、Google翻訳なのです。 違う言語で会話をする時に、音声識別でごくごく自然な感じに翻訳してくれる会話モード機能があります。 この機能を使うことで、違った言語という壁もなく、交互に発話を楽しむことが出来るのです。 使い方は、まずアプリのホーム画面からマイクアイコンをタップして、音声入力画面を開いてください。 画面の下のマイクボタンを押して、両方の言語が赤く表示されると、会話モードになるので、そのまま発話を楽しみましょう。 機能6:手書き文字で翻訳 画像引用元: 文字が読めなかったり、キーボード入力が難しい言語の場合、 手書き機能があると便利です。 Google翻訳では、この機能を使うことが出来ます。 まずホーム画面から手書きアイコンをタップしてください。 「お書きください」と表示されたスペースに手書きで文字を入力すると、上段に変換した文字が現れるのです。 該当する文字がなかったり入力の途中でも、表示される予測候補から選ぶことが可能なので、最後まで入力する手間が省けます。 文字を大きくしたい場合、スマホを横向きにするか、変換されたテキストカードの右下の枠のようなアイコンをタップすることで翻訳文字が全面に拡大されるので、利用してみてください。 機能7:タップして翻訳 タップして翻訳とは、 他のアプリを起動している時に、テキストをコピーすることで翻訳が行える機能です。 今のところAndroidだけ対応しているので、今持っているスマホがAndroidであれば使ってみてください。 まず、Google翻訳アプリで、タップして翻訳の設定をオンにします。 ホーム画面に「タップして翻訳」のカードが表示されている場合は、それをタップして表示された画面で「オンにする」をタップしましょう。 ホーム画面にカードが出てこない時は、設定マークメニューから「タップして翻訳」へ進み、「タップして翻訳を有効にする」をオンにすると、使用できるようになります。 テキストがコピー可能なアプリのみ利用できるので、このタイプのアプリであれば、使えて便利です。 次の章では Google翻訳機能をもっと便利に使う方法について説明します。 もっと便利に使うGoogle翻訳機能 旅行先で食事をしたい時、現地のレストランの評判を知りたいと思うこともあるでしょう。 その時にレストランの評判を検索して、口コミをコピーして、テキスト欄にペーストすると、その内容が翻訳できます。 地元の生の口コミ情報を知ることが出来るので、初めての旅先でも失敗なく食事を楽しむことが出来るでしょう。 又、ショッピングの際も、商品説明・パッケージ等をコピー&ベースとして翻訳すると、簡単に内容を理解することが出来ます。 音声機能では、タクシー運転手やレストランの店員・ホテルマン等との会話もスムーズに進んでトラブルを回避することが可能です。 Google翻訳をオフラインで使う基本的な方法 オンラインではなくいくつかの機能はオフラインでも使うことができます。 ただし日本にいる時のオフラインでの挙動と海外にいる時のオフラインの挙動には差があります。 ご注意ください! オフライン翻訳選択 通常、翻訳アプリはネット接続で利用できるのですが、Google翻訳ではオフラインでも翻訳機能を利用できます。 ネットに接続していない状態でも利用することができるので、どんなシチュエーションや場所でも使えて便利です。 ただし、オフラインでGoogle翻訳を使う場合、前もって準備しておく必要があります。 アプリをダウンロードしてから、まず「 オフライン翻訳」を選択しましょう。 右下にある歯車の形をしたボタンをタップすると、設定画面が出るので、そこからオフライン翻訳を選んでください。 それから画面右上にある「+」をタップすると、様々な言語が表示されます。 言語選択 通常では、日本語・英語ファイルの翻訳言語がダウンロードされていますが、それ以外の翻訳言語には対応していません。 例えば、スペイン旅行へ行く場合、スペイン語が必要ですが、この翻訳言語には対応していないので、「スペイン語」を選択してダウンロードします。 利用可能なすべての言語から「スペイン語」を選択すると、ダウンロードが簡単にできて、この機能はすぐに使えて便利です。 次に文字による翻訳機能の使い方として、日本語を打って、英語に翻訳する場合、「タップしてテキストを入力」に翻訳したい文章を入力してください。 文字を打って翻訳機能を使う場合も、音声ボタンを押すと英語で流れるので、代わりにしゃべってくれるため、とても便利なアプリなのです。 オフライン機能でできること オフラインだとオンラインの時より若干機能が制限されるものがあります。 その他にもオフラインになった時に機能が制限されるものを紹介します。 52言語の翻訳が可能 通常オンラインでは、103言語の翻訳が可能ですが、オフラインの場合は全ての翻訳はできません。 それでも、52言語の翻訳機能に進化しているので、かなり優れています。 以下の主要な言語は一通りカバーされているので、メジャーな国への旅行であれば特に問題はないでしょう。 イタリア語• 韓国語• 中国語 今後も利用できる翻訳言語は将来的に増えてくると思うので、オフラインでの使用に期待したいところです。 音声翻訳 文字を入力して翻訳するのではなく、音声によって識別されて翻訳をするという便利な機能です。 まず、翻訳アプリを開き、画面上部にある言語ボタンをタップして、原文・訳文の言語選択をしましょう。 マイクアイコンをタップして、ボタンがグレーになっていると音声入力による翻訳が対応しておらず、「お話してください」と表示されてから、翻訳内容を離してください。 しっかり活舌よく話すことで正しい翻訳ができますが、活舌が悪いと上手く翻訳されないので注意が必要です。 又、2か国語での会話を翻訳することも可能で、• 翻訳アプリを起動• 左上・右上表示の言語をタップ• マイクアイコンをタップ• 翻訳内容を話しかけると翻訳結果が音声で流れる• マイクアイコンをタップ• 会話が始まると一方の言語で話した内容がもう一方の言語に翻訳される• 翻訳を停止・開始する場合はマイクアイコンをタップ• 翻訳を終了する時は左上の戻るアイコンをタップ• 翻訳結果を履歴保存する場合は右矢印をタップ この工程通り行うと、正常な翻訳ができます。 文字翻訳 その名の通り、文字を打って翻訳する機能です。 テキストボックスに翻訳したい内容を入れて翻訳ボタンを押すことで、希望の言語に訳します。 活舌が悪く、思うように訳してもらえない場合、文字翻訳の方がおすすめでしょう。 翻訳したい文章は直接文字を打って入力する方法もありますが、既に文章がある場合、コピペして貼り付けてからタップするとスムーズに翻訳されて便利です。 カメラ翻訳 文字翻訳は文字を打つのが好きな人にとっては苦痛になりませんが、長文になってくるとやはり大変です。 そこで便利なのがカメラ翻訳です。 翻訳したい対象のテキストをカメラ内に映すだけで、その対象を設定した言語に翻訳してくれるという嬉しい機能になります。 この機能があると、言葉の分からない国へ行った時に、看板・標識をカメラスキャンすれば、あリアルタイムに翻訳してくれるので、道に迷うこともありません。 方向音痴で地図が読めない人にとっては、嬉しい機能と言えるでしょう。 次の章では 海外旅行で便利な機能について説明します。 海外旅行で便利な機能「写真で翻訳できる」 海外旅行での一番の不安は言語が違うということなので、翻訳機能はとても大事です。 とは言っても、いちいち文字を入力するのも面倒でしょう。 そこで便利なカメラ翻訳ですが、写真を使った翻訳も可能です。 例えば食品売り場で、欲しい食材をゲットするために、それらしい商品のラベルを撮影して翻訳してみましょう。 その商品の名前が分かり、失敗なく買い物をすることができます。 使い方は、言語設定をした後でカメラアイコンをタップし、指示に従って撮影をしてください。 訳してほしい部分を指でなぞるとその訳が自動的に出てきます。 これでその商品の名前を知ることができるでしょう。 海外で使う場合の注意点「基本オンライン状態でしか使えない」 日本でGoogle翻訳を使う場合、オフラインでも利用することができます。 しかし、 海外での場合、基本オフライン状態では使うことができないので注意が必要です。 これはGoogle翻訳アプリだけでなく、他の翻訳アプリでも同様に使えないようなので、そのことをきちんと把握してから海外に行かないと、後悔することになります。 そのため、旅先で使うには、海外用のWifiなどでネット環境を整えておく必要があり、旅の準備の際にネット環境も確認しておきましょう。 困ったときのシュミレーション翻訳 海外での翻訳に役立つアプリと分かっていても、実際に体験してみないと分からない点も多いでしょう。 そこで、海外で実際に翻訳アプリが必要になった時のシチュエーションを紹介します。 海外での観光は、地元のガイドブックを利用すると便利です。 しかし、勿論日本語ではなく現地の言葉なので理解できないことも多いでしょう。 まずGoogle翻訳アプリを起動して、訳したい文章を撮影します。 そのとき、「ここにテキストを合わせます」と水平になるようにしましょう。 そうすることでこのエリアだけでなく、他のエリアも訳してくれるのです。 そしてシャッターを押すと、1文字1文字自動で読み取ります。 訳してほしい箇所を指でなぞると、そこの部分がハイライトされて、日本語訳を把握することができるのです。 例えば、 「Cleaning. The house is cleaned before and after your stay, but we do ask you to please leave it tidy, wash and put away dishes. If the house takes extra cleaning time due to the state it has been left in then this cost will be charged to your credit card. 」 という英語の文章、長くて自分で訳すのは大変です。 これをGoogle翻訳アプリで自動翻訳してもらうと、 「 クリーニング あなたの滞在の前後に家をきれいにしていますが、きれいにしておき、洗っておいてください。 また、家具を移動した場合は元の位置に戻してください。 それが残っている状態のために家が余分な清掃時間を要する場合、この費用はあなたのクレジットカードに請求されます」 かなり精密で分かりやすく訳されていて、便利なことが分かるでしょう。 入れておいて損なし Google翻訳アプリで可能な言語は指定されていますが、英語は基本、全世界共通言語として使われているため、当然翻訳することができます。 又、逆に英語から日本語への翻訳も可能です。 完璧な翻訳とは言い切れませんが、海外旅行やビジネスの際に利用できる点では、アプリを入れておくことは特に問題がありません。 むしろ、入れておいた方が、もしもの時の安心に繋がるでしょう。 「Google翻訳」アプリの使い方のまとめ 海外旅行予定がある人や外国人と会話をする機会がある人は、日本語以外の言語を把握する必要があります。 しかし、わざわざ勉強するのも時間がかかり、面倒臭いでしょう。 そこで便利なのが、Google翻訳アプリで、数多くの言語を訳すことができるのが特徴的です。 テキスト入力が苦手な人は音声翻訳がおすすめ• カメラ機能で文章をなぞるだけで簡単翻訳可能• 海外ではオンライン接続時のみ利用できる これらの使い方をしっかりと理解した上で、Google翻訳アプリを活用してみましょう。

次の

Google 翻訳アプリの7つ機能と使い方を紹介

グーグル 翻訳 写真

面倒な外国語入力は不要! Google翻訳アプリのカメラ入力機能を使ったリアルタイム翻訳と、撮影した画像内のテキストをスキャンして翻訳する機能をご紹介します。 Google翻訳はテキスト入力や音声、手書きなど、様々な入力方法が用意されていますが、スマホアプリならではの機能として、カメラに写した文章をリアルタイムで翻訳することができます。 また、カメラで撮影した画像内のテキストを認識する機能を使うと、長い文章をわざわざ手で打ち込まなくても翻訳できるのでとても便利です。 文章の認識精度も十分で、英語だけでなく日本語や中国語もほぼ完璧に読み取ってくれます。 完全リアルタイム翻訳はちょっと怪しげですが、撮影した画像からテキストを認識させると、かなり精度の高い翻訳になります。 海外旅行だけでなく、ちょっとした文章の翻訳にも便利ですよ。 Google翻訳アプリ カメラ入力を使う Google翻訳アプリは英語や中国語、スペイン語をはじめ、100を超える言語の翻訳が可能で、テキスト入力や音声、手書き、カメラ入力にも対応した便利な翻訳アプリです。 インターネットに接続できる場所であれば世界中どこへ行っても使えるので、単語の意味を調べたり、ちょっとした文章の翻訳、外国人との会話もGoogle翻訳があれば対応できます。 今回はGoogle翻訳アプリのカメラ入力を使って、モスバーガーのトレー紙を翻訳してみました。 トレイ紙には英語、中国語、韓国語、日本語の4ヶ国語で同じようなことが記載されているので、カメラ入力をテストするにはちょうどいい素材です。 では、Google翻訳アプリを立ち上げて、カメラ入力で翻訳してみましょう。 使い方は簡単、翻訳したい言語を選んでから「カメラ入力」をタップします。 あとは翻訳したい文章にスマホのカメラを向けると、自動的に翻訳してくれます。 これらの言語を手で入力するのはとても面倒ですが、スマホのカメラで撮影するだけで、どんな言語でもあっという間に翻訳できるので便利です。 インスタントカメラ機能でリアルタイム翻訳 まずは文章にカメラを向けるとリアルタイム翻訳ができるインスタントカメラ機能を使います。 Google翻訳のカメラ入力を使うと、自動的にリアルタイム翻訳が始まります。 ただし、改行を認識しないのでまとまった文章の翻訳には向きません。 短い文章や単語向けの機能です。 レストランのメニューを翻訳するぐらいなら何とか使えそうですね。 リアルタイム翻訳は翻訳内容がすぐ変わるので読みづらいですが、右下のポーズボタンで翻訳を一旦ストップすると、じっくり翻訳文を読むことができます。 インスタントカメラ機能は目のマークをタップすることで、オンオフの切り替えができます。 その右は暗い場所で使う照明ボタンと、細かい文字を拡大するズームボタンです。 リアルタイム翻訳は、翻訳したい言語のオフライン翻訳ファイルをダウンロードしておくと、インターネット接続のない場所でも使えます。 カメラで撮影した画像を翻訳 Google翻訳は画像内の文章をスキャンして翻訳することもできます。 翻訳はもちろん、テキストの認識精度も非常に高いので、撮影した画像で翻訳するほうが便利です。 下の赤い撮影ボタンで翻訳したい文章を写すと、画像をスキャンしてあっという間に英語のテキストを抽出してくれます。 スキャンが終わると「指でテキストをハイライト表示します」の表示と共に、認識されたテキストが白で囲われます。 指で翻訳したい部分をなぞると、翻訳文が表示されます。 テキストをすべて翻訳する場合は、下の全選択ボタンをタップしてください。 翻訳文の脇にある右矢印をタップすると、テキストと翻訳文が全て表示されます。 テキストの英語が完璧に認識されていることがわかります。 翻訳された日本語の文章もそれほど違和感はなく、十分に意味が伝わります。 アルバムから他の写真を選択して翻訳することもできます。 左下の画像ボタンをタップして、アルバム内の写真を選ぶと、自動的にスキャンが始まります。 ただし、画像の翻訳はインターネット接続がないと使えないのでご注意を。 中国語・韓国語も翻訳できる Google翻訳のカメラ入力は、英語以外の言語も使えます。 インスタントカメラ機能のリアルタイム翻訳は対応しない言語が多いですが、画像から翻訳すれば大抵の言語同士で翻訳できます。 まずはトレー紙の中国語と韓国語をリアルタイム翻訳してみましたが、カメラを向けても反応はありません。 どうやら日本語はリアルタイム翻訳できないようです。 オフライン翻訳ファイルをダウンロードすると、英語のみリアルタイム翻訳が可能になります。 フランス語やスペイン語なども試してみましたが、使えるのはやはり英語だけでした。 でも一度撮影してからスキャンすると、およそ50言語の翻訳が可能になります。 カメラを横に向けて撮影しても、ちゃんとテキストとして認識してくれます。 韓国語のテキストと日本語の翻訳文です。 ハングル文字がきちんと認識され、翻訳もほぼ意味の通じる文章になっています。 中国語のテキストと翻訳文です。 こちらもテキストはバッチリ、翻訳も一部おかしなところがありますが、全体の意味は通じます。 固有名詞もちゃんと翻訳してくれました。 モスバーガーは中国語で「摩斯汉堡」って言うんですねぇ。 Google翻訳アプリ カメラ入力で使える言語数 Google翻訳は、テキスト入力であれば100を超える言語の翻訳が可能で、インターネット接続なしで翻訳できるオフラインは59言語(2019年7月現在)に対応しています。 また、カメラ入力によるリアルタイム翻訳は38言語、撮影した写真をスキャンして認識させるテキスト翻訳は50言語に対応しています。 フランス語、ドイツ語、アラビア語、ロシア語などには小サイズのファイルが用意されているので、英語からすぐにリアルタイム翻訳できるようになります。 また、撮影した画像を翻訳すれば、さらに翻訳精度が上がります。 入力や読み取りが難しい日本語や中国語もほぼ完璧に認識してくれるので、文字入力の手間が省けます。 Google翻訳アプリは翻訳機能だけでなく、カメラ入力による画像認識も優れています。 メジャーな言語であれば、スマホのカメラで撮影するだけで翻訳できるので非常に便利です。 海外旅行や出張などの際は、ぜひ一度Google翻訳アプリを使ってみてください。 Google翻訳アプリの詳しい使い方を紹介しています。 よかったらご覧ください。 他にもGoogle翻訳の便利な機能や使い方を以下で紹介しています。

次の