ブロッコリー ゆで 時間。 ブロッコリーのゆで方! レンジ・フライパンどっちもあり?|食材/食品ハンター

【決定版】ブロッコリーの茹で方/茹で時間ガイド。レンジ加熱も解説

ブロッコリー ゆで 時間

スポンサーリンク ブロッコリーの茹で方や切り方 ブロッコリーはアブラナ科の緑黄色野菜でキャベツの仲間で旬は秋から春にかけてです。 選ぶ時はつぼみが黄色くなっていない濃い緑色の物を選びましょう。 茎が太く切り口が変色していない物がおすすめです。 ビタミンBやビタミンCとカロテンや鉄分を豊富に含んでいて栄養価も高い食材であのつぶつぶが集まった部分は何とお花のつぼみの部分になるんです。 ちょっぴり硬めにゆでてマヨネーズやドレッシングで頂くととても美味しいですよね。 ブロッコリーの洗い方 ボールなどに水を張りブロッコリーの茎を残したまま幾つかに小分けしてから水の中に入れ小刻みにゆすって虫がいないか確認します。 虫が気になる場合にはブロッコリーを水に20分程浸けておいてから水中で揺するとつぼみが開いて虫が取れ易くなります。 ブロッコリーの切り方 太い茎の部分とつぼみの部分を包丁で切り離しつぼみの部分の枝分かれした茎の部分で切り分けて小分けします。 手で切り分けてもOKです。 茎の太い部分は捨てなくても皮を剥くとおいしく食べられます。 ブロッコリーの切り方や茹で方、下ごしらえの動画です。 スポンサーリンク ブロッコリーを茹でる時の塩の分量は水1. に対して塩大さじ1 約15g です。 ブロッコリーが浮いてくる場合は箸で混ぜるか落し蓋を使うと良いでしょう。 ブロッコリーのゆで時間は何分位? 沸騰したお湯に入れてから基本は約2分が目安になります。 小分けの仕方が大きなものは多少長めにして2分経ったら太めの物を取り出して茎の部分を食べて確認します。 茹で上がったらザル等にあけて水を切り時間があればうちわ等で風を送って冷まします。 茹でた後に冷水で冷ますとつぼみに水が残って水っぽくなる場合があります。 ブロッコリーの下ごしらえで簡単な方法 ブロッコリーは電子レンジで簡単に下ごしらえができかえって栄養を損なわないとも言われています。 耐熱容器に小分けして水洗いしたままのブロッコリーをのせ塩をわずかに振ってラップをふんわりとかけます。 500wの電子レンジで約3分加熱し硬さに応じて30秒ずつ追加加熱します。 加熱時間はブロッコリー100gに対して500wから600wの電子レンジで1分が目安です。 加熱後は皿を移し替えないと予熱でブロッコリーのゆで加減が変化します。 まとめ ブロッコリーの茹で方は少し硬めに仕上げ予熱を利用するのがポイントです。 茎の太い部分は皮をむく事によりおいしく召し上がれます。 基本となる下ごしらえや茹で方を覚えたら自分の好みで少しづつアレンジしてみて下さい。

次の

ブロッコリーの茹で方!変色を防ぐ時間、塩の量、切り方も!

ブロッコリー ゆで 時間

蒸しゆでしたブロッコリーに、味わいの違う3種のソースを用意しました ブロッコリーの蒸しゆではイイコトだらけ ブロッコリーの塩加減とゆで加減がピシャリと決まると、ふんわりとしたつぼみとサクッとした茎がなんとも言えないおいしさです。 ですが、このゆで加減が意外と難しいもの。 そこで「蒸しゆで」をご提案。 少ない水で蒸しゆでにすると、水っぽくなりすぎない上に、水に溶けやすい栄養素も残ります。 シンプルだからこそ、きちんと知っておきたい、おいしいブロッコリーのゆで方の全プロセスを写真つきで紹介します。 イイコトだらけの蒸しゆでに、お好みのソースを添えて、召し上がれ。 ブロッコリーの蒸しゆで 材料・分量(2人分)• ブロッコリー:1個• 塩:少々• マヨネーズ:大さじ1• 牛乳:小さじ1• バルサミコ酢:大さじ2• オリーブオイル:大さじ1• ブロッコリーのごみを落とします 2:つぼみの部分に虫やごみが入りやすいので、切り分けたブロッコリーは、水を張ったボウルにしばらく浸けておきます。 ブロッコリーの茎の皮をそぎ落とす 3:ブロッコリーの茎の皮を包丁の刃の部分でそぎ落とし、乱切りにします。 水の分量は、蒸しゆでにする前に確認しておきましょう。 ブロッコリーを蒸しゆでにします 5:【4】の鍋にブロッコリー、茎、塩を入れ、蓋をして中火で蒸しゆでにします。 ブロッコリーの量にもよりますが、3~4分ほどで火が通るので、竹串などを刺して、ゆで加減をチェックしてください。 ブロッコリーを冷まします 5:ブロッコリーをざるにあけ、うちわなどで扇いで冷まします。 こうすることで、余熱で柔らかくならずに済み、きれいな緑色が保てます。 3種のソースを作る 6:3種のソースを作ります。 レモントマトソース:湯剥きしたトマトの種を取り除き、小さめの乱切りにし、トマトから出る果汁も取っておきます。 これと材料を混ぜ合わせます。 レモンの酸味をトマトが和らげてくれるので、ブロッコリーにかけて、ドレッシング感覚で味わってみてください。 アンチョビマヨネーズ:材料を混ぜ合わせて、できあがりです。 いつものマヨネーズに一工夫。 アンチョビの塩気が利いていて、ディップにして食べてみてください。 ハニーバルサミコ:材料を混ぜ合わせて、できあがりです。 甘酸っぱい後味で、大人なテイストです。 野菜だけでなく、肉や魚のグリルなどにも相性抜群です。 ガイドのワンポイントアドバイス 3種のソースで、いつものブロッコリーに目新しさを ブロッコリーはつぼみだけを食べる野菜と思われがちですが、茎も食べることができる、捨てるとこなしの野菜です。 ただし、茎は筋っぽくて硬いので、皮を厚めにむきましょう。 またブロッコリーに添える3種のソースは、普段のサラダや肉料理などにも、活躍するので、色々と試してみてください。

次の

ブロッコリーのゆで方と保存方法!冷凍した時の解凍方法は?

ブロッコリー ゆで 時間

冬から初春の旬の時期には甘みが増します。 下ごしらえで気をつけたいのが 「ブロッコリーの茎は食べられるので捨てない!」ということ。 茎の芯の部分には、緑色のつぼみの部分以上にしっかりとした甘みがあります。 順に切りやすい下から切っていき、一番上の部分は他のものと比べて、太くて大きい塊のようになりますが同じく切り落とします(あとで割いて同じ大きさにします)。 次に、ゆで時間を同じにするために、茎に切り込みを入れ、手で割いて大きさをそろえます。 緑のつぼみ部分まで包丁を入れてしまうと、バラバラになってしまうので茎だけ切ることが大切です!• また、「割くほどでもないけど少し大きい」くらいのものは、茎に十字の切り込みを小さく入れると、ゆで時間が少し早くなってゆで時間を合わせることができます! 塩の分量は水1~1. しっかり塩をきかせてゆでるとよいです。 沸いた状態でブロッコリーを入れ、 ゆで時間は2分をひとつの目安として、大きい場合は2〜3分くらいです。 小分けした房と一緒に切った茎の芯も一緒に入れてOKです。 ブロッコリーが浮いてくるので、落し蓋をするか、箸で混ぜながらゆでます。 2分たったら一度太いものを取り出して、茎の根元を手で触ってみるか、食べてみましょう。 (はじめのうちは茎を触ってから食べ、ゆで上がった茎の硬さを覚えると便利です!) ブロッコリーをゆで上げるときに大切なのは 「ブロッコリーはゆでた後に水につけずに冷ます」ということ。 これは 水につけてしまうと小さなつぼみの中に水を含んで、食べる時に水っぽくなってしまうからです。 ざるに上げてしっかりと水気を切り、常温で放置しておくか、余裕があればうちわなどを使って冷ますとよいです。

次の