恋する アプリ シーズン 2。 Love Alarm

【韓国ドラマ】「恋するアプリ Love Alarm」感想・レビュー

恋する アプリ シーズン 2

スポンサーリンク 自分のことを好きな人が近づくとアラームが鳴るスマホアプリLOVE ALARM。 もしそんなアプリが開発されたら?というテーマに制作されたのがドラマ 『恋するアプリLOVE ALARM』。 Netflixで公開し注目を集めたシーズン1に引き続き、シーズン2の制作も決定している人気作品です。 今作で悩み多き恋するヒロイン、キム・ジョジョを演じたのが女優キム・ソヒョン。 子役として活動を始めて間もなく出演した『太陽を抱く月』で注目を集め、それ以後止まることなく役者として成長し続ける彼女ですが、一体どんな女優さんなのでしょうか? 今回は子役時代からの情報も含め、キム・ソヒョンについてたっぷり紹介していきたいと思います! スポンサーリンク キム・ソヒョン(キム・ジョジョ役)のプロフィール 1999年6月4日生まれ 漢陽大学 演劇映画学科 在学中 オーストラリアで生まれ3歳で韓国に帰国したキム・ソヒョン。 名前はわからなくても「見たことある!」と感じる方も多いのではないでしょうか? そんな彼女が演技を始めたきっかけは、7歳の時に出演したドラマでした。 その後2008年ドラマ『伝説の故郷』で正式にデビューを果たします。 子役として着実にキャリアを積んでいきながら、2012年に出演したドラマ『太陽を抱く月』でその名前を広く知られることに。 その後立て続けに話題作へ出演し、子役として数々の賞を受賞。 現在20歳という若さですが、すでに芸歴11年というキャリアを持っています。 子役としてブレイクを果たしますが、多忙のため高校には通わずホームスクーリングで学業を続けます。 その後、高校卒業学力検定試験に合格。 現在は大学に通いながら芸能活動を続けています。 キム・ソヒョン(キム・ジョジョ役)の画像 スポンサーリンク キム・ソヒョン(キム・ジョジョ役)の出演作 【テレビドラマ】 伝説の故郷 チャクペ 太陽を抱く月 屋根部屋のプリンス 会いたい 君の声が聞こえる 怪しい家政婦 匂いを見る少女 悪夢先生 トッケビ あなたが眠っている間に ラジオロマンス〜愛のリクエスト〜 朝鮮ロコ 緑豆伝 恋するアプリLOVE ALARM ノクドゥ伝 【映画】 我輩は朝鮮の王である 純情 君の名は。 韓国語版 吹き替え わずか7歳でデビューを果たし、ドラマを中心に数々の話題作に出演してきたキム・ソヒョン。 子役ながらヒロインの幼少期に限らず、悪役など幅広く出演してきた印象があります。 名を知られるきっかけとなったドラマ『太陽を抱く月』では悪役、ユン・ボギョンの幼少期を務めました。 子役の演技が素晴らしかったと評価を得た今作。 このドラマで共演したヨ・ジングとはドラマ『会いたい』でも主人公とヒロインの幼少期を演じています。 着実にキャリアを積んできた彼女の出世作となったのが、主人公の幼少期を演じたドラマ『君の声が聞こえる』。 母親役キム・ヘスクと母娘の仲を見事に演じ、視聴者の関心をより一層高めたとして高評価を得ました。 ドラマ『リセット』にて初主演を務めてからは1人2役など難しい役どころに挑戦するように。 子役から女優として大きな成長を遂げ、KBS演技大賞をはじめとする数々の新人賞を受賞しました。 恋するアプリLOVE ALARMのヒロイン『キム・ジョジョ』役の女優は?プロフィールや出演作品も!のまとめ 子役としてデビューしてから11年間、止まることなく成長し続ける女優、キム・ソヒョン。 どんどん大人の女性になり、新しい魅力を開花してくれそうですよね! キャリアはあってもまだ20歳。 これからの活動に期待してしまいます! 今回は恋するアプリLOVE ALARMのヒロイン、キム・ジョジョを演じたキム・ソヒョンについてまとめてみました。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

恋んトスシーズン10のネタバレを1話から最終回まで!見逃し無料動画も!

恋する アプリ シーズン 2

2019年10月30日、シーズン2の制作が決定されたNETFLIXオリジナルドラマ「恋するアプリ love alarm」。 このドラマの原作は韓国で大ヒットしたWebマンガで、日本でも単行本が出されるほど、人気のある作品です。 なのでNETFLIXでドラマ化されると発表されて、原作のファンからも多くの関心と期待の目を向けられていました。 そして2019年の夏、待ちに待ったシーズン1が配信されソン・ガンやチョン・ガラムなどの人気俳優も出演ということで大変な話題となり、NETFLIXでも代表される人気韓国ドラマになりました。 そして待望のシーズン2制作決定ということで大変盛り上がっているこのドラマ。 今回はそんな「恋するアプリ」感想・レビューです。 概要とあらすじ• タイトル:「恋するアラーム love alarm」• 脚本・制作:イ・ナチョン、イ・アヨン、ソ・ボラ• キャスト:キム・ソヒョン、チョン・ガラム、ソン・ガン• 放送:NETFLIX オリジナルシリーズ• 初回放送 2019年8月22日(全世界同時配信)• 配信媒体:NETFLIX• シーズン1 全8話• あらすじ 自分に思いを寄せている人が半径10メートル以内に近づくとアラームが鳴るアプリが開発されて、世の恋愛事情は様変わり。 その中で同級生たちのように恋愛に夢中になれない事情を抱えた一人の女子高生、キム・ジョジョ(キム・ソヒョン)がいた。 一方、海外から帰国した元モデルのファン・ソノ(ソン・ガン)は幼馴染で親友のイ・ヘヨン(チョン・ガラム)に会いに行き、イ・ヘヨンが好きな女の子を目にする。 そこから始まるキム・ジョジョ(キム・ソヒョン)とファン・ソノ(ソン・ガン)、イ・ヘヨン(チョン・ガラム)の3人の恋の物語。 主な登場人物• キム・ジョジョ(キム・ソヒョン):辛い過去を持ち、葛藤している女子高生の主人公。 ファン・ソノ(ソン・ガン):人気モデルの転校生。 学校の人気者。 イ・ヘヨン(チョン・ガラム):ファン・ソノの親友でジョジョに片思いをしている。 観た感想 設定が面白くて、新鮮でした。 このドラマでは自分のことが好きな人が半径10メートル以内に入るとアラームが鳴るというスマホのアプリが普及している世界での高校生の物語から始まります。 ラブアラームというアプリをお互いが起動した状態で半径10メートル近づくとお互いのアラームが鳴るということで告白がなくなった世界。 設定が現実的というか、これからの未来に本当に存在しそうでとても新鮮で面白かったです。 そしてそんな世界で辛い過去を持ち、愛を知らない女子高生がある2人の男子に好意をもたれます。 「好き」ということが言葉にしなくても伝わる世界のはずなのに3人の恋愛はじれったくて、なかなか伝わらなくて3人がそれぞれすれ違っていく様がとても切なかったです。 でもそれぞれ何より相手の事を考えて恋をしていて、恋をすることが、愛される事が、恋をする事がどれだけ大変か、そして幸せか、考えさせられます。 一つ気になったのが、辛い過去を持った女の子、金持ちでありながら愛情を与えられなかった息子、また住み込みで働く母の息子などなど、人物の様々な設定が昔のドラマにありがちな設定になっていているところです。 しかし、このドラマはそれ以上に何より設定が面白いし、ソン・ガンがとってもイケメンだし、キム・ソヒョンもとても可愛くて、切なくてキュンキュンする少女まんがを観ているようで面白かったです。 このドラマの見所 魅力的なキャラクター 主な登場人物3人がそれぞれ魅力的です。 主人公の多くの事情を抱えた孤独な女の子、キム・ジョジョ。 恋愛をする暇がなく、大変ですが、ひたむきに努力をしているまっすぐな女の子です。 そしてお金持ちでイケメンのファン・ソノ(ソン・ガン)。 元モデルで裕福な家庭に生まれて、花より男子の最初の道明寺みたいな俺様キャラなのかと思いきや、実は親から愛されず、愛に飢えた少年であり、思ったことをまっすぐ伝える素直な少年です。 そしてキム・ジョジョに片思いをしているイ・ヘヨン。 影から彼女を見守りながらも、勇気が出ずなかなか思いを伝えられずにいます。 しかし彼女の幸せを一番に考えて、まっすぐでとても真面目な青年です。 3人ともまっすぐでとても魅力的です。 描写が綺麗 場面場面の描写がとても綺麗です。 風景が1つ1つ綺麗に描写されています。 季節を表した風景描写が全体的に多いように感じます。 3人の恋の行方を左右するラブアラーム。 お互いに恋してお互いにアラームを鳴らし幸せな2人。 一方で気持ちがばれないようにアプリを削除する彼。 ラブアラームがあることで『恋をする』ということがどういうことか、曖昧になってしまっている世界での3人の恋愛をみている自分も「恋をしている」ってなんだろうなあと考えさせれられます。 まだこのドラマにはラブアラームによる現代的な弊害についても描写されています。 ラブアラームが鳴らないということは誰からも愛されていない。 そうした虚無感にさせられて、自殺者が出たり、このアプリの存在を認めれられない人々がデモを起こしていきます。 一体このアプリがどうなっていくのかもこのドラマの見所となっていくと思います。 まとめ このドラマの原作を知っている人は多いのではないでしょうか? このドラマは何より設定が面白いです。 恋をするってどういうことか、どれだけ幸せか、難しいのか、悩んでいる人に特に観てみてほしいです。 ぜひ!! riykorea.

次の

恋するアプリ【ラブアラームLOVEALARM】キャスト一覧!OSTや主題歌も!|こりあんオタク

恋する アプリ シーズン 2

劇中、幼少期に不幸な事件によってトラウマを抱えながら生きるチョチョ(キム・ソヒョン)は、それぞれ違うキャラクターのソンオ(ソン・ガン)とヘヨン(チョン・ガラム)に愛される。 「恋するアプリ」はNetflixを通じて今年の8月末に公開された。 キム・ソヒョンはNetflixとの初のコラボレーションについて新鮮さを感じたと伝え、周りにも勧めているという。 「このドラマはリアルタイムで公開されて、周りの反応を見ながら撮影するという従来のドラマ撮影とは撮影方法が違ったので、映画の撮影をしているような感覚でした。 配信されたときも『映画が公開された』という感覚でした。 なので、より自由に撮影することができました。 原作の熱狂的なファンで、ドラマ化されることを楽しみにしていました。 私の演技力よりもドラマがどのように展開されていくのかの方が気になりましたし、Netflixというプラットホーム自体が初めだったので気になっていました。 挑戦してとても良いと感じました」と、キム・ソヒョンが本作への出演を決めた理由を語った。 これに先立って 「キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~」など、多数のウェブ漫画をベースにしたドラマに出演したことがあるキム・ソヒョンは、チョン・ゲヨン作家の「恋するアプリ」に対しても熱狂的なファンであったと明かした。 彼女は原作の細かい部分まで言及し、ファン心をアピールした。 「『好きなら鳴る』の原作はもっと明るい雰囲気です。 原作は前向きな雰囲気が強かったのですが、このドラマは監督の意向によって荒っぽくて現実的な部分が多かったのです。 チョチョの現実的な姿を見せようとしました」と、原作とドラマの違いについて明かした。 これに先立ってヘヨンを演じたチョン・ガラムはインタビューで「シーズン2が制作されるとしたら、ヘヨンの本格的なロマンスを描いてほしい」という願いを語ったことがある。 キム・ソヒョンはこれに対し、「ソンオ派とヘヨン派で分かれるので、どのような展開になるのかは分かりませんが、ヘヨンとのストーリーにもっとフォーカスを当てても良いと思いました。 原作では『チャクチャクチャク』という番組に出演するシーンがあります。 そのようなシーンが描かれたら面白いと思いました。 原作の路地でのキスシーンは、上手く表現できたと思います。 可愛いくてよかったと思います」と、やはり原作のファンらしい意見を伝えた。 キム・ソヒョンはソン・ガン、チョン・ガラム、イ・ジェウンなど同じ年代の俳優たちと共演し、空き時間には共演者たちと共に脱出ゲームやゲームセンターなどで楽しい時間を過ごしたという。 「中学時代の友達と頻繁に会う事はできませんが、この作品で出会った共演者たちとは初めて遊びに行きました。 ドックお兄さんと一緒に脱出ゲーム部屋に行ったのですが、普段は静かなお兄さんが全ての謎を推理していて驚きました(笑)。 誰一人合わないと感じることがなく(相性が)良かったです。 でも思ったよりもへヨンとのシーンが少なかったので、チョン・ガラムさんが初恋の感情を生かすために現場で頑張ってくれました。 どんな話をしても、恥ずかしそうに答えてくれました。 なので私もその感情を壊さないようにしました。 ソン・ガンさんとはいたずらもたくさんして、お互いの感情についても話し合いました。 ソンオは感情が一気に高ぶるイメージですが、気楽にゆっくりと近づいてくる愛の方が好きなのでヘヨンの方がいいです。 シーズン1の結末を視聴者に託したので、シーズン2が制作される可能性もあると思います。 私も期待して待っています」と、続編への期待を呼びかけた。 元記事配信日時 : 2019年09月02日14時15分 記者 : シン・ソウォン.

次の