デリケートゾーン 黒ずみ ワセリン。 【医師監修】デリケートゾーン(陰部)の黒ずみを解消したい!VIOを美白したい女子へ

【デリケートゾーンの黒ずみに効く!】市販クリームランキング10選

デリケートゾーン 黒ずみ ワセリン

ちなみに、薬局などでよく見かける青いキャップのユニリーバの「Vaseline ヴァセリン 」は黄色ワセリンに当たります。 デリケートゾーンは皮膚が薄く繊細なので、できれば最も精製度の高いものを使用することをおすすめします。 精製度の低いものをデリケートゾーンに使用すると、人によっては湿疹やかぶれ、かゆみなどの原因になる場合も。 肌に刺激が加わると、バリア機能が破壊され、黒ずみが悪化する可能性もあります。 黒ずみケアのために塗ったワセリンで、「黒ずみが悪化した」なんてことになったら悲しいですよね。 また、デリケートソーンに使用するワセリンは、ジャータイプのものだと、使用のたびに手を入れることになり不衛生なので、できればチューブタイプのものを選ぶといいでしょう。 以上の点を考慮し、デリケートゾーンの黒ずみケアにおすすめのワセリンを4つご紹介したいと思います。 値段は少し高いですが、肌への刺激がほとんどなく安心して使用することができます。 チューブタイプなので雑菌も繁殖しにくいため、デリケートゾーンにもおすすめ。 ドラッグストアなどで手に入りやすいので便利。 一度塗れば肌に長い時間とどまるので、1日1回でも十分な効果が得られます。 他のクリームと比較してのびが悪いので、ついこすってしまいがちですが、こすらずに優しく押し込むようにしましょう。 ワセリンは粘膜に塗っても基本的には問題はありませんが、粘膜部分は特にデリケートなため、「サンホワイト」などの、できるだけ精製度の高いものを使用するようにしましょう。 デリケートゾーンの黒ずみケアに「ワセリンを使っている」という口コミはある? デリケートゾーンの黒ずみケアに、ワセリンを使っている方はいるのでしょうか。 口コミサイトや、各種ショッピングサイトのレビューなどをチェックしてみました。 サンホワイトをデリケートゾーンの保湿に使っています。 乾燥によるかゆみには効果がありましたが、黒ずみはそんなに変化なしです。 下着のゴムの部分が肌荒れを起こして黒ずんでいるので、白色ワセリンをぬって保護しています。 肌あれは少しよくなり、黒ずみもマシになってきた気がするのですが、下着についたワセリンがなかなか洗濯でおちないので苦労しています。 デリケートゾーンの黒ずみにワセリンが効くと聞いて使ってみましたが、べたつきがすごくて、すぐにふき取ってしまいました。 私はもっと軽いテクスチャーものが好みです。 ワセリンのデリケートゾーンへの黒ずみの効果は?なぜ黒ずみ対策になるの? 次は、ワセリンをデリケートゾーンの黒ずみに塗ることが「なぜ黒ずみ対策になるのか」ということについて考えていきたいと思います。 乾燥すると、肌はバリア機能が壊れたり、ターンオーバーが乱れ、黒ずみの原因になります。 ワセリンでしっかりと保湿をすることで、黒ずみ予防になります。 摩擦が生じると、肌は自らを守ろうとし、メラニンを過剰に生成するため黒ずみに。 ワセリンで肌を保護しておくことで、摩擦による肌ダメージを軽減し、黒ずみを予防することができます。 ワセリンは赤ちゃんも使えるほど、低刺激な保湿剤です。 デリケートゾーンのように特に皮膚が薄く敏感な箇所は、少しの刺激でも炎症を起こしやすいので、とにかく「刺激をあたえることなく保湿すること」が黒ずみ解消への近道です。 「低刺激」という点でいえば、ワセリンは他のどの保湿剤より優れているので、その点でも黒ずみを予防することができます。 ワセリンで「デリケートゾーンの黒ずみケア」をすることのデメリットとは? 続いて、「デリケートゾーンの黒ずみ」をワセリンでケアすることに、どんなデメリットがあるか考えてみましょう。 アンダーヘアにワセリンが絡んだり、落とす際に、石鹸やボディーソープなどでごしごし洗ってしまいがちになることも。 洗いすぎは刺激になり、黒ずみを悪化させる原因になります。 ワセリンは油そのものなので、乾燥してカサカサになった肌にうるおいを与えたり、肌をやわらかくするという役割を果たすことはできません。 あくまで油でフタをし「保護する」という役割のみを担うもの。 乾燥した肌には油だけでなく水分も必要です。 ワセリンだけでは表面はしっとり潤っているような気がしても、肌の内部は乾燥しているということも。 油分だけをたっぷり与えてしまうとバランスが崩れ、湿疹ができたりする可能性もあります。 白色ワセリンは代表的な閉塞剤です。 塗布直後の角質水分増加作用はありません。 デリケートゾーンの黒ずみをより積極的に解消するには、メラニンの生成を抑える美白成分が配合されていることが必要です。 デリケートゾーンの黒ずみは、油分を与えるだけでなく水分や美白成分もしっかり補うことができ、かつ安全に使用できる「専用のクリーム」を使用するようにしましょう。

次の

デリケートゾーンの保湿にワセリンを使っても大丈夫?かゆみや黒ずみへの効果はある?

デリケートゾーン 黒ずみ ワセリン

デリケートゾーンにワセリンを塗ってもいい?• 2019年1月15日• デリケートゾーンの乾燥によるかゆみやその予防目的で、ワセリンを塗ってもかまいません ワセリンは肌の水分を維持し、乾燥を防いだり改善したりする働きが期待されるスキンケアアイテムです。 乾燥が原因のかゆみはデリケートゾーンへ薄く塗ることでやわらぐことがあり、ほかにもヘアを整える前にワセリンを塗っておくと肌への刺激をやわらげます。 もしワセリンを塗り続けてもかゆみが緩和されなければ、下着や衣服が体に合っていないか生地が刺激を与えている可能性があるため、見直しましょう。 それから電気シェーバーやヒートカッターを使う時にもワセリンを先に塗っておくと、肌保護に役立ちます。 肌に素材が合わない 化学繊維が肌に合わない、デザインによって肌がチクチクするなど下着の素材が肌に合わないことも黒ずみを引き起こす原因になります。 そのため直接身に着ける下着を選ぶ時は素材を確認し、肌に触れる部分に肌へ刺激を与えそうな飾りがないかをチェックしてから購入しましょう。 もし素材が肌に合わないとかゆみが起きやすく、ひどくかくことにより肌は強い刺激を受けるため、肌を守ろうとしてメラニンが発生し黒ずみとなってしまいます。 したがって肌に優しい素材、たとえば綿製の下着を選んだり直接下着全体を触ってからの購入がおすすめです。 ヘアのお手入れはワセリンを使うだけでなく他の方法もあります ヘアの形を整えるために、ワセリンを塗ってからお手入れすると肌の保護になりますが、合わせてそれ以外の方法も行うと肌に優しいケアにつながります。

次の

デリケートゾーンの保湿にベビーオイルを使って大丈夫?黒ずみに効果あるって本当?

デリケートゾーン 黒ずみ ワセリン

デリケートゾーンは体の中でも、とても敏感で繊細な部位です。 そのため、トラブルや悩みも発生しやすい特徴があります。 「デリケートゾーンがかゆい」 「黒ずみが気になるし、ひどくなっている気がする」 「性交痛がひどくて、苦痛・・・」 「なんだか、ヒリヒリする時がある」 こういった悩みを抱えている多くの場合は、乾燥が原因です。 実は、ホホバオイルがそういった悩みを助けてくれる可能性があります。 今回は、デリケートゾーンとホホバオイルの関係についてご紹介します。 デリケートゾーン、女子の悩み「黒ずみ・乾燥・かゆみ」の原因とは? デリケートゾーンに起こる女子の悩みともいえる「黒ずみ」「乾燥」「かゆみ」には、多くの原因があります。 乾燥が「黒ずみ」や「かゆみ」を引き起こすことが多いのですが、デリケートゾーンが乾燥するには理由があります。 特に、 デリケートゾーンは身体の他の部位に比べて、皮膚が2~3倍ほど薄い構造になっています。 顔のまぶたの皮膚よりも薄いといわれるほどなので、本当はとっても敏感な部位なんです。 そのため、ちょっとした刺激でも影響を受けやすく「乾燥」や「かぶれ」を引き起こし、それが「黒ずみ」や「かゆみ」になりやすいのです。 ということは、 もともと私たちの体が作り出す成分とほとんど同じ、と言っても過言ではありません。 私たち人が持つ成分と同じということは、体に使用しても刺激になることはほとんどありません。 そのため、どんな肌質の人にも適合するといわれています。 皮脂の成分と近いことから、お肌に馴染みやすく、すっと肌の奥まで浸透してくれます。 デリケートゾーンのような敏感な部位でも使用することができるのは、ホホバオイルの成分が私たちの皮脂に似ているからなのです。 2 粘膜との親和性が高い ホホバオイルはとても親和性の高いオイルといわれています。 親和性とは、「ある物質が他の物質と容易に結合する性質や傾向」のことを言います。 カンタンに言うと、他の物質と馴染んだり、混ざったりしやすいということです。 ホホバオイルは親和性の高いオイルで、粘膜や水分との馴染みもバツグンです! そのため、デリケートゾーンに使用しても「サラッ」として着け心地を保ちます。 もともとデリケートゾーンは生理の経血や、おりものによって「かぶれ」などを引き起こしやすい特徴があります。 ワセリンなどを使うと粘度が高いため、ベタっとしたような感覚になります。 ホホバオイルのようなサラッとしたつけ心地のオイルを使うことで、そういった「かぶれ」や「ムレ」を引き起こす可能性も低くなります。 3 バツグンの保湿力 お肌を潤す際に、もっとも大切なのは「水分」と「油分」のバランスです。 乾燥しやすいお肌は、お肌の表面が荒れてしまい、水分が外に逃げ出しやすい状態を作っています。 そのため、保湿を繰り返しても水分が外に逃げ出してしまい、お肌が乾燥した状態のままなのです。 この状態を改善するには、保湿をした後に「油分」を使用して「水分」を肌の内側にとどめておくことが大切。 ホホバオイルはそういった水分が逃げることを防ぎ、肌の内側に水分をキープする働きをしてくれます。 ホホバオイルを使うことは、お肌を潤すために必要な油分を補うということなのです。 4 細菌感染も防ぐ、優秀オイル ホホバオイルは、アトピーなどの炎症を引き起こすバクテリア(細菌)5つを破壊するといわれています。 そのため、アトピーの炎症を予防・改善する治療にも使われています。 また、お肌が潤うことで肌の「バリア機能」を高めてくれます。 それは、外部からの異物や細菌に対しても「抵抗力」がついているということ。 ホホバオイルを使うことで、細菌感染や炎症を抑えたり、肌荒れの悪化を予防する効果が期待できます。 ホホバオイルは世界一安全なオイルと言われており、とても安全性の高いオイルなのです。 MEMOデリケートゾーン専用の保湿剤を使うことで、お肌に水分を補給することができます。 その上からホホバオイルを塗ることで、その保湿成分をお肌にとどめることができるのです。 このように、お風呂上りに使用することによって、ホホバオイルに不足されている「加湿」する成分を補うことができます。 お風呂上りは身体が水分を吸い込み、お肌が水分を保持している状態です。 この状態を保つために「ホホバオイル」を使って水分が逃げないように手助けをしてくれます。 また、お風呂上り以外に使用する場合は「加湿」してくれる成分を一緒に使用しましょう。 お肌に「加湿」をしてくれる保湿成分が含まれているものを使用することで、お肌に水分が補給されます。 それを逃がさないように、ホホバオイルで補助をしてあげるということです。 ホホバオイル、デリケートゾーンに使う場合は選び方も大切! ホホバオイルはデリケートゾーンにも使える、とても貴重な刺激の少ないオイルです。 ただ、ホホバオイルには2種類のホホバオイルがあります。 正しい方を選ばないと、使用後に大変なことになる可能性もあるので、要注意です! 1つは精製された透明のオイル。 有名なのは「無印良品」で販売されているものですね。 色は透明をしており、高温で加熱処理をされたもの。 2つ目は、未精製のホホバオイルで「ゴールド(金色)」をしています。 こちらは、加工が一切されていないホホバオイルで、高品質のホホバオイルはこのような色をしています。 なにより、 スキンケアに必要な栄養素や成分は、ゴールデンにしか含まれていません。 精製されたホホバオイル(無色透明)だと、新陳代謝を促す栄養が含まれていないため、ターンオーバーが促進されず、デリケートゾーンのケアには不向きなのです。 デリケートソーンの乾燥を改善・予防するには、保湿効果を高め、肌のターンオーバーを正常化させることが大切です。 そのため、栄養が含まれている未精製のホホバオイル(金色)の方が、デリケートゾーンのケアにはおススメです。 また、デリケートゾーンに使用する場合は、ゴールデンホホバオイル(金色)の中でも「安全性」が高いものを選ぶことが必須です。 ホホバオイルの中でも、オーガニック認定を受けた高品質のものは「 」がおススメ。 国内で販売されているホホバオイルで、このオーガニック認定を受けたものはこのオイルだけです。 デリケートゾーンの状態で、お肌のハリツヤが変わる!? デリケートゾーンは、乾燥を予防・改善することで「かゆみ」「黒ずみ」などのトラブルを予防・改善することができます。 また、デリケートゾーンの状態が整うことで、全身の肌ツヤにも影響が出る場合があります。 それは、デリケートゾーンのトラブルが改善して、精神的に余裕が出たり、パートナーとの関係が良好になることが影響することがあるからです。 デリケートゾーンのトラブルを予防改善することは、毎日を明るくすることでもありまう。 ただ、デリケートゾーンに起こる「かゆみ」「黒ずみ」の原因は、乾燥だけではありません。 デリケートゾーンは、高温多湿になりやすい環境をしており、「かぶれ」によっても「かゆみ」は引き起こされます。 衣類などに覆われることによって高温になりやすく、汗をかいてムレやすくなっています。 その上、生理による経血やおりものによって、より多湿になります。 下着やナプキンによる摩擦でデリケートゾーンは「かぶれ」や「かゆみ」を感じやすくなるのです。 こういったデリケートゾーンの「乾燥」「かぶれ」「かゆみ」「黒ずみ」には多くの原因が考えられるのです。 そのため、デリケートゾーンを正しくケアをしてあげることが、デリケートゾーンのトラブルを改善・予防することにつながります。 そのため、絶対に「乾燥」だけが原因とは言い切れません。 こういったトラブルを総合的に予防するためには、毎日の正しいケアが必要です。 特に「」や「」、そして「デリケートゾーンを清潔に保つ」ことが必須! ほんの少しのことに気をつけるだけでも、デリケートゾーンの環境を整えることができるので、次の記事をぜひ参考にしてみてください。

次の