スポーツ 最新作。 『オオカミ』シリーズの最新作を制作決定!真実の恋を惑わす“オオカミ”は男性?それとも女性?(2020年7月13日)|BIGLOBEニュース

キャプ翼作者・高橋陽一氏「スポーツの持つチカラ感じる機会に」 最新作、DAZNで配信開始― スポニチ Sponichi Annex サッカー

スポーツ 最新作

ミニマル化!した5スポーツが2万円台から手に入るってマジ!? (編集部 イチカワ) 価格と品質のバランスで右に出るものなし! 汎用性も抜群なシリーズ最新作 国産初の自動巻きデイデイトモデルに端を発し、半世紀以上の歴史を持つセイコー 5スポーツがリニューアル。 昨年届いたそんなニュースに反応した時計フリークは少なくないはず。 本格的な機械式時計にもかかわらず超お手頃な価格設定ゆえ、高級機械式と安価なクォーツの二極化になりがちな時計事情に一石を投じる存在とも成り得たことがその理由でしょう。 それにつけても、このコストパフォーマンスの高さには驚かされるばかり。 オーセンティックな回転ベゼルを採用したダイバーズルックから始まった新生5スポーツ、次なる一手はよりシンプルな3針のスポーツモデル。 前作に比べてケース径が2. 5mm小ぶりになり、より薄くなったことで夏場の軽装にもすんなりハマる端正なルックスに。 しかも価格は驚異の2万円台から! 自動巻きムーブメントをここまで気軽に楽しめる時計はそう見つからないでしょう。 国産時計の雄、やはりさすが!と言わざるを得ません。 国産初の自動巻きクロノグラフであったことも話題を集め、半世紀にもわたって支持されてきた。 右はリニューアル第一弾。 各3万8000円。 5mm小型化 厚みも約2mmうすく! ダイバーズウォッチをベースにしたケースデザインは踏襲しながら、回転ベゼルを取り除き、ケース径を40mmに小型化。 厚さも1. 9mm薄くなっている。 シャープな印象でスタイルを問わずより合わせやすい。

次の

ディズニー19年興収1兆2000億円!スター・ウォーズ最新作も1100億円超え

スポーツ 最新作

気温もぐんぐん上がって軽装になってきた今、休日はショーツにサンダルという組み合わせが多くなってくるでしょう。 そこで、見た目も履き心地も秀逸な アウトドア由来のスポーツサンダルが人気です。 普段はもちろん、キャンプやビーチでも使える今夏の注目作を厳選しました。 高温多湿で脱ぎ履きも多い日本の夏と言えば、やっぱり足元はサンダルが便利。 多くの種類がありますが、大別してみると下記の3種に落ち着きます。 甲部分に帯状のパーツをあしらっただけの 「つっかけ型」、鼻緒が付いた 「ビーサン型」、足首をホールドする 「グラディエイター型」です。 それぞれに利点と欠点があり、ファッションの相性や好みで選べばいいのですが、ここ数年で躍進してきた新たな勢力が、 スポーツサンダル(以後、スポサンと略します)です。 その特徴は足首をホールドするストラップが付いていること、疲れにくく滑りにくい樹脂製ソールを使用していること。 要はグラディエイター型にスニーカーソールをくっ付けたようなタイプで、ビーチサンダルのような耐水性があるものです。 また、つっかけ型やビーサン型がだらしなく見えてしまいがちなのに対して、スポサンはスニーカーのように受け入れられており、ここ数年で女性の間でもすっかりその人気が定着しています。 多くのスポーツブランドやファッションブランドが参入して、さまざまなスポサンがありますが、やっぱり基本となるのはアウトドアブランドです。 そこで、改めてスポサンの元祖的なブランドを筆頭に、今季の注目作をご紹介し、その生い立ちや進化を追ってみましょう。 スポサン人気の立役者「テバ」の新作、「オリジナル ドラード」 Photo: 多田悟 スポサンの元祖としてまず知っておくべきブランドが、アメリカ発の 「テバ」。 その起源は1984年に遡ります。 グランドキャニオンのリバーガイドだった若者が、水辺でも脱げないよう、ビーチサンダルにアンクル(足首)ストラップを付けたことがきっかけとなりました。 ウォータースポーツをはじめ、アウトドアファンに広く認知され、スポサンの礎を築きました。 テバの代表的なモデルと言えば 「ハリケーン」ですが、今季はファッション性も高く、見た目も新鮮なグラディエータースタイルの 「オリジナル ドラード」がおすすめ。 耐水性、速乾性、耐久性に優れた 再生ポリエステル素材のウェビングに、クッショニング性に優れ、長時間歩いても疲れにくい軽量ミッドソールを組み合わせています。 フィット感の調整も ベルクロテープで簡単な上、バックルだけで脱ぎ履きがスムーズにできるので、面倒くさがり屋にも嬉しい限り。 ORIGINAL DORADO価格7300円/ チャコとスノーピークの人気コラボ第2弾「SP Z Cloud X」 Photo: 多田悟 シューズメーカーで働いていた経歴を持つマーク・ペイジェンによって、1989年に設立された 「チャコ」。 コロラド州でラフティングガイドをしているときに、仕事で使っていたアウトドア用フットウェアに不満を持っていたマークは、自らの手でサンダルを開発したのが始まりです。 その特徴は、靴職人としてのノウハウを活かして生まれた フッドベッドにあります。 土踏まずの部分が盛り上がった独自のアーチ構造によって、足裏に自然になじみ、快適さと疲れにくさを実現しました。 そのチャコを代表する Zシリーズの中でも、スタンダードモデルとして広くファッション好きにも愛され続けてきたのが、 「Z cloud X」です。 その名作に目を付けたのが、日本を代表するアウトドアブランドである「スノーピーク」。 こちらの第2弾となるコラボ作は、アウトドアフィールドの太陽やグリーン、そして海をイメージしたヴィヴィッドカラーを採用した、マルチカラーによって洒脱な仕上がりに。 SP Z Cloud X価格1万1000円/ 「メレル」の名作スポサンが復刻! 「ベリーズ コンバート ウェブ」 Photo: 多田悟 数々のマウンテンブーツやクライミングシューズで、登山好きから高い評価を得ていた 「メレル」。 1998年に開発したアフタースポーツ用シューズ 「ジャングル モック」の世界的ヒットによって、登山やアウトドアに疎い人々にまで、その名が浸透するようになりました。 そんなメレルが90年代に開発したスポサンが、 「ベリーズ コンバート」でした。 どこか懐かしくて新しいデザインや配色はそのままに、素材をアップデートして復刻されたのがこちらの 「ベリーズ コンバート ウェブ」です。 アッパーには、ポリウレタンコーティングした人工皮革と、やわらかく耐久性の高いナイロンウェビングを採用。 これにより見た目はレトロでも、最新スポサンに負けない履き心地の良さを実現しています。 BELIZE CONVERT WEB価格9000円/ アーバンリサーチによる「シャカ」の別注「NEOBUNGY AT S」 Photo: 多田悟 前述したアウトドアブランドとは、ちょっと出自が異なるユニークなブランドが、こちらで紹介する 「シャカ」。 なんでも、 南アフリカ共和国発祥のブランドで、アフリカの伝統的な色柄をあしらった独創的なデザインを武器に90年代の ストリートで大流行したのだとか。 2000年代初頭にいったんブランドは終了してしまうものの、2013年に復刻。 当時から定評のあったソールやウェビングベルトなどはそのままに、ソールの強度を上げ、高いクッション性を獲得して現在に至ります。 2015年以来、毎年継続してきた人気別注作のこちらは、 「ネオ バンジー」というモデルがベース。 本来は前後3本あるストラップを2本に変更し、より開放感溢れるルックスと履き心地にアップデートされました。 また、肌に触れるストラップ内側部分には、ストレッチ性の高い ネオプレーン素材を使用し、フィット感をさらに向上させています。 特徴的なソールは、重厚な見た目からは想像できないほど軽量なのが驚き。 長時間履いていても、スニーカーのようにストレスフリーで過ごせます。 NEOBUNGY AT S価格9800円/ *** スポサン人気を決定付けた 「テバ」、独自のフッドベッドが自慢の 「チャコ」、90年代リバイバルの流れに乗る 「メレル」、アフリカにルーツを持つ 「シャカ」と、それぞれデザインや特徴は異なりますが、すべてに 共通するのはその快適さ。 つっかけ型やビーサン型にはない安全性と履き心地はスポサンならではです。 今後、スポーツカジュアルが加速する流れを汲んで、週末の散歩はもちろん、ビーチやキャンプでも大活躍する一足を、今のうちに手にしてみては? あわせて読みたい.

次の

PS5向け最新作『グランツーリスモ7』発表。キャンペーンモード中心のタイトルに(オートスポーツweb)

スポーツ 最新作

ミニマル化!した5スポーツが2万円台から手に入るってマジ!? (編集部 イチカワ) 価格と品質のバランスで右に出るものなし! 汎用性も抜群なシリーズ最新作 国産初の自動巻きデイデイトモデルに端を発し、半世紀以上の歴史を持つセイコー 5スポーツがリニューアル。 昨年届いたそんなニュースに反応した時計フリークは少なくないはず。 本格的な機械式時計にもかかわらず超お手頃な価格設定ゆえ、高級機械式と安価なクォーツの二極化になりがちな時計事情に一石を投じる存在とも成り得たことがその理由でしょう。 それにつけても、このコストパフォーマンスの高さには驚かされるばかり。 オーセンティックな回転ベゼルを採用したダイバーズルックから始まった新生5スポーツ、次なる一手はよりシンプルな3針のスポーツモデル。 前作に比べてケース径が2. 5mm小ぶりになり、より薄くなったことで夏場の軽装にもすんなりハマる端正なルックスに。 しかも価格は驚異の2万円台から! 自動巻きムーブメントをここまで気軽に楽しめる時計はそう見つからないでしょう。 国産時計の雄、やはりさすが!と言わざるを得ません。 国産初の自動巻きクロノグラフであったことも話題を集め、半世紀にもわたって支持されてきた。 右はリニューアル第一弾。 各3万8000円。 5mm小型化 厚みも約2mmうすく! ダイバーズウォッチをベースにしたケースデザインは踏襲しながら、回転ベゼルを取り除き、ケース径を40mmに小型化。 厚さも1. 9mm薄くなっている。 シャープな印象でスタイルを問わずより合わせやすい。

次の