ダニー アイエロ。 スパイク・リー監督作『ドゥ・ザ・ライト・シング』【クライテリオンNEWリリース】

人物情報

ダニー アイエロ

ある街で起こる殺人事件をきっかけに交錯する男女の2日間の人間模様を描いた群像劇。 監督・脚本は「セカンド・チャンス」(83、脚本)『NYナイトハンター 女子学生殺人事件』(V、93、監督)、「タービュランス 乱気流」(脚本)などのジョン・ハーツフェルドで、彼の劇場映画デビュー作。 製作はジェフ・ウォルドと「ロッキー3」のハーブ・ナナス。 製作総指揮はキース・サンプルズとトニー・アマテュロ。 撮影は「ターミナル・ベロシティ」のオリヴァー・ウッド。 音楽は「アンダーワールド」のアンソニー・マリネリがスコアをつとめ、音楽監修をアンドリュー・レアリーが担当。 美術はキャスリン・ハードウィック。 衣裳は「ザ・エージェント」のべッツィ・ハイマン。 出演は「クラッシュ」のジェームズ・スペイダー、「訣別の街」のダニー・アイエロ、「アナコンダ」のエリック・ストルツ、「グース」のジェフ・ダニエルス、「ヘブンズ・プリズナー」のテリー・ハッチャー、「ネイキッド」のグレッグ・クラットウェル、「ゲッティング・イーブン」のグレン・ヘドリー、「ニック・オブ・タイム」のマーシャ・メイスン、「マイアミ・ラプソディー」のポール・マザースキー、「すべてをあなたに」のチャーリーズ・セロンほか。 また、キース・キャラディン、ルイーズ・フレッチャーらが特別出演。 監督 出演キャスト 富豪の美女と結婚を決めながら、相手の妹を愛してしまい、存在しない双子の弟になりすまし、ひとり二役で姉妹両方とつきあおうとして悪戦苦闘する様を描いたラヴ・コメディ。 ユーモア・ミステリーの異才ドナルド・E・ウエストレイクの『二役は大変!』(邦訳・ハヤカワ文庫刊)を、「エビータ」のアントニオ・バンデラス、「透明人間」のダリル・ハンナ、「ミルク・マネー」のメラニー・グリフィスの主演、「ベルエポック」のフェルナンド・トルエバの監督・脚本(ダビッド・トルエバと共同)で映画化。 製作は「ビースト 獣の日」のアンドレ・ビセンテ・ゴメス、クリスティーナ・ウェテ、トルエバの共同。 撮影は「ベルエポック」のホセ・ルイス・アルカイネ。 音楽は「ブロードキャスト・ニュース」のミシェル・カミロで、軽快なラテン・ジャズ調のスコアは聴きもの(エンド・クレジットでは演奏場面も)。 共演は「レオン」のダニー・アイエロ、「9か月」のジョーン・キューザック、「ナイト・アンド・ザ・シティ」のイーライ・ウォーラックほか。 監督 出演キャスト カリスマ的なNY市長とその補佐官を軸に、腐敗した政界の人間模様をサスペンス・タッチで描いた骨太なエンターテインメント。 83年から2年間、エド・コッチ元NY市長の下で助役を務め退官後は会社経営のかたわら、映画「ウォール街」の原作などを手掛けるケン・リッパーのオリジナル・シナリオを、「カッコーの巣の上で」「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のボー・ゴールドマン、「キャット・ピープル」のポール・シュレイダー、ニコラス・ピレッジがリライト。 監督には「シー・オブ・ラブ」「冷たい月を抱く女」のハロルド・ベッカーがあたった。 製作は「ウォール街」「ストリートファイター」のエドワード・R・プレスマンと、リッパー、ベッカー、チャールズ・マルヴェヒルの共同。 撮影は「愛と哀しみの旅路」などアラン・パーカー作品で知られるマイケル・セラシン、音楽は「トゥルーナイト」のジェリー・ゴールドスミス、美術は「摩天楼を夢みて」のジェーン・マスキン、編集はロバート・C・ジョーンズとデイヴィッド・ブレザートン、衣裳はリチャード・ホーナングが担当。 主演は「シー・オブ・ラブ」「ヒート」のアル・パチーノと「ケロッグ博士」のジョン・キューザック。 共演は「ケロッグ博士」のブリジット・フォンダ、「レオン」のダニー・アイエロ、「エド・ウッド」のマーティン・ランドーほか。 監督 出演キャスト 凄腕の寡黙な殺し屋と12歳の少女の純粋な愛を、スタイリッシュなアクション・シーンを交えて描いた一編。 初長編「最後の戦い」以来、「サブウェイ」「グラン・ブルー」「ニキータ」「アトランティス」と、1作ごとに注目を集める現代フランス映画界の寵児、リュック・ベッソンが初めてアメリカを舞台に選び、ワールド・ワイドな展開を試みた(台詞は英語)。 脚本・監督はベッソン、エグゼクティヴ・プロデューサーは実父のクロード・ベッソン。 撮影は、監督とは「ニキータ」に続いて2作目となるティエリー・アルボガスト、音楽は「最後の戦い」から全作品に参加しているベッソンの盟友エリック・セラで、主題歌はスティング&ドミニク・ミラーの『The Shape of my Heart』。 美術はダン・ウェイルが担当。 主演は「最後の戦い」以来、ベッソン作品には欠かせぬ俳優であるジャン・レノと、オーディションで2000人を越える中から選ばれてデビューした、13歳のナタリー・ポートマン。 「ドラキュラ 1992 」「トゥルー・ロマンス」「蜘蛛女」と出演作が相次ぐゲイリー・オールドマンが悪徳麻薬取締官に扮して怪演するほか、アカデミー助演男優賞候補の「ドゥ・ザ・ライト・シング」や「ジャック・ルビー」のダニー・アイエロが手堅い助演ぶりを見せる。 後に22分長いディレクターズカット版が製作されている。 監督 出演キャスト 世界の最先端モードの殿堂、パリ・コレクションの会場を舞台に、ファッション業界内部とそれを取り巻くマスコミ周辺の狂騒ぶりを描いた1編。 監督・製作は「ザ・プレイヤー」でハリウッドに復帰したロバート・アルトマン。 彼が84年に初めてパリ・コレを訪れて以来想を練っていた企画で、「ナッシュビル」「ウエディング」「ショート・カッツ」などで発揮された、彼が得意とする限定された場所での群像劇のスタイルを取っている。 いつものアルトマンらしいシニカルな味は後退し、オールスター映画にふさわしいにぎやかなタッチが特色。 脚本はアルトマンとバーバラ・シュルガッセの共同、撮影は「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」など7本でも監督と組んだピエール・ミニョーとジャン・ルピーヌ、美術は監督の実子スティーブン・アルトマン。 音楽は「シェルブールの雨傘」の巨匠ミシェル・ルグランがオリジナル・スコアを書き、ローリング・ストーンズ、ジャネット・ジャクソン、テレンス・トレント・ダービー、U2から日本のピチカート・ファイヴに至るまで、世界のアーティストたちの楽曲が全編に流れる。 94年のパリ・コレにカメラを持ち込み、ジャン・ポール・ゴルチエ、ソニア・リキエル、三宅一生らのデザイナー、ナオミ・キャンベル、クラウディア・シファーらのスーパーモデルが続々と実名で登場するのも話題に。 監督 出演キャスト.

次の

人物情報

ダニー アイエロ

概要 [ ] 筋書きは、、歴史ミステリーに加え、1960年代のの出演映画『』に出てくるような一風変わったテクノロジー、これら要素が下敷きとなっている。 ちなみにコバーンは本作で悪役を演じている。 また、実写映画でありながら風のスラップスティック(コミカルな)を多用しているほか、主人公ハドソン・ホークと相棒トミー・ファイブ=トーンが協力して別々の作業へ取りかかるときは時間を計るために2人で歌を歌うなど、いくつかの特徴的な仕掛けが施された。 2人が劇中で歌ったの "Swinging on a Star"(星にスイング)、の "Side by Side"(サイド・バイ・サイド)はにも収録されている。 ホークは出所初日を祝って好物のへありつこうとするが、保護観察官ゲイツ、零細マフィアのマリオ・ブラザーズ、のキャプランとその部下たちから美術品を盗み出すように寄ってたかって脅迫を受け、カプチーノはお預けのまま拉致されてに送られる。 この映画では全篇通して、ホークがカプチーノを飲もうとするたびに邪魔が入る。 それら何人もの手駒を裏で操っていたのはローマのに本社を置くサイコパシー・アメリカン・コーポレーションの経営者メイフラワー夫妻とその一味だった。 メイフラワー夫妻は、が発明したとされるを実現した機械 "La Macchina dell'Oro"(黄金製造機)を再現することで世界征服の企みをめぐらせていたが、黄金製造機を稼働させるためにはダ・ヴィンチが生前に自らの作品、、ヘリコプターの模型に隠した特別なを集める必要があり、ホークに夜盗をやるよう脅した理由がそこにあった。 一方での秘密員、修道女アンナ・バラグリーはCIAと手を組んで、ダ・ヴィンチの3つの作品に執着するメイフラワー夫妻の狙いを探っていた。 そしてホークをメイフラワー夫妻の手先とみて密偵についていたものの、CIAこそメイフラワー夫妻と裏で手を組んでいたと知り、ただこき使われていただけのホークを援護する側にまわってゆく。 CIA、メイフラワー夫妻、ホークらの思惑が交錯し、最後は黄金製造機が再現されたダ・ヴィンチ城での三つ巴の大決闘で映画はクライマックスに向かう。 キャスト [ ]• トミー・ファイブ=トーン -• アンナ・バラグリー -• ジョージ・キャプラン -• ダーウィン・メイフラワー -• ミネルバ・メイフラワー -• アルフレッド - ()• スニッカーズ -• キットカット -• バターフィンガー -• アーモンド・ジョイ -• ゲイツ -• シーザー・マリオ -• アントニー・マリオ -• イッグ - ()• ウーク - ()• 枢機卿 - ()• 監督:• 製作総指揮: ()• 製作:• 原案:ブルース・ウィリス、ロバート・クラフト• 脚本:、• 音楽:、ロバート・クラフト• プロダクション・デザイン:• 撮影:• 編集:、 制作 [ ] は制作日誌を詳細にわたって記した自伝 "With Nails: The Film Diaries of Richard E. Grant" のなかで、本格的な撮影期間中も脚本・構想にひろく修正がくわえられ、製作側がその場しのぎの性格を帯びていたことを指摘。 またも雑誌のインタビューのなかで、台詞を頭にいれることより製作側の突然の要求に柔軟な対応ができるよう準備していた、ということを述べている。 は1990年代のドル箱スターの1人という地位に登りつめていたが、脚本にまで手を出した作品は後にも先にも本作だけである。 評価 [ ] 映画は概して評論家の否定的な論評と興行成績の失敗というかたちで評価され、では作品賞、監督賞、脚本賞の3部門にわたって受賞を果たした。 興行成績が失敗に終わった理由のひとつは、路線という明確な意図があったにもかかわらず、本作公開の1年前に成功をおさめた『』のようなとして売り込んでいたことである。 実際、北米圏のは劇場公開時にあった「襲いかかる興奮」の文句が、ビデオソフト発売時に「襲いかかる爆笑」へ置き換えられた。 派生作品 [ ] サウンドトラック [ ] 劇中で使用された楽曲はマイケル・ケイメンが作曲・指揮を手がけ、全11曲を収めたが米国盤は1991年6月11日にから、日本盤が同年9月1日にからリリースされた。 Hudson Hawk Theme - 05:38• Swinging on a Star - ブルース・ウィリス、ダニー・アイエロ 02:53• Side by Side - ブルース・ウィリス、ダニー・アイエロ 02:18• Leonardo - 04:55• Welcome to Rome - 01:46• Stealing the Codex - 01:58• Igg and Ook - 02:22• Cartoon Fight - 02:54• The Gold Room - 05:57• Hawk Swing - 03:41• Hudson Hawk Theme [Instrumental] - 05:18 コンピュータゲーム [ ] 劇場公開後、映画を原作としたソフトが複数のゲーム機に向けて発売された。 日本ではが1991年12月27日に版、1992年3月13日に版のゲームソフトを発売。 北米をはじめとするその他の地域では、1991年にソニー・イメージソフト(1990年代初頭にが立ち上げた子会社、を参照)が版やゲームボーイ版、オーシャン・ソフトウェアが版、版、版、版のゲームソフトを発売した。 内容はオークションハウスやバチカンからスフォルツァ騎馬像、手稿を盗みに入るという映画のストーリーに準じており、プレイヤーが主人公ホークとなってオークションハウスの屋根から落とそうとするダックスフント、警備員、カメラマン、修道女、テニスプレイヤー(おそらくダーウィン・メイフラワー)など、変わり種の敵たちと対決するである。 脚注 [ ]• ソニー・ピクチャーズ. 2008年7月14日閲覧。 2008年7月14日閲覧。 日本テレビ版では、シュークリームという名前に変更された。 日本テレビ版では、マシュマロという名前に変更された。 日本テレビ版では、アーモンドチョコという名前に変更された。 「Talk about Hudson Hawk」『』第1065号、、1991年9月、 53頁、 2008年10月9日閲覧。 原曲の歌詞通りに歌っていないため曲の長さが原曲と異なる。 劇中の台詞にもある通り、5分32秒が原曲の長さ。 劇中の台詞にもある通り、6分ちょうどが原曲の長さ。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

映画「LEON(1994)」を2018年にレビューしてみた

ダニー アイエロ

ダニー・アイエロ 死去、内容 家族はCNNに寄せた声明で「最愛の夫であり、父親、祖父、役者、ミュージシャンでもあったダニー・アイエロが短い闘病の末に昨晩死去したことを、深い悲しみとともに報告する」と言及。 プライバーへの配慮を求めるとともに、葬儀の日程については後日発表すると述べました。 アイエロさんは「月の輝く夜に」や「ゴッドファーザーPART2」など多数の映画に出演し、米歌手マドンナの楽曲「パパ・ドント・プリーチ」の音楽ビデオでは父親役を務めました。 ニューヨーク市マンハッタン生まれ。 縫製の仕事をする母と労働者の父の間には6人の子どもがいて、下から2番目だったという。 母親はイタリア南部ナポリ出身で、15歳の時に父親と結婚していた。 学校は8年生(中学2年生)で中退し、雑用仕事をしていたという。 少年ギャング団の一員としてボウリング場に盗みに入ったこともある。 16歳のとき、年齢を偽って陸軍に入隊するとドイツに派遣され、3年後に名誉除隊となった。 帰国後の1955年に結婚して身を落ち着けた。 米紙ニューヨーク・タイムズによれば、マンハッタンのバスターミナルでの仕事に就くとそのキャラクターですぐに有名になったが、その後10年間は家族は生活に苦労したという。 家族を養うために盗みに入ったこともあると告白している。 だが、コメディークラブでの仕事で声を掛けられ、司会などを担当するようになり、パフォーマーとしての道が開けていったという。 オーディションを経て、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」「アパッチ砦・ブロンクス」など様々な映画に出演。 100以上の役でスクリーンに登場したが、中でも出色は「ドゥ・ザ・ライト・シング」での演技です。 黒人住民の多い地域でピザ屋を経営する男性を演じて観客の共感を呼び、アカデミー賞候補に挙げられた。

次の